【実名】 実名のダメな人は何がダメなのか 【匿名】

割と定番の「実名主義と匿名主義」について。 実名でも匿名でも評価され敬意を持たれている人はいるけど、実名でダメな人は、リカバリとリスクヘッジが困難である分、匿名でダメな人以上に当人が抱えているリスクが大きいんだけど、そこに無自覚なままなのはなんでかしら、という話。 今回のゴゴゴにはない論点だけど、実名主義の人はどうやって子供に「ネットリテラシー=個人情報の開示リスク」を教えるのだろう、というのは常々思う。
コラム 本日のゴゴゴ 実名 匿名 リテラシー
69860view 229コメント
259
本日のお題は実名と匿名(・ω・)
ryoko174 @ryoko174
実名での誹謗中傷(下図のCに相当)を誇る人がいますが、そんなハイリスク行為をしても現実社会で支障が出ないこと自体が、自らのリアルにおける影響力の無さを証明している皮肉。人並みの地位や人間関係を持っていたらそんなことできません。 http://t.co/nLQ6Dx9LNF
 拡大
ここから本題(・ω・)
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
実名のダメな人は「自分は弱味(実名)を晒しているから、晒さない匿名より意識が高い」と思い、また「自分は社会的身分を晒しているから、自分の発言には根拠がある」と信じ込んでいるw QT @ryoko174: 【実名匿名論争】http://t.co/lJyOPsIeus
 拡大
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
再掲】 実名と匿名の議論に関する論点の整理http://t.co/bjgwhcm1eh 【実名主義の著名人と無名人】 実名さんと匿名さんの埋まらない溝について 【匿名主義の無名人と著名人】http://t.co/Z1W8nLgT5o 昨日も流した気がする
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
再掲】 加藤アズキさんの『ネットの実名VS匿名に関する備忘録』http://t.co/NsXuVCCnns 加藤アズキさんの『実名VS匿名の対立』おかわりhttp://t.co/Uh6NLx52dM
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
実名のダメな人は、「自分の印籠(社会的身分)を見せれば相手は屈服するはずで、印籠を見せても襲いかかってくるのは、後に引けなくなった悪代官」だと信じ切ってる点。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
あと、社会的に誇れる身分(権威)というわけでもない実名のダメな人、例えば「子供の母」とか「普通の主婦」とかを、「相手に萎縮を迫り威圧する価値がある称号」だと思ってるような人で、なおかつ実名の人っていうのは、「自分の名前を晒し続けることで著名になりたい人」なんだと思う(・ω・)
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
どこぞの誰とわからなくても、実名の名を上げていくと、どういうメリットがあるのかというと、「身近の知り合いに対して、自分の株を上げられる」ということじゃないかなあとは思う。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
リアルでの狭い人間関係(職場、近隣、友人関係、親族、家庭とか)に対して、自分個人の発言力・存在感・価値を高めるためには、彼らがアクセスしていない場所で自分の発言力が大きい、支持が多いことを示す必要がある。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
「私はネットではこんなに有名なのよ!」というのを誇るためには、匿名だと「有名なその匿名と、ネットの外の自分の関連づけ」がうまくいかない。実名で有名になれれば、「あの○○○さんは自分」と説明しなくても相手が察してくれるだろう、みたいな。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
結局のところ、「リアルでの優位を得るためにネットで優位になりたい」が、無名なのに実名に拘る人の目指す所じゃないかなあ、とは思う。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
ちなみに「拘る」「拘り」は本来は「頑迷」というネガティブなニュアンスの言葉で、「頑固一徹」「信念がある」みたいなポジティブなニュアンスに変わったのは割と近年のことらしいよヽ(´∇`)ノ
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
実名無名の話は何度でも出てくるけど、組み合わせが色々あるんだよね。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
まず、実名主義の有名人とほにゃららの組み合わせ。 1)実名主義の有名人同士 2)実名主義の有名人と匿名主義の有名人 3)実名主義の有名人と実名主義の無名人 4)実名主義の有名人と匿名主義の無名人
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
そして実名主義の無名人とほにゃららの組み合わせ 5)実名主義の無名人同士 6)実名主義の無名人と匿名主義の無名人 7)匿名主義の有名人と匿名主義の無名人 8)匿名主義の無名人同士 9)匿名主義の有名人同士
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
8)と9)、匿名主義の無名人と匿名主義の有名人は、相手が何者か互いにわからないわけだからw、事実上オーディエンスから見たら一緒。ただ、当事者の意識として「身バレリスクに対するリスクヘッジ」の度合いは大きく異なる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
街中でペンネームを大声で呼ばれる人はだいたいそれに入ると思います QT @ASPEnoELDER: @azukiglg ネットから有名になってリアルでも優位に立つ人はネットの名前が影響力持ちすぎてリアルの仕事でもネットネームで呼ばれる人ですね。 戸締りさんとか。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
当初の話題に戻ると、「匿名のダメな人」は、匿名であるが故にダメっぷりのダメージが実生活に及ばないんだけど、「実名のダメな人」は、ペルソナ(仮面)の予備がないわけだから、ネットでのダメっぷりが実生活にも影響を与えるというリスクがあることに、当人が気づいてないのがマズイとは思う。
みちひと@鳥取 @michihito_t
ネットでの実名無名の本質は実名優位を唱える人が一定数居て、ビジネスマナーとかをネットに持ち込む傾向があるというはなしだと最近は割り切ったかも。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
まあ、多くの場合「実名のダメな人」がネットで大きな影響力や広い知名度を持つことは考えにくいから、いかにダメであっても実生活へのダメージはさほど大きくはなりにくい。ただ、「思い上がってしまった実名のダメな人」は、ネットでの知名度を実生活に持ち出したがるので。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
結果、「ダメさ」を実生活に自ら喧伝することになってしまい、「あれは過ちでした」「間違いでした」というのを、実生活サイドで訂正しにくくなるから、ますますドツボにはまる。放射能恐怖症系の自主避難者とかは、その系統じゃないのかしらん。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
パソ通時代のNifty-Serveの笑い話として、「大学教授と会社社長の大人げない喧嘩を仲裁したのが、小学生だった」っていうのがあるんですよね。ネットの外の権威で戦っていた大人を諫めたのは権威のない小学生でたった、みたいな @michihito_t
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
なぜ、「大学教授と会社社長」は喧嘩になったのかといえば、「自分の権威を成立させている論理に依って立ち、相手の優位に立とうとする」からで、実名と実生活での身分をネットに持ち込むっていうのは、とにもかくにも【自分の常識で相手を封じ込める】以外の何物でもない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg
もちろん、自分の常識で大学教授になり、自分の常識で会社社長にまでなった、それぞれは間違ってない。が、自分の尺度で自分と違う常識によってその地位を得たもの同士が、互いの常識の優劣を自分の常識で競おうとしたら喧嘩になるのは目に見えてる。
残りを読む(19)

コメント

夢乃 @iamdreamers 2013年10月14日
まとめとちょい趣旨ずれるけど、他人に現実の実名を要求するのは卑怯だと、私は思ってる【http://togetter.com/li/517083/ネットでの実名に現実の実名を使うのは卑怯だっ】
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2013年10月14日
権威も経歴も持たない自称実名は、匿名と何ら代わりないって事実を先ず理解すべきかもーぬ。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2013年10月14日
まとめ主のツイート読んでいてふと浮かんだのが、何の権威も経歴も持たない自称実名の実名史上主義者っつーのは、詰まるところ虚名が欲しいのではないかなーと。
みちのく すたいる @michinoku_style 2013年10月14日
実名を挙げてるアカウントはかりが胡散臭い。嘘八百ばかり、ツイートしてる。としか思えません。
みちのく すたいる @michinoku_style 2013年10月14日
早川由起夫、上杉隆、岩上安身が、被災地に浴びせた誹謗中傷の言葉、自分は忘れていません。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年10月14日
ぼくの場合は匿名のせいで、事実確認ができることしか話せません。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
匿名発言者が匿名で発言することが真(または事実)であることを証明するには、当人以外がその内容が検証可能である(第三者が裏付けを取れる)が、実名発言者以上に求められます。【ダメな実名発言者】の問題点は「実名であることが根拠だ」と言い張ることで、第三者による検証を受け入れないことがある点。第三者でも検証できることを言ってる発言者は、実名匿名と関係無しにちゃんと尊重されますし。
minkanjinmno @minkanjinmno 2013年10月14日
まえにいーわさんがやってたのにオブラートを被せたまとめですね。http://togetter.com/li/182485
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
このテーマは誰もそうだとは認めないから、永久に続くんですよ。だいたい、インターネット黎明期(fjやメーリングリストが主流だった頃)には既にあったし、遡ればパソ通、もっと遡れば「匿名論壇論争」をやってた頃から何十年も続いてる。プレイヤーが入れ替わるだけで、テーマは変わらない。
そら豆 @solamame_k 2013年10月14日
ネットを仕事場の一つにしてる人以外、実名出すメリットは無いように思う。
鴨松 @kamomatsu 2013年10月14日
実名のダメな人の一例として、「正しいこと・本当のことを言っているなら実名を名乗れないわけがない。つまり匿名のお前は不正義だ、信用ならない」というのも見かけますね。
幸福太郎 @koufukutarou9 2013年10月14日
匿名が多いツイッターで実名で発言する事自体を「凄いだろ、お前らとは違うんだよ」という感じで自慢されても、フェイスブックとかに行けよ、と思います。
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2013年10月14日
実名で炎上した場合のリスクに対して鈍感なのは、炎上して責められても「私の意見が正しいから潰しにかかって来ているんだ!!これは陰謀だ!!」で済んじゃうからだったりして・・・。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
「自分は実名だが無名だから失うものなどない」という人もいます。そういう人がアイスケースに入ったりする。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
権威がなくても著名人じゃなくても、やらかせば代価を要求されるわけで、実名はそのリスクを高める効能が強いとは思う(・ω・)
さいとー〇〇(ネコノミスト) @Rock_Junkie 2013年10月14日
匿名より実名の方が負うリスクが大きいことを理由に、発言の信憑性、正当性を説く馬鹿が未だに多くて(白目
中島一成 @nakashima1106 2013年10月14日
公共性さえ意識していればなんでもいい、どのカテゴリーでもおkな気がしますがね。リスク、炎上するかどうかは今のところ実際に迷惑かどうかが大きいように感じますし。優位性云々は後づけな印象が‥権威が後づけと同じように。面白い着眼点だとは思いますが。
闇のapj @apj 2013年10月14日
ぶっちゃけ、被害発生時に低コストで特定できて訴状を迅速に送れるなら、発言時は実名でも匿名でもどうでもいいんだが。 http://www.cml-office.org/archive/2011/09/06/depot/1712
中島一成 @nakashima1106 2013年10月14日
上の自分のコメ補足で、まともかどうかはあくまでも主観なので、まともじゃない(ダメ)=公共性欠落だとも一概には言えないと思いますよ。苦手なタイプはやってる中で出てくるでしょうけど。リアルと同じ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
えー、主題は「公共性が云々」じゃなくて、【実名のダメな人は何がダメなのか】です。実名でも匿名でもいい人はいい、というのは既に述べた通り。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
ここではテーマを限定してるから扱ってないけど、そもそも、「ネットで使っている実名が実在すること」と、「その実名を使っているのが実名の持ち主当人であること」とは必ずしも一致しない。実名の誰かを騙る、っていう騙り問題が昔から存在するのと同程度に。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
また、「その実名は自分じゃない!」と声を上げた人が、本当に元の当人かどうかを証明する手段が、実はネット上にはあんまりない。例えば本を書いている著者(著名人)なら、自分の著書で自分がネット上の本人である/ないを訴え、それを書いた著者が本人であることを本を出した出版社が保証してくれるけど、著者/著名人ではない無名の実名一般人にはそれができない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
その意味で、「ネット上で実名だと当人が主張しているアカウント」が本当に実名かどうか、実名の本来の持ち主当人かどうか、というのは検証そのものが非常に難しいので、厳密には「実名であることを優位に活用できるのは、実名の著名人だけ」なんだよなあ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
そう考えていくと、実名を晒した無名人にとって、実名のメリットはほとんどなくて、むしろデメリットばかりということになるので、「実名で弱味を晒しているから自分は真実に近い」みたいなのは、単なる錯覚以上ではない気がする。自制のために実名を使っている、という人ももちろんいるんだろうけど、それも然り。
yd87 @yd871 2013年10月14日
青プリンだの英雄橋だのうんこ先生だのが一定の注目を集めるのは、「実名でアホなことを抜かしている」以外に説明がつかない。要するに、それが彼等の望みなのだろう。
Jeff /ジェフ(脱原発に一票) @Jeff_Yamato 2013年10月14日
やはり我々実名派が自ずと有する圧倒的説得力の前には、匿名のカスが何を言っても無力というものだよ。
yd87 @yd871 2013年10月14日
Jeff_Yamato お前の本名って大和ジェフなのか?
ぱしゅ @h15sr 2013年10月14日
一銭にもならないのに人の感情を害す発言を繰り返して嫌われるのは匿名でも実名でも度し難いバカだとは思う。自戒を込めて。しかし労作とは思いますがなんだか冗長なまとめですね。わたし個人としては匿名アニメアイコンだと馬鹿にされても周囲にいる人ならばともかく顔を合せることもなさそうな人に何か言われても、ねえ。匿名云々言う人に対する言葉って「ご苦労様」ぐらいかな。
neologcutter @neologcut_er 2013年10月14日
実名アカウントって売名行為にしか見えないことがあるんだよね。例えば地図とか本とか売ってたあの人ね。
戸国梨 @nanashi_tu 2013年10月14日
結局、匿名でも実名でも、リアルでもネット上でも、丁寧で説得力のある言動を目指すに超した事は無いんでしょう
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
えー、本まとめはazukiglgアカにしては、短くてライトで端的で軽妙なほうです。普段はこの50倍くらいくどいです(・ω・)
松尾義之 @digitkappa 2013年10月14日
進撃の巨人1話でアルミンが「僕が言ったことを正しいと認めているから…言い返せなくて殴ることしか出来ないんだろ?それは僕に降参したってことじゃないのか!?」と言ってたのを思い出した。アニメアイコンも匿名もソコをついた時点で議論が劣勢になってるって認めてるようなもんだw
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
あと、「1行140字でわかる人」にはこんなまとめはそもそも要らない。それじゃあ通じない人はそもそも文化が違うのだから、「共通理解の解説」から始めて同じ趣旨のことを何度も言葉を換えて説明しないと通じない。そしてようやく通じたかと思ったら「自分は最初からそう言ってるだろ!」「冗長でくどいんだよ!」とか理不尽なことを言われるものなのです。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
あと、実名アカというのは原則として「売名(名前が商品)」「知名度を上げることに何らかのメリットがあるもの(良くも悪くも)」という理解で間違いではないと思う。炎上マーケティングも然り。
guldeen◆父は要介護5 @guldeen 2013年10月14日
『よく世間に顔出しして、肉声での発言を皆がしばしば耳にする』立場の人であれば、「その人の周囲からの評価は、その人の普段からの行動や成果を見た上で決まる」という、ごく当り前の結論に至りますわな(´д`) その人が芸能人や政治家、社長サンやアカデミズム関連の人とかどうかに限らず。 実社会での実名で築き上げた地位が“ヨソの場所(ネット・あるいは趣味の場)でも通用する”と思い込んでるフシが見受けられる点が当人から残念スメルを漂わせている、という指摘は、まさに。
MaliS @MaliSNacht 2013年10月14日
この手の問題って、結局、最前線で「やぁやぁ、我こそは~」って名乗りあげてる人間に、陣地の中から機関銃ぶっぱなすのが卑怯か否か、って話ですよね?
MaliS @MaliSNacht 2013年10月14日
匿名が「卑怯」なら、実名は「蛮勇」であって、どちらを選ぶかは、結局、個人の選択の問題だろう。
なっかわ @yaemon_the_tank 2013年10月14日
ペルソナに予備があるのが当たり前かどうか、てとこで「卑怯だ vs. いや使える環境が今はあるんだから使おう」なんで、そこに『分かっていないから危うい』ということはないんじゃないかと思いました。
なっかわ @yaemon_the_tank 2013年10月14日
あ、二重投稿になった(^^;) のはさておき。 筆名(固定ハンドル)を匿名と呼ぶような日本語のおかしい論争には参加したことないので、世の中には分かっていない人もいるの *かも* しれませんけど。 fj = 実名しか選択肢がなかったころからのネットユーザで今でも実名のひとは、みな分かっていてやってると思いました
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月14日
草の根パソ通の頃は、「ゲスト(固定した誰かではない匿名)」「ハンドルネーム(固定ハンドル=コテハン)」「アカウント(=IDだったり)」「当人が自称する実名」が混在していました。ゲストであっても、毎回同じ「自称」を使う人もいたし、一切身分を明かさない(または、証さないときだけゲストで入るとか)もいました。自作自演問題はペルソナ過多でもあって、これも割と地続きな話。
Miyabi@艦これやってます。 @Miyabi002 2013年10月14日
実名だろうが匿名だろうがどうでも良くて、伝える力の有る無しだと思うけどねー。
E-WA/いーわ @ewa4618 2013年10月14日
匿名でデマ流し放題→ちょっとしたミスで実名勤務先が判明→処分→以降匿名アカウントのまま実名アカウントぶる、という非常にミットモナイ例もありますがwww #日本翼
hanayaneko @hanayaneko1 2013年10月15日
実名のダメなところ?そんなの人それぞれだよ!そして、人それぞれって言えるほど、いっぱいダメなやつはいるのさ!
bellダイナマイト✡心不全 @bellgunsou 2013年10月15日
ダメな実名アカ見るたびに思うのは『すべてを捨てて全裸で踊らされて恥ずかしくないのか?』ですわ。Twitterはリアルなコミュニケーションの延長とか言っちゃうアカに限ってそんなのばっか。捨てちゃって良い程度のモノしか背負ってないんだろうけどね。
ケイ @qquq3gf9k 2013年10月15日
「王様はロバの耳」と洞穴に叫んでも匿名であろうが実名であろうが洞穴自体には関係は無い。本人が満足していればそれで十分。
平田重隆 @stakah67 2013年10月15日
自分はアカウント作ったとき、わけわかんなくて実名にしてしまって、面倒くさいからそのまま使ってます。投稿するときは身近なことや、あんまり極端な意見や変な話題は避けてるので、正直窮屈ですが、一線を守ってると思います。匿名垢作ろうかな…
Oddball @0ddbaII 2013年10月15日
ヴェリファイドバッチ付いてないアカウントなぞ匿名と同じ
T.U.Yang @tadatsome3 2013年10月15日
実名でダメな人は匿名でもダメ。頭の中身はアカウントに何使おうと変わんない、でFA。あと、実名にこだわる人は、匿名がなぜ匿名なのかに関する想像力が基本的にないと思う。
がちゃ @GacHaPR1Us 2013年10月15日
結論、「朝のガスパール」を読め。
sis_sis @sis_sis 2013年10月15日
論争相手から「実名を名乗れ」と言われることも多々だけど、自分の場合は実名と別名の両方で仕事をしていて、どっちもリアルの世界で通用するし、その両方をどっちか一つにするとカオスになるからなあ。皆さんおっしゃっているけど、実名だろうが、匿名だろうが、「ダメな人はダメ」って結論になるかと。
BUNTEN @bunten 2013年10月15日
匿名のダメな人の俺が通りますよ。λ…▼俺くらいマイナーなダメ人間だと戸籍名使ってもその無意味さに変わりはないのだが、そんな状況で戸籍名使うと「印籠を見せている」とか思われそうでイヤである。
yd87 @yd871 2013年10月15日
昔、アレなことで有名な一羽の雀がいて、あまりにアレなもので「アレすぎる!」と皆に罵倒された。逆ギレした雀は「アレと言ったな!お前ら全員名誉毀損で訴える」「名誉毀損?お前名無しの雀じゃないか」ところが密かにプロフィールに氏名を書き加える卑怯な雀。「これで名誉毀損成立!」しかし所詮は無名雀の自称、本名である証明など何も無い。その後、雀が誰かを訴えた話は聞かない。そんな昔話。
くそメガネくん @mgnkn_ 2013年10月15日
ネット場で議論してて、実名名乗れ!卑怯だ!ってのは敗北宣言にしかならないのを認識してないバカ実名多いですよね。そんなこという時点で理論で論破できません、誇れるのは実名でやってることだけどす()って言ってるようなもん
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
ついでに匿名側のダメな例を挙げておくと、「匿名は何をしても言ってもバレない(自分の実名には辿り着かれない)」と思い込んでいるところ。当初実名を名乗らず顔も出さなかったしまむら土下座強要クレーマーが鬼女にプロフィール割られたように、匿名という仮面は「身近に潜むスネーク」によって容易に引っぱがされる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
最初から自分でプロフィール(弱味)さらけ出した状態でバカをやる「実名のダメな人」と、ネットの匿名が鉄壁だと錯覚しがちな「匿名のダメな人」は、気を遣ってるベクトルに大きな開きはあるにせよ、背負ってるリスクは同じ。言動について「常に万が一を考える」っていうのを心がけましょうってのが教訓だと思います。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
匿名で発言していても不用意なことをやればペルソナを剥ぎ取られてしまうのは確かなんだけど、軽度のものであれば「不用意な発言をしたペルソナ」を脱ぎ捨て、蜥蜴の尻尾のように捨てることで逃げ切って、「失敗を糧としてやり直す」ことができる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
ところが、実名で発言していて不用意なことをやると、剥ぎ取るペルソナ(仮面)がないから、ミソの付いた名前を脱ぎ捨てて、失敗を糧としてやり直し、つまりは軽度の失敗を当人の成長の機会(慎重さを養う契機)にしにくい。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
実名でやらかすと、名前=ペルソナを捨てられないが故に、さきざきずっと「失敗の取り消し」ができない。その後いいことをやっても、「和田?ああ、スーパーフリーの」みたいに言われ続ける。忘れていたとしても、話題に上がったときに過去の黒歴史を掘られ続けることになる。だから、実名でやらかした人は、弱味を作らないために意固地になる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
間違いや負けを決して認めようとしない。実名でそれらを認めたら汚点となってずっと付いて回るから、小さな間違い、凡ミス、うっかり、勘違いさえも、修正を拒絶するようになる。つまり、「失敗をリセット/リカバリーしにくい」が故に、実名はそれだけ「思考停止に陥りやすくなる」。
電波猫 @dempacat 2013年10月15日
AV女優の麻美ゆまさんって、おそらく実名じゃないですが、実名主義の人にとっては「なんでお前、匿名でがんと闘ってるんだ」ってなっちゃうんですかね?
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
「実名だから慎重になり、迂闊な発言をしないようになる」と自制心の一助になっていると考えている人ももちろんいるだろうけど、それでも「迂闊リスク」からは完全には逃れられないので、ネットでは天気の話と自分が絶対善になれる話(犯罪者の非難への尻馬とか)と可もなく不可もない話に、恐る恐る乗っかる、というところに留まることになる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
そうなると、知り合いや同僚や上司が自分の発言を見張っていないだろうか、とハラハラしながら、足を引っぱられないような発言しかしないので、ネットは「窮屈」になっていく。結果、実生活と同様のストレスを引き込むことになり、迂闊リスクが上昇していく……。悪循環。
電波猫 @dempacat 2013年10月15日
実名と匿名を、2つに分けるんじゃなく、「名前の使い捨て性」とでも呼ぶべき1本の軸として考えられて、同じ匿名でも、捨て垢と何年も前から同じハンドルネームでやってるアカウントじゃ全然意味が違う、と思ってるのは、単に私が後者だからなだけなんですかね?
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
だからそれも、「名前の連続性」という観点で、「発言に信頼性(直前の別の発言への継続性)があるか否か」という話で、「身バレリスク」の話とは違います。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
匿名には「固定ハンドル(コテハン)」「捨てアカ(Twitter)」「名無しさん(2chなど)」があるけど、「使い続けた固定ハンドルは実名に近くなる」というのは、オフ会に出まくった場合。つまり、「個人を特定できる身バレ情報を周囲に振りまいている(直接会えば身バレ情報は増える)」場合で、オフ会に出まくってるコテハンというのは、実名とさほど変わらんのは確か。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
コテハンでやらかして「コテを捨てたくがないために意固地になる人」(コテに生まれた価値を手放したくない人)というのが出てくることは、なくはないけど、「有名コテ」はそういうことをやらかさない人のほうが多数派だとは思う。きっこという大例外がいるからといって、それが多数派だと思ってはいかんw
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2013年10月15日
「自分の発言に影響力を持たせたくない」から匿名(変名)で発言している人だっている。
令和ライカ @kait8823 2013年10月15日
確かに実名のダメな人って人の話を全く聴かない傾向がありますね。
でき @dekijp 2013年10月15日
「実名に見えるハンドルネーム」か「実名に見えないハンドルネーム」かの違いであり、実際に実名かハンドルネームかはほとんど確認しない。だいたいTwitterやFacebookで「実名に見える名前」の人ってほとんどSPAMでしょ?w
みちのく すたいる @michinoku_style 2013年10月15日
実名アカウントだけが、嘘八百出鱈目ばかりツイートしているのです。東日本大震災から3年後には死人が、バタバタでる。とアイツらは煽った。実際には、死人など出ず、放射線量が低くなってる事が、明らかとなった。それでも被災地への誹謗中傷は止まない。それは、アイツらの泡銭を稼ぐネタが乏しくなるからとしか察する他無い。至福を肥やしているのは、アイツらだから。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
匿名アカウントの人でデマをRTしまくってた人もいるので、そこは「実名だから、匿名だから」ってとこじゃないと思う。ただ、匿名アカだと「しまった俺は間違えてた」と気づいたときに、それまでの自分をなかったことにできる。間違いをRTしてた匿名の自分を、現実の自分から切り離せるけど、実名アカはそれができないから間違いを認められない、って話。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
結果的に、「匿名アカはデマをRTしても責任を取らない」と言われりゃその通りだけど、同じくデマをRTしてきたのに取り返しがもはや付かない、しかもデマだったとも認められない(引っ込みが付かない)実名アカは、もう意固地になるしかない。問題は「デマを言うこと」じゃなくて「撤回しない(できない)」ことが、ダメな実名アカが思考停止系のダメな人になる直接の原因だと思う。
天野邊 @hotori 2013年10月15日
実名のダメな人(実名を名乗りたくない人)は何が(どういう理由で)ダメなのか?、という話かと思ったら違った。
天野邊 @hotori 2013年10月15日
まとめを更新しました。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
ところで「天野邊」というのは検証可能な実名ですか?
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
「実名で喋ること」というのは、発言内容を証明できるのが喋った当人しかいない場合に有効な話なんだけど(「信頼できる上司から聞いたこの俺」とか)、求められるのは「検証できるのが一人だけしかいない話」じゃなくて「誰でもそれについて検証できること」なので、発言者が自分の発言について自分だけが検証できる、みたいなことを意気込む必要は、実はそもそも最初からどこにもない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
その意味で、「発言者が実名でなければいけない発言の機会」というのは、その発言者の利益が損なわれる可能性があるので、それを当人が論証して抗う必要があるとき(利益を得るのが実名発言者当人だけのとき)に限られる。ネットでの発言の多くは、公共益に関することや「共有の話題」などで、発言者個人だけの利益を守るためのものではないので、実名で発言することが発言に根拠と信頼性を、みたいなことを気負う必要が最初からない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
その意味で、「俺は実名だから俺は俺の名誉に賭けて正しいし、発言は信頼できる!」というのは、裁判で自分を弁護するときや、病院で名前を呼ばれたときに発揮すべき自負だと思う。ネットでは不要。
MaliS @MaliSNacht 2013年10月15日
「詠み人知らず」って言葉があってだな……と、そこまで遡るまでもなく、大抵の作家は匿名で顔も隠してると思うのだが。
Épouvante @epouvante 2013年10月15日
「俺は実名だから俺の発言に疑いを持つのは無礼だし人の道に外れた行為だ」というのとならさんざん殴りあった。
Sim @tamashirosama 2013年10月15日
実名主義ね、呪われやすくなるから反対。
@patriot_japan 2013年10月15日
まあね、著書でもFacebookでもハンネで押し通すのい何とかさんという方もいらっしゃいますが。
アレキサンドラ・ゴンザレス・リバイバル @getwild8 2013年10月15日
実名でTwitterを利用している人は、仕事や何らかの活動をしていて知り合いなどに探しやすくしてもらうために実名にしている人と、他人や特定の人に自分の存在を認知してもらいたい欲求があり実名にしている人がいると思います。勿論、他の理由で実名にしている人もいるでしょう。後者の場合は社会問題やニュース等を分析したりしている人に多くどこか自分に自信をもっているところがあるように感じます。
アレキサンドラ・ゴンザレス・リバイバル @getwild8 2013年10月15日
ただ同時に実名で利用する事のリスクを忘れているところもある。故に実名で利用している一般人には「自分を過信しているバカ」か、本当はリスクを理解しているけど敢えてそうしている「確信犯的な怖いもの知らず」が多いのではないかと思います。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2013年10月15日
前者の理由でネットを利用している人たちにピッタリなのがFaceBook。だから、Twitterの実名利用強要者は後者以下の理由と推察できるのです。 RT 実名でTwitterを利用している人は、仕事や何らかの活動をしていて知り合いなどに探しやすくしてもらうために実名にしている人と、他人や特定の人に自分の存在を認知してもらいたい欲求があり実名にしている人がいると思います。
蒼涙🌷【求】氷上の王ジョン・カリージャパンプレミアチケ @aonamida_pencil 2013年10月15日
誰だって薄い本出すのに本名では出さないでしょう。長く同人やってきた人間的にはPNなりハンドルネームは「もう一人の自分」を作り出すためにも必要なものなのです。
GEED @it_continues_ 2013年10月15日
タイトルがわかり辛い…。日本語的に「ダメな実名の人」な気が。
ざの人 @zairo21 2013年10月15日
実名を晒せ 俺は晒しているというなら 住所も晒してね そうやったら認めてやるよ お前の真性のアホさをな と言いたくなった。
ざの人 @zairo21 2013年10月15日
フェイスブックに実名を乗せたら、そのとたんに、過去に関係しただろう同級生から執拗な嫌がらせにあうようになった。 という女性がいた。 一言利用する前に そこって偽名で利用が正解なんだよ。 と教える前のこと。 私は無論、そのサービスさえも利用してはいない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月15日
日本語ってのは、修飾語をどこに入れても通じる便利な言語なんで大丈夫。
ざの人 @zairo21 2013年10月15日
そういえば 二枚舌のジャーナリスト辞める宣言の デマスギ ニューカーマガジンX でTwitterはもうやらないと 宣言してるくせに 連投してますよwww。  
にのうらさとこヾ(○'∀'○)ノ @ameayunon 2013年10月15日
ABCDどれかに含まれる人はそれなりにキャラが立ってるってことだから。殆どの人は「実名(または匿名)のどうでもいい人」だから問題ない。(´・ω・`)
国仲良治 @jpcryptex 2013年10月15日
匿名(と言うよりもハンドル)が許容されている社会において実名を強要する人が、「おれ、危険なことしてるから格好良いぜ、ヒャッホゥ」的な人とかぶる理由ですね。わかります。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2013年10月16日
「謝ったら死ぬ病」と言われている人は、ハンドルと実名がリンクしているので名誉を守らなければいけないのですね。過ちを認め一時の恥をかいたとしても、親兄弟や同僚に知られなければどうという事はないでしょうに。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2013年10月16日
Twitterでの売名が主な収入源になっている人だと、常にカリスマであらねばならないので謝罪などして信者を失望させてはならない義務感があり大変でしょうね。>有料メルマガ販売や放射線除去食品販売業者
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
ふと思ったんだけど、ダメな実名の人は「無名」と「匿名」を混同してるのかもしれない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
「実名だけど無名」と「匿名」は、どちらも実社会での社会的影響力をネットに持ち込めない点では同等だから、「実社会で無名な俺は、事実上匿名と同じ(発言力のなさという点で)だから、匿名と同じように振る舞っても問題ない」と考えてアイスケース系の事件を起こす。実社会での制裁を受けやすい状態になっていることに気づかない&無名であっても実社会では「失う物がないはずがなく、まだまだ失える」ことに気づかない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
もちろん「匿名」は実社会への影響を完全に遮断できてるわけじゃない。やらかしの重大性が上がれば、ペルソナは簡単に剥がれる。IPを抜かれることもあれば、ソーシャルハッキングによってプロフィールを割られることもある。その点では匿名というのはカギが一個多いだけで「実名の無名」と大きな違いはない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
ただその「カギが一個多い」というのは割と重要で、「当人が掲げている実名が、本当に実名かわからない」場合でも、コテなしの匿名だと「連続した過去の発言」を追うのも難しいから割るのが困難だけど、固定ハンドルの匿名なら過去の連続発言を漁りやすくなるからソーシャルハッキングの成功率が上がる。コテに「実名の疑いがある」ならなおさら。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
「犯人は現場に戻る」「放火魔は野次馬の中にいる」「犯人が使う偽名は本名のアナグラム」「犯人が使う偽名は本人と深い関係があるキーワードが使われる」推理小説の定番金言だけど、実際のとここれは「当人が自分に付けるアダナ」であるところのコテには結構当てはまる(いや、現場に戻ったりはしませんけどw)
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
本人は「自分か、自分をよく知る人にしかわからない暗号」を無意識に使っていることに気づかない。まして、「実名」は暗号もへったくれもないし、「実名っぽいコテ」の場合もそれは現れやすい。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
真の匿名というのは、「固定した(連続した)ハンドルすらない」「接点のない他人の名前を名乗っていて、なおかつ不定期にそれを捨てて変える」「検索結果が多様に出すぎる一般名詞をコテにしている」「コテが空白(2chの「名無しさん」のように与えられた定型のその他大勢名を使う)」など。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
まあでも、「実名とは違う名前を使う」「実社会での身分、肩書きに連なる情報を伏せる」「実社会での身分、肩書き、経験と、それを踏まえている自分との関連性を検証できない状態に自分を置く」ということをしている人は、概ね「匿名」に含めてよいと思う。「自分の発言の裏付けをするのに、実社会で第三者に保障されている自分の身分を持ち出す必要がある」のが実名、という認識。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
「無名」は実社会で保障された身分による裏付けが、【権威を持たない】ので、実名であることが匿名同様プラスには働きにくい。ただ、匿名と違って「不利益を被りやすい」。無名であっても「無名なりの社会的立場、職場での立場、家庭での立場」というものはあるし、著名人ほどの資産がなくても無名人として生きていくのに疎かにできない程度の貯金の類はある。元々ないからそれ以上請求されないのではなく、負債を背負い込むことになりかねない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
「無名だから実名でも大丈夫」と「有名無名に拘わらず念のため匿名」の意識に差があるとしたら、そんなとこではあるまいか。
みちひと@鳥取 @michihito_t 2013年10月16日
「発言の責任を本名に求める」、「マナーとして名乗るべき」的な事は悪魔でも実世界での常識。誰もが言いたい放題でき、かつその情報にだれでもアクセス出来てしまうネットでは、名前を名乗っていようがいまいが話の真贋を見抜けないと駄目ということかなぁと。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月16日
「名前は識別のために必要だが、識別ができるなら名前でなくてもよい」「ましてネットでは発言者当人の発言の連続性(検証性)が保持されるなら、発言者が特定/一定の個人である必然すらない」と考えるアカウントがこちらですw
HK416C @HK416C 2013年10月16日
小倉なんとかって弁護士の話?w
わいてい @mizuka19 2013年10月16日
自分が匿名で発言する場合内容を何割か割り引かれる覚悟をする 相手の意見を伺う場合実名・匿名に拘らず内容を精査する それだけのお話だと思います
たるたる @heporap 2013年10月16日
実名と実住所がセットになってないと、実名の意味がないと思う。住所がなければ自称実名の域をでないし、それではコテハンと何ら変わりがない。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月16日
実名実名うるさいアホに限って本物っぽい名前を名乗っておけば実名だと思ってるんだよね。 自称弁護士の小倉先生とか。
minkanjjjno @minkanjjjno 2013年10月16日
そういや「天羽」が実在する姓だと知らずに、「天羽だって。随分中二なハンドルネーム使ってるなこの人」とか思ってて済みませんでしたapj先生。
2SC1815 @Ja10sm 2013年10月16日
ツイッター自体が匿名を許容している以上、匿名でも問題無い訳で。ツイッターで実名を晒す人は自営業とか名前を売ると商売にも直結する人でもない限り、実名で活動するというそのリスクに見合うだけの御利益って無いと思う。信用は書いている中身で判断されるわけで、実名だから無批判に受け入れられるわけでも無し
V厨 46歳(フリー) @vchu_ 2013年10月17日
結局「実名至上主義(便宜上そう呼びます)」って、所謂「炎上」した人「実名」の人からしかそういう声を聞かないっていうのが、まあつまり、そういう事なんだろうなと。
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2013年10月17日
【再掲】結局「名前知られてるオレらはなんかあったら集中攻撃食らって不利じゃん」なのがなあ。それは「有名人垢」っていう匿名一般人垢には得にくい強力な発信力を得るためのコストだと思うのだが。
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2013年10月17日
【再掲】気楽なツイートだけをやりたいならわざわざ名前出すなんていうコストを払わなくてもいいはずで、名前出すからにはその名前をツイートに対する付加価値、権威として利用するってことなんだから、そこは甘受しなきゃいけないんじゃないのと言う。まあ実名主義な方々は匿名垢で同じツイートしてどれだけ波及力や宣伝力あるのかとか実験してみたらいいんじゃないですかね?w
海町 @umi_mati 2013年10月17日
ソースは俺、な討論をする場合はそれなりの社会的功績がなきゃ信頼するソース足り得ないよな。いちいち学術書から引用してくればまた別だが。 社会的地位がなく、匿名も実名も変わらないような人は、個で戦うのではなく、群れるしかないだろう。たくさん発言し工作し、ネットで世論を曲げる努力をすればいい。
長峯明子 @xshochanx 2013年10月17日
匿名って日本特有の文化ですからね。そこからして世界に後れを取っているかも。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
「匿名が日本特有の文化」とか「世界に後れを取っている」とかってのは、たぶん気のせい。Twitter、ネットの利用に関してハンドルネームを使うのは日本独自でも特有でもないし(Twitterの仕様がそれを許しているし、新浪微博ですら匿名を許容しとる。そして、日本と海外の彼我に相違があったとき、「常に日本が後れを取っており、常に世界は進んでいる」と考える思考法も見直すべき。「常に日本が優れていて、常に世界が遅れている」なんてこともないけど、どちらか一方しかないと考えるのは、どっちも思考停止。
Épouvante @epouvante 2013年10月17日
xshochanx 「文化」ではないと思う。むしろ社会の歪みの顕れでしょう。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
xshochanx そんなの聞いたことねぇよw handleって何語だよ。 むしろ、インターネット黎明期は日本は実名基本だったし。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
heporap 住所だってそれっぽいのを適当につけることが出来るから実名を証明する1つの要素かもしれないけど、100%のものではないよね。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
ツイッターでは最低限、認証アカウントじゃないやつはエラソーに実名だのって言わないべきだわな。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
日本はネット/ブログ/Twitterの利用者数がアメリカに次いで「世界」第二位クラスで多い。ブログに至っては確か世界で一番多くブログに使われてる言語が日本語だった時期があるくらい多い。「ネットが実社会と表裏をなす存在」としてある(実社会をハレ、ネットをケと見なしてるのでは、とも思うけど)が故に、「世界にはハレしかない」という文化圏と「ケを許容する文化圏」の相違ってのはどうしても出てくるのではないだろか。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
「世界はハレしかないから、日本もケなど捨てるべきだ」と主張するのは自由だけど、個々が言葉として知らなくても社会そのものが「ハレとケ」を前提に構築されてる日本にあって、ネットとその利用法が「ケ」のほうに分類されたのは、あんまり不思議ではないのかもしれんね。実社会が建前の世界、ネットが本音の世界、というのにも通じる。そして「ケの世界で本音(腹の内)を言うときは、ハレの世界の建前を横に置くための仮面はどうしても必要になる」。そういう要素は日本以外にも(たぶん別の言葉で)存在してると思う。
たるたる @heporap 2013年10月17日
leo_orebushi それだけでは本物かどうかの区別はつかなくても、複数の情報を集めれば証明できる可能性が高いです。都道府県市区郡では範囲が広すぎて個人特定できないので、番地くらいまで必要ですが。
たるたる @heporap 2013年10月17日
leo_orebushi ただそれでも、「住所と名前が一致した」というだけで、「その住所と名前の人物と、投稿者が一致しているか」というのは別問題ですけどね。芸能人なら「事務所が投稿者と実在の人物の一致を保証する」となりますが、第三者機関の保証がないと、、、
Épouvante @epouvante 2013年10月17日
leo_orebushi 1) インターネットの黎明期/JUNETでは、首謀者たちの強力な意志のもとに実名が強制されていました。会社勤務の人達からの匿名投稿要望を押しのけて実名が強制されていました(ちなみに当時は「実名ではアイドルの話ができない」などと)。ある人は「ネットに日本のいやらしい社会を持ち込まないため」に実名を必須にすべきと主張していました(実名のほうがもっといやでしたが)。
たるたる @heporap 2013年10月17日
とはいえ、実住所実名を出せば、ネット上ではアクセス禁止処置を簡単に付けられますが、リアルでのストーキング行為やその他の実害は、そう簡単に対応できる物ではありませんから、実名実住所の公開は、慎重にならざるを得ないと思います。
Épouvante @epouvante 2013年10月17日
leo_orebushi 2) で、インターネットの存在が世間に暴露されてアカデミズム人でない一般人すなわち日本社会がネットに入ってきた1995年頃から、主にニフティから来た人々によって匿名化が要求され、さらに実力行使で匿名化されたというようにわたしは理解しています。 日本社会の素地という観点からすると、匿名—というより、「身分の低いものは(権威の後ろ盾なしに)人前に出て発言していけない」だと思いますが—がベースだというのは正しいと考えます。
Épouvante @epouvante 2013年10月17日
leo_orebushi 住所も身分証明書も実名圏崩壊前に偽造なりすましが蔓延していました。最近は相互確認などが行われています。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
heporap ネット上ではアクセス禁止処置を簡単に付けられます←これの意味がちょっとわからない。どういう方法でしょうか?
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
heporap いいたいのはつまりそういうことです。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
epouvante 俺の認識も大体同じ。『ハンドルネーム』なんていう気持ち悪い言葉ができたのもそのころ。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
epouvante 当時は所属晒した実名で罵り合いをやることになんの疑問も持たなかったけどね。 結局はお互いがお互いを個として認識して尊重しているか?ってのが重要であって実名云々が必要なわけではないと思ってるけどね。 在日の通名や認証アカウントの芸名の芸能人は実名なのか?とかどこまで行っても実名ってグレーでしかない。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
まぁ、自称小倉弁護士みたいなバカが一人でも減ることを切に願うよ。
たるたる @heporap 2013年10月17日
leo_orebushi ツイッターで例えるとブロック、メールなら受け取り拒否設定です。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
heporap 複数のアカウントや端末を使えばくぐり抜けられるからストーキングには効果はあまりないんじゃないかと思う。 やらないよりはマシだけど。
ざの人 @zairo21 2013年10月17日
「発言の責任を本名に求める」 とか言い出す人は 本当に責任なんか求めちゃいない、相手の指摘したことを単に封殺したいが本音、 本名を名乗ると他の理由を持ち出し、逃げに転じるのは自称ジャーナリストがよく使う手口なのは 岩なんとか とか 上何とかが好んで使う手口でしょ(苦笑
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
zairo21 「匿名が外野から好き勝手なことを言っている」という伝家の宝刀が。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
えーと、Nifty-Serveは原則実名だったと思うんですが。PC-VANのほうが緩くなかった? そして多くの草の根パソ通は原則匿名でした。ですので、「匿名」というのはNifty発というより、草の根パソ通発のほうが説得力がある気がする。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
インターネット黎明期の「実名の強制、匿名の云々」について言うと、ISP契約する時点で実名をISPには握られるけど、(当時は)その先でどの名前を名乗るかについて、ISPが強要したり実名を明かす/明かすことを強いたりというのは、ちょっと聞いたことないです。1995年からインターネットを、1987-8年くらいからパソ通やってたけど、寡聞にして聞かない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
「顔見知り以外での通話/対話が匿名」っていうのは、パソ通以前(少し時期的には重なる)伝言ダイヤル、パーティーダイヤルの頃が既にそうだったし、コールサインのみで通話し、実名を互いに直接は知らなくても対話ができるという意味では、アマチュア無線辺りに発端がありそうな気はする。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
コールサインを辿ればもちろん実名を見つけることはできるんだけど、普通はコールサインではなく何らかの「仮名」「ニックネーム」を呼び合い、オフで会うことをしなければ、互いが何者かを知らないまま、なんてのもその頃にはあった。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
それと、「ハンドルネーム」っていう言葉は遅くも1990年、インターネットが国内で普及を始める5年前にはあった(・ω・)「コテハン」「固定ハンドル」という言葉が出て来たのは、2chの登場と前後する以降だと思うけど。アカ(垢)についても、これはインターネット以降だな。ICQの頃には既にあった気はするし、アングラではよく使われてた。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
大手ネットの気風については、それぞれのフォーラムのローカルな雰囲気の違いがあるから、一言で断定的には言えないんだけど、PC-VANは子供が多くてNiftyは「金のある大人」が多い雰囲気だった。なので、Niftyは「実生活の肩書き+それが自分であることを証すための実名を持ち込みたがる人」が多くて、それでちょいちょいトラブルが起きてた記憶がある。まあこれも、「当時どこにいたか?」で印象が異なるだろうので、「僕の記憶では」に留めておく。
謎の七面鳥(コミュニケーション史書きたいマン) @7mencho 2013年10月17日
Niftyも普通にHN使ってた、というかNiftyで一々実名を見たり出したりした記憶がない。PC-VANは緩いというか全部HN。しかもメールとOLTで別々に設定できるうえ、書き込み時は未表示なので一々自分でタイトルに書き込んでた。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
オマケで言うと、「ハンドルネーム」という言葉の扱われ方は「ペンネーム(筆名というよりも、今で言うラジオネームに近い)」に準じるものだった気がする。「作者の名前」としてのペンネームというよりも、「投稿者名」って感じ。なので、それを使う側としても、特に「気持ち悪い」という受け取り方をしたことはなかったなあ。「それが誰か識別できればよい」わけで。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
当時、オフ会にもちょいちょい出てたけど、顔とハンドルで覚えてるから本名知らないまま現在に至るみたいな人は結構いたし、今もいるw オフ会来ない人はますますハンドルしかわからん、みたいなのもザラで、やっぱそれが普通でした(・ω・)
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
azukiglg Niftyは普通にhandle使ってたよ。つーか、ごく一部以外handleじゃない人をみた記憶がない。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
azukiglg いわゆるパソ通育ちのイソターネット流入組だから知らないんじゃね?
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
そこらへんが、「生息してたフォーラムの違い」じゃないかな。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
azukiglg 何を指摘したのか理解してないんだな。 ハンドル自体に名前の意味を含んでいるのにハンドル名とかハンドルネームなんていう気持ち悪い言葉を使っていたのはパソ通あがりだけだったって意味だよ。 アダ名名とか言わないだろ?
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
azukiglg ってことでそういう時期にそういうくだらない隠語を持ち込んだのはパソ通あがりイソターネット((C)あさだたくや)あがりってことだよ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
インターネットはその黎明期が「科学者同士の相互の論文検索」に端を発してるので、実名じゃないと論文探しの用を為さなかった、つーのはあるな。あと、パソ通時代の後期>インターネット初期に実名をやたら使いたがったのは、「名前を売ることで利益が上げられる商売の人(弁護士とかコンサルとか)」と「左派活動家」が多かったなー。それぞれの秩序の中での自分の地位(発言権)を向上させるためには、どこの誰と分からないとならなかったわけで、今も市民運動家は実名主義者が多い。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
あー、なるほど、言葉足らずを理解した。「ハンドルネーム」と「ハンドル」を分けて説明したかったのね。悪かった悪かった。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
「ハンドルネーム」と「ニックネーム」は事実上同一視されてたからなー。どっちも気にしたことない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
ただ、ハンドルネーム/ハンドルを「ハンネ」と略す文化は1990年代以前にはなかったと思う。まあ、これもインターネット以降じゃないかね。初期にインターネットを「インタネ」とか略してる人を僅かに見かけたけど彼らはどこへ消えたのか。閑話休題。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
ただ、当時の記憶から言うと「ハンドルネーム」はやっぱ普通に言ってた気はする。ハンドル=「扱う、制御する」で「ハンドルネーム=扱う人の名前」みたいなニュアンスで。ハンドルそのものに「名前」というニュアンスはなかった。「ハンドラー」という人もいませんでしたw
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
azukiglg 実際に、NiftyやPC-VANでは『ハンドルネーム』って言葉を使ってましたよ。 それを知ったのは随分あとのことだけど。 その方言を、たとえばネットニュースなどで通じる言葉だと思って使おうとしたから「何それ?」って言われてるのをよく見かけました。 たとえばツイッターの返事は『コメント』って名前がついてるのに「俺のツイート、レスがつかないよ」とか言っているヤツはアホだっていうニュアンスの風潮があったって言えばわかりやすいかな?
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
そんなこと言われたこともないし、は?と言われたこともないなあ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
ともあれ、拘ってることが細部に陥りすぎていると思うので、少し落ち着け、と思う。それで何を言いたいのかわからなくなってる(・ω・)
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
インターネットで「匿名」が使われるようになった、についていえば、「インターネットそのものの黎明」と「日本で普及を始めた95年頃の黎明」を一緒くたにするとわかりにくいんじゃないかな。インターネットそのものの(CERNの)黎明期は実名が主流だったけど、日本でベッコアメやIIJが幅を利かせ始めた頃には既に実名主流ではなかったと思う。どちらにしろ、という強制は特に記憶にないし。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
azukiglg 新語(もちろん誤用として使われたのに浸透した言葉も載ってる)辞典以外で「handle」って言葉をひいたことはある? 普通に使ってたから標準語じゃないし、それは今であっても広く通じるけど方言だって認識すべきだと思う。 まぁ一部では和製英語だって主張してたのもいたけどね。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
問題は「実名を使い続けた人達と、彼らはなぜ実名をやめなかったか?」で、インターネット国内黎明の頃は「実名の弊害」というのがあまり認識されていなかったから、というそれに尽きるのではあるまいか。ネットリテラシーの中に「個人情報の曝露リスク」が言われるようになったのだって、この10年内くらいの話だし。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
後から、というか黎明期のあれこれや、個人情報の曝露リスクについての議論に触れることなく、「最近」になってからネットを利用し始めた人や、ネットの利用法が「身内との付き合い」の延長線上に過ぎなかった(自分が自宅の庭だと思ってたところは駅前の往来だった)ことに気づかなかった人達は、「発見されたリスクを認識できないまま、今も実名で問題は起きないと思っている」のではないだろうか。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月17日
実名は愚か、実顔も出して問題ないと思ってた「純真な迂闊」が、アイスケース系に連なるわけだが。実名主義の人には、「実社会での名前の価値を上げるために、ネットでそれを高く掲げる人」と「さほど価値がない存在だと思ってるから、実名をネットで掲げていても、実社会に影響が及ぶとは考え付かない人」の少なくとも2種類が存在すると思うけど、これは別の機会に改めて考えるべきなんだろな。
そら豆 @solamame_k 2013年10月17日
携帯電話からネットを利用するようになった人は実名のデメリットに気付きにくいかも知れないと思った。
たるたる @heporap 2013年10月17日
azukiglg leo_orebushi ハンドルとハンドルネームの関係は、オペレーターとオペレーターネームのそれに近いのではないですかね。私はそういう見方をしてますが。
たるたる @heporap 2013年10月17日
実名を使うメリットだけを見て実名が良いというのと、実名を使うデメリットだけを見て匿名が良いというのでは、どちらも良い評価を出せてないと思います。メリットの方がデメリットを上回る人、そうでない人、いろいろいますから。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月17日
heporap 本題とは関係のないとこなのでここらでやめたいけど、全然違う。辞書ひけばわかるんじゃないか。
長峯明子 @xshochanx 2013年10月18日
azukiglg 私はパソコン通信の時代からネットを見ているので、こんなことは常識の世界です。皆さんが知らないだけ。ググればごく普通のことだとわかるはず。こんな意見がわかり易いかな。http://kyouki.hatenablog.com/entry/2012/12/21/082729
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月18日
脱線した話題でコメント欄伸ばしてもしょうがないので、続きはTLで。
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年10月18日
xshochanx パソコン通信とインターネットが時代としてリニアにつながっているって考えているのがそもそもバカ丸出し。 パソ通の常識とやらを持ち込んだアホがインターネットをおかしくしたっていう象徴的なアレだな。
げそぱん @gespannt_ 2013年10月19日
インターネットの成立起源をしっていれば、ネット上での実名か匿名かに拘ることの無意味さも分かりそうなものだけど、そういうのは誰も考えもしないのかね? 
2SC1815 @Ja10sm 2013年10月19日
ハンドルネームというのは古のモールス時代にまで遡るはず。オペレーターがフルネームをチャカチャカ打つのは非常にまどろっこしいので、短い奴をニックネームとした。上記の様に誰だか識別できればいいだけだから。あと、匿名、実名の使い分けって結局個人の事情による「実名であることの利益」と「実名であることのリスク」を天秤に掛けてどちらを取るかだけのスタンスの問題だけだと思う。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
tikuwa_zero >権威も経歴も持たない自称実名は、匿名と何ら代わりない これは全く問題の本質ではないですね。新聞のオピニオン欄などは基本的に実名・大体の居住地・職業が出ていますが、それは無意味ではないです。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
michinoku_style >早川由起夫、上杉隆、岩上安身が、被災地に浴びせた誹謗中傷の言葉 これが事実だとすれば、彼らは現実世界において「そういう誹謗中傷をするような人間である」ということが周囲に知られるわけですよね?そして法的に問題があるなら、当然法的責任を追及される、と。これと匿名で「誹謗中傷」する人を同列に並べられますかね?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
azukiglg >当人以外がその内容が検証可能である(第三者が裏付けを取れる)が、実名発言者以上に求められます。 「検証」なんてことをやっている暇のある人はほとんどいない(そもそも哲学的に厳密な「検証」が可能なのでしょうか。反証可能性という概念をご存知ですか?)から、普通の人はある発言を「信用するか否か」だけなんですよ。その際にはその発言を「誰が」したのか、つまりその発言者の実名・経歴・専門などが明らかになっている方がいいに決まっているでしょう?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
>匿名より実名の方が負うリスクが大きいことを理由に、発言の信憑性、正当性を説く馬鹿 >「実名で弱味を晒しているから自分は真実に近い」みたいなのは、単なる錯覚以上ではない気がする。 なんでこれが「馬鹿」や「錯覚」なんですかね?発言のリスクが大きければ発言に慎重になり、その結果発言の「信憑性、正当性」がある程度高くなるのは当たり前に思えるんですが。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
azukiglg >「ネット上で実名だと当人が主張しているアカウント」が本当に実名かどうか、>実名の本来の持ち主当人かどうか、というのは検証そのものが非常に難しい ネットで買い物をする時には必ず本人確認をするでしょう?僕はいまだにネット上で自分のカードで他人に買い物をされたという経験はないです。SNSでも本人確認(実名・だいたいの住所・職業の確認)をしっかりすべきである、ということでしかないのでは?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
tadatsome3 >実名にこだわる人は、匿名がなぜ匿名なのかに関する想像力が基本的にない 僕は匿名で「匿名批判」をやっているわけですが、「なぜ匿名なのか」と聞かれれば「自分の属性を明かさないネットの匿名の人たちに叩かれるのが嫌だから」ということだけですね。一刻も早くネットの完全実名化を実現してもらって、その上で自分も実名で発言したいです。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
azukiglg >ネットでの発言の多くは、公共益に関することや「共有の話題」などで、発言者>個人だけの利益を守るためのものではない 僕は匿名の人が「公共益」の話をしているのを見たことはあまりないですね。実名の有名人(例えば有名子役など)を中傷罵倒しているのがほとんどじゃないですか?そして「そういうことをする人間である」ということを現実世界の周囲の人には知られたくない、と。こういう憂さ晴らしができるのは「発言者個人だけの利益」じゃないんですか?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
getwild8 >社会問題やニュース等を分析したりしている人 社会問題やニュースというのは、ほとんどの場合様々な複雑な利害の対立があるから、それを論じている人の実名・経歴・職業などをある程度明かす必要があるんですよ。そうでないと、その「分析」にどういう「バイアス」がかかっているかを、受け取る方が判断しにくいでしょう?原発推進・反対どちらの意見にせよ、その発言をしている人が東電の関係者であるか否かといったことが、関係ないわけないでしょう?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
michihito_t >誰もが言いたい放題でき、かつその情報にだれでもアクセス出来てしまうネット>では、名前を名乗っていようがいまいが話の真贋を見抜けないと駄目 こういう状態では、いつまでたってもネットはまともな言論やビジネスの場にはならないでしょうね。それでいいんでしょうかね。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
この4象限だけ見せられると、あたかもそれぞれの象限に属する人が同じ割合だけいるかのように見えますが、僕にはそうは思えないですね。例えば銃を所持することは暴漢から身を守るなどの利点があるとしても、日本では規制・禁止されている。もし匿名の弊害が圧倒的に大きいのだとしたら、規制・禁止を受けるのはやむを得ないのではないでしょうか。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
結局のところ「匿名」の人というのは、現実世界ではそういう発言をする人であるということを知られたくないから名を匿しているわけでしょう?その意味では「嘘つき」であるということは確かですよね。「フェイスブックとツィッター・2ちゃんを使い分けろ」等という主張は、僕には「嘘つきになれ」という奨めとしか思えないですね。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月19日
「・・・検証目的の実験をどれほど行おうとも、次の実験で間違いが判明することがありうる。つまり、たとえ何回検証しようが、命題が正しいと断言できない。結局、帰納法を用いている限り、何らかの法則を確かさをもって導くことはできないのである。・・・」
みちひと@鳥取 @michihito_t 2013年10月19日
1974Keisuke ビジネスの場ではネットでも本名ですし、それが当たり前です。私の言うネットとはTwitterとか、2chとか、blogとかを含め言いたい放題出来ると書きました。というか、Twitterにビジネス性やそれに準じる信頼を求めるのがナンセンスです
みちひと@鳥取 @michihito_t 2013年10月19日
1974Keisuke 世の中本音と建前てのがあるんですよ。本音を聴くためには、ビジネスでも匿名です
みちひと@鳥取 @michihito_t 2013年10月19日
1974Keisuke 例えば上司の評価を出す際、実名にしたら誰も本音を言わず取り入らなければ出世できませんよね?匿名での発言は言いたい放題出来る分、隠れた本音を知るには良いツールだったりします。
Aki @Aki_8ara 2013年10月19日
IPアドレス背負ってる限り、最終的にはほとんどのケースで身柄特定されるので、特に気にしないなあ。神経質にやろうと思えば、FreeSpotまで行って、Macアドレス書き換え可能な通信カードを持ったノートPCかその辺いい加減な中華タブレットを使い、FireFoxのプライバシーモードでアクセスすればだけど、普通そこまでしないだろうし
Gajin Natsuki (♂) @Gajin_chan 2013年10月19日
パソ通時代を知る人はそうだと思うけど、情報は玉石混合で清濁併せ呑んで、その中から納得した情報を自分で選びとるのが普通(≠リテラシー)だと思ってたクチなので、実名と匿名のいい悪いの話は正直???な感じ。インターネットとかSNSに完全なる情報の確度を求める傾向もどうなのか。実名、匿名に関わらず結局は「内容がどうなのか」それだけだと思う。「実名にすれば健全なインターネッツが!」なんていうのも、なんてナイーブなんだろうってな具合でしてね(^・ω・^)。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2013年10月20日
実名と所属を明らかにしていると、個人的なTweetに関する苦情を勤務先に持ち込む馬鹿が出るので自衛するしかないね。 http://t.co/BvO9thhq8P
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
michihito_t 「というか、Twitterにビジネス性やそれに準じる信頼を求めるのがナンセンスです」とのことですが、そう言い切ってしまっていいのでしょうか。ツィッターでは政治家も実名で多く発言されていますが、彼らの発言に「信頼を求める」のは「ナンセンス」なんですか?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
michihito_t 「Twitterとか、2chとか、blogとかを含め言いたい放題出来る」つまり匿名だからですよね?しかし政治家が匿名だと思って「黙れ、ばばあ!」と書く。または官僚が匿名だと思って「復興は不要」と書く。こうしたことは、「実名」でなされる彼らの発言の信頼度の低下とセットなんですよ。これは危険な状況だと思いませんか?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
michihito_t 最後に、部下に匿名でホンネで「評価」してもらって、自分を改めるというタイプの上司がどれほどいるのか・・・何となく「これを書いたのは誰なんだ?」ということになって職場が嫌な雰囲気になりそうな気がします。いい面があることは否定しませんが。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
michihito_t http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110823/222220/ こんなURLが引っかかりましたが、コメント欄などを見ても百家争鳴という印象ですね。いいことづくめでないことは確かでしょうね。
minkanjjjno @minkanjjjno 2013年10月20日
「これと匿名で「誹謗中傷」する人を同列に並べられますかね?」匿名で誹謗中傷しても警察沙汰になればやっぱり法的責任を追求されますよ。
minkanjjjno @minkanjjjno 2013年10月20日
「もし匿名の弊害が圧倒的に大きいのだとしたら、規制・禁止を受けるのはやむを得ないのではないでしょうか。」圧倒的に大きいんですか? ソースは何ですか?
minkanjjjno @minkanjjjno 2013年10月20日
「僕には「嘘つきになれ」という奨めとしか思えないですね。」自分が嫌だからしたくない、と思うだけのローカルルールを他人に押しつけないで下さい。
みちひと@鳥取 @michihito_t 2013年10月20日
とりあえず名乗りたまえ、というツッコミがなんとかかんとか。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
minkanjjjno「始めから名前を出して「誹謗中傷」している人」と「警察沙汰にならないまでは「匿名」で「誹謗中傷」している人」とを同列に並べられますかね?と言い換えてもいいですよ。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
minkanjjjno 「だとしたら」という仮定の話ですから。だから「銃規制」のような、「利点が多少あるとしても弊害の方が大きいと思われるもの」という別の例え話を出したんですよ。これに対して「ソースは何ですか?」というのは無意味な質問でしょうね。仮定の話をするな、ということならわかりますが。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
minkanjjjno 「僕には・・・としか思えないですね」という発言を「ローカルルールを他人に押しつける」とみなす人はかなり珍しいでしょうね。「僕には」というのは、普通「個人的には=他人に押しつけるつもりはない」ということを示す表現でしょうから。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月20日
michihito_t それをおっしゃるなら、そろそろこの論争まがいから離脱しますよ。匿名の人が圧倒的に力を持っている現状で、自分だけいきなり丸腰(属性さらし)になって、めちゃくちゃに砲弾を浴びたくないですから。1974年生まれのKeisukeというだけで勘弁してください。
みちひと@鳥取 @michihito_t 2013年10月20日
1974Keisuke 失礼しました。冗談ですよ。しかし、名乗られてもそれが本当か、結局わからないですし対して意味は持ちませんよ。多分ですが多くの人からしても貴兄が相当の有名人でも無い限り、対した意味は無いでしょう。面白く、納得する話なら匿名でもオーディエンスは着いてきます。詳しくは纏め主の緑の先生が詳しく述べられています。
広瀬みつこ @hiroya0626 2013年10月20日
あくまで個人の意見だけど、ダメな人は実名だろうが匿名だろうがダメなの。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月21日
始めのryoko174という方の発言も意味が分からないんですよね。実名で誹謗中傷しても「現実社会で支障が出ない」ということは要するに「ハイリスク行為」ではない、ということじゃないんでしょうか。その人に影響力があるかないかは別の話でしょう。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月21日
政治家や官僚やラノベ作家といった「人並みの地位や人間関係を持って」いる人が、「匿名」と信じて誹謗中傷したが、結果的に素性がばれてしまった、というのが昨今観察された「ハイリスク行為」ですよね?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年10月21日
「纏め主の緑の先生」とはazukiglgさんのことでしょうか。この方にお願いしたいのはこの四象限のそれぞれのメンバーの割合を調べてみてほしいということですね。そのうえで「匿名-実名」と「まとも-ダメ」に何の関係もないのか、ということですね。自分でやれと言われるかもしれませんが。
加藤AZUKI@「忌」怖い話Echo怪談 @azukiglg 2013年10月21日
A.C.さんの実名/匿名分類が興味深かったので追記しました(`・ω・´)
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2013年10月21日
実名でも匿名でもまともなこといってるならどっちでもいいよ、って心から思うよ 
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年11月2日
あるいははじめのryoko174さんの発言は、そもそも影響力のある人は実名で「誹謗中傷」などしない(少なくとも匿名の人よりは少ない)ということに過ぎないんじゃないでしょうか。いずれにせよ、他人を「誹謗中傷」するということが「ハイリスク」でない場所が、この世にあっていいんでしょうか?
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年11月3日
自分でやれ>すみません、そこまで暇じゃないので。まあ「匿名」と「ダメ」に有意な関係が認められるなら、匿名規制の有力な根拠になるでしょうね。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年11月3日
「匿名性」の問題は、別に新しい問題でもないですよね。プラトンの「国家」には「ギュゲスの指輪」の話がありますし、「龍樹菩薩伝」にも「隠身の術」の話が出てきます。いずれも「人が他人から見えない状態の時にどう振る舞うか」という話で、だいたいこれらに書いてあることが、ネット上で起こっているな、と。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年11月3日
しかし人を「誹謗中傷」した人間が、簡単に「リカバリ」できちゃっていいんですか?自殺者まで出かねない(あるいは出ている)という状況なんでしょう?僕はSNSでの発言だけじゃなくて、最終的には画像や動画なども、アップロードした人間が誰なのかを完全にトレースできる仕組みが必要だと思っています。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年11月3日
僕は巨大匿名掲示板の管理人さんの二つ年上ということで、彼がその前身の掲示板でどんなキャラだったか、どんな発言をしていたかといったこともかなり憶えているという世代ですが、やはり「匿名性」には、デブスゲイさんの言葉を借りると「青春を汚された」という思いが強いですね。
Pinball1974 @1974Keisuke 2013年11月3日
http://www.huffingtonpost.jp/jyohonetworkhougakkai/post_6044_b_4198151.html?ncid=edlinkusaolp00000003 これによると「TwitterやFacebookから、低年齢層の多くが離れつつあるように思います。悪い面が見えすぎていて、僕らのいる場所じゃないんじゃないかと感じているのではないでしょうか。」とのことで、日本にもまだ少しは希望があるのかな、と思わされますが、僕らの世代はもうダメでしょうね。
ゆきおぼっと(月曜日が君のもとに!!) @yukiobot 2013年12月31日
ここで匿名を叩いてる人が、自ら実名を出さない理由として結局ゴゴゴの人の見解通りのことを言ってる事に驚愕した。あとこの人暇やなあと思って読んでみたら途中に「そこまで暇じゃないので」と書いてあってやっぱ驚愕した
トラベラー @Traveller3110 2016年1月26日
実名強制は内気/弱気な人の発言意思を萎縮させる実害があると思う。失敗をリカバリーできる人ならいいが、できない人は一生引きずりかねない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする