限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
97
日本経済新聞 電子版 @nikkei
哲学者・作家で文化勲章受章者の梅原猛さんが死去しました。93歳でした。文学・歴史・宗教の分野で従来の学説に挑んだ著作が「梅原古代学」として親しまれました。 s.nikkei.com/2FszNXn
リンク 日本経済新聞 電子版 2 users 3415 梅原猛さんが死去 哲学者、独自の古代史論 独自の古代史論などで知られ幅広い分野で発言、執筆活動を続けた哲学者で文化勲章受章者の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日午後4時35分、肺炎のため京都市内の自宅で死去した。93歳だった。後日お別れ
まるしっぽ⚾︎ @maru_shipo
"哲学者の梅原猛さんが死去 独特の史観確立 - 共同通信 | This Kiji" this.kiji.is/45722943751030… 梅原さんといえば絶対このコラムを思い出す。ドラゴンズとタイガース。世の中性悪説も大事だわ pic.twitter.com/k6PfO59lbS
 拡大
著作に思いを馳せる人たち
リンク 共同通信 4 哲学者の梅原猛さんが死去 独自の「日本学」確立、文化勲章 - 共同通信 | This Kiji 梅原猛さん 古代史や文学、宗教などを横断し「梅原日本学」と呼ばれる独創的な分野を打ち立てた戦後日本を代表する哲学者で、文化勲章受章者の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日午後4時35分ごろ、肺炎のため京都市左京区の自宅で死去した。93歳。...
takeshi KIMURA @papi4man
梅原猛さん亡くなったのか。「日本人は思想したか」今読んだらまったく違う読み方になるな pic.twitter.com/q5HwY5l6SL
 拡大
finalvent @finalvent
梅原猛は、事実上の処女作である『地獄の思想』は勧めたい。面白いよ。これは、cakesの連載に書くべきだったなあ。
高野山 青巖寺@南山坊 @nanzanbou
梅原猛氏の訃報を聞く。氏の功績のひとつとして1968年に刊行されたシリーズ『仏教の思想』角川書店が挙げられるだろう。釈尊から始まり、日本仏教の祖師、そしてアビダルマや中観・唯識まで一般読者にその高尚な思想を知らしめた功績は大きい。至心合掌 pic.twitter.com/lVKZxW2gEN
 拡大
 拡大
髙山龍智『反骨のブッダ』発売中! @nagabodhi
梅原猛氏が執筆に携われた角川書店『仏教の思想』全12巻。現在は文庫化しているようだが、私はケース入りハードカバーの時代に買い揃えて読み耽った。インド・中国・日本の仏教を、各国につき四巻ずつにまとめて刊行するという、現在のような出版不況下では考えられない凄い企画だった。
Tak(たけ) @『いちばんやさしい美術鑑賞』 @taktwi
高校時代日本史の先生から勧められて読んだ『隠された十字架』はその後の自分の進路に決定的な影響を与えた。当時は大学で梅原猛先生の名前を出すと馬鹿にされた時代だったが、構わず傾倒し没入した。常識に囚われず自分の直感を時に強引に理論付けし結論を出すスタイルは憧れ以外の何物でもなかった。
フラ @nijntje5125
梅原猛さんの 隠された十字架ー法隆寺論 、西洋史ばかり好きだったわたしが日本史に興味を持つ契機となってくれた本。ゾクゾクワクワクしながら夢中で読んだなぁ。人生をひとつ、豊かにしてくださってありがとうございました。ご冥福を心よりお祈りいたします。
梅原猛と日文研
透明ランナー @_k18
梅原猛先生の訃報が。。。。。。巨星墜つ。。。。。
透明ランナー @_k18
梅原猛先生といえば日文研という日本中から有名教授を集めたアベンジャーズみたいな組織を結成したけど、各大学からエースを引き抜いてくるリクルーティングエピソードがいちいち面白くて笑える やはりそれだけの人徳がないと人は集まってこないのだろう
透明ランナー @_k18
今でこそ京都のイメージが強い山折哲雄先生も、京都とは一切縁のない前半生を送っていたところ、梅原猛先生に「あんた仏教やっとるなら京都来ないでどうする」となかば挑発気味に強引に誘われたらしい
透明ランナー @_k18
早稲田の川勝平太先生への口説き文句は「うちに来たら英国議会資料800万ページ全部観られるから。全部手はず整えてあるから」。 慶應の経済学部長だった速水融先生には「学生がいない日文研なら学部長の雑務なし!」 阪大の小松和彦先生は「妖怪の勉強をしているなら京都に住まない手はない」
透明ランナー @_k18
日本だけじゃなくコロンビア大のドナルド・キーンも教授にさせたし、有望な日本研究者を引き抜くために冷戦真っただ中の旧ソ連にこっそり行って、知らずに地下鉄の写真を撮ったら公安に職質されたり、ホテルの上層階に泊まっていたのに窓から娼婦が入ってきたりとか
日文研図書館
透明ランナー @_k18
日文研の図書館は一度だけ行ったことあるけど360度ぐるっと円形になっておってな…梅原猛先生の「異なる分野の本がちらっと目の端に入ることには計り知れない意義がある」という思想でな… pic.twitter.com/3zykZrIuuf
 拡大
早川@休肝日はありません @hayato_2417
@_k18 子どもの頃、百科事典で調べているときについつい隣の項目に目がいって、関係ない項目をいくつも読んでいたな。
士賀仁八(㋪㋣㋳㋜㋯) @8c8g
@_k18 キーワードによる検索エンジンに恃んだインターネット環境では、太刀打ちできない思想。知を深めるには一覧性も重要な要素。
残りを読む(8)

コメント

あらP★ @arapix 1月16日
社会科教師だった父の書棚の「隠された十字架」を読んだのが、今思えば中二病の入り口だったな。R.I.P.
fuseciba @FUSECIBA 1月16日
「隠された十字架」読んでから「日出処の天子」を読むとすごい楽しかったです・・・
がっでむ @goddem123 1月17日
「隠された十字架」の、文庫でなくハードカバーのほうはとにかく表紙が怖かったですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする