162
GIGAZINE(ギガジン) @gigazine
ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか? bit.ly/2TKVm8Q
🥦_hinako @y_hinako
@gigazine 詳しくは申せませんが、この手の被害や揉め事によく遭遇します GIGAZINEさんの被害と発信が一つのきっかけで多くの人に認知されて、こういう事が起こりえると問題視され、何か変わるきっかけになればと思います 大変だとは思いますが応援しています
阿曽山大噴火 @asozan_daifunka
なんだ衝撃的なこの記事は!ギガジンだから外国の話かと思ったら大阪のGIGAZINEの倉庫、自分たちの話なのか!いや私達の話なのだ。ショートショートを読んでるかのようなSFっぽさもあるんだけど現実。 gigazine.net/news/20190329-…
根強い地上げ問題
(元)セルシオ・トヨタ @excelsiortoyota
@gigazine これ法の不備か、と思う一方で各地で顕在化してる空家問題の件とも関連してるのな。
you @you13
@excelsiortoyota @gigazine どちらかと言うと 地上げ屋の方ですね
(元)セルシオ・トヨタ @excelsiortoyota
@you13 @gigazine 本件に関しては概ねそうだろうと思いますが、法令は個別の案件を考慮しません(建前ではそうなってます)。心痛みますし憤りも覚えるのですが、一方で空家問題が極めて深刻な事態であるのもご理解いたしたく、国の法令及び地方自治体条例改正についてご興味をいただければ幸いです。
you @you13
@excelsiortoyota @gigazine 空き家問題は2004年頃から興味関心を持っています 借地借家法による居住権の強さは 逆にヤクザが住み着き土地所有者が売買させない様にする 口実にもなっています 何にせよ、この様な悪事に対して私達は 組織で、理論立てて、法律と、世論を持って戦うべきです 法律が悪用されるなら改正以前の問題
(元)セルシオ・トヨタ @excelsiortoyota
@you13 @gigazine なるほど、15年近くの取組みを続けていても解決されない問題というわけですね。なかなかに根が深そうです。
相手方を更地にすべきと考える流れ
Roman@4/27サンドイッチパーリー @Romanavend
@gigazine 一先ず地主のYさんの自宅と、この取り壊し業者の社長の家は更地にしてきてくださいね。
ぽっぽ @hato_poppoo
@gigazine なるほど、それならば地主さんの家が、偶然に破壊されることもあり得ますね。
瑞野 永重朗 @that_zuiun
@gigazine マジかよ。こんなファミコンのバグ技みたいな抜け道があるだなんて。じゃあ解体業者と地主と不動産会社の家と会社を全部ぶっ壊して、自分の土地にしようぜ。そしてそいつを売っぱらって記事の向上や奉仕活動をすれば、最高にスカッとするじゃん。
いつもの記事とは違う
ichijo @Takaaki_Ichijo
ギガジンのいきなりショベルカーで自社倉庫破壊されたやつ、普段の海外翻訳系と緊張感が全く違うな。これが当事者意識だ
保険が効かない違和感
34年の伝統、○○がくえん @f_gakuen
@gigazine 火災保険が利かない理由が「前代未聞だから」、って何ででしょうね?
どうにかできないか考える人々
昇運さん@長身痩躯で手が大きい @Get_RisingLuck
@gigazine 記事内より引用 『そういえば壁面に貼ってあったはずの「名札」「表札」「登記簿のコピー」がありません。針金でグルグル巻きにしてくくりつけていたはずなのですが、どうなったのでしょうか。』 【掲示物】の破壊または持ち去り、というのは被害届提出できませんか?
昇運さん@長身痩躯で手が大きい @Get_RisingLuck
@gigazine 【解体強行への予防策】 建物をシート等で覆って『結界』済みにして現状維持する。 無断開封・無断侵入に対する拒否と警告を明記。 『結界』の開封(破壊)と不法侵入なら、刑事事件扱いにできるかも。 解体強行された建物の部材が、処分のために無断で持ち去られたら窃盗罪になるかも?
だーくまりんだまん@Ramuh @Linda_077
@gigazine 訴訟を進めつつ、当該仲介不動産業者について宅地建物取引業協会にも訴えを提起すべき事案かと思います。本取引の悪質性を訴えれば不動産業者に指示処分や免許停止、免許取り消し処分等の処分が下る可能性はあるかと思います。
いぬいっと @inuit_
@gigazine 書かれている通りなら、どの党も親身になると思います。財産権の侵害ですし。どっちかというと議員の資質を疑いそうな事案くらいに感じます。
いぬいっと @inuit_
@gigazine 追記。親身にならない議員がいたらと言うのが抜けてました。
いぬいっと @inuit_
@gigazine 内容を見る限り、偶々思いついたとは思えないので、これまでにも似たような事をしてるのでは。また、法の不備は立法府に訴えかけるべきなので、国会議員への相談も有効な気がします。
残りを読む(11)

コメント

雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
まとめられたツイートで触れられている「短期賃貸借」制度は、平成16年(2004年)改正民法で廃止されました。
田中幹生(41歳・白い生き物の食事係) @maniaxpace_mt 2019年3月30日
ある日突然他人が勝手にGIGAZINE編集長名義の家屋を取り壊し始める https://togetter.com/li/1332820
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
改正前の短期賃貸借制度は、例えば「抵当権の付された建物を3年以下の期間を定めて賃貸借する場合、抵当権が実行され競落した新所有者に賃借権を対抗できる」というものです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
賃借人が不当に立ち退きを迫られることのないよう保護する趣旨の制度でしたが、「地上げに対抗するためヤクザを住ませて、短賃を主張して立ち退き料の釣り上げを図る」悪用例が後を絶たなかったため、2004年(平成16年)改正民法で廃止されました。改正民法は、一律に半年の立退き猶予期間に服することになり、賃借人の居住権と地権者の財産権のバランスを図る狙いを持っています。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
誤解されてバズっていますが、「トラックで突っ込めば建造物損壊罪が成立するが、パワーショベルで壊せば故意性がなく成立しない」というのは間違いです。GIGAZINEの記事に書かれている通り、Y氏は「建物を自己物と勘違いして解体した。建造物損壊罪は他人物にのみ成立するため、本件は故意がなく成立しない」と主張しています。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
建造物損壊罪は器物損壊罪の特別法で、要するに「自分の持ち物を壊しても罪にならない」ということです。他人の物であることを知りながら壊すという故意が必要です。(故意責任の原則)
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
GIGAZINEの記事によると、「Y氏は、実際は他人物であることを知っているが、知っていることを立証しづらい行動を取ることで『自己物と勘違いした』と主張しているに過ぎない」と強く推測させる事情が示されています。ただしこれは、紛争の一方当事者の言い分ですので、真実は不明です。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
警察が「自分の土地の上にある建物を「返してもらった」と地主は思い込んで破壊しているので「故意性」がない。建造物損壊罪は成立しない」と話したとのことですが、これは誤りです。地主(Y氏・被疑者)が「他人物と知らなかった」と主観的主張しているだけで、故意は被疑者・被告人の主張のみで事実認定しません。客観的事情を総合的に判断して行います。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
例えば「私は確かに棒で○○氏の頭を叩いたが、柔らかいプラスチックのピコピコハンマーだと思って叩いた。まさか死ぬと思わなかった(殺人の故意の否定)」と主張していて、実際に殺害に使われた道具が「鉄製の手斧」だった場合(客観的事実)、「プラ製のピコピコハンマーと鉄製の手斧は重さが大きく違うから、気づかない訳がないでしょ?」という経験則から、被疑者・被告人の主張を排斥して故意を事実認定します。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
話を本件に戻すと、Y氏(地主)は「建物を自己物と勘違いして解体した」と主張しています。建造物損壊罪は他人物に対して成立しますので、「これはY氏の自己物でなく、他人物である」とY氏に知らせれば、少なくともその時点より後の解体行為は罪が成立します。これが3月28日「弁護士同士」(GIGAZINE顧問弁護士とY氏側弁護士の意と思われる)の話です。GIGAZINE顧問弁護士が、建物の所有権を対抗できる資料を示してY氏に知らせたと思われ、この時点で解体工事は中止されています。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
つまりY氏が「自分の物と思って壊した。罪にあたらない」と主張していたところに、GIGAZINE顧問弁護士が資料を揃えて「それはあなたの所有物ではない。他人の物を壊せば罪にあたる」と反論して、この時点で解体行為は中止されています。「打つ手がなさすぎる」は、話を盛りすぎです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
打つ手はあります。「自分の物と思って壊しているようだが、それはあなたの所有物ではない」と反論することです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
その反論が、「デカデカとラミネート加工された表札」で他人物と明認したり、内容証明郵便を送付したことや、GIGAZINE顧問弁護士が(おそらく資料を揃えて)相手方弁護士に反論したことです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
「ラミネート加工された表札」は、まともな相手なら有効ですが、「表札?そんなの最初から無かったよ?風で飛んだんじゃない?」としらばっくれれば時間を稼げます。(再反論には手間がかかる)
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
内容証明郵便は、速達でも翌日まで届きません。届いても、「自分の所有物なのに、変な奴が『俺の物だ』と訳の分からないことを主張する怪文書を送りつけてきた。これは自分の物なので、無視した」と反論する余地があります。(内容証明郵便に権利書類は添付しないため)
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
そこで、反論の余地のない「顧問弁護士が書類を揃えて相手方弁護士に権利関係を知らせた」ことで、GIGAZINE側の主張が反論の余地なく完了し、解体行為が中止されました。打つ手はあります。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
警察に被害申告した時点で、客観的事実から故意を事実認定して構成要件該当性を判断すれば、その時点で解体行為を中止させることができますが、警察は法律を知らないので無理です。建造物損壊罪なんて所轄署の警察官はよく知りません。日常的に使う法すら知らないのに。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
また、客観的事実から故意を認定することは手間がかかるため、警察は事件化を嫌がります。警察はほぼ自白事件しか扱う能力がありません。だから自白を強要する。
ぢべた @jibetaP 2019年3月30日
登記を明記した看板が外されていたようなので、それについて建造物侵入や窃盗の告発とかもやることになるんだろうか。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
本件の意図はY氏側しか知り得ませんが、新会社を噛ませて藁人形として利用するケースはよくあります。
Ajmw @Ajmw97068810 2019年3月30日
minnie_moo 「善意の第三者」じゃないですかね
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
ひとまず現時点で解体行為は中止されているようなので、今後、刑事事件としてはY氏の「自己物と勘違いして解体した」との弁明の当否を客観的事情から判断して、弁明に相当性がないと判断されれば建造物損壊罪が成立する可能性があります。ただし、手間がかかるので警察は嫌がって動かない可能性もあります。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
権利関係として、どうやら底地はY氏の所有で、建物のみGIGAZINE編集長の所有のようです。「(建物の)売買契約書」「売買契約書、以前の持ち主の登記簿」「地上権があると明言してくれた当時の司法書士の証言」との記述から、おそらく「土地建物ともY氏のもと所有で、建物にY氏が抵当権を設定し、後に抵当権が実行され、競落人からGIGAZINE編集長(またはその祖父)が売買により所有権譲渡を受けた」ものと思われます。「地上権がある」との表現から、法定地上権と推測されますので。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
「嘘の中にも真実がある」法則を信じるなら、「土地建物ともY氏のもと所有で、GIGAZINE編集長の祖父が建物をY氏から賃借していた。建物にY氏が抵当権を設定し、後に抵当権実行されて第三者が競落した。競落人は建物の居住者であるGIGAZINE編集長の祖父に所有権譲渡した(売買により)」とすれば、「もともとはおじいさん(=編集長の祖父)に貸したのであって、この人(=編集長)のことは一切知らない」とのY氏の主張と符合する来歴になります。見てきたように語るなら。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
軽度の認知症を発症した人、虚言癖のある人は、自分に有利な事実だけ主張して不利な部分を忘れてしまう(忘れたと信じ込む)ことがありますので、本件もそうかも知れませんし、そうでないかも知れません。推測にも足りない思いつきですので、全く分かりません。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
GIGAZINEの記事によると、「「もともとはおじいさん(=編集長の祖父)に貸したのであって、この人(=編集長)のことは一切知らない」ことを示す資料が相手方弁護士から何ら提示されていないようですので、「軽率に自己物と信じて建物を解体したことにより、過失により他人の財産に損害を与えた」ことになり、不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。みんな大好き709条だよ。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
(ここまで壊されたら物権的請求権の出番じゃないでしょ)
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
(ガチ切れしたら、「警察官が誤った法解釈により直ちに動かず、不作為により被害を拡大させた」ことに国賠請求することも考えられるけど、面倒だし、Y氏が無資力でなければ土地を差し押さえて回収できる分だけで堪えるあたりが落とし所では。Y氏が土地にも抵当打って無資力になっちゃってたら、他に資産がなければ回収不能になっちゃうけど)
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
忘れてたけど、土地の上に建物が建っていて法定地上権が成立している場合、土地の価格は6~7割くらい下落します。つまり1000万円の土地なら300万円でしか売れない。法定地上権は賃貸借のように賃料収入も得られないから、単に価値が下がる。つまり「建物を壊しちゃえば土地の価値が2~3倍にアップ!」となります。(建物滅失により法定地上権が消滅し、地価が回復する)
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年3月30日
ギガジンは、とりあえずこの建造物をパーテーションとか三角コーンとかで囲い、そこに印刷で「所有者」がギガジンである旨を明示すればいいんじゃないかな。仮に自分の土地にあるモノでも、他人のモノを勝手に動かすのって確か違法になるハズだよね? あとは面倒でも監視カメラをつけないと。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年3月30日
tikuwa_zero もちろん本文読んで、ラミカ表札が外されたのを理解した上での話ね。ラミカ表札の場合、ペンチ一本ですぐに外せるしラミカ表札そのものに財産的価値がないから、丸めて捨てられたら財産権の侵害とは扱われないだろうけど、パーテーションやコーンなら少なくとも処分するのに時間も手間もかかるだろうし。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
(ここのコメントは転載無用で)
roostarz @roostarz 2019年3月30日
倉庫として使用していたのなら、そこにあった資材はどうなったんだろ?
Hydra @Hydra_118 2019年3月30日
親からの相続で土地と建物の権利者が別になったので、土地の所有者が追い出しにかかった件なら関わった事あるな。
また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2019年3月30日
「他人の不幸は蜜の味」であることが脳科学的に証明される。https://bit.ly/2WzRQAg
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
客観的事実で故意を認定するの、激しく難しそうけど警察や検察はどうやって迫ってるのだろ
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
故意という内心・内面の問題である以上は「意見」であるわけで、事実とは激しく相性が悪そうな
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
故意を強く意識しすぎると、被疑者の供述に頼るしかなく、被疑者の供述に頼るとなると内面を無理やり引きずり出すしかなくなるんでしょうね(刑事訴訟はえん罪の発生を前提とする……?)
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
「イギリスの刑事司法制度に見られる幾つかの特徴について(要旨)」を読むと、警察や検察だって激しく苦労してることはよく分かるので皆さんお薦め(検察の人が書いてあるのでバイアス掛かってることは前提として読んでみて下さい。あとかなり古いのです) http://www.law.tohoku.ac.jp/research/thg/publications/vol21/21-2.html
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
なお、これだけ読むとイギリスがおかしいのか日本がおかしいのかと思ってしまうんだけど、他国を知らないとうかつに評価できないので、素人には取扱注意かも知れませんね http://www.law.tohoku.ac.jp/research/thg/publications/vol21/21-2.html
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
この手の事件で警察や検察に介入して欲しいのであれば、「不起訴・無罪・えん罪を非難しない」という前提は必要になるかもです
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
本件の場合、客観的事実で故意を事実認定するには、私なら登記事項と建物内の動産から攻めます。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
GIGAZINEの記事によると、Y氏は「建物は、おじいさん(GIGAZINE編集長の祖父)に貸していたが、返してもらった。(だから自分の所有物で、占有もある)」と主張していた(録音あり)とされています。しかしパワーエステート社とGIGAZINE編集長の面談で、建物の登記簿を確認しているようで(土地家屋調査士を通じて)、所有権者が他人名義であることをY氏は認識しています。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
パワーエステート社とY氏が共謀して「登記簿を確認していない」と主張すれば反論できますが、ここで嘘をついたことが後にバレると土地家屋調査士の資格が飛ぶので、なかなか難しいと思います。パワーエステート社のウェブサイトによると、土地家屋調査士の有資格者が社内にいないようですので、なおさら「社外の有資格者に、資格が飛ぶリスクを背負って嘘をついてくれ」とはいいづらいと思います。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
また「今回解体中の建物の中に地主のYさんの荷物が入っている、と地主のYさんに言われた」とパワーエステート社は主張しているようです(録音・映像あり)。ですが、GIGAZINEが倉庫に使っていたとのことですから、建物内の荷物が誰の所有物か、全く立証できないということはないでしょう。仮に「大半がGIGAZINEの所有物である」と立証できれば、「自己所有と主張する建物内に置かれた荷物は、大半が他人の所有物だった」ことになり、「それを自己所有建物と勘違いしていたと、その主張を信じろと?」といえます。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
「解体する建物の中なんて一々確認しない。自分の建物の中には自分の荷物しか入っていないと考えるのは、自然なことだ」と、反論ができそうです。一応の筋が通りますのが、「建物の解体前に、ろくに屋内に入らず、中の荷物を確認もしていない」というのも不自然ですので、他の客観的事実を積み上げて合わせることで崩していきます。「解体を始めた直後に建物の所有権を主張する者が登場し、Y氏は頑として否定して近隣家屋の玄関ベルを次々に鳴らして、自己の所有権を強弁した」などの奇行があったと記事にあるので、それとか。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
解体を知った直後でGIGAZINEの人も動転して録音がないかも知れませんが、近隣居住の人の中から一人くらいは証言してくれる人を見つけられるのでは。建物の価値が1100万円程度とのことですから、一人残らず口を閉ざしてもらう工作ができるとも考えにくいですし。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
仮に「被疑者が『勘違いした』と主張すれば、故意は認定できない」と真に警察官が考えていたなら、法律を知らないただのアホです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
警察官は基本的に法律を知りませんが、さすがに「被疑者が『勘違いした』と主張すれば、故意は認定できない」とは考えないでしょう。起訴して第1審が終局する時点の否認事件の割合が、全刑法犯で約1割です。10件に1件は、被疑者の主張を客観的事実により覆していますから。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
ぶっちゃけ警察なら、立件する気になれば、客観的事実を積んで故意を立証するより、身柄取って自白強要すると思う。Y氏の他にパワーエステート社の人が共謀していると考えられることから、接見禁止も付くだろうし、誰にも面会できない状態に追い込まれればなかなか意思を貫けない。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月30日
建物の価値が1100万円ってところは微妙に引っかかるんだよねえ。築数十年の木造家屋がそれっていうのが。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
現在の建物の価値が1100万円でなく、原状回復にかかる修復費用が1100万円ということでないでしょうか。見積もりを出したのが修理業者で、土地家屋調査士でないようですし。
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
"客観的事実から覆そうともしていません。単純に任務懈怠です" 客観的事実から覆そうとして捜査して起訴して無罪になったら、その場合は警察・検察を非難しないという事ですね
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
無罪判決は、ふつう冤罪と並べないのでは…
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
「民事不介入は警察・検察の怠慢」「無罪判決は警察・検察の無能」と囀ればいいのであれば楽な立場ですねとしか言い様がないですね(実際安全地帯からものを行っていると言うことなのでしょうが)
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
往々にして無罪判決で警察・検察が非難されてるように思いますが……
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
面倒な部分だけ消します。
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
[c6130703] どの部分からそれを類推すればよろしいのでしょうか
bn2 @bn2islander 2019年3月30日
警察・検察が「被疑者が勘違いしたと主張したら、裁判はどう転ぶか分からない。裁判官がどう判断するのかの確率の問題であり、無罪になったら世論から袋だたきにされる」と考えるのであれば、それをあえて手がけるインセンティブがなさそうですね(仮定の話です)
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月30日
_zhy_a さすがに修理費用が時価額を大幅に上回ると思われるので、そういう主張はちょっとやりすぎだよなーという認識です。単なる心証ではあるのですが。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
Holyithylene 確かにやりすぎかなーというのもありますが、建物の時価額なら地上権の価値込みになりますので、地価によっては妥当かも知れないと思うんですよー。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月30日
_zhy_a 地上権の話をすると今度は「修理業者の見積もり」ってところが引っ掛かってしまうのでして。実際のところ、「地上権に1000万円の価値があるから100万円じゃ納得できない」って記事に書くと読者の印象が悪くなるのを分かっていて、当該記事にあるような表現を使ったのかなと。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月30日
Holyithylene おっしゃる通り、ここはわりと微妙なところと思うのです。「何にせよ100万円は低すぎて、もっと価値があるんだ」と記事に書くために、法律上は若干引っかかる主張だけど、知らなければさらっと流し読めることを書いたのかなと。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月31日
_zhy_a ちなみに、「GIGAZINE倉庫は別の建物だと『勘違い』していた(今取り壊し中の建物はGIGAZINE倉庫ではないと認識、GIGAZINE倉庫は既に取り壊し済みと認識?)」という主張だとどうでしょう。同じ地主の隣接2軒は既に取り壊し済み(または権利者に確認済み)のようなので、そういう主張の方が地主から見れば筋は良さそうな感があります。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年3月31日
雑兵Aさんのコメントが秀逸すぎるので、これだけ別でまとめたまとめが見たい……。非公開垢だし、仮に公開垢だとしても長文コメントだから、転送ツイートをまとめても1ツイート毎が尻切れトンボになっちゃうのが悔しい!
雑兵A @_zhy_a 2019年3月31日
Holyithylene たしかに私の先述の方法は通用しづらくなりますので、別の方法で崩す必要がありますね。「他人のGIGAZINE倉庫を無権限で壊すつもりで隣接2軒の1軒を壊した」分は犯罪結果発生がなく、「隣接2軒の1軒を権限に基づいて取り壊すつもりで他人のGIGAZINE倉庫を壊した」分は、客体の錯誤の抽象的事実の錯誤にあたりますので、やはり客観的事実から主張の嘘を崩して故意を立証できた場合のみ罪が成立することは変わりませんが、事実関係によっては立証困難性が上がりそうです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月31日
(現実と異なる仮定の話としてです。当該主張への変更は、録音や録画と齟齬が生じてしまうため現実には行われないでしょうから)
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月31日
この案件で色々考えると、地主は「君たちがGIGAZINE倉庫だと主張する建物は別の所有者の物であったし建物や荷物の処分の許可も得てるよ、君たちが借りていた建物は登記だけ残ってるけどかなり前に解体されて隣の駐車場になってるよ。公図?あれすごく古い時代のやつだしちょっとずれてるんだよね」っていうのが一番スマートだった予感はある。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月31日
Holyithylene 当該地の現状をGoogleMapや航空写真で見ると住宅は2軒か1軒しかない様に見えて、GIGAZINE倉庫と他2軒の合計3軒があったようには見えない。そこらへん、かなり昔の段階で取り壊された建物があるのではないかと推測している。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年3月31日
Holyithylene ただし、実は長屋構造になっていて区分所有者が3人いるパターン(GIGAZINE倉庫もその一室)というのはあり得るかもしれない。その場合は正直わからん……
雑兵A @_zhy_a 2019年3月31日
建物の土地利用権、地上権と記事中にありますからねー。借地権じゃない。地上権は地代の支払いが必須でなく、特に定めのある場合のみです。
雑兵A @_zhy_a 2019年3月31日
あと、おそらく法定地上権です。約定地上権じゃない。根拠は記事中の司法書士のコメント。
伍長 @gotyou_H 2019年3月31日
もう一個の方でも書いたけど、やはり占拠屋に対抗するために「追い出し」のに都合のいい法になってるんですね。 そして、ここにきて「占拠してるのはGIGAZINE編集長側ではないのか」みたいな疑惑も出てきて、はてさてどうなることやら。
Aki @Yy7_f 2019年3月31日
一時不動産関係の仕事をしていたけど、旧法の借地権について知っていると、だいぶ印象が違うかも。まあ当事者同士で解決するしかないけれども。
ぶるーとーん @bluetone_ 2019年3月31日
Holyithylene これやられたことあるけど弁護士立てたら向こうは逃げていった。そのかわり空き巣に入られたw
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする