38
サキノハカ @sakino_haka
ああ、そういえばぜろぜろいっちゃんといえば、昼間調べて慄いたことがひとつあったんでした、ちょっともっかい調べ直しますが
サキノハカ @sakino_haka
ぜろぜろいっちゃんことZA001(N787BA)について、「史上最も高額な試験機」って言われてるのを、海外の(航空系の)掲示板で見かけたことあったんですよね。でもまあ、あの子単体のユニットコストなんてそうそうわかるものでもありませんし
サキノハカ @sakino_haka
でもほら、コンコルドとか「途方もない開発費がかかった」ことで有名じゃないですか。まさか普通の旅客機が超音速機より高いなんてことはハハハとか思って調べてみたんですよコンコルドの開発費。
サキノハカ @sakino_haka
Program cost : £1.3 billion(£7.67 billion in 2016 pounds) 当時の金額にして13億ポンド、現代(2016年ですが許して)の金額にして76億7000万ポンド
サキノハカ @sakino_haka
76億7000万ポンドをとりあえず米ドルにすると、95億6000万ドルです。
サキノハカ @sakino_haka
A380も調べてみましょう。 Program cost : €15 billion (Airbus 2015) to €25 billion (2016 estimate) プログラム費用は150~250億ユーロ、これを米ドルの単位に合わせると168~280億ドルです。ヒエッ…コンコルドの約1.7~3倍…
サキノハカ @sakino_haka
問題の787です。 これ(airwaysmag.com/manufacturer/d…)をソースとするなら、787の開発費は320億ドルです。 繰り返しますがコンコルドの開発費が約95億6000万ドルです。 ……ぜろぜろいっちゃんが世界一高額な旅客機の試験機という噂も、あながち間違いではないのかもしれませんね…??
サキノハカ @sakino_haka
ドリームライナーの十年記:ボーイング787ロールアウト10周年(A Decade of the Dreamliner: 10th Anniversary of the Boeing 787 Rollout) airwaysmag.com/manufacturer/d…
サキノハカ @sakino_haka
「10年前の今日、ボーイング社はワシントン州エバレットの工場で、ボーイング787ドリームライナーを派手なロールアウト式典で披露しました。ボーイング社およびサプライヤーの従業員数は3万人以上、世界中のさまざまな場所の双方向衛星を使用して参加しました。 」
サキノハカ @sakino_haka
「ボーイングのPRチームの数値によれば、1億人以上の人々がボーイングの公開の一部を見たりライブしたりしていましたが、その時点では企業のウェブ放送の記録を表していました。」
サキノハカ @sakino_haka
「シャープなボーイング塗装で塗装された最初のドリームライナー(787-8型)は、ハンガーからロールアウトされ、N787BAとして登録されました。 何千もの熱心なファンが飛行機と写真を撮りました。中長距離の飛行機旅行の新しい時代を導いてくれると考えました。 」
サキノハカ @sakino_haka
「問題は1つしかありませんでした。 イベントは茶番だったのです。」
サキノハカ @sakino_haka
「実際、ボーイングが2007年7月8日にロールアウトしたそれは、今日、航空会社で飛行する560人以上乗りのドリームライナーとほとんど類似していませんでした。主要システムを搭載しておらず、ほとんどの部品を一時的な留め具で取り付けた胴体に過ぎませんでした。」
サキノハカ @sakino_haka
「率直に言って、実際の機能している飛行機よりも1:1ダイキャスト航空機モデルに近いものです。」
サキノハカ @sakino_haka
「(中略) この厄介な開発プロセスの終わりに、ボーイングに787において320億ドル(約3.6兆円)の費用がかかり、そのうち280億ドル(約3.2兆円)近くは計画外の繰延費用でした。比較点として、インフレに合わせて調整した777のそれは40億ドル(約4600億円)以下でした。」
サキノハカ @sakino_haka
「現時点では、2016年と2017年まで787の配送で数十億ドルの繰延生産コストが帳消しになりました。それでも、ボーイングは730回の配送(現在の発注1,300機)で残りの約220億ドルを補填しなければならず、1機あたり3,000万ドル近くの利益が必要です。」
サキノハカ @sakino_haka
「これはボーイングが達成するにも非現実的な額であり、したがっておそらく歴史的に最も成功しているワイドボディ機(少なくともライフサイクルのこの段階で)はこれが完済されるまで利益をあげないかもしれません」
サキノハカ @sakino_haka
「それと同時に、787が2000年代初めに開始されたときから、計画の約束と夢を多かれ少なかれ達成したことは言うまでもありません。787-8と787-9は、最も経済的に効率的なジェット機であり、両方の機種が、それ以外では無理だった数十の新しい航空線を立ち上げることができました。」
サキノハカ @sakino_haka
「ほとんどの航空会社がハブ空港や焦点都市から787の航空便を運航しているため、これらのルートのいずれかをその用語の古典的定義で真に指摘することは非常に難しいのですが、ドリームライナーは世界中のハブ空港からスポークまで、航空会社がより長くて細いルートを拓くことを可能にしました。」
サキノハカ @sakino_haka
「(エアライン各社の超長距離787便の経済的成功の話中略) 結局、フードに隠れた本当の問題を批判していたロールアウトから十年が経ち、ボーイング社のドリームライナーはその期待を満たし、それを上回っています。」
サキノハカ @sakino_haka
やべぇプロジェクトだったことに定評のあるコンコルドと比較してもなお際立つヤバさ 湯水のように金を食うプロジェクト
サキノハカ @sakino_haka
さっきRTした記事の中でも触れてありますが、先輩である777の開発費は現代の価格にして40億ドル以下とのことです。 ななはち何だお前その額
渡邊光太郎 @aviatsiya1
なんかファーストスイッチオンとかいう進んでいる感をかもし出すためのイベントまであったと記憶する。必死だなぁと思った。 twitter.com/sakino_haka/st…
サキノハカ @sakino_haka
当時の副社長兼787プロジェクト責任者だった人も、ロールアウト式典から3ヶ月で更迭されたそうですね( ˘ω˘)
人形使い@『木曜日には血の雨が降る』&『ジェット戦闘機の歴史 超入門』 @MasterPuppet95
”……the 787 has cost Boeing $32 billion, of which close to $28 billion were unplanned deferred costs.” 開発費320億ドルのうち、280億ドル近くは開発延期で生じた予想外の出費だと……ひえーっww twitter.com/sakino_haka/st…
残りを読む(27)

コメント

slips @techno_chombo 2019年7月23日
貴重な原型機をなんでセントレアにあげちゃうの?と思ってたけど、そういうことかもな…。いくら外面は「記念すべき1号機でも、内部的には会社をしっちゃかめっちゃかにしたようなヤツ、見える範囲に置いときたくないよね。
FFR31 @FFR31 2019年7月23日
いずれ797が出てくるのでしょうけど、「安くて頑丈で息が長い」物になって欲しいなあ
K.Kawazoe @_____zoe_____ 2019年7月23日
まあ777は767や744の技術的資産あってこその機体であって、ほとんどゼロから作ってる787とは一概に比較はできないけどね。多分777Xや797は787の経験の上に成り立つから、もう少しはまともになるでしょ。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
techno_chombo 気持ち的な問題も確かにあるかもしれませんが、主な理由としてはおそらく、結局この試験機は航空会社に売れるようなスペックに届かなかった(そこまで改修するには時間と金がかかりすぎるので諦めた)のに、開発が長引き無茶苦茶な額の開発費がかかった都合「帳簿上の価値」ばかり肥大化し、「売れないのに保有し続けるだけですごい税金がかかる」代物になってしまった、というものだと思います。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
787もいちおう「低燃費でメンテも少なくてよくて安く経済的に取り回せる」飛行機を作ろうと思ってできたものです。機種としては最終的にそういう感じに仕上がったので、今こうやって航空会社で多く活躍しているわけですし、多分このまま行けばかなりのベストセラーになると思いますが …親御の財布? さあ…
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年7月23日
こうなるとロシア人みたいに昔のヒコーキを延々とこさえ続ける方が経済的には正しいんじゃないのか
Vostok @vostok7777 2019年7月23日
FFR31 それ、737や...MAXがやばいことになってるけど。
_ @wholescape 2019年7月23日
自由主義諸国においては中大型民間旅客機はボーイングかエアバスから仕入れるしか無く、中型機の選択肢はB787かA330しかないのですから、初期の混乱が落ち着いたB787は今後も末永く売れていくことでしょう。軍用大型輸送機についてももはやアメリカではボーイングしか選択肢がないのですから(ロッキードマーティンやノースロップグラマンが今更大型機を作れるとは思えない)会社が傾くようなことがあればアメリカ政府から何らかの支援が入る事でしょう。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
_____zoe_____ そのとおりで、実際777はもともと767の派生型として生まれるはずが計画が航空会社からの要望で二転三転、そのうち別物になったという経緯を持ちます。別物とはいえ767と共通する箇所や下敷きにした技術も多く、そういう点では技術面での開発費はだいぶ抑えられたはずですね。ただ、開発の前段階のすり合わせはそれなりに長引いた方じゃないかと思います。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
_____zoe_____ ところで777Xについてですが、申し上げにくいのですが幸先はあまり宜しくないようです…現在エンジンの開発遅れで初飛行が延びているところで、それ以外にもちょっと良くない噂があったり。 https://t.co/p40NbQDzVN 797は先日のパリ航空ショーで発表されるかと思われていましたが、737MAX問題の件と777Xの遅れの件で延期になったようです。
nekosencho @Neko_Sencho 2019年7月23日
そういや727は発展型とかぜんぜん聞かないまま化粧品だけになっちゃったよねえ トライスターといいDC10といい、しっぽにエンジンってのは発展性なかったんだろうか? それとも三発が流行らない?
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
Dam_midorikawa ソ連生まれの機種は往々にして、少々アレな気象や飛行場でも離発着できるガタイよくて頑丈な機体を持ちますが、それ故によく食う(燃費が良くない)子でもあります。現代、世界規模では殆ど売れておらず、ロシア国内でさえ商用航空においてはあんまり人気でないのも、この燃費やとりまわしの悪さがかなりネックになっているのでしょう。流通量が少ない都合、各地の整備網の勝手もよくないですし…
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
737MAX問題の件はこっちにまとめてありますんでどうぞ!!!(とても長い) https://togetter.com/li/1353074
オルクリスト @kamitsukimaru 2019年7月23日
MRJ「なんだ俺の浪費額なんて全然可愛いもんじゃん」
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
wholescape アメリカという国にとってボーイングという企業の占める役割が大きくなりすぎてしまった(それこそ国防面でも)ので、おちおち倒産させてもらえないわけですね。 それと余談ですがロッキード・マーティンはNASAと組んで超音速旅客機の開発を目指すそうです。トライスター以来のロッキード製旅客機、うまくいくといいのですけど。 https://www.cnn.co.jp/travel/35138835.html
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
Neko_Sencho 整備性の問題もございますが!一番の問題は!エンジンの多い機体ほど燃費が悪いということです!! 三発機は双発機ではパワー不足、四発機では経済性が悪いというニッチを埋めるべくして生まれましたが、その後エンジンの技術発展によりパワーや信頼性・燃費が向上、三発機の立ち位置は「双発機で十分」になってしまったのです…
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年7月23日
乗ったことないけど、気圧や湿度などが従来機より快適という噂
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年7月23日
sakino_haka しかしこんな状態が続くとどこのメーカーももう新型機開発やめるんじゃないのか
kartis56 @kartis56 2019年7月23日
Dam_midorikawa エンジンとか新素材使うことで騒音低下や燃費の向上ができるし、電装類の更新などマイナーバージョンアップは必要
nekosencho @Neko_Sencho 2019年7月23日
sakino_haka じゃあ、おいらはしっぽだと燃費のいい大径エンジンに換えづらいってのがあるんじゃないか説でw まあ双発でも一発だけでそこそこ飛べるようになっちゃったから、昔にあったエンジン多いから安心ってのがほぼなくなっちゃいましたよねえいい方向で。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2019年7月23日
Neko_Sencho なお本邦P-1。 なにしろ本邦哨戒機乗りは洋上で高度20フィートとかバカみたいな蝶!低空飛行することがあるらしいからな
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
ところでコメント欄でMRJの話が出ていたのでこれもドル単位にあわせて比べてみます。MRJの開発費は現在6000億円規模のようですが、開発の遅れから8000億円規模に達する可能性も示唆されています。これをドルにすると約55億5000万~73億9000万ドルです。実績の少ないところからのスタートだから仕方ないのですが…777の規模は超えましたね。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月23日
比較対象として、(席数クラス的にMRJのライバルであるところの)ボンバルディア社が社運をかけて開発するも結局エアバスに手柄を奪われてしまったボンバルディアCシリーズ(現A220)の開発費は40億カナダドル。これを米ドルにすると30億ドルで…わあ…
tatprobe @tatprobe 2019年7月23日
まあノウハウやサプライチェーンを金で買ったと思えば・・・問題はそれを今後も維持し続けられるかどうか。
焼肉太郎 @taro_oniku_ 2019年7月23日
767も初期は3発機にするか迷ってたよね。それはともかく787は技術デモ機にしたかったのか?と思う程度に新技術取り入れすぎてコストかかった感すごいけど、他の機種の新型に流用できたからまだ良かったのかな。
googolplex10^10^100 @plex4096 2019年7月24日
ロールアウト式典の茶番には当時思わず笑ったなあ…思い出したくもない。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年7月24日
kartis56 開発費がこの調子であがっていくと機体価格に跳ね返ってくるから、ランニングコストを下げるのもどっかで開発費に負けるんじゃないかな
slips @techno_chombo 2019年7月24日
sakino_haka その通りなんですが、なぜこの振り分けなの?という謎です。お膝元ともいえるMuseum of Flightにはボーイングの開発した旅客機の初号機が多く展示されていますが、ここにあるのは試験3号機のZA003。2号機ZA002はピマ。なぜ「記念すべき」筈の1号機がセントレア?ってちょっと不思議な感じがしませんか? 日本に初飛来したのはZA002でセントレアにも来てるんで、「日本と縁の深い試験機」としてこっちが来てもおかしくないように思うし。
slips @techno_chombo 2019年7月24日
Neko_Sencho 727の発展型という流れなら757/767あたりじゃないでしょうか。ボーイングとしては当時727がバカ売れしてたんで、新型機の要望を727の改良でお茶を濁そうとしたけどエアラインから「てめーふざけんな」って怒られて渋々767へ、みたいな感じだったんじゃないかと。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月24日
techno_chombo 私もそれを疑問に思っています。個人的にも002が日本でよかったんじゃないかと感じるんですが、セントレア空港的には「787の試験機を目玉にした展示施設を作る」都合、JALにも協賛をお願いしたくて、そのためANA塗装の002は避けたとかだったのでしょうか。塗り直しといったって20万ドルはくだらないとかいいますし、運用せずこれから展示するだけの飛行機にわざわざまた2000万円かけるくらいならとか、そういう感じの…
slips @techno_chombo 2019年7月24日
sakino_haka ホントに不思議でですよね。セントレアが商業施設の目玉にしたくて要求したなら「日本のいち地方空港がパーツ輸送の拠点とは言えソコまで発言力をボーイングに持てた?」って気もしますし、そもそも時系列だとZA002、ZA003の行き先はセントレアへの寄贈発表前に決まってるんですよね。特にMuseum of FlightへのZA003の寄贈は最も早く2014年には発表になっており、意図的に「ZA001は入れない」って判断があったっぽいような…。
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月24日
techno_chombo 一つ思い出しました。001はほんとにテスト用機材と申し訳程度の簡易座席しか積んでなかった( https://t.co/xZOoABCQy1 )ので今もすっからかんらしいんですけど、003については航空会社向けの内覧用に内装がちゃんとしてあって、Museum of Flightでも中が見れるようになってるらしいんです。 Museum of Flightは中を見学させられる機体が欲しかったのかもしれません。
ポッカ @pokka80 2019年7月25日
現代の航空機開発の恐ろしさをみた。合理化が進んでるはずのアメリカでこれなら、日本のMRJも当然それより悪い流れになるわけだ。これ以上新モデル開発出来るのか?
FFR31 @FFR31 2019年7月25日
787 の次は 797 でしょうが、その次は? 717 か 7107 か、それとも 807 なのか?
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2019年7月26日
pokka80 そう考えると、近年の自衛隊向け航空機開発はUS-2といいP-1/C-2といい幾らかのトラブルや遅延や開発費上昇やがあっても、他と比べれば恐ろしく順調に進んだように見える
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月26日
pokka80 (実はボーイングは787の開発を契機に日本企業のような経営の合理化を進めようとして、その結果が737MAXの大惨事だ、という話もありまして https://t.co/vfRMupcffm )
サキノハカ @sakino_haka 2019年7月26日
d2N5Q4GciZtsa2e 自衛隊向け国産機は民間機用の要件やテストをクリアしなくてもいい(耐空証明を免除されている)し、受注の規模的にも単価は割高ですが小ロットですし、いってしまえば遅延やらなんやらしても、むしろ民間機市場より傷はずっと少ないほうじゃないでしょうか。
slips @techno_chombo 2019年7月27日
sakino_haka まぁ意外と「ファーストナンバー」に拘りがない、のかなぁ。747の初号機はテストベッドとかで使ってた結果「手元に残った」っぽいし。でも727はUAのやつを手元に戻してリストアしたりしてるんだよね。
サキノハカ @sakino_haka 10日前
まとめを更新しました。787の開発関連費用は有人月着陸ミッション級…?
サキノハカ @sakino_haka 6日前
まとめを更新しました。F-35の開発運用費用、単純計算で15回火星に行ける(!!!?)
高城さんちのぉ拓さんは休憩中 @TakagiTakk 6日前
やっぱりお空を飛ぶものはなんでも高いなぁ。二本足は地べたを(V8スーパーチャージドターボディーゼル1200馬力が駆動する戦闘重量44トンのG4MBT最高時速70kmで)這いずり回るのが関の山ではないか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする