まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
358
はんだ付け職人 @handatsuke
はんだ付けが金属を融かして固めることでくっついていると思っている人が全人類の90%以上。実は、はんだの中のスズ原子と基板やリード線の素材中の銅原子が互いに拡散(染み込む)して合金を作ることで接合しています。 #はんだ萌え #はんだ付け講座 pic.twitter.com/7wAVo1F1NO
 拡大
はんだ付け職人 @handatsuke
別の金属同士が接触していると室温でも金属原子はゆっくり拡散(移動)します。熱エネルギーを与えるとこの動きが活発になります。
はんだ付け職人 @handatsuke
電子部品の端子は、たいていスズメッキされてますが、半年くらい放置すると下地のニッケルメッキの原子が拡散して、表面に出てくるため、濡れ性が悪くなり不良の原因となります。これは真空中で保管しても防げない。
リンク Wikipedia 2 users はんだ付け はんだ付け(はんだづけ)とは、熱で溶かしたはんだによって金属を接合する作業のことである。半田付けとも表記される。溶着の一種であり、ろう付け (brazing) と併せてろう接(鑞接、ろうせつ、brazing and soldering )とも呼ぶ。 手作業で行う場合は、通常ははんだごてを用いて作業するが、直火で加熱する特別な方法もある。金属の接合においては、機械的強度をあまり必要としない用..
リンク 製造業・建設業エンジニアのためのモノづくり情報サイト「Tech Note」 684 users 313 はんだ付けの基礎知識 | Tech Note(テックノート) はんだ付けは、学校教育でもよく取り上げられる教材です。見よう見まねでもできるため、とりあえずやってみようということになりがちです。このため、はんだ付けに対する誤解や勘違いが非常に多く、「溶接みたいなもの?」「溶かして固めたらいい」「接着剤みたいなもの?」といった、誤ったイメージを持つ人が多いのです。はんだ付けが上手にできないのは、あなたの腕のせいではありま..
みんなの反応
水留章子 @mizutomex
ツイッターに「へー!」スイッチが欲しいです。 twitter.com/handatsuke/sta…
gizmon @gzlabs
知らなかった!っていうか、接着断面写真はじめてみたわ。 twitter.com/handatsuke/sta…
べし@入院中 @y_beshi
あれ合金作って固定してたのか
Suga @Suga67316817
@handatsuke @tarepandism 昔々、接合部が融合してっては聞いたことあったのですが、写真観たのは初めてです。
@楽人 (あっとらくと) @AttractiveMusic
これは別に「融かして固めることでくっついている」という理解が間違いというわけではなく、マクロ的・操作主義的な記述をミクロ的・構造論的な機序に掘り下げたらこういう記述になるという以上の話ではあるまい。 twitter.com/handatsuke/sta…
せおどあ @theodore0710
深く考えたことなかったから、松ヤニが入ってるから(ベタベタして)くっ付くぐらいに思ってた twitter.com/handatsuke/sta…
齊藤明紀 @a_saitoh
@handatsuke 溶けたはんだを接着剤に(封蝋みたいなイメージ)してくっつけてると思ってる人も存在率高いような気がします
緑茶い @IndiaMilkTea
なるほどだからつけるもの同士もしっかり熱を加えとかないといけないのか
顧みる(かんがみる) @Nazonokusya
これ初めて知ったゾ...小学生の時木の板に溶かしたはんだ挟めて潰してコインー!とか言ってたけどくっつかずにとれたのそういう事だったのか twitter.com/handatsuke/sta…
MikiBX @MikiBX
最初読んだときは「へえ〜」って思って、何度も読んだら一周して「で、それは金属を溶かしてくっつけるのとどう違うのか」ってまたわからなくなっちゃった。むずかしい
御神楽 舞 @mikaguramai
EIAJの説明を見るとはんだ付けは、非常に狭い範囲だが連続的に合金層が出来ており接着ではなく溶接とであるとされてるね。
T1111 @T1111m
溶融って言うから「溶けてくっつく」ものだと思っていたけど、それじゃ前半しか表せてないのね。分類名をもうちょっとどーにかしてくれないもんか。
鹿角(二つ名) @5zSZh7ZNy5BkFae
なるほどねーーーーつーかそもそも溶かして固まるとかよくわかんないしな溶接とかはどうなんだろ twitter.com/handatsuke/sta…
リンク Wikipedia 1 溶接 溶接(ようせつ、英語:welding)とは、2個以上の部材の接合部に、熱又は圧力もしくはその両者を加え、必要があれば適当な溶加材を加えて、接合部が連続性を持つ一体化された1つの部材とする接合方法。更に細かく分類すると、融接、圧接、ろう付けに分けられる。かつては、現在に至るまで一般的な溶接のほかに鎔接や熔接の文字も並んで利用されていたが、「鎔」「熔」ともに当用漢字に..
石ころ~公共の迷惑~ @utuno_kurage
理屈は解っていても、実践するのは難しいというあれ。 要するにはんだを溶かすだけではくっつかないので、基盤側のベースをよくあっためておくことが必要ということで、でも温度が目に見えるわけでもないのであれ
つっきー(月間ヶ池) @tukimagaike
それで、はんだ吸い取り線にキレイに染み込むわけか。理由がやっとわかった twitter.com/handatsuke/sta…
残りを読む(3)

コメント

(あ) @MutsuniNaruBeam 1月15日
こうなると、はんだを取り除くやつの原理も知りたい
胃口ゆうや @fishfroggyokus1 1月15日
知らんかったぁああ!
kartis56 @kartis56 1月15日
この辺は物性物理(界面)とか材料工学との範囲で奥深いので興味がある人は専攻するといい
washeagle @washeagle 1月15日
吸い取り線は毛細管現象の影響が支配的な気がするが
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 1月15日
固液界面における拡散を「溶かしてない」と定義するのも、微妙に不誠実な感触がする不具合
かつま大佐(要冷蔵) @kamiomutsu 1月15日
金属を溶かしてくっつけてるなんて思ったことはないけどな。はんだは接着剤なんだろうとしか思ってなかったよ。
かつま大佐(要冷蔵) @kamiomutsu 1月15日
むしろこの説明を聞いて「はんだじゃない側も変質してたのか!」って逆に驚いた。
Tadashi @tadashifx 1月15日
直接の関係はないのでなんですが…こういうの好きな方は鉛フリー銀ハンダで発生するマイグレーションとかも見てみると興味を持たれるかもしれません。(現象自体は本来ハンダに限らないんだけど、鉛フリーの初期の頃結構話題になって無知だった私は「なんじゃそりゃ?」と結構びっくりした)
ネワノ @One_of_Engineer 1月15日
tadashifx 有鉛はんだでも小手先の「喰われ」が問題で鉄メッキされるようになっていたような。初期のSn-Ag系鉛フリーだと浸食能力が格段に悪化。
たらこスパ @mmz104 1月15日
ろう付けも同じ原理ですね。 融点の温度で名前が変わります
Plate @Plate13579 1月15日
「融かして固める」で間違いではないんだが、「融け」るのははんだだけではないし、より正確には「融かして『混ぜて』固める」になるってことか。
青霊夢@パブリック・エネミオライっ! @Blue_Reimu 1月15日
プラモのパーツ表面にパテを盛るようなものやな(模型脳)
Mill=O=Wisp @millowisp 1月15日
融かして固めるってのはアレかね、溶接とのイメージの混同があるってコトかね
お茶漬け @cha_zuke_ 1月15日
全人類って言われるとジャングル奥地の先住民族みたいな人や生まれたての赤子もたちもはんだづけを知ってるのかなという野暮な疑問が湧いてくるな。大げさに表現したいだけなのにすまんな。
北大 輝@忌中 @honda_sado 1月15日
ねるねるねるねはヒェッヒェッヒェッヒェッ(違
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 1月15日
フラックスの存在が金属表面を洗浄しまた表面張力でハンダ面の接触面積を増やし表面保護も行う重要な役割を持っているので興味ある人はこの辺でも読んでみて。 http://handa-craft.hakko.com/support/flux.html
まーく @makiku 1月15日
銅パイプやプリント基板を扱うなら無いと困る知識だけど、なかなか難しいんだよなあ
名無し元営業写真師 @Naominakata 1月15日
はんだ付けは、一般にイメージされているよりも強度があるというのを聞いた事があります。あと、はんだの種類によっては、冷凍保存されるものがあると聞いた事も。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 1月15日
有鉛から無鉛、手動から自動、と形態を変えたが、この融合技術がなければ現代の電子製品の革新は無かった訳で。
ながいずみ(個人用) @nameriizumi 1月15日
はるか昔のツナ缶もはんだづけして缶を作って密封してました。中身詰めたら金属同士を巻き締めて千枚通しで穴あけて、高温の湯で沸騰させたら穴をはんだで塞ぎ脱気と殺菌をした…と資料に残っています。現代においては、シーリングコンパウンドという樹脂みたいなのを、缶と一緒に巻いて脱気密封→レトルト殺菌装置で高温にして殺菌しています。「シーリングコンパウンド 缶」あたりで検索するとコレ作ってる会社の面白い解説が読めますよ
ヘタレさん @hetare_rider 1月15日
自分も数年前に知りましたけど、銅食われと呼んでるやつですね。リッツ線をはんだ槽に浸すと極細なので面白いように溶けます。あと、つべで銅箔にハンダを流して除去を繰り返し、実際に穴が開く動画とかありましたね。
ファンファン→アンドロメダ→ガルフロ @Chigami 1月15日
つまりしっかりはんだ付けされた部分を強引に引き剥がすと材質どんなしっかりしてても表面ごと剥がれかねないと
田中 @suckminesuck 1月15日
はーそうだったのか。
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 1月15日
もうかれこれ20年以上半田付けしてるけど知らなかったな。
mikunitmr @mikunitmr 1月15日
「美味しんぼ」に、銅で作った箱を組み立てる時接合部に亜鉛を流して真鍮にすることでくっつけるという話が載ってる回があったな。
ICHIKAWA Kento(おにぎり) @kentosho 1月15日
半田の濡れ性ってなんなのか長年の疑問だったのだけれど、接合部の化学反応による負の化学ポテンシャルが半田の表面張力を上回る事という理解で良いのかな?
齊藤明紀 @a_saitoh 1月15日
単純に溶けてくっついてるのなら、材料の参加皮膜が付いたままでもくっつく筈。ヤニが要るとか材料の融点以下でくっつくとかが、半田付けがろう付けとも溶接とも違うとか、だと思ってる
パナマ某 @panamabou 1月15日
銅リサイクルでハンダ付けされている品物が面倒くさい理由がこれなんだよなあ パイプ類とかは大部分が上故銅でいけるのに、ハンダ付けされているところがあるとそこを取り除かなければ高く売買できないので選別が結構手間だわ…
林 伯文 @borshch77 1月16日
はんだと母材の界面についてはここに書いてある通りだけど、はんだ付けという接合方法自体は二つの部材を低融点の金属を溶かして固めてくっつけているのでは。
なんもさん @nanmosan 1月16日
まあハンダ付けも「ろう接」と呼ばれる溶接の一種ですからねえ。ちなみにわりと知ってる人も多い陶器などを金で継ぐやり方は、ウルシを接着剤にしてくっつけた上に金粉で装飾してるだけでして、金を溶かしてるわけでは全然ないただの接着ですね。金属同士をろう接するときは一般には銀がふくまれた合金を使います。
CAW=ZOO@高津娼会 @CAWZOO 1月16日
92へえ。もちろん知らなくてもいいけど(結果くっつけばいいので)知らないことを知るのはやはり面白い。
Futon-Matsuri @Futon_Matsuri 1月16日
ちょうど昨日、SSDを蹴っ飛ばしてSATAコネクター内のL字型プラスチック部が折損。コネクタ自体は入手可能だけどハンダ付けが手に終えなさそうでリアルタイムで絶望している…
かりあげチャーハン @Kariage_Chahan 1月16日
半田付けは綺麗に出来ると楽しい
謎の半合法薬メーカー 熾(一般男性) @JapaneseDrugLab 1月16日
そうか、アルミにはんだ付けができない理由がやっとわかった。アルミとは合金作らないからなのか…… 子供のころ、壊れた懐中電灯を修理するために銀色の金属(たぶんステンレス)にはんだ付けしようとしていくらやってもできなくて……
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 1月16日
異種金属が電蝕で固着してるときも、断面はこんな感じなんだろか。
たらこスパ @mmz104 1月16日
JapaneseDrugLab エレクトロマイグレーションも原因の一つと言われていますが、まだ完全に解明されているわけではないようです。私もコネクタからtin whiskerがモサモサ生えてるのを初めて見たときは驚きました
Tadashi @tadashifx 1月16日
JapaneseDrugLab はい。ただ、ウィスカだとあの樹みたいなの全体を指すので「よくわからん!」とされていることもあるので、こういうの好きな方なら原因のひとつの可能性として挙げられているマイグレーションのほうが興味もたれるかなぁ、と。
Tadashi @tadashifx 1月16日
tadashifx ってリロードしてみたら直前にたらこスパさんが mmz104 書いてた…
灯真 @ToMa0203 1月16日
中学の時に技術の授業で指をジュッ!ってやってからはんだごて触るのコワイ(´・ω・`)
K.Yanagisawa @K_Yana47 1月16日
ToMa0203 熱いとこ触れば誰だってそうなる。ちゃんとグリップ掴めば良いだけのことだ。
Mill=O=Wisp @millowisp 1月16日
ToMa0203 https://togetter.com/li/1249146 みんなやってるから大丈夫(火傷は大丈夫じゃない)
灯真 @ToMa0203 1月16日
K_Yana47 うっかりしとったんじゃよ…
FRKW808 @annex38 1月16日
最近の電気工作は線を端子にからげてホットボンドで固めておしまいなんだぜ
灯真 @ToMa0203 1月16日
millowisp 人差し指を使えないだけでも結構不便なのだと知った14の冬
灯真 @ToMa0203 1月16日
millowisp ツッコみ所しか存在しないまとめで草
山吹色のかすてーら @sir_manmos 1月16日
溶かしてくっつけただけの物を「イモハン(ダ)」と呼び、やり直しを命じられました。わかる人が見たら一発で見分けられるんだよね。
じ〜げん〜 @jigen357mgnm 1月16日
合金化してるなんて、中学の技術の授業で知ってたし常識じゃないんかw ていうか、今時の若い衆は中学で半田付けとかしないのかね?(老害
黒いぐら @kuroigura 1月16日
パテのかわりにはんだを使うハンダ板金なんてのもあるしね
ISW @ISW007 1月16日
中学校の技術家庭科の教科書に載ってたけど、男子が技術で女子が家庭科で分けられてたから女子は排除されてたし、受験に関係ないもんだから教師も手抜きして教えないしで、たぶんほとんどの生徒は分かってなかったと思う。
とくさ @tokusa_10 1月16日
mmz104 錫ウィスカーの場合は応力の影響ってのがよくいわれますね。ニョキニョキ生えてるのみると製品としてはダメなんだけど感心してしまう。
うわのそら @ueno_solar 1月16日
JapaneseDrugLab アルミニウムとはんだ(すず)は容易に合金化しますよ。アルミが接合しにくいのはそこではなく濡れ性の問題で、強固な酸化被膜を形成してしまうのが難溶接材たるゆえんです。
コロ @koro33rpm 1月16日
はんだごてプリンセスあいんちゃんはまだ出てこない?
ぉざせぃ @hijirhy 1月16日
つまりハンダが溶けて固まるだけではくっつかないってこと?そこの検証がないとよく分からないな。
らんとん @Ranton555 1月16日
合金が作れない金属同士だとはんだ付け出来ないのね
Akasha @hesperidin 1月16日
JapaneseDrugLab https://www.almit.co.jp/?p=200 アルミ用はんだはあります。なんでもは付かないけど。 http://www.ishikawa-metal.com/evasol.php#ESK ステンレス用もあったり。
謎の半合法薬メーカー 熾(一般男性) @JapaneseDrugLab 1月16日
ueno_solar なるほど! 酸化被膜と言えば有機合成で金属マグネシウムを使ってグリニャール試薬というものを作った経験があり、一見銀色で新鮮そうに見えても被膜ができてて反応しないという実例を体験してるのでよくわかります。
謎の半合法薬メーカー 熾(一般男性) @JapaneseDrugLab 1月16日
hesperidin 紹介ありがとうございます。今後、何か機会があったら(たぶんないけど)使用してみます。
謎の半合法薬メーカー 熾(一般男性) @JapaneseDrugLab 1月16日
マイグレーションについて教えていただいてありがとうございます。自分は素人ですのでよくわかりませんが、後程調べてみます。
RAY@わんこ先生 @rayion89 1月16日
大気中でアルミニウムを切削してオブジェクトを作ったときその表面は常にアルミニウムではなく酸化アルミニウムである
cocoon @cocoonP 1月16日
はーなるほど、そうだったんだ(の略がはんだ)
えぐ @egrigori3 1月16日
勉強になります
睦月 @mutsuki_ff14 1月16日
溶かして混ぜて固めるのと、化合物になることがピンとこないとなかなか理解できないよね。中学でやるけど、イコールだれでも理解して大人になっても覚えてるじゃないから。
転倒小心 @tentousho 1月16日
ステンドグラスの接ぎをするときの半田付けやナイフのヒルト(柄)を取り付けるときの銀ろう処理も同じ理屈なんでしょうか。ステンドグラスなんか片っぽもしくは両方ガラスだったりするのでなんか違う気もしますけども
黄色いちくわ @yellow_chikuwa 1月16日
銅って融点1085℃で、はんだごて〜300℃で溶けるの?と思ったけど、銅錫合金の融点は下がるのか。銅表面のミクロな凸凹に錫が流れ込んで、合金の界面ができるのね。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 1月16日
故にあまりに細い銅線をはんだ付けすると溶けて切れてしまうことがある。銅入りのハンダを使う
uniuni @wander__wagen 1月16日
はんだ付けの歌は名曲
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 1月16日
はんだを取り除くやつは ハンダ吸い取り線とスッポンやな。前者は細銅線を編み込んであり、フラックスを浸透させていて溶かした半田を毛細管現象を利用して吸い取る。後者は真空で溶かしたハンダを一気に吸い取る。バネで駆動するやつと電動式がある。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 1月16日
SSDコネクタのような微細部分のハンダ付けは、一個ずつやるよりランドに予め少量のハンダを残し、フラックスを塗りつけ一気に取り付けるのが早い(先に両端一本だけはんだ付けして固定する)元コネクタはランドを傷めないように気をつけながら破壊して撤去するのが早い。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 1月16日
合金を作らずハンダが溶けて固まるだけだと、フラックス(ヤニ)が接着してるだけで電気的には繋がってない事がある。
かにかま @kanikama_surimi 1月16日
はんだってみると、無条件でチョコ食いたくなるんだよなあ…(キスチョコに見える病)
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 1月16日
自分はやったこと無いけど、ハンダ付けが一般的になる以前は、金属芯に機械で強く線を巻きつけるワイヤラッピング方式が良く使われていた。昔のオーディオアンプ等でよく見る。
N山 @7na916 1月17日
みんな「とろける鉄工所」読もう。家族に溶接マンがいてもいなくても面白いから
成瀬京太郎 @yuugekisen 1月17日
はんだごてでプラスチックを溶かして固めて穴をふさいだりできる なお強度・・・
Futon-Matsuri @Futon_Matsuri 1月17日
Mokko_Chin 元コネクタ撤去するのにヒートガンとか無いと辛いか?と思ってたけど、元コネ破壊前提で撤去だけなら出来そうな気も… 端子のピッチが細かいので、ハンダ付けの方は相変わらず敷居高そうですが。 ルーペ買って何度か練習しないと…
ドラゴンチキン @dragonchicken19 1月17日
要は熱を加えてサビさせる訳だけど、元々サビてるところには着かないのでヤニ入り半田やフラックスを使う。と言う認識。
Yoshimi W @guripapa 1月17日
濡れ性が悪化するのは、酸化しているからだとばっかり思ってた。まだまだ知らん事多いなぁ。
ネワノ @One_of_Engineer 1月17日
Futon_Matsuri 太めの銅線とか銅テープをヒートスプレッダとして使う方法も有るようですね。https://www.analog.com/jp/education/landing-pages/003/bbs/bbs_02.html
ぱんどら @kopandacco 1月18日
塩ビニを専用接着剤でくっつけるようなもんかいな(確かあれも表面が溶けて混ざってる
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする