98

(適宜端折ってますので、気になったらtwilogもどうぞ https://twilog.org/ksk18681912

麺を油で揚げる「発明」
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
野嶋剛さんの素晴らしい記事”チキンラーメンは本当に「発明」なのか”、ぜひ読んでください。 bit.ly/2G4ffWb bit.ly/2G3WRg4 私も安藤百福について長年調査してきましたが、知らないことばかりです。脱帽です。
リンク 新潮社 Foresight(フォーサイト) 254 users 1403 【番外編】NHK『まんぷく』チキンラーメンは本当に「発明」なのか(上):野嶋剛 | 世界漫遊「食考学」の旅 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト 台南市「西市場」の名物「阿瑞意麺」(筆者撮影、以下同) 日清食品創業者の安藤百福と、その妻・仁子をモデルにしたNHK連続テレビ小説『まんぷく』。好評のまま、物語は佳境を迎えつつあるが、終盤の山場は…
リンク 新潮社 Foresight(フォーサイト) 64 users 1473 【番外編】NHK『まんぷく』チキンラーメンは本当に「発明」なのか(下):野嶋剛 | 世界漫遊「食考学」の旅 | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト 「長寿麺」の生みの親・張さんと安藤氏とで交わされた即席麺の特許譲渡契約書(筆者撮影、以下同) 『南極料理人』(2009年公開)という映画をみた。面白かったのは、南極の基地に派遣され、世間から隔絶された…
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
この記事の前にしてはすべてが蛇足ですが、ここに書かれていない情報を若干補足していきます(お好み焼きについてはしばし中断)。 連続テレビ小説「まんぷく」、来週あたりに「天ぷらに着想をえて麺を揚げることを発明」の話になるんですね。 bit.ly/2RuXQZ1
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
麺を油で揚げるという他の人の発明を、安藤百福はインスタントラーメン開発前から知っていました。 「即席麺と特許」という記事にその事が書かれています。
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
日清食品の前身三倉物産を安藤百福とともに設立した許炎亭は、「即席麺と特許」が書かれた昭和44年時点では、国際特許という会社の専務に就任しています。 「即席麺と特許」の著者は国際特許管理株式会社社長の設楽勝蔵。許炎亭の会社の社長です。
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
”三十三年四月大和通商(社長陳栄泰氏)の製品として鶏糸麺が東京の百貨店等に販売され、同三十三年春頃には日清食品の前身として三倉物産が、安藤百福氏(現日清食品社長)と許炎亭氏(現国際特許専務)によって設立され、鶏糸麺を大阪でも販売したが許炎亭氏によってチキンラーメンと名付けられた”
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
また”安藤氏は新らたに日清食品(株)を設立して、チキンラーメンを製造、同年末に発売した” とあり、それまで大和通商の鶏糸麺(チキンラーメン)を販売していた安藤百福が生産も行うようになったとあります 日清食品のチキンラーメンは、もともと鶏糸麺のライセンス生産品だったということになります pic.twitter.com/U3RfJOxIos
 拡大
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
その鶏糸麺とはどういうものだったのか。大和通商が昭和33年に出願した鶏糸麺の特許、第三〇八一一二号によると次のようなものだったようです。 pic.twitter.com/DhRR50ZHlf
 拡大
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
”素麺すなわち鶏糸麺の原料となるべき中華麺を短時間蒸気にあて、均等に軟化させた上、麺を適量づつ金網箱に収納(型詰)して、その麺を動植物油を容れた容器に入れて油揚げをする。この麺をとり出して乾燥を施す”
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
現在も世界中の多くのインスタントラーメンが、この金網箱に麺を入れて揚げるという鶏糸麺の製法に従って作られています。 bit.ly/2Uy81wJ pic.twitter.com/DrZeo7Li8s
 拡大
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
ここで再び、野嶋剛さんのチキンラーメンは本当に「発明」なのか(上)を振り返ってみましょう。 bit.ly/2UuOkG6 台湾には雞絲麵という、チキンラーメン=鶏糸麺と同じように揚げた麺が存在しました。 しかも鶏糸麺よりも古くから存在し、日本にも輸出されていたそうです
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
”この雞絲麵は好評を博し、あっという間に台湾全土に広がった。チキンラーメンの「発明」より10年以上前のことだ” ”当時の日本は食糧難であった。日本には多くの台湾人が戦前から暮らしていた。台湾の家族から日本の家族へ、雞絲麵は盛んに船便で送られたという”
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
写真を見ると、雞絲麵もまた、金網に入れて揚げています。 つまり、大和通商の鶏糸麺(チキンラーメン)特許の金網に入れて揚げるという部分は、大和通商の発明ではなく、台湾の雞絲麵の製法を日本で特許登録した可能性が高いのです。
ima_taro @ima_taro
30年以上前、池田の工場見学に行った際の説明で、試行錯誤の結果中国のある地方では数百年前から麺を油で揚げて保存する製法があるのにヒントを得て開発したと聞いた記憶があったが記憶違いだったのだろうか。 twitter.com/ksk18681912/st…
ima_taro @ima_taro
補足すると今の0からの発明とは言ってなかったはず。なので晩年の自伝では誰ももう当時の人はいないと思って書き換えたのか。
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
@ima_taro はい、私もそう思います。 安藤百福が推薦文を書いた「即席麺と特許」が昭和44年。そこではチキンラーメンは鶏糸麺の別名、ライセンス生産でしかないとあります。 そのころは関係者が多く存在し、「天ぷら」のようなすぐバレる嘘はつけなかったのだと思います。
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
さて、「金網に入れ」「麺を揚げる」という安藤百福の発明話は信憑性ゼロですが、あらかじめ麺に味をつけるという製法は安藤百福の発明なのでしょうか。 明日以降はこの点について検討します。
インスタントラーメンとしての乾麺
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
インスタントラーメンは戦前の日本にも存在しました。 詳しくは「お好み焼きの物語」を参照していただきたいのですが(宣伝) amzn.to/2QTMBrR ソース焼きそば用の麺として、中華麺の乾麺が流通していたのです。 pic.twitter.com/ISmUV9rwP6
 拡大
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
もっとも、中華麺の乾麺をインスタントラーメンと呼んでいいのかどうか、議論はあるでしょう。 また、中国には伝統的な乾麺が昔から存在しており、中華麺の乾麺の元祖が日本であるというわけでもありません。
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
ただ、電気を使用した機械による工業的製麺が、近現代のインスタントラーメンの基礎となったことについては、誰しも異論はなかろうと思います。 そしてその機械による製麺工業は大正時代の浅草から始まりました。
近代食文化研究会@「お好み焼きの物語」発売中 @ksk18681912
戦前の中華乾麺は、マルタイ棒ラーメンのような直線の麺でした。 一方支那そば、現在の東京ラーメンの生麺は、スープが絡みやすいように手でもんで縮れさせます。 棒ラーメンは縮れた生麺と違い、スープが絡みにくいという欠点がありました。 pic.twitter.com/URhcGd2di9
 拡大
残りを読む(67)

コメント

rainy season @jkgkikllh 2月16日
文化の盗用の実例
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2月16日
尚、世界初のカプメンも、最初は明星食品が開発。当初日清食品は、この件で明星食品を相手取って裁判をしていたが、後年同系化で取下げに。
Daiji @Daiji75 2月16日
食文化は素朴なナショナリズムと結びつきやすく、「さもありなん」と皆が思いたがるようなストーリー、端的に言ってデマが跋扈しやすい。それ自体は仕方のない面もあるかもしれないけど、大企業が自分の社史を歪曲するのは見過ごせない。特にNHKの連ドラはそうした素朴な感情を刺激しやすい。ドラマを観た視聴者のうちどれだけの人が「あれはお話であって史実ではない」と、創作と現実の区別をつけられるだろうか。
Daiji @Daiji75 2月16日
膨大な史料にあたりそうしたデマ・誤解を丹念に解く近代食文化研究会さんのここ連日のつぶやきの熱意の源に、深く共感します。
むしまる(元祖) @fudesakisanzun 2月16日
安楽椅子探偵というか、公開資料を博捜するだけでこの成果。在野の好事家どころか本職の研究者も襟を正すべし。
有村悠@3/10ユリランカ八戦目「こ」03 @lp_announce 2月17日
ありゃ山師みたいなモンと思ったほうがよさそう。ところで軍の記録に糧食として「乾麺」は確かに見かけるが、どんなのだったか戦記や回想に載ってないか
つら @tsuramisan 2月17日
で、何が言いたいのかわからんので駄目なオタクの主張のまとめの典型ですね……
shiroi @68Shiroi 2月17日
数年のズレは記憶違いの可能性もあるが、都合よく変えられていると勘ぐられてしまうので、公的な資料として企業が公開するならもうちょっと調べないとなぁ
眠れるミソサザイ#@花粉症って頭がぼーっとしてくるから眠い @marumasa58 2月17日
今は先願を調べる事も比較的容易になったし、個人が世界中に意見を発することも容易になった事ですし、こういうやり方はやり辛くなりましたね、と
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2月17日
特許って先願主義だから、仮に先に発明した人がいても、出願されていなければ、後で発明して先に出願した人には勝てないんだよね。
きゃっつ(Kats)⊿4/7日向坂大阪個別 @grayengineer 2月17日
もちろん「公知」(広く知れ渡ったもの)だったらそもそもの出願が無効になるけど、そこまでではなかったんでしょう。訴えても勝てる見込みがないから訴えなかったんだろうし
みさご@アタシってほんと迷惑 @misagoya 2月17日
全部読んでもよくあることというか、機を見るに敏というか
BUFF @geishawaltz 2月17日
けっきょく「発明」ってのはそれまでの連綿とした(マーケティングも含む)技術の累積の上に生まれるもので、特定の個人がいきなり「発明」するってのはまずありえない物だと思う。人はだれか個人が天賦の才と努力とひらめきの上でいきなり何かを「発明」するような『物語』を求めてしまうのだろうけど。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2月17日
Daiji75 安藤が台湾人であることを伏せて物語を作ると、いろいろとねじれが出てしまうシナリオ。外国人であっても日本のヒーローになれるという話は、王貞治や力道山を見てもわかる筈なのに。
INVISIBLE DOJO @mdojo1 2月18日
どこかの出版社で、@ksk18681912さんにオファーして本にできませんか? この話、まとめ冒頭にもあるようにまだ膨大なツイートがあるけど、新書とかでも十分出せる分量ありますよね? 「まんぷく」関連本(批判本)でもあり、素人目には採算も十分とれる面白い本になると思うのですが
ぐっつすっす @karappoflavor 2月18日
単純になんでNHKが金出して日清食品の歴史浄化をしてあげてるのかわがんにゃいね
Nicholai MARO @MAROCKs 2月19日
台南名物、意麺。【台南の意麺は料理する前に麺自体を揚げておく】http://taiwan55.com/xiaodu-yimian/
真 大地 @d_daiti 2月19日
あくまで日本人である立花夫妻が史上初の即席麺であるまんぷくラーメンを生み出した話、と割り切るべきよね
OOEDO @OOEDO4 2月24日
2019年2月6日~13日を収録しているこのまとめと連動して、https://togetter.com/li/1321622 でも遡っての追加収録を行い、空白なくつながる形になりました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする