【バーサス戦】炎上とその「いなし方」の話【百人組み手】

ツイートがバズるたびにフォロー外からゲストというかデュエリストというか、ウエメセで決闘を仕掛けてくる人がいるんだけど、これのいなし方を間違うと「炎上」しちゃうんだろうなあという話。 炎上の予防消火は難しいけど、実は延焼先のコントロールは割とできるので参考までに。
13
久保田弥代/plummet @plummet

このところあちこちで『炎上』騒動が起きているので、改めて炎上が、「一人のところに統率された百人が押し寄せてくる」ことではなくて、「一対一のやりとりが百個発生すること」であるとは言っておきたい。本質がこれだということを見失うと集団ストーカー路線まっしぐら。

2018-10-05 16:25:14

ホント、それ!(`・ω・´)

大掃除の大妖精 @azukiglg

「一対一のやりとり(決闘)が複数乱立する」のは、SNSやブログコメント欄とかそうなんだけど、決闘を申し込む側&申し込まれる側双方が相手と自分の「サシの世界」「一対一のリング」を想定しちゃってるからだろうなあとは思う。 少なくとも、決闘申し込まれた側はサシの対決を想定しちゃいけない。

2018-10-05 16:34:12
大掃除の大妖精 @azukiglg

誰にもメンション付けてないツイがバズって頻繁にゲストとお話する機会が多いけどw(だいたい3桁以上、300RT以上になるとフォロワー以外からのデュエリストめいたゲストが現れ、4桁RTを越えると複数人が一晩で現れ、時に並列作業化する)

2018-10-05 16:36:10
大掃除の大妖精 @azukiglg

このとき、最も悪手なのは、 1)「DMでやりましょう!」という誘いに乗ってしまい、密室のつもりでやりあったら、DMで飛ばしあった罵倒中傷を外部に晒される、または「言ってもいない検証不能な発言」を捏造される。 とかだと思う。 「直接会って話しましょう」は第二のHagex氏になります。

2018-10-05 16:38:51
大掃除の大妖精 @azukiglg

なので、 2)オーディエンス(観客)が観覧可能、または第三第四の乱入者wが自由に参入可能、かつ相互の発言をオーディエンスが検証可能な状況下で応じる。 ってのが必要最低条件。 「自説の擁護者が自分一人だけになる」という状況を作らない(1対1を避ける)てのが重要と思う。

2018-10-05 16:41:13
大掃除の大妖精 @azukiglg

あと、これは現在はまた少し仕様が違ってきてるかもだけど、僕が「いまどきなんでアズキはQT(非公式RT)を使うのかの話にちょい繋がる。 普通に「返信」すると、当事者同士または双方をフォローしている、または「どちらかの発言を公式クライアントで追う」とかでないと見えない。

2018-10-05 16:43:10
大掃除の大妖精 @azukiglg

QT(非公式RT)だと、クライアントアプリによっては文末が省略されてしまうけど、公式クライアントで見ると以前の発言とツリーが繋がるのと、非フォロワーにも見える。 (個人的に公式は余り使わずTween、TweetDeck、twiccaを併用してるので、それぞれのクライアントで動作が異なるけど)

2018-10-05 16:45:12
大掃除の大妖精 @azukiglg

ともあれ、「1対1を並列化させない」という久保田さんの言は極めて正しい。 QT(非公式RT)による議論の【公開】のメリットは、 「オーディエンスの意見を取り込むことができる」 「オーディエンスの検証がリアルタイムに受けられる」 つまり、【自分が孤立しない】というところにある。

2018-10-05 16:46:45
大掃除の大妖精 @azukiglg

もちろん自分自身の主張がトンチキだったり、誤った方向に断定的で賛同者が得られなかったりという、根っこの部分で「支持が得られない内容」であれば、僕だって集中砲火受けるとは思う。 オーディエンスは観覧者、乱入者であるけど常に味方とは限らない。 だいたいフォロワーはヲチャーのほうが多いし

2018-10-05 16:48:23
大掃除の大妖精 @azukiglg

ゴゴゴの果てに、決闘を仕掛けてきたゲストさんが「取り巻きが徒党を組んで俺を個人攻撃しやがって!」という捨て台詞を吐いてブロック撤退していく結末になることが結構多いんだけど、これはデュエリストであるゲストさん側の対応ミスであるとは思う。

2018-10-05 16:49:41
大掃除の大妖精 @azukiglg

1)アズキさん単独ツイがバズる 2)デュエリストさんAが決闘を仕掛けてくる(返信で) 3)アズキさん、QTで応戦 4)アズキさんのフォロワーに、デュエリストAの主張が晒される 5)アズキさん、デュエリストAとのやりとりをほぼ全てQTで進行 6)アズキさんのフォロワー(オーディエンス)のTLが緑化

2018-10-05 16:52:16
転倒小心 @tentousho

@azukiglg とりあえず炎上とかゴゴゴでガーて行く人たちは、その場が1対1のお見合い会場なんかじゃなく飢えた野獣の心を抱えた人の渦巻く婚活パーティ会場みたいなもんだと思っといたらいいと思う。

2018-10-05 16:53:24
大掃除の大妖精 @azukiglg

7)(2)ではなく(1)に反応したデュエリストさんBがアズキに決闘を仕掛けてくる(返信で) 8)アズキさん、デュエリストA/Bの双方に同時に、かつ、オーディエンスに見えるところで回答。 9)オーディエンスから(8)への乱入者/検証者が介入。

2018-10-05 16:54:11
大掃除の大妖精 @azukiglg

10)デュエリストA/Bは大抵の場合、共闘しないw 11)デュエリストA/Bは、オーディエンス(しかも複数)への対応にリソースを奪われる。 12)(11)のとき、デュエリストが「1対1」で対応しようとすると炎上がデュエリスト側に飛び火する。

2018-10-05 16:56:22
大掃除の大妖精 @azukiglg

13)デュエリストA/B/nはそれぞれ乱入者に個別に対応しようとするが、これによって「討論の中心」が遷移していくので、アズキさんは次第にその議論から(名指しされたり気になる話題だったりしない限り)引いていって、観覧者側に。

2018-10-05 16:58:59
大掃除の大妖精 @azukiglg

14)ほどほど自分が当事者でなくなった頃に「僕宛のメンションは外して下さい」と一言言ってみるか、デュエリストのアカをクライアントアプリ側の機能でローカルミュートする、という選択肢もあります。

2018-10-05 17:00:17
びぃじぃ @20100313bg

@tentousho @azukiglg どっちかというと「隙あらば他人の首を取ってやる」みたいな戦国バトルロワイヤル会場、そこで「不適当にでかい多数が当てはまる対象を巻き込みで蔑視、罵倒」して自らバトルフィールドを拡大して参加者を無制限に増やしてしまえば個別対応不能に陥って確実に大炎上できる!

2018-10-05 17:02:02
大掃除の大妖精 @azukiglg

TweetDeckはどうだったか忘れたけど、Tweenとtwiccaには公式のミュートとは別に、アプリ上で「NGワード」や「NGユーザ名、NGアカウント」を個別指定して、TLに出現させなくするという機能があるので、ブロックやミュートを多用する人や精神的に議論し掛けられるのが苦手な人は、そういうの使うといいよ

2018-10-05 17:02:15
アキト @AKITO70707

@azukiglg Twitter上のやり取りはオープンソースで観衆が幾らでも居る場ってのを忘れずに、ですな

2018-10-05 17:02:54
大掃除の大妖精 @azukiglg

慣れると「脳内ミュート」により、【見えていても視界に入らないので、最初からいないのと同じ】に対応できるようになるけど、不毛な議論に人生やメンタルを浪費することないよ!

2018-10-05 17:03:19
大掃除の大妖精 @azukiglg

「観客の全てが敵になる」が最悪の状況だし、「観客に賛同者や共感者、自説をリレーする模倣者」が出ると自分が楽になりますしね。 QT @AKITO70707: @azukiglg Twitter上のやり取りはオープンソースで観衆が幾らでも居る場ってのを忘れずに、ですな

2018-10-05 17:04:08
大掃除の大妖精 @azukiglg

あと、「観客を説得する」っていうのは、「多数派を形成することで、自説の採用率を高める」という民主主義の基本なので、訓練して身に着けるようにしたほうがいいと思う。マクロでもミクロでも役立つ。 @AKITO70707

2018-10-05 17:04:54
大掃除の大妖精 @azukiglg

1対1を狙ってくるデュエリストは、 a)自分(防衛側)1対1デュエリスト(攻撃側) b)自分(防衛側)1対nデュエリスト(攻撃側) という体制を狙ってくるし、1対1で個別対応すると(b)になりやすいので、これは避けたいとこっすね。 @20100313bg @tentousho

2018-10-05 17:06:38
大掃除の大妖精 @azukiglg

まず c)自分(防衛側)1対1デュエリスト(攻撃側)+オーディエンスn(中立的立場であり、観覧者であり、検証者であり、あわよくば乱入するつもりの人w) という状態を作り、 d)c)自分(防衛側)1+乱入者n対1デュエリスト(攻撃側)+オーディエンス ってなるのが理想 @20100313bg @tentousho

2018-10-05 17:08:55
残りを読む(11)

コメント

文里 @wenly_m 2018年10月5日
コレはまとめて欲しかった。早速の自まとめ乙です。
1
令和ライカ @kait8823 2018年10月5日
アズキ先生の百人組手は「(こんなの相手に)お疲れ様です」という感想が多いですが、改めて説明を聴いて勉強になるので有り難い。
3
女子高生実話怪談作家@芸歴三十年 @azukiglg 2018年10月6日
バーサス状態になる場合は一人に集中できるんだけど、百人組み手状態のとき「異なる発言者それぞれの主張から共通項を読み取り、返信を一本化する」っていうのを、60~120秒くらいでどんどん考えていくっていうのは、脳の使い方としては割と面白くはあります。解決していかないと、どんどんスタックしていっちゃうと言う。
2
女子高生実話怪談作家@芸歴三十年 @azukiglg 2018年10月6日
あと、全般には僕のほうが手数(ツイ数=打鍵の速さ)が多いかなとは思うんですが、単に物量で圧倒するのではなくて、ちゃんと先方(時に複数)の言い分をちゃんと読む、っていうのをやって、「要点の整理」または「あなたの言い分」というのを噛み砕いていかないと、得るものが少なくなるかな、とか。
3
女子高生実話怪談作家@芸歴三十年 @azukiglg 2018年10月6日
場数を踏んだおかげなのか、最近は「最初から聞く耳を持たない人」と「そうではない人」の区別が割と早い段階で付くようにはなりましたが、「聞く耳を持っている」ように見せかけた人の皮が剥がれていくとか、突然キャラ崩壊するのとかを見ると、ちょっと悲しくなったりはします。その設定もっと頑張れ、的な意味で。
1
女子高生実話怪談作家@芸歴三十年 @azukiglg 2018年10月6日
知識や実績を持っているゲストさんから学べるのは大変喜ばしいことなんですが、「誰かから得た知識」が身になっていない人や、「ソースの提示」が「底本、元ネタブログへのリンク」になっちゃって、自分の言葉で説明できるほどには消化できていない人とかだと、あまり話が膨らまないので……。
1
女子高生実話怪談作家@芸歴三十年 @azukiglg 2018年10月6日
まあでも、「異論」とか「別の正義」とか、「なぜ彼らは自分の正義を疑わずに確信できるのか」とかについては、実際に「正義の人」と対峙してみないと分からないところではあって、「何故彼らは僕に悪役であってほしいのか」「彼らが望む理想の悪役はどういった末路を辿って欲しいのか」とかを引き出すには、実際に体験してみないと、っていう。
1