10周年のSPコンテンツ!

『さらざんまい』7話予告考察 ~黒幕説の追加検討、「対象a」という視点で、「ひぐらし」など他作品との比較~

2019年4月から放送開始したテレビアニメ『さらざんまい』。今回、7話予告の考察をします。今回は、前回した黒幕説の追加/検討と、「対象a」という軸で「ひぐらし」など他作品との比較考察をしていきます。なお、ネタバレの配慮はしていないので、アニメ本編を視聴前提のまとめです。
セルフまとめ 批評 考察 解釈 アニメ さらざんまい 作品考察
4
しろうと @sirouto
『さらざんまい』6話考察 ~各黒幕説の検討 意外なあの人がラスボスかも!?~ togetter.com/li/1356198
しろうと @sirouto
「さらざんまい」予告| 第七皿 youtube.com/watch?v=VckBTd…
拡大
しろうと @sirouto
『さらざんまい』7話予告(とこれまでの話)の考察をしていきます。が、その前にまず、前回の補足から。
しろうと @sirouto
前回、「さら」6話考察で各黒幕説を検討した。そこにさらに今回、ありそうな黒幕説をふたつ挙げる。
しろうと @sirouto
ひとつは、「黒ケッピ黒幕説」。6話最後にカッパ(王子?)から、何者かが分離したシーンがある。そこで、『ドラゴンボール』の神とピッコロのように、白ケッピと黒ケッピに別れ、黒ケッピが黒幕という説。
しろうと @sirouto
しかし、黒ケッピ説はケッピ説に合流して、「(黒)ケッピ黒幕説」としたい。なぜなら、黒ケッピが黒幕だとしても、今まで登場してないから、考察要素が少ないから。
しろうと @sirouto
超自然的な存在が白黒(光闇)に分離して、その黒がラスボスとか、普通のアニメではよくあるパターンだが、イクニアニメでわざわざそれをやってほしくない、という希望的観測の立場を取っている。
しろうと @sirouto
もうひとつ、「レオ(マブ)黒幕説」。カワウソ帝国側の命令する声の主はどこかで退場し、レオ(マブ)が覚醒してラスボス化する。『ドラクエ4』デスピサロや『FF6』ケフカの、サブキャラ出世パターン。
しろうと @sirouto
この「レオ黒幕説」も、普通のアニメでよくあるパターン。イクニアニメは普通ではない(のが良い)ので、これも採用して欲しくない。無難ではあるけど、意外性はない。
しろうと @sirouto
さて、追加後に黒幕説をもう一度並べ直すと、(黒)ケッピが本命、サラが対抗、レオマブが押さえ、チカイとエンタの祖母が大穴。と、私は予想する。
しろうと @sirouto
「エンタの祖母黒幕説」は意外性だけはあるけど、実現可能性はかなり低いかなあと、自分でも自信がなくなってきた。
しろうと @sirouto
なぜ、エンタの祖母黒幕説が出てくるかというと、カッパ滅亡のモチーフらしき「関東大震災」が約百年前で、エンタの祖母が百歳以上で、当時の事件に関係していると考えた。
しろうと @sirouto
ただ、黒幕は飛躍があって、当時の証言者で回想がちょろっと出てくる、くらいが普通のアニメではよくある手法だ。「さら」でもそうなるかもしれない。
しろうと @sirouto
どうして自信がなくなったのか、さらに言うと、6話最後のシーンをよく見ると、カッパ(王子)の顔が普通の人間ではなくて、「カッパ顔」をしていた。アゴあたりの輪郭しか見えないものの。
しろうと @sirouto
カッパ王子が普通の人間の姿をしていたら、カワウソ皇帝(?)も普通の人間の姿をしているはずで、エンタ祖母もワンチャンある……と思ったりもしたが、カッパ王子がカッパ顔だったから、望みが薄そう。
しろうと @sirouto
もちろん、人間とカッパの姿は自由に変身できるなら何でもありだ。でも、エンタ祖母がドロンしてカッパの姿になる……っていうのが、昭和感っぽいからやらないんじゃないか。同様にチカイも自信ない。
しろうと @sirouto
「さら」6話のカッパ顔が意外だったのは、前作『ユリ熊嵐』の「クマ」が動物の熊とほとんど関係ないように、カッパという種族はあまり話の本質に関係ないのかと思っていた。
しろうと @sirouto
しかし、「ユリ熊」での百合裁判の裁判官(シャバダドゥ)のような、実体が(語られ)ない存在とは違い、今回の「さら」のカッパとカワウソにはもう少し実体があるようだ。
しろうと @sirouto
幾原監督が意図的にそういう表現がしたかったのか、「話が分かりにくい」とか言われたから、本質的には寓話なんだけど、話が分かりやすくなるように、カッパとカワウソの実体も少し描いたのかは不明。
しろうと @sirouto
たとえば、イソップ寓話の「ウサギとカメ」の話は、「継続的な努力が重要」ということを伝えるための寓話なので、ウサギとカメそのものの属性の話はどうでもいい。ユリ熊の裁判官も同じ。
しろうと @sirouto
ただ、イソップ寓話が短いのに対して、1クールのアニメでストレートに寓話をやると、どうしても難解な印象になってしまう。商業的な立場から、一般視聴者に配慮があるのかもしれない。
しろうと @sirouto
「泣きゲ」のファンがよく「信者」と言われるように、独自の世界観を展開していくと、「宗教色」のようなものが出る作品群がある。たとえば、「セカイ系」もそういう側面があるし、イクニアニメもそうだろう。
しろうと @sirouto
「さら」はイクニアニメにしては、だいぶ話が分かりやすい。だから、一般視聴者向けに対して、配慮したのかもしれない。そして、配慮に関して言うと、もう一点ある。
しろうと @sirouto
「さら」7話予告を見て思ったのは、普通の腐女子アニメっぽいというのが第一印象。1~3話では普通の腐女子アニメと違う印象があった。ここで話が一段落したから、男向けでいう「水着回」とか「温泉回」なのかも?
しろうと @sirouto
ただ、7話でやっても、もう後半戦なので、遅いじゃないかとか、そういうのはあるかもしれない。それじゃあ1話からやっていたら、それはそれで別作品になっていた。
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする