まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

風力発電 - 南伊豆の風車問題

実際に風車建っちゃった南伊豆。 おれの周りの人々に聴いたことをまとめました。 肝心なとこがボンヤリで大雑把ですが、 代替エネルギー問題を考える、いち視点としてボンヤリで大雑把にご活用いただければと思います。
2460view 0コメント
5
Bottom Sound Works @Chillassist
ひさびさにTV見た。「バンキシャ」。風力発電って環境にいいんでしょ?って思ってる皆さん。残念ながら実態は結構問題も多いのです。番組では、問題が起きてる伊豆半島のことも触れてましたが、あまりに一瞬wだったので補足したいんだけど...140文字じゃ書けないwwww。
Bottom Sound Works @Chillassist
さっきの続き。風力発電の問題点。とりあえずこれを。 http://tinyurl.com/4zlr2sg
Bottom Sound Works @Chillassist
さっきの http://tinyurl.com/4zlr2sg 続き。建設反対を争点に掲げた09年町長選候補も落選。結局工事は進められ、石廊崎に17基、現在稼働中。外国ではもっと人が居ないとこ(海上とか)に建てているモノを、何を勘違いしてるのか、近所に人がけっこう住んでるとこに。
Bottom Sound Works @Chillassist
さっきの http://tinyurl.com/4zlr2sg 続き。資材搬入の船が接岸できるように海底を掘りかえし、でかいトレーラーが通れるように観光資源たる自然林をばっさり切って山道を拡幅してまで。で、建ったらどうなったか?
Bottom Sound Works @Chillassist
さっきの続き。さらに低周波云々以前に、ガサツな俺でもわかるようなノイズが一日中。上空に飛行機が飛んでるようなウルサい音がずーっと。俺が世話になってる大先輩が苦労して建てた家、引っ越しを余儀なくされた。残酷な話だ。
Bottom Sound Works @Chillassist
続き。ある日用事があってまた現地に行ってみたら、17基のうちの風車のいくつかが止まっていた。造ったなら使えばいいのに、なんでか?って聞いてみた。
Bottom Sound Works @Chillassist
続き。風車でできた電気は、出力が不安定でそのままでは使えない、ジェイパワーから電気を買い取った東京電力が安定した電気に整えなきゃ使えないんだけど、それが金もかかるし面倒くさいらしい。それで止めてるんだと。だったら、そんなもの最初から造らなきゃいいのに。
Bottom Sound Works @Chillassist
結局、作りたかっただけなんだな。風車はオランダ製。何かとバーターで日本政府が押し付けられて日本のどこかに建てなきゃいけないことになってたらしい。この詳細部分、聴いたんだけど...だいぶ前なんで忘れたwwww(←もうーばかー!)。
Bottom Sound Works @Chillassist
まあそのへんのボンヤリを差っ引いて聞いて下さい。あとあとのことは考えずにただ風車建設を決定することで、儲かる人が居る。この構造、原発問題に似てなくもないと思う。マスコミ買収して民を騙して原発利権でもうけてるシステム(バビロンね)
Bottom Sound Works @Chillassist
風力発電、建てるところをもっとよく吟味するとか、17年しか保たないと言われる寿命を改善するとか。やりかた次第で有望である。原発よりよっぽどイイ。
Bottom Sound Works @Chillassist
でも我々は気をつけていないと、今度は風車利権が動いて...やっぱり過疎と高齢化と雇用問題と赤字財政に悩む田舎街に風車を建てて...ナゾの健康被害が近隣住民を襲う...なんてことが!? 代替エネルギーとして期待すると同時に、そのへんの動きに気をつけよう。
Bottom Sound Works @Chillassist
バビロンシステムの恩恵(日々生活するための電力とか、あるいは発電所がもたらす雇用とか、もっと直接的に補助金とか)がないと維持できなかった生活っていったいなんだったんだ?と思う。悔しいけど敵はデカい。そして自分の中にも居る。
Bottom Sound Works @Chillassist
クルマのCMのバックの風景に回る風車。 ワイドショーの司会者の背景のセットのなかでまわる風車。 「クリーンエネルギーで動いています」という自販機に貼られたステッカーに風車。
Bottom Sound Works @Chillassist
風車作りたい人たちは、環境にいいですよ!というキャッチーなイメージをテレビでも何でも使って世に広める手段を持っている。 でも風車ができたことによって生活や健康を脅かされたひと(おもに過疎地の高齢者)たちは、その実態を世に問う手段をほとんど持っていない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする