編集可能

キャバ嬢や専業主婦願望の増加の意味と原因について。

キャバ嬢や専業主婦は楽な仕事なのだろうか?あるいはなぜこれらにあこがれを持つようになるのかについての議論を纏めました~。
44
@fun9tion

私が大学入って一番驚いたのが、そこですね。高学歴女子で専業主婦志向がかなりいる。危険性を伝えると、悲観的・ネガティブと攻撃される始末。 @jotun82 有名企業入って一生安泰とか…安っぽいキャリア設計はことごとく破綻するわけだけど、一番危険なのは「専業主婦」を目指している人

2011-05-02 00:15:31
@fun9tion

専業主婦って、関係性を経済に変えてるわけでしょ。上野千鶴子が主婦の存在が不思議に思ってフェミニズムを目指した的なこといってたけど、今でもこの不思議さは変わってない。

2011-05-02 00:18:00
@fun9tion

専業主婦になろうが、働かこうが女性の自由でしょ、というのは、選べる人がいる、という意味ではその通りだけど、税金とかの制度設計に関わってくることなので、リソースが限らてる以上、どちらかをモデルにしなければいけない場面があるのは確か。

2011-05-02 00:22:58
ヨートゥーン @jotun82

なんか客観的に「賢明な将来設計ではない」と伝えたくても、向こうが「相手がいないんじゃね?」という意味に解釈する可能性もあってなかなか難しいですw 触らぬ神に祟りなし?w RT @fun9tion 危険性を伝えると、悲観的・ネガティブと攻撃される始末。

2011-05-02 00:24:37
Gen Shibayama @gshibayama

正社員の33%がキャバクラ嬢になりたいhttp://bit.ly/6MeoDy 37%が専業主婦になりた~い女子が急増中の件といい http://bit.ly/bXNbam 日本は世界の逆走してる RT @fun9tion 高学歴女子で専業主婦志向がかなりいる @jotun82

2011-05-02 00:25:57
@fun9tion

ただ、究極的にはそこなんですけどね。年齡を重ねても美人でモテるタイプの人は、再婚の可能性も高いので、専業主婦は結構ありな選択肢。RT @jotun82 向こうが「相手がいないんじゃね?」という意味に解釈する可能性もRT 危険性を伝えると、悲観的・ネガティブと攻撃される始末。

2011-05-02 00:30:12
@fun9tion

それは女性が働きやすい環境の整備が遅れてる結果でもあるはずだけど、主婦志望者が増え、問題視されずなくなると、負のスパイラルに。RT @gshibayama 37%が専業主婦になりた~い  http://bit.ly/bXNbam

2011-05-02 00:43:45
ヨートゥーン @jotun82

身も蓋もないですなw 「容貌を維持する」ことが戦略的に可能かどうかは興味のあるところですが、「手練」にとってはそう難しくもないのかも。 RT @fun9tion 年齡を重ねても美人でモテるタイプの人は、再婚の可能性も高いので、専業主婦は結構ありな選択肢。

2011-05-02 01:04:56
@fun9tion

現実問題、相手が世界を転々とする職業の場合、専業主婦じゃないと結婚は難しい、という問題があると思う。今後グローバル化で深刻化していく問題。共働きは、定住性が前提だから。

2011-05-02 01:11:34
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

確かに。これは逆の場合も言えるかもしれませんね、女性が働いていて男性が主夫という場合RT  @fun9tion 現実問題、相手が世界を転々とする職業の場合、専業主婦じゃないと結婚は難しい、という問題があると思う。今後グローバル化で深刻化していく問題。共働きは、定住性が前提だから。

2011-05-02 01:14:29
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

RT @teppeif7: 小さな子供のいる専業主婦は外で働いているヒトよりよっぽど大変な作業である事をいっておこう。子育てとくらべると体力的に研究なんて鼻くそな作業だ。

2011-05-02 01:14:36
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

統計的には日本の主婦化=主婦志望はどんどん進んでいます。RT @jotun82 @koichi1741 実は私(一応理系)の近辺には、あまり専業主婦志向の女性はいないんですよね。「仕事(研究)そこまで好きじゃないし、専業主婦になれたらいいけど…」みたいな人はたまに見かけますがw

2011-05-02 01:16:01
@fun9tion

どんな企業であれ、基本的に一度就職すればその人の市場価値が上がっていくはずだが、どんな女性であれ、主婦は下がる一方。'就職先'としてはかなり特殊。RT @jotun82 「容貌を維持する」ことが戦略的に可能かどうか RT 年齡を重ねても美人でモテるタイプの人

2011-05-02 01:16:42
@fun9tion

@koichi1741 わかりません。このデータは全体的な傾向のようだし。 http://bit.ly/bXNbam ただそもそも、理系女子って極めて少数ですからこういうデータには反映されてないかも。

2011-05-02 01:20:15
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

RT @fun9tion: @koichi1741 わかりません。このデータは全体的な傾向のようだし。 http://bit.ly/bXNbam ただそもそも、理系女子って極めて少数ですからこういうデータには反映されてないかも。

2011-05-02 01:23:26
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

RT @gshibayama: 正社員の33%がキャバクラ嬢になりたいhttp://bit.ly/6MeoDy 37%が専業主婦になりた~い女子が急増中の件といい http://bit.ly/bXNbam 日本は世界の逆走してる RT @fun9tion 高学歴女子で専業主婦志向がかなりいる @jotun82

2011-05-02 01:31:12
ヨートゥーン @jotun82

もしかしたらニートが増えてることとも関係があるんですかね…?ニートに関してはヨーロッパなんかでも結構多いみたいですが… RT @yutakioka 統計的には日本の主婦化=主婦志望はどんどん進んでいます。

2011-05-02 01:33:10
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

キャバできるのはせいぜい26~28くらいまでだからなあ。キャバ志望の正社員はその後のライフプランをどう考えているのだろうか?しかし、あくまで私の友人・知人の範囲の話だが大学生でバイトとしてキャバやってる女性が何人かいたなあ。

2011-05-02 01:35:22
@fun9tion

以前、入院したときに看護婦同士の会話を聞いたのですが、働きながら子供を育ててる人は、祖父母の協力がある人だけらしい。核家族化が専業主婦志向に拍車をかけている、ということはありそう。@jotun82 @yutakioka

2011-05-02 01:36:23
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

たしかにニートはヨーロッパで多いですよね特にイギリスなど。労働環境が女性にとってはきつい=残業があったりすることも影響しているのでしょうね。RT @jotun82 もしかしたらニートが増えてることとも関係があるんですかね…?ニートに関してはヨーロッパなんかでも結構多いみたいですが

2011-05-02 01:38:29
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

たしかに、祖父母の協力がないと仕事も家庭もというのはほんとに難しいですよね。私の知り合いでも同様の傾向です。RT  @fun9tion @jotun82 働きながら子供を育ててる人は、祖父母の協力がある人だけらしい。核家族化が専業主婦志向に拍車をかけている、ということはありそう。

2011-05-02 01:39:47
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

主因は二つだと思います~。(1)は専業主婦の母親を見て、非正規や派遣などであくせく働いている女性と比べて幸せに思えること。(2)自分で働き高所得を得るよりも高所得のダンナを見つけられる確立が高いと考えているRT @koichi1741 なぜ,専業主婦志望が増えているのでしょうか?

2011-05-02 01:43:04
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka

大学時代にバイトとしてキャバやってた女性はもうみんな一般企業に就職している。キャバの場合精神的にきつい。同年代の女性と比べて精神疾患になってるキャバ嬢の割合はかな高い印象。それでもキャバ嬢やりたいのだろうか?労働時間外でも営業メールしなければいけないし、そういう無賃金労働も多い。

2011-05-02 01:48:11
@fun9tion

面白いのは、これは近現代に始まった話ではないのですよね。人間は閉経後の女性(祖母)が育児に参加することで、他の霊長類にできない集中的な出産を可能にし、生存率を上げたという仮説があります。RT @yutakioka 祖父母の協力がないと仕事も家庭もというのはほんとに難しいですよね。

2011-05-02 01:48:30
Yutaka Kikuchi @studious_kick

RT @fun9tion: 面白いのは、これは近現代に始まった話ではないのですよね。人間は閉経後の女性(祖母)が育児に参加することで、他の霊長類にできない集中的な出産を可能にし、生存率を上げたという仮説があります。RT @yutakioka 祖父母の協力がないと仕事も家庭もというのはほんとに難しいですよね。

2011-05-02 01:49:08
残りを読む(70)

コメント

チェリ @cheridayo 2011年5月5日
主婦の大変さって何?家電が発達するにつれて大変なことはほぼ無くなってるじゃん(^ρ^)
0
よしの番長 @YoshinoBancho 2011年5月6日
そもそも、ちょっと単位を追加取得するだけで、教員免許取得に相当する学歴があるんだから、受験勉強くらいは自分で充分に教えることが出来るでしょ(親が子供に勉強を教える事の問題点は確かにありますが、それ以前の問題として)。戦前、ええとこのお嬢さんが高等女学校に行った理由の一つもそれ。本来の家庭教育を子供にキッチリ施す事が出来るようになるためです。
1
よしの番長 @YoshinoBancho 2011年5月6日
ちょっと、戦前の主婦向け雑誌を読んだら解るけど、料理店に匹敵する味で、家族それぞれの身体の事情に合わせて栄養バランスを取った和洋中の料理を毎回出し、ブランド物より進んだデザインの洋服を自分で洋裁し、初等教育の補完くらいは自分で子供に教え、家計は簿記で管理する。これが戦前の「専業主婦」の目標到達点。(掃除洗濯のルーチンワークは下女がこなす)。現代の主婦は、戦前の視点で言うと、ただの「家事手伝い」。これが解ると専業主婦の増加も理解できる。
1
よしの番長 @YoshinoBancho 2011年5月6日
(クドクドごめんなさい。)昭和40年代前半までの、独身女性向けファッション雑誌も面白いですよ。グラビアに「流行の服」の写真があるのは今も昔も同じだけど、昔は巻末に「型紙」がついてたの。型紙の通りに切って縫えばグラビア写真通りの格好良い服が出来ますよ、と言う。今の女の人は、職業女性になるための教育を受けて、数年の職業キャリアの後、何の教育も受けずに主婦になっちゃうから「専業主婦=仕事をしないで暮らせるOL」と言う発想になるのね。核家族化がそれに拍車を掛けたと言う。事の是非はともかく。
1
よしの番長 @YoshinoBancho 2011年5月6日
そうやって考えると、今の女性雑誌で、一番、「将来専業主婦になること」を見越して編集されてるのは、アンアンのSEX特集かも知れない。風俗嬢なみのフェラチオが出来る専業主婦。旦那の散財を防ぎ、合わせて家庭への花柳病(性病)蔓延を予防する、と言う。戦前のフェラチオって、永井荷風がびっくりして日記に書く位の「プロしかできないスーパーテク」だったの。
1
よしの番長 @YoshinoBancho 2011年5月6日
明治時代に、主婦の卵向けに書かれた料理本「食道楽」(村井弦斎著・実質的には井上馨の妻が監修。当時の大ベストセラー)は、立ち読み出来るんで、比較的容易に読めますが、これも凄い。「井上馨卿の家の台所には顕微鏡があります!」。この時の井上馨の妻は芸者あがりの高田屋鳥助(かよ子)だったんですけど、芸者仲間からは「几帳面で気詰まりな人」と悪評プンプンだったとか。だんだん、キャバと専業主婦との関係図が見えて来ました。古今同じだったのね。
1
taku @_heathworld_ 2011年5月7日
これ、基本的にコメント欄が一番面白かった。それから、キャバ嬢に関して少しだけ認識が異なっていて、「気持ち悪い客を押し付けられる」程度だから稼げないのであるよ。本当に稼げる人は「気持ち悪い人を避けても問題がない」程度の会話スキルを擁し、しかも黒服との関係も良いから「気持ち悪い人を避けてもらえる」のだよ。一般的なキャバ嬢イメージとは違い、店の黒服や他のキャバ嬢と仲の良い人が売り上げが上がっていく相互的なシステムも内包しているよ。
1
taku @_heathworld_ 2011年5月7日
あと、この議論においてあまり書かれてないんだけど、人間って楽なほうに流れていくという前提に従えば、仕事よりも婚活の方が楽だと考えている女性が多いって事なんじゃないかな?そういう視点にとって見れば、キャバクラを利用することによって、十分な収入のある男を選択肢の中に定期的に補充できるし、会話に代表される「女子力」もつくという点で、キャバクラが一種の主婦養成機関として認識されてんじゃないだろうか?ちなみに、キャバクラの定年は35かな。
1
げそぱん @gespannt_ 2013年11月11日
この手の議論につきものの『核家族化』ですが、核家族率は日本の場合、ここ60年ほぼ横ばいで変わってません。変わったのは、1組の夫婦が産む子供の数が減ったことによる世帯人口だけです。
1