バキ狂いのわたしが異世界最大トーナメント小説『異修羅』をあなたに勧めるシンプルな理由

『小説家になろう』や『カクヨム』で連載中の異世界ファンタジー最大トーナメント小説『異修羅』がめちゃくちゃ面白かったのでそれの紹介をします。人が死ぬ! https://kakuyomu.jp/works/1177354054882641261
バキ トーナメント 人がいっぱい死ぬエンタメは楽しい 推しが死ぬ 異修羅 刃牙
93
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
バキ狂いのわたしが異世界最大トーナメント小説『異修羅』をあなたに勧めるシンプルな理由 #異修羅
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
年がら年中、バキの最大トーナメントのことばかりを考えている。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
例えばあの一回戦の組み合わせが一人ずつ入れ替わったらどうなるだろう。もしスペックやドリアンやアライJrやオリバや武蔵(素手)が参戦したらどうなるだろう。もし刃牙とジャック・ハンマーがいなかったらどうなるだろう。柴千春、渋川剛気には相性勝ちワンチャンあるのでは!?
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
われわれはなぜトーナメント展開にこれほど心惹かれるのでしょうか。個性豊かな出場者達、先の読めない展開、勝ち上がりという有無を言わさぬ決着方式、そして様々なハプニング。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
漫画『グラップラー刃牙』の最大トーナメント編はその一つの到達点であり、以降の歴史の転換点だとわたしは確信しており、最近でも例えばケンガンアシュラやはぐれアイドル地獄変、喧嘩稼業など、おそらくはその影響を大なり小なり受けたであろう魅力的な作品が次々と生み出されています。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
そして、小説、それもファンタジー小説という媒体で、そのジャンルの新たな大傑作が産まれようとしています。その名を『異修羅』といいます
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
はじめまして、アロハ天狗と申します。 『小説家になろう』や『カクヨム』で連載中の異世界ファンタジー最大トーナメント小説『異修羅』がめちゃくちゃ面白かったのでそれの紹介をします。 kakuyomu.jp/works/11773540…
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
しかしわたしは、俗に言う『なろう系』の異世界モノや、そもそもファンタジー全般に関する知見がどうにも薄いので、その文脈でこの作品がどーのこーのという話はしません。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
なので、グラップラー刃牙の話をします。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
本作、『異修羅』はファンタジーなんですが、そのあらすじは非常にシンプルで、『ある日突然範馬勇次郎が謎の死を遂げたので、最大トーナメントを開いて優勝者を<勇次郎を殺した最強の存在>ということにしてしまおう!』というのが本作の基本的なあらすじです。バキですね。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
早速ですがバキの最大トーナメントの何がそれほど優れているかと問われれば、闘技者の個性が一人として被ってないところがまず挙げられるでしょう。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
烈海王みたいな超直球のバケモノから、金竜山や猪狩のように相撲からプロレスまで、果ては柴千春みたいな問題児枠まで取り揃え、選手一覧を見てるだけでもオモチャ箱をブチまけたようなワクワク感が漂ってくるのが、わたしとにかく大好きなんですよ。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
やはりトーナメント物の醍醐味は即ちキャラの濃さで、その意味ではバキの最大トーナメントは言うまでもなく、最近だとケンガンアシュラとか、(トーナメントじゃないけど)エアマスターの深道バトルロイヤルとかも、まあキャラが出揃った時点でもう勝ちといえます。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
で、異修羅なんですけど、これがまたちょーめちゃくちゃキャラが濃いんですよ。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
ここが異世界ファンタジーたる所以で、例えば人族:騎士巨人:武闘家飛竜:槍兵のように、種族もクラスも異なるキャラたちが16人揃っているんですが(実際の作中の種族・クラスの組み合わせとは異なります)、その能力がみんな"極端なぶっ壊れ性能"なんですね。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
これは実際に読み進める中で『このキャラどうやって倒すの?無敵では…?バランスブレイカー…?メタルブレード…ナムカプのCOS-MOS…?大会終了…?この作者後先考えて書いてる…?』という感覚を是非とも味わっていただきたいので、ネタを割るのは最小限にしますが、
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
『魔法使い:能力<万能>』とか、『オートカウンター回避不可即死(常時発動)』とか、『大規模災害そのもの』みたいな手のつけられない感じのキャラがゴロゴロ出てきます。戦闘力でいうとだいたいBF団十傑集相当くらいですね。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
トーナメントではないですけど、エアマスター終盤の坂本ジュリエッタとかジョンス・リーとかマキ父とか覚醒時田とか皆口姉とかのバケモノがゴロゴロ湧いてきたときのテンションが近い。(スナイパー空手が好きです)
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
十傑集ついでに触れておくと、『窮知の箱のメステルエクシル』『静かに歌うナスティーク』とかキャラ名の前に二つ名が付いているのもめちゃくちゃカッコいいですね。オタクは全員二つ名が好き。堅あげポテトブラックペッパーくらい好き。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
(本作だと町娘レベルまでほぼ全員二つ名持ちの設定なのはちょっと好みじゃないですが…)
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
本当はもう少し具体的にキャラを紹介したいところですが、『キャラの特徴そのもの』が致命的なネタバレになる出場者も結構いるので、我慢します。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
脱線しましたが、重要なのは全キャラがこのレベルないしはそれ以上のイカレ性能だということです。全キャラがバランスブレイカーだと却ってバランスが取れてしまう、という身も蓋もない事実を我々は一部の格闘ゲームなどを通じて学習してきましたが、本作にもまさしくそれが言えます。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
読めないんですよ。勝敗が。全然。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
我々は未だに四六時中バキの地下最大トーナメント編のことばかり考えていますが、最大トーナメント編はなぜあんなにもクソ面白かったのでしょうか。それはやはり、一にも二にも全試合省略無しで描き切られた試合の決着が全く読めなかったというところに尽きると思います。
アロハ天狗 @Aloha_Tengu
そして、異修羅の好きなところをもう一つ更に挙げると、今のところですね、刃牙とジャック・ハンマーがいないんですよ。最大トーナメント編、ほぼ完璧な漫画なのですが、ただ一つ好きでないところに範馬刃牙の存在があります。
残りを読む(38)

コメント

肉汁 @GrowPot4to 2018年8月26日
原作でも主人公がいないときは面白いはファンの共通認識だね
親知らず @Boeq 2018年8月26日
おっさんのビジュアルが英国無双でイメージされて困る
帰ってきたクソリプマン @JTK_alcoholic 2018年8月26日
moonintears16t 非公式wikiはキャラクター紹介が半分終わったくらいの時期にもう出来てた
暇鬼影 @itoma_k 2018年8月26日
ツィートを読むほどに「バキ狂いのわたしが勧める」点に不信感がつのる。『異修羅』狂いの人が勧める理由をバキで例えてるだけでは。
いかおとこ @mororeve 2018年8月26日
みんな死ねって本末転倒感すごい笑
カミ @kami2805 2018年8月26日
何話か読んだけど、厨二技名喋りながら攻撃する典型的なろう系だな。 刃牙好きな自分からすると、刃牙好きには勧めない。
Daregada @daichi14657 2018年8月26日
「拳奴死闘伝セスタス」(技来静也)のトーナメント戦が近いかなぁ
しぇりりん(令和の次はがんばる) @m_sheririn 2018年8月26日
ジャック・ハンマーの正体わからなかったマンはここにもいるからセーフ
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2018年8月26日
初期のアニメ グラップラー刃牙はひどかったが、 今やってる深夜のアニメ 刃牙は忠実か?それ以上に再現していて、ワクワク感が止まらない。すごく面白い。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2018年8月26日
きちんと世界観を再現さえしてくれれば、 原作は言うに及ばず、 バキシリーズは面白いので、まずはそれを踏襲してからのお話。
カミ @kami2805 2018年8月26日
壮大な背景を持ったチートキャラ同士がトーナメントで戦うって、刃牙というよりFate好きに勧めた方がいいと思う。
SETU@ロンデーズライトパワー @setuna001 2018年8月26日
古くは天下一武道会、超人オリンピックからゲンガンまで、トーナメントはなぜか男心を擽る…
鹿 @a_hind 2018年8月26日
この方の煽り文章はいつも面白いな。ネタの好みが近いのだろう。
風呂メタルP @hurometal 2018年8月26日
まあ刃牙じゃなくても暗黒武術会でもトーナメント戦は面白いしな。
プリビリード @prbrd1 2018年8月26日
紹介文は面白いが刃牙より異能力バトル物好きに薦めたほうがいいのでは。 あ、異修羅とても面白かったです。
みっくす・じゅーす @mixjuice_100cc 2018年8月26日
葉鍵バトロワがなんで流行ったのか分かった
seidou_system @seidou_system 2018年8月26日
prbrd1 刃牙って異能力バトルものじゃないかな
どりドリ @d_doridori 2018年8月26日
未読での印象だけど刃牙よりは終末のワルキューレのほうが近い気がした。(トーナメントじゃないけど) https://www.amazon.co.jp/dp/B07CWPG8B3/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
フローライト@『今日どこさん行くと?』応援中 @FluoRiteTW 2018年8月26日
いま一番アツいトーナメントは陰陽トーナメント・・・・のはず
バレルロール @zoahunter 2018年8月26日
異修羅王になった暁には帝釈天と闘うのだろうか
みもれっと @Mimolettoon 2018年8月26日
すでに全部読んでたけどバキ感なんて一度も感じなかったな。Fateというか二十七祖が全員でガチバトル始めた感じ
いしゅ @ishut6 2018年8月26日
だれかとおもったら珪素ニキ・・・!?
Hisashi(裏垢) @HisasiTanaka 2018年8月27日
選手紹介が熱い、主人公不在、ちっとも進まない本戦、なるほどこれは…喧嘩稼業…
i_say999 @Isay_BLUNIN 2018年8月27日
異修羅は1話でいきなり百合美少女リョナをかまして来るの、読者に対して非常に誠実なのは分かるがメギド 72の号泣タイトル並の初見バイバイ力を発揮しているのは確実だと思う。
i_say999 @Isay_BLUNIN 2018年8月27日
既に出てる話をかけあわせて二十七祖で陰陽トーナメントやるってのが一番近い感
三原クロウ @crow_mihara 2018年8月27日
『異修羅』は本当にとてもおもしろいweb小説の一つなので、小説読める時間があるなら実際オススメです
雲之 @kumono_hb 2018年8月28日
本題から逸れるけど、刃牙で例えるのと「人がいっぱい死ぬエンタメは楽しい」というタグが致命的なミスマッチを起こしてる気がする。宮本武蔵が警察虐殺するのがあまりにも面白くなかったから。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする