30秒動画でジャズピアノと理論(@jazz_30_sec)の講座まとめ 第1~10回

30秒動画でジャズピアノと理論(@jazz_30_sec)の講座まとめ 第1~10回 「30秒動画でジャズピアノと理論」講座アーカイブはこちらから! 第01回-第10回 https://togetter.com/li/1358066 第11回-第20回 https://togetter.com/li/1358076 続きを読む
ジャズ 講座 JAZZ 音楽 音楽理論
79
まえおき
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
まずは、今後のお話のために、音名表記について統一しちゃいましょう! まず、BとHは区別しません! Bは「シ」です。次にDbとC#は「同じ音」とみなします!表記を分けるときは、調性を意識するときなど! pic.twitter.com/BwpPxGyA46
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
もちろん一部の人からは C#とDbが同一なんてとんでもない! という声が飛んできそうですが、ガン無視です! このアカウントの説明では、これでいきます!
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
ただし、「調性上の理由」から Cb と表記して B音を表すことはします。 E#がF…はなかなかないかもですが、 FbはE.... これもあまりないかもですが... します!
第1回 コードシンボル
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
【基礎】ジャズもポップスも基本的にはコードをCDEFGABの音名(ルート音)とメジャーやマイナー他といった種類(構成音の指定)で表します。 今回は基礎中の基礎、メジャーコードの作りを確認します。 わかりやすい用にCメジャーです。 pic.twitter.com/qpSNNki6cP
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
コードの表記法も様々で、CMajとあえて書いたり、C△なんて書かれたりするケースもありますが、基本的には「C」と書いてあればそれは「Cメジャー」と考えてOKです。結局まる覚えしちゃうんですけども、この「コードの成り立ち」を音程で把握しておくのは割と重要なので注意しましょう。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
【基礎】コードの構造をルートからの音程で把握しておくとなにが良いのでしょうか? それは、最終的には体が覚えてしまうにせよ、自分でコードを構築できることです。コードブックを毎回開く必要がないわけです。こんな感じです。 pic.twitter.com/edHO7J2zwK
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
ある意味移調をしているわけですが、移調の際にも 音程をもとに考えるのが普通かと思います。コードも同様です。ひとつ「基本」を覚えたら、それを12のキー/ルートすべてで割り出してみる。さらに、それをすべて練習できるとなおいいですよね!飽きそうですけども。。。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
【基礎?】ところで、コードは構成音とルート音を示しているわけですが、どのオクターブでどのように配置するかを指示しているわけではありません。なので音の配置の上下を入替(=転回)しても同じコードです。当たり前かもですが結構大切です。 pic.twitter.com/dhGqgBYWG9
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
転回しても同じコード当たり前やろ、という話なんですがこれ結構重要です。コード進行見ても、もろもろの理由でいろんなかたちで弾くことがあるため。とはいえ、あんまりあっても困ります。なもんでジャズピアノなどでは AフォームBフォームなどと呼んで2種類ぐらいは使えるようにしたりします
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
ま、それは別の話。ということで基礎的でがっかりしたかもしれませんが、メジャーコードひとつとっても、構成音の音程など理解しましょう、というようなお話でした。おわり
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
【基礎】メジャーコードは説明しました。ではマイナーコードについて。これはもう、「メジャーコードの3度音を半音下げたもの」と覚えてください。こんな風に作ります。 pic.twitter.com/pYCHPoTBys
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
さて、メジャーとマイナーを説明しました。ジャズというのも時代とともに様々なので一概に言えないですが、何回かで「ジャズの音」というものに近づけていきましょう。 と、その前に「実践」のための説明を捕捉しておきます。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
C Majorや C Minor と説明していますが、楽譜にこのように記載されることはないでしょう。通常、ジャズの楽譜にはコードが記載されていますが C Major は "C" だけ書いてありますし、 C Minor は "Cm" か "Cmin" か "C-"と書いてあります。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
さらにさらに、その後ろにズラズラ数字が並んでいたりカッコ書きがならんでいたりします。付加音を示したりしているのですが、このあたりを今後説明していきます。基礎的なことを抑えたら、あとはさっさと演奏編!?
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
【基礎】 ではさっそく 1音足して 7thコードを作ってみましょう。 コードの表記上は "C7" というような書き方をするコードです。 シーセブンス。 シーメジャーセブンスと呼んではいけません。紛らわしいのですが、別にあるのです。 pic.twitter.com/griOLqJ31u
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
紛らわしい理由は、コードの基礎となる3和音の CメジャーとCマイナーに付加する"7度音"も、長7度と短7度があり、メジャーセブンス、マイナーセブンスと呼ぶからです。 Cメジャーのマイナーセブンス とかいちいち呼んでられませんからね。この表記法に慣れちゃいましょうね。 C7。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
ちなみに CmM7とか Cm△7 というコードもあって こちらは「シーマイナーメジャーセブンス」と呼ぶので、同じように CMm7と書けばいいような気もするのですが、ま、そういうもんだと思うことにしましょう。理屈は偉い人に聴いてください。 とにかく C7 は Cメジャー+b7です
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
【基礎】はい、さきほどは ♭7th(短7度)を足して C7 だの A♭7だの F♯7だのというコードを作りました。次は M7th(長7度)を足して CM7(=CMaj7=C△7) というコードを作ります pic.twitter.com/mmW64JONr5
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
7thにせよ M7thにせよ、足すことでちょっとジャズっぽい音になってきたでしょうか。「コードを音程で理解して作る」ことを説明してきましたが、さて、もうあなたは "Cm7" が作れるのではないでしょうか?? 一度試してみてくださいね。 同じように Fm△7 だって作れますよ。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
最後に「紛らわしい」といってきたコードの読み方を整理しましょう。 たとえば G♭7 というコードだとします。これは Gメジャーに♭7を足したもの…ではありません! G♭メジャーに ♭7th音を足したものなのです。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
つまり、まず根音/Rootの音名が来ます。そして、そのコードがメジャーかマイナーかの説明が来ます。なにも書いていないときは メジャーです。次に 7th音がある場合は 7 と書いてあれば ♭7thを、 M7やMaj7や△7と書いてあれば M7th(長7度)を足すのです。
30秒動画でジャズピアノと理論 @jazz_30_sec
一見紛らわしくても、そうやって覚えると Cm7 は Cメジャーにm7を足したものだ、とは思わなくなりますし、 Gb7 は Gにb7を足したものだ、とは思わなくなります。 音名、mか無印、7thなど付加音の表記 です。 というところで今日は終わり。 A♭m7 、作れますか?
第2回 ブルース
残りを読む(125)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする