カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
21

 
重要な追記(2018/11/28)

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
11/13 東電「多核種除去設備(ALPS)処理水タンクの放射能濃度についてwww2.nsr.go.jp/data/000254224… 「 I- と比べ IO3- の存在比が大きいものと推定」「本年度中を目途に IO3 - 用の新規吸着材を増設ALPSで採用予定pic.twitter.com/oLdl58phWr
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
何でこんなこと、もっと早く調べなかったんだろう? というのは謎だよね。(やっぱり、I-129は告示濃度以下まで下げる気がなかったんじゃないかと疑いたくなる。ウラで規制委の合意も取り付けていたのではないかと…。) twitter.com/Kontan_Bigcat/…

つまり、ヨウ素の吸着性能がなかなか上がらない理由を、
これまで調査していなかったようなのだ。
東電が、この問題を軽視していたことは間違いなさそう

 
追記)2019/3/31までの状況

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
【更新】(2018年度分まで) 既設ALPS(入口水・出口水)データまとめ(xlsx)→ konstantin.cocolog-nifty.com/blog/files/ka_… 増設ALPS(入口水・出口水)データまとめ(xlsx)→ konstantin.cocolog-nifty.com/blog/files/za_… 2018年10月に、ALPS等処理済み水に、告示濃度越えがたくさんあったことが報告されたが、その後はどうか?(続く
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
続き)結果から言うと、(トリチウム以外の)告示濃度越えはほとんどなかったが、増設ALPS C系の I-129濃度で、2件の告示濃度(9 Bq/L)超え(2018/11/27の 9.78 Bq/L と2019/3/29の 11.7 Bq/L)があった。(続く pic.twitter.com/mQEscZn3Rr
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
というわけで、今でも、I-129の除去には苦労しているようである。 解説まとめ→ togetter.com/li/1259733

 
主な報道記事

共同通信公式 @kyodo_official
基準値超の放射性物質検出、福島 - トリチウム以外、長寿命も this.kiji.is/40382743329816…
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
基準値超の放射性物質検出 reut.rs/2BmlwuX 「汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水に、他の放射性物質が除去しきれないまま残留していることが19日、分かった。一部の測定結果は排水の法令基準値を上回っており」 出典・詳細が今のところよく判らない。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
トリチウム以外も残留 ALPS処理済み水 chugoku-np.co.jp/local/news/art… 「東電によると、2017年度に(中略)ヨウ素129が最大 62.2 Bq/L 検出され、法令基準値の 9 Bq/L を上回っていた。」 「希釈して流すことが想定され、残留する放射性物質も基準値以下に薄まるとみられるが」
rima @rima_risamama
朝日:福島)第一原発の汚染水、トリチウム以外にも放射性物質asahi.com/articles/ASL8N…「東京電力は20日…トリチウムを含んだ低濃度の汚染水について、保管する大型タンクに入れる前の放射性物質の検査で、トリチウム以外に、ストロンチウム90、ヨウ素129が国の基準値を超えていたことを明らかにした
ガイチ @gaitifuji
社説 福島の汚染水 情報隠す愚を自覚せよ | 信濃毎日新聞[信毎web] shinmai.co.jp/news/nagano/20…
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
ALPS等処理済み水の放射性物質残留 ヨウ素129基準超え60回 17年度 | 河北新報 kahoku.co.jp/tohokunews/201… 「原子力規制委員会が認可した福島第1原発の実施計画では、ALPSの設置目的はトリチウム以外の放射性物質の濃度を基準値未満に下げることと明記
安東量子 @ando_ryoko
【汚染水公聴会】地元協議も急ぐべき(8月27日) | 県内ニュース | 福島民報 minpo.jp/news/detail/20… @FKSminpoさんから
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
福島県漁連 海への放出強く反対へ|NHK福島 www3.nhk.or.jp/lnews/fukushim… 「30日、国が開く公聴会に野崎哲会長が出席し、海への放出に強く反対する方針」「再び風評被害が起きることは避けられない」 魚拓→ archive.is/QWM0N
東京新聞 原発取材班 @kochigen2017
東京電力福島第一原発で課題となってる汚染水浄化後に残るトリチウムを含む水。処分を巡る議論が山場です。30日、31日には公聴会が開かれます。有力視されている海洋放出の問題点を中心にまとめました。/たまり続けるトリチウム水 福島第一原発 genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/789 #こちら原発取材班 pic.twitter.com/1CNOO2bXAK
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
ALPS等処理済み水きょうから公聴会 海洋放出の賛否が焦点 | 河北新報kahoku.co.jp/tohokunews/201… 「東電関係者は「県が事務局を務める廃炉関係の県民会議で議論を方向付けることになるのではないか。内堀知事は前面には立たないだろう」と推測」

 
ここから本論

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
「ALPS等処理済み水」の【ヨウ素-129濃度】が、告示濃度を超えている件、東電からは特にリリースは出ていないが、データ自体はこちら tepco.co.jp/decommision/pl… で、CSVファイルで公表されている。(いくつもに分割されていて、たいへんわかりにくかった…。)(続く

   ↑注: 但し、2014年度以前のデータは掲載されていない。

追記)2018/8/28 に、東電HPのリニューアルが行われた。

   新しいデータは、こちらの「Ⅰ.汚染水処理設備」にある。
http://www.tepco.co.jp/decommission/data/daily_analysis/index-j.html

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
「増設ALPS」入口水と出口水の I-129濃度のグラフ告示濃度越えは、2017年度からけっこう増えている。(入口水の濃度も高くなっていることがわかる。) pic.twitter.com/ivVttPzSQc
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
「既設ALPS」入口水と出口水の I-129濃度のグラフ。 こちらも、2017年度に告示濃度越えがある。 pic.twitter.com/I5zctLbwt6
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
続き)昨日(2018/8/20)の東電会見では、「敷地境界線量」の低下を優先したため、フィルターの交換頻度を下げ、濃度が上がった、という説明をしていたようだが、「敷地境界線量 1mSv/年」は2016年3月に達成されているので、それ以降について、このような説明をするのは妥当とは言えないだろう。
残りを読む(100)

コメント

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2018年8月26日
まとめを更新。 放出される総量について、ざっくりした推定を追記しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする