「三億円事件犯の告白」小説の話題から語られた「時代と文体」の話

「三億円事件の犯人が書いた手記」とされる文章の真贋をめぐるあれこれの議論の中で、「文体が今、七十代の人のものとは思えない」「1970年代に青年期を過ごした人の文体はもっと別物」という声が。「時代と文体、その変遷」という話が面白かったので記録しておきます
文章 文体 三億円事件 人文 小説家になろう
49
オダブツのジョー @odanii0414
1968年12月10日。 三億円事件発生。 pic.twitter.com/sIIE9yGWFZ
拡大
拡大
ねとらぼ @itm_nlab
ちなみに「なろう」では自分以外の人物を名乗る行為を禁止してます 「三億円事件を計画、実行したのは私」 犯人手記風の文章が「小説家になろう」に投稿され話題に - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… @itm_nlabから pic.twitter.com/pWUJbu88lr
拡大
@5g_5c
三億円事件の告白文、文体が若いなぁ。70手前とは思えないけど、どうなんだろうね。
えの @LP_Ple
三億円事件の犯人(笑)の小説読んでる 爺の文体じゃねえだろこれ 面白いけど
ありぞう@土地単 @ksg_arizo
なろうの三億円事件のやつ軽く読んだけど70ぐらいの爺さんがこんな文体で書いてたら気持ち悪すぎる
遠藤初代(名跡) @endou_aya
三億円事件の真相を告白したテイの、なろう小説。クソどうでもいい五流恋愛小説並みの前半に心折れそう。「多摩」の字も知らないド田舎のひきこもりが犯人になりきって書いてると思うと舌打ちがもれるわ。70間近のじじいが書く文章を想像した、低脳児がド下手くそななろう文体で綴る恋愛小説。 twitter.com/livedoornews/s…
Morris N. Tamisnki @moritami87
なろうの三億円事件のやつだいぶ前に話題になったときに冒頭だけちょろっと読んだけど文体から『あー』ってなる感じでした
ヒサミチ @hisamichi
60年代学生の日記や回想録を幾つか読めば、なろうで三億円事件の真犯人が告白してる、とは思えなくなる 外語を知らない日本人が外人のふりしてるように見えた この半世紀で日本人、特に素人の文は大きく変わった 作者は高野悦子も滝田修も高橋和巳も読んでないでしょう ラノベは沢山読んだろうけど
ゆ り ぽ ん @cooliceco
「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」っていう告白文がなろう小説のサイトに載せられてるんだけど文体がコテコテなろう小説のクソみたいな台詞回しの書き方してるもんだから「学生運動に敗れた僕が友人の彼女と三億円ゲットした件」って感じになっちゃってるのが非常に残念。やり直し。 pic.twitter.com/iVewz4VXYr
拡大
ヒサミチ @hisamichi
ああいう昔の若者の空気っての いちばんわかりやすいのは本より雑誌 とくに読者投稿欄 だから古雑誌読むといいですよ 今とは考え方や冗談や何か、こだわるポイントが違うんだ 野坂昭如は素人の日記を集めてた 町村の庄屋の蔵に眠ってる大量の日記を箱ごと買う 作家は結構みんなやってると聞いた
アークライト @arcnight101
三億円事件のなろう小説、読み物として面白い コリン・マッケンジー物語みたいに事実だけを書くスタイルだと面白くはならない題材とはいえフェイクドキュメンタリーとしては文体が軽すぎるのが欠点 世代まではエミュれないから息子が書いたって体ならもっと没入できたかも
ヒサミチ @hisamichi
今さら態々言わなくてもさ こういう「世代の文」て素人のホームページを数千数万と読んだ俺ら中年は皆先刻承知の気もするんだよね これ爺ちゃんの文、これ団塊、これはガキ、って語彙文体で即座に分かっていたものじゃないですか(そういやジオシティーズも無くなるって話だしこの感覚も古いんだろね
seitaro @seidiary
三億円犯人手記、どんなものかなあと読んでみたが最初の何ページかで多分作者が若いなと感じてやめてしまった。ラノベ的なフィクション読み物に感じる。変えようがないあの世代特有の文体、言い回しがない。
dada @yuuraku
まあね、椎名誠の80年代の文体がブロガーに与えた影響はむっちゃ大きいね。いま読むと椎名の文が陳腐に見えるだろうけど、あれが開祖なんだからしょうがない。
dada @yuuraku
あと、もう忘れ去られているけど村松友視の「プロレスの味方」文体ってのがあって、これも当時の若者の文章に大いなる影響を与えた。
ane_mone @ane_monen
うーん。三億円事件小説、まだ最後まで読んでないけど確かに文体がちょっと若いと思うな。
👉ガタリ(劇団ぱおぱを主宰) @paopawo
三億円事件小説、良く出来ているのかな? 文体が若いとの感想もチラホラ。 いやいや、俺は年相応の文章が書けるのか?
アカウントが変わった人 @_change_account
三億円事件のなろう小説、妙に細かく書かれているから信憑性もある、でも文章書き慣れしすぎている文体で嘘かも… それでも真実かどうかはともかく読み物としては最高に面白かった 何度か読み返すレベル 人の感情が細かく書かれすぎててドラマ見てるみたいだった
おもとなほ @omotonaho
ウェブサイト「小説家になろう」にアップされている、三億円事件犯人の自白文?、三億円事件マニアとしては目を通しておこうと読了。そこそこ面白く読んだ。まあ、事件の犯行時の描写が弱く、文体からか、当時の空気があまり感じられなかったのが残念。
暮居 @Claythy
三億円のやつ文体がまるきりラノベなので、ラノベ文体苦手マンには読めないやつだった。
mozy @ok_mozy
そういえば、三億円事件の読み終えたけど、これ文体から見るにプロの作家が書いてるな。と思う。 なので、信じるとするならばなんらかのタイミングで犯人と接触して書いたのだと思うなぁ。 もしくは犯人が作家か。
与太 @do_ob_87
なろうの三億円事件の奴皆が絶賛するから読んだけど本当に文体とかストーリーがキツすぎる。またオタクに嘘つかれた。俺は本当に怒ってる。
きい @k_i_i_3
話題のなろう三億円の序盤をチラ見。これは老人の文体じゃないねぇ。確かに読ませる文章だけどこなれてないし、他にも端々にほつれ……糸端が見える。まぁ、フィクションかな。というのがわたしの抱いた印象でした。真贋は気にしないでもう少し読み進めてみるわ
masaomi @masaomi_m
例の三億円の読んだけど、すぐに文体で無理だなと思いそっと閉じた。
残りを読む(21)

コメント

ヤカリー @8FeNN0H8kFFBok0 2018年10月4日
2ページくらい読んだけどどう見ても創作やん…(小説サイトだから当たり前だが)
nob_asahi @nob_asahi 2018年10月4日
まあ、あんまりリアルに書くとそれはそれで妙な騒ぎになるので「明らかに創作。それもあんまり出来は良くない」位が匿名のネット投稿なら平和な範囲ではないだろうか。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月4日
「未解決事件」とか「シンソウ坂上」に触発されたんだろうけど、時代というか世代特有の文言がないから、パチモンとしか思えない。手紙文とかもっと読んで時代の空気を感じ取れるようにならないと、これじゃ使えない。
Ukat.U @t_UJ 2018年10月4日
文体とかワーディングが若いというだけでなくて、告白文の文体や視点の置き方ではないですよね。ノンフィクションの手記とも、人間失格のような告白の形式をとった小説とも違う。ドキュメンタリーとバラエティーでカメラワークが違うようなもんです。
jk @jk_1976 2018年10月4日
ライトノベル文体というか、会話体が多すぎるなあ 地の文で客観的に事態を描写せず、一人称の会話の積み重ねで語られるのはストレス 現実でもこういう会話の仕方する人がいるけど、知的レベルを測る物差しになると思ってる
jk @jk_1976 2018年10月4日
jk_1976 こういう文体自体が罠という可能性も排除はできないけど、そうする意味がないよな
朝起きるの慣れてきた @yuukoaozora 2018年10月4日
数日前?から話題になってたけど、どうせ毎度お馴染みなろうファンだけが絶賛してるいつもの稚拙なネット小説だろって思ってたらホントにそれで草。でも、なろう文体で昭和事件史を書くのは面白そうなのでルールを守ったうえで流行ってほしい。女体化浅間山荘事件とか面白そうとか思ったがただのひぐらしになりそうだな…
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
人称と文体と視点がそれぞれ別のところ向いてるような座りの悪さ。
なんもさん @nanmosan 2018年10月4日
投稿先考えると最近ラノベばかり読んでる爺さんの可能性も捨てきれませんよ?表現スタイルってのは世代だけじゃなくてそのとき本人が興味持ってるものに強く影響受けるものですからね。しかもこれ、別に言うほど今風ってわけでもなくね?昔からよくある体験告白風フィクションの文体そのまんまに見えますし、そのせいで絵空事感はめっちゃ強いけど別に読みづらくはないです。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
nanmosan いや、週刊誌の告白エロ小説体ってのはもうちょっとお約束が違うんよ。もちろんラノベの影響受けて今風になった、ならこれもありなんだけど。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
今思うとアングラ告白、エロ告白(男女両視点)にフーゾクレポとか、ちゃちゃっと書き分けられるライターさんの筆力は相当のものだったんだな。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年10月4日
よく使う言葉って世代や時代だけでなく、その人が所属する団体もしくは希求する思想と直結してるから、普通じゃない人の言葉遣いって普通の人が読めば直感的に違和感あってすぐに気付けるのよ
まき @maki_0414 2018年10月4日
今風の文体、筒井康隆先生なら書けそう?
Ukat.U @t_UJ 2018年10月4日
pompocotanuky 告白エロ小説も視点は限りなく体験者に寄せた形になってますよね。この小説は過去の回想時はカメラに話者も登場人物の一人として映り込んでる感じ。それに時々カットバックで現在それを語ってるシーンが入る。2ちゃんねる(5ちゃんねる)とかの体験談(風)のものの書き方が近いと思います。
Ukat.U @t_UJ 2018年10月4日
あと、告白と言いながらヒキの言葉をあからさまに入れすぎだと思う。ドキュメンタリーっぽくしたかったら「このあと衝撃の事実が!」とかあんまり入れないでしょ?しかもこの小説だと、テロップでなしに本人がそう言っちゃう形になってる。その辺、その場の会話の再現やヒキの言葉を入れながら、あくまで体験談としての型を崩さない稲川淳二の語りは本当にうまいと思う。
spin_out @spin_over 2018年10月4日
おまえら老人の文体って言ってるけど、新井素子が再来年で還暦で、現役ライトノベル作家でロードス島の水野良が55歳、棘でも大人気な山本弘が62歳だって知ってて言ってんの?
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
spin_over 上でも語られてるけど、80年代に趣味や旅行雑誌の文章あたりまで一気に、随筆風からいわゆる昭和軽薄体とか新井素子風に激変してるわけですよ。実年齢よりもこの断絶を意識できるかどうかなのね。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
[c5475573] 軽チャーって言葉あったけど、80年代の文体変化は自然な世代の移り変わりというより、むしろ反教養主義の表現だったりするわけで。あのぎこちなさを真似たり再現するのは意外に難しいと思う。
たろー @hanpa64 2018年10月4日
たった一人であの文体を作り出した、宇能鴻一郎の孤高さよ。
nekosencho @Neko_Sencho 2018年10月4日
文体が若いっていうより、元になるデータが若い感じかな。 たぶん三億円事件関連は文献とか集めてるんだろうけど、それ以外がなんかあの時代っぽくない。 もちろん、真犯人がそういう感じにあえて書いてる可能性もなくはないけど、この文章だけで真犯人だと思うかというとNOだな。 創作として面白いかと言えば、おいらには合わなかった。
spin_out @spin_over 2018年10月4日
pompocotanuky いやだからさ、文体なんて個人の資質と環境でしょ。そもそも、全共闘世代ってそのまま漫画世代でもあるわけだし、志茂田景樹とか硬い文から児童書まで描いてる人もいるのに。文体なんてあやふやなもので判断するのは愚かだってことよ。あ、この小説が真実なんて欠片も思ってないですが
marumushi @marumushi2 2018年10月4日
あの年代でこんな文章書けるわけがないとドヤ顔してる方々の中に、よもやネカマに引っかかったり女性漫画家を男性だと勘違いしていた経験をお持ちの方は居りますまいな
Kyrie @Kyrie_u_eiryK 2018年10月4日
創作として、発想はいいと思う。 アイデアばかりが先走り、それを支えるに足る文章力や表現力が備わってない、リアル鬼ごっこ初版のような印象。
Kyrie @Kyrie_u_eiryK 2018年10月4日
小説家になりたいわけじゃない一般爺さんの告白なら、文章が拙くても当然なのか…。それにしては一般爺さんたちのFBやブログの雰囲気とも違うよなぁ。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
marumushi2 (フィクションという前提の上で)文章に説得力あるかどうかと、リアルの人物判定はまた別じゃね?
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年10月4日
現役JKの告白です→官能小説じゃあるまいしこんなJKいるかよw→官能小説の文体模写した本物のJKです みたいなことやっても仕方ないわけで。
kokomaro @kokomaro11 2018年10月4日
いや、面白かった。 無料で読ませて貰うのももったいなかった。 ただ、被疑者の自殺で追及が止むことはまずないので、終盤が惜しい。
marumushi @marumushi2 2018年10月4日
pompocotanuky 文章の説得力の話は元々してないので
kn @darks508 2018年10月4日
世代による文体や着眼点が異なるというのは同意できる。でも俺は素人のホームページたくさん見てきたから文見ただけで年代判別できるキリッていうのはかなり引く
ムグフォー(MG4) @MG4BqOMSNc 2018年10月4日
無理に文体を古臭くしなくても、調べ物さえしておけばぼくもこんな話題作を書けるんだ!という希望をたくさんの書き手に与えた、という意味では功があると思う。 そのうちキツネ目の男さんも小説書くんじゃないですかね。
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2018年10月4日
電車男パターンを狙って失敗した感じですね
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018年10月4日
まず、爺さんの一人称は「ぼく」。あっちのテキストの「私」を「ぼく」に変えるだけで爺さんっぽくなる。
Kazuyuki Yoshihara(いっこー) @kogomek 2018年10月4日
割とはじめの方に「宅配便」という言葉が出てきたのが気になった。この時代なら「郵便小包」だと思う。
聖夜 @say_ya 2018年10月4日
水野山本って30年前でもすでに古い文体だったしロードスなんてラノベじゃない扱いされる筆頭なんでは。友野とかSNE以外だとスレイヤーズの神坂一あたりが当時の新世代
草冠に西 @cuervo9 2018年10月4日
パッと見ラノベ文体だと思ったが、酒鬼薔薇の声明文で「爺さんだ」と思った自分には何も言えない
九銀@半bot @kuginnya 2018年10月4日
現金輸送車奪って逃走したら事故って異世界転生したから異世界でも大悪党やる話?
バレルロール @zoahunter 2018年10月4日
何だろ、ブレーキのポイントが現代的で「いやいやもっとモラルは緩かった筈」と思う自分がいる。でも、三島由紀夫に似てるんだよなーと感じたり。 作者は多分、イブニング愛読者だと思う。
RGB000 @19666_61 2018年10月4日
それいい出したらそもそもなろうなんかに公開されてる時点でおかしいでしょ。なろう特有(?)の文体に合わせた結果があれ、とも言える。爺さんは爺さんらしい文体を使えってのも、ちょっと違うと思うけどなぁ。(ノンフィクション前提の感覚
Nao♪ @Dollikin 2018年10月4日
文体がね…みんな同じ感想だ
foxhanger @foxhanger 2018年10月4日
別のスレにも書いたけど、出てくる「学生運動の活動家」が当時の話法やタームを使ってないのよね。 それに、学生運動は「はじめに思想ありき」だということをピンとこなかったんじゃないかな。書いたひとは。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年10月4日
文体模写はできるが、句読点の打ち方はかなり個人差があり、指紋レベルで変えられないらしい。CIAは句読点や用語を微妙に変えた同じ内容の文書をいくつもつくって流して流出源を探ったりするとか。
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2018年10月4日
hanpa64 「あたし、三億円事件の犯人なんです。」こうですね
家ノ風 @ie_kaze 2018年10月5日
書こうと思った経緯だけで、そもそも本物じゃないとわかる。読む必要すらない。
jk @jk_1976 2018年10月6日
改めて真面目に読んでみたら、新左翼組織が「神田軍」とか自称してるのは笑った 赤軍以外の組織も軍を建設していたとは、犯人だけが知る情報ですねえ……
稙田惟純 @ohgakorezumi 2018年10月6日
nanmosan そういえば劣等生の作者って結構な高齢だって聞いたな
いいじまみずほ @mizuho_iizima 2018年10月8日
発"炎"筒と発"煙"筒がごっちゃになってるね、この作者。しかも火薬追加って…発炎筒には火薬入ってるから追加する必要ないんだけど、発炎筒に薬品追加して炎を赤くする工作をしていたのと混同してるかも。文体もそうだけど、どうも細部の詰めが甘い。あとアタッシュケースって言ってるけど、当時ならジュラルミンケースって言わないかな?
みっくす・じゅーす @mixjuice_100cc 2018年10月9日
帰結としては数十年後には「ああこれはなろう文体だね」と語られる日が来る
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする