182
帽子男 @alkali_acid
拾ったショタが成長して美青年になるのを日々夢見ながら暮らしてた魔女、ショタが男性フェロモンムンムンガチムチマスキュリンに成長してこんなはずじゃなかった嘆く系のお話
帽子男 @alkali_acid
魔女が道を歩いていると、ひとりの子供が座り込んでいました。
帽子男 @alkali_acid
「坊やどうしたの」 魔女は尋ねました。 「おなかがへった」 子供は答えました。 「かわいそうに」 魔女はマントから鳥籠を出して、子供を入れて持ち帰りました。
帽子男 @alkali_acid
「さあたんとお食べ」 魔女は子供に沢山のごはんをあげました。 ルバーブのパイとか、リンゴのタルトとか。マッシュルームのポタージュとかです。
帽子男 @alkali_acid
そのあと歯を磨いてやりました。丁寧に。 体も洗ってやりました。丁寧に。
帽子男 @alkali_acid
「おばさんありがとう」 「おねえさん」 「おねえさんありがとう」 「いいの。さあベッドでおやすみなさい」 「ぼくもういかないと」 「おやすみなさい」
帽子男 @alkali_acid
子供はやわらかい布団で眠りました。 魔女はそばで子守歌を歌ってくれました。そのあいだ皿は自然に洗われ、台所は掃除され、家じゅうはぴかぴかになっていきます。どうってことはありません。妖術です。
帽子男 @alkali_acid
子供が夜明け頃に眼を覚ますと、魔女はもういませんでした。 どこか散歩に行ったのでしょうか。 子供はそっと寝台を抜け出すと、丸い緑の扉を抜けて外へ出ました。 てくてくと歩いていくと、やがて日の出前の風がざわっとそよぐ原っぱに出ます。
帽子男 @alkali_acid
地平線のほうがかすかに燃えて、原っぱに立ついくつもの像を浮かび上がらせます。 雄狼。雄鹿。雄猪。雄山猫。雄鷲。雄牛。雄山羊。 「立派でしょう」 気付くと魔女が子供のそばに立っています。
帽子男 @alkali_acid
「これはなに?」 「魔法で時を凍てつかせた私の宝物」 「たからもの?」 「そう…皆とても美しい毛並み、羽振り、角振りをしているでしょう」 「うん」 「森で野で山で一番きれいな雄を、捕まえてあるの」 子供はぽかんと口を開けました。
帽子男 @alkali_acid
「あなたも美しい雄に育つといい…きっとなる…そんな気がするの」 「でもぼく」 「なあに?」 「ええと…」 「いやかしら?痛くも苦しくもないのだけど。何も感じないし。ずっと眠っているようなもの」
帽子男 @alkali_acid
子供は考え込みました。 「でもぼく」 「なあに?」 「ちゃんとおおきくなれるかな」 「なれると思う。私がたくさんおいしいものを食べさせてあげる」 「おいしいもの…!」 魔女の誘惑に、獲物はたやすく屈してしまいました。
帽子男 @alkali_acid
子供は毎日、アオスイカズラの実の砂糖漬けだとか、カエデの蜜に漬けたパイだとか、アオマメとハーブの揚げ物だとか、そのほかもろもろのご馳走をもらい、夜は魔女の膝の上で絵本を読んでもらったりして過ごしました。
帽子男 @alkali_acid
魔女は子供の亜麻色の髪をくしけずってやりながら、うれしげに言います。 「あなたの鳶色の瞳と亜麻色の髪はきっとすばらしくあの草原に映えるでしょうね。狼のそばにおこうかしら、雄羊のそばにおこうかしら」 「でもぼく」 「なあに?」 「ちゃんとおおきくなれるかな」 「だいじょうぶ」
帽子男 @alkali_acid
しばらくして、背に銀の毛を一列生やした雄熊を宝物に加えてから、魔女は溜息をつきます。 「どうして…大きくならないのかしら?」
帽子男 @alkali_acid
子供はちっとも大きくなりません。いつまでも幼げな姿のままなのです。 もちろんお荷物ということではないのですが。しなくていいというのに、妖術でやれば一分で済むようなお掃除や片付け、庭の草むしり薪ひろい、煙突の掃除までやろうとし、はじめは失敗しますがすぐこつをつかみます。
帽子男 @alkali_acid
「そんなに下働きをがんばるより。大きくなってくれた方が嬉しいんだけど」 「やっぱりぼく」 「あ、気にしないで頂戴。気持ちはありがたいの。でもどうして大きくならないのかしら」 「あの…」 「ま、そのうち何とかなるでしょ。ほら、おやつにしましょう」
帽子男 @alkali_acid
子供はそのあとも、魔女の肩やふくらはぎを揉んだり、髪をくしけずったり、着替えを手伝ったり。 「あなたって何でもできるのね」 「ううん」 「できないことあるの」 「じはよめない」 「そうなの。読んでみる?」 「おこられる」 「怒らない怒らない」
帽子男 @alkali_acid
子供は字の覚えは悪かった。算数もあんまりちゃんとやれない。 「まあいいの。あなたは美しくほっそりした男に育ってくれれば」 「でもぼく」 「なあに?」 「…できるかな」 「大丈夫」
帽子男 @alkali_acid
春が来て、夏が過ぎ、秋が去って、冬が戻り、また繰り返し。 「いくらなんでもおかしいかしら」 「うん」 「どうなってるのかしら」 「ぼくでていったほうがいい?」 「あらいいの。別に困ってはいないんだけど…でも」
帽子男 @alkali_acid
魔女は切妻屋根の家の地下におりて、古い本をひっぱりだしてきます。 「あなたは…ひょっとして…魔法がかかっているのかしら」 「…どうしよう…でていったほうがいい?」 子供は不安そうです。 「どうしていつもそんな風に言うの?」 「ぼくがおおきくならないと、みんなこわがるから」
帽子男 @alkali_acid
「それはたいへんね…あ、これだ。時を…ふうん。私の妖術と違って、成長だけを止めるのね。どうしてこんなものかけたのかしら」 「わからない」 「親のことはおぼえていない?」 「うん」 「ずっとどうやって生きてきたの」 「いろんなおうちでおてつだいしてきた」 「そうだったの」
帽子男 @alkali_acid
魔女は子供の頭をぽんぽんしながら訊ねます。 「一番最初のことを覚えている?」 「うーん…ううん…ちゃんとはおぼえてない」 「思い出せるだけ思い出してみて」 「おおきな…」 「おおきな?」 「て」 「手」 「てにはいってた」 「なにが?」 「ぼく」
帽子男 @alkali_acid
「赤ちゃんがどんなに小さくても手には入らないと思うけど」 「…ゆめ、かなあ…」 「ふうん…とりあえず術を解いてみましょうか」 提案する魔女に、子供は不安げです。 「でもぼく」 「なあに?」 「しんじゃったらどうしよう」
帽子男 @alkali_acid
子供はうつむきます。 「ぼくずっとながいあいだ、おおきくならなかったでしょ?」 「そうね」 「もう、おじいさんになって、それでしんでるとしだったらどうしよう」 「そうねえ…大丈夫じゃないかしら。死にそうには見えなくてよ」 「そうかなあ…」 「そうそう」
残りを読む(20)

コメント

まあちゃん @matyan0 2018年9月8日
ハッピーエンド?……ハッピーエンドだなっ!
dona @dona_mq 2018年9月8日
ありがてぇ……ありがてぇ……
yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 2018年9月8日
うむ、うんむ(´・ω・`)
鹿 @a_hind 2018年9月9日
また読ませる話だねえ・・・
りざ @rizariza2017 2018年9月9日
最後のイラスト…良き……
|ー」-|(640/90000) @moai15jk 2018年9月9日
これは肩にダンプ乗ってますわ 魔女集会みたいなタグにもう一度流行って欲しいなあ
無式MT @MxxTxxxx 2018年9月9日
こういうのが好きな女って子離れできない過保護のダメママになる危険ある
奈落水槽 @PhotoAbyssrium 2018年9月9日
MxxTxxxx 親が共働きで寂しかったせいでママへの恨みを全女に転化してる子離れ出来てない無式さんが言うと凄みがある
金色たまごωプリン @tamago_pudding_ 2018年9月10日
すこすこのすこ 語り口が毎回とてもすこです
フルバ @furubakou1 2018年9月20日
筋肉とは美しいものである。