【新自由主義=グローバリズム】世界の巨大企業の最後のフロンティアは国有財産。国家にタカってしゃぶり尽くす。水道民営化で法外の水道代で直接国民にタカるのもその一環。ツケは国民への重税として返ってくる

米軍には金がない
1
八百屋長兵衛 @rook0081

…リオやギリシャの話も出ているが、五輪は究極のジョーカー。引いたら世界中から収奪されて破綻「させられる」。日本はその真っ最中。行き着く果ては経済的焼け野原。国民には巨額の債務が残るだけ。 東京オリンピックを中止すべき理由96 togetter.com/li/1345177

2019-05-05 19:28:17
八百屋長兵衛 @rook0081

世界の巨大企業の最後のフロンティアは国有財産。国家にタカってしゃぶり尽くす。水道民営化で法外の水道代で直接国民にタカるのもその一環。 あらゆる方法で国富を吸い上げてツケはすべて国民への重税として返ってくる。金のある人間はどうにでもなるから黙ってみている。

2019-05-05 19:55:47
八百屋長兵衛 @rook0081

これが、新自由主義=グローバリズム。多国籍企業が、小泉・竹中・安倍をパシリとして使って、これまで日本が築いた財産をATMで引き出すかのようにいともも簡単に持ち去っていく。一番分かりやすいのは、日経平均の日銀・年金GPIFなどでの買い支え。必ず買ってくれるんだから、ATMみたいなもんだ。

2019-05-05 19:56:35
八百屋長兵衛 @rook0081

アメリカ軍産の日本に対する軍拡強要は戦争がしたいのではなく、日本のカネが欲しいだけ。F35、オスプレイ、イージスアショア…日米同盟のためといえば、日本はいくらでも出す。だれも反対できない。こんなウマすぎるボロイ話はないだろ?

2019-05-05 20:12:33
八百屋長兵衛 @rook0081

安保法以降の日米一体化・自衛隊の下請化は、水道民営化に似てる。インフラ=水道=自衛隊。だな。運営=ヴェオリア社(外資)=米軍。 インフラは日本の税金で、運営は外国企業や米軍。 米軍は日本のカネで東アジアを管理し、武器をいくらでも買ってくれるから、巨額のコストカットになる。

2019-05-05 20:45:11
八百屋長兵衛 @rook0081

解釈改憲による集団的自衛権行使容認の問題点とは何か。行使容認を急ぐ安倍政権の背後に見え隠れする米国の意図とは? 関連記事を一挙ラインアップ 【特集】集団的自衛権~自衛隊が米軍の「下請け」になる日 | IWJ Independent Web Journal iwj.co.jp/wj/open/%E9%9B…

2019-05-05 23:33:02
リンク IWJ Independent Web Journal 【特集】集団的自衛権~自衛隊が米軍の「下請け」になる日 | IWJ Independent Web Journal 日本を守るのは日本自身である。同盟国ではない。日本を守る根拠は個別的自衛権である。集団的自衛権ではない。現行憲法の9条解釈では個別的自衛権で日本の防衛は認められている。日本は自力で守りうる。米国の戦争に巻き込まれて利用され、蕩尽されてゆくための仕掛け、集団的自衛権は必要ない。(7月1日 岩上安身) 「憲法は、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていったんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口、学んだらどうかね」――。 昨年7月29日に飛び出した、麻生太郎副総理の「ナチス発言」。「誰も気づかない 7 users 3929

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?