アウトソーシングの失敗によるプロジェクト連鎖炎上事例としてのボーイング737MAX

独自研究であることをご了承ください 関連まとめ 737MAXの件: https://togetter.com/li/1353074 続きを読む
アウトソーシング テクノロジー ボーイング 航空事故 ボーイング737MAX 飛行機 旅客機 ニュース
42
サキノハカ @sakino_haka
話が長くなるんですが、とりあえず、777の開発はまともだった話からにしましょうか。
サキノハカ @sakino_haka
現時点でボーイング、737MAXも777XもKC-46も同時進行でプロジェクトが燃えてて、特に737MAXの燃えようときたらあのとおり大変なことになっているわけなんですが、もちろん、昔からあの体たらくだったわけではないのはご存知のとおりです。
サキノハカ @sakino_haka
そりゃ新型機の開発には問題や遅れはつきものですけど、流石にここまであっちもこっちも強火で燃えてるのは初めてかもしれません。 具体的にはボーイング777の開発の進みようまでは、少なくともボーイングはまともでした。
サキノハカ @sakino_haka
777の開発においては、メーカーと顧客であるエアラインが協調して計画が進められる参加型の開発、「Working Together」であったことがよく知られています。 doi.org/10.2322/jjsass…
サキノハカ @sakino_haka
そもそも767の派生として開発がスタートした777でしたが(最終的にはあのとおりだいぶ違う大型機になったけど、少なくとも顔はよく似てる)、開発はけっこう円滑に進んだ機種だと思います。開発費も(はっきりとはしないものの)50~40億ドルと言われています。
サキノハカ @sakino_haka
777は大丈夫だったとして787はどうだったのかというと、覚えてる方も多いかと思いますがもうたいへんでした。 遅延に次ぐ遅延、強度不足の発覚、リベットのサイズ間違いからの全外し組み直し、開発中のエンジンの爆発、配電盤のボヤ、ストライキ等々…
サキノハカ @sakino_haka
2007年夏にロールアウトした1号機は実際にはまるっきりの外側だけ、ハリボテのドンガラで、そこから2009年の冬に初飛行するまでに2年以上かかっています。何が起きたのでしょう? twitter.com/sakino_haka/st…

サキノハカ @sakino_haka
「その周りを歩いて気づいたのは、車輪をよく見上げると、客室を通して日光が差しているのを見ることができるということです」と、現ウォールストリートジャーナル所属のジョン・オストロワー氏は言います(※訳注:記事掲載当時。現在オストロワー氏は航空情報ウェブメディアThe Air Current編集長)。
サキノハカ @sakino_haka
「後で写真を調べ、ドアが木の合板でできていることに気付きました。飛行機はまだ完成していませんでした。」 当時、オストロワー氏はFlight International Magazineで働いていた若い航空ブロガーでした。 彼は他のメディアと一緒に出席する機会は得られませんでした。
サキノハカ @sakino_haka
彼は彼のブログが好きなボーイングのエンジニアのゲストとしてそこにいました。 そのため、他の記者は記事をまとめるのに忙しかったのですが、オストロワー氏は飛行機のそばで時間を過ごしていました。
サキノハカ @sakino_haka
「その時間の間に、私はそれを真に研究する機会がありました。付き人や番人などは誰もいなかったので、それの詳細を研究するだけの機会がありました。そして、それは出来上がっていませんでした」と、オストロワー氏は言います。
サキノハカ @sakino_haka
労働者にとって、問題は明らかでした。 「飛行機はただの見せかけで、空っぽであることがわかっていました。だから私たちにとっては、まだやっていないこと、準備ができていないものを見せているようなものです」と、ボーイングのメカニックのシャノン・ライカーは言います。
サキノハカ @sakino_haka
「誰でも、たとえアマチュアでも、歩み入ったなら…、いや、床板さえ張っていなかったので、飛行機の中を歩くこともできなかったでしょうけれど…しかし、誰かがそれを通り抜けることができたなら、システムがなく、空調も配線も油圧も配管もなかったことを見たでしょう。何もありませんでした。」
サキノハカ @sakino_haka
工場内では、状況を救うための狂騒がありました。 ロールアウトの数時間後、飛行機はバラバラになりました。 「全てのパネルが飛行機から取り外されました。着陸装置を外しました。尾部を外しました。それは猛ダッシュでした。初フライトに向けた猛ダッシュでした」とオストロワー氏は言います。
サキノハカ @sakino_haka
ボーイングが資金を倹約するために設計された787のビジネスモデルは裏目に出ました。 多くの部品が不完全または不正確のまま何百もの国際サプライヤーから入ってきました。 エバレット工場の労働者は飛行機を適切に組み立てることができませんでした。
サキノハカ @sakino_haka
「胴体セクションが到着したとき、何もできなかった理由は、サプライヤーが何も入れていなかったからです」と、現在ボーイングのエンジニア組合であるSPEAAの労働代表であるサーシャー氏は述べています。
サキノハカ @sakino_haka
「クリップもブラケットもワイヤーもコネクタもありませんでした。何もありませんでした。だから、最初の飛行機が組み立てラインの最初の位置で15か月も費やしたのは、誰かがそれらをすべて把握しなければならなかったからです。」
サキノハカ @sakino_haka
「そのすべてを把握する」には長い時間がかかりました。 2ヶ月で飛ぶという夢は、まさに夢に過ぎなかったのです。

サキノハカ @sakino_haka
ボーイング社の100周年を記念して制作されたドキュメンタリー「航空宇宙の時代」の787開発のエピソード(theageofaerospace.jp/boeing/watch/e…)と、この記事(nikkei.com/article/DGXZZO… ※英語原題にはトヨタ云々はないので内容だけ読んでほしい)で概要をつかむことができます。
サキノハカ @sakino_haka
ボーイングは市場の需要に応えて効率的な旅客機を作ろうとし、開発もマーケティングも効率的に進めようとしました。 革新的な飛行機を、世界各地の下請け企業にも連帯責任を持ってもらって製造しようとし、またそれによってパーツ生産を行う国のエアラインからの発注も取り付けようとしました。
サキノハカ @sakino_haka
事実、このとおり日本からも大量発注をもらい、ANAをローンチカスタマーとして開発が本スタートしたのですが ……結果、プロジェクトが爆発しました。
サキノハカ @sakino_haka
(間違った)効率化とアウトソーシング、コストカットが主な原因と言えるのかもしれません。 「航空宇宙の時代」動画内でも触れられてるとおり、アウトソーシングして任せたはいいものの、三菱重工ですら最初は満足のいく品質のものを作れませんでした。

残りを読む(46)

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月12日
ボーイングはもうだめかもしれんな
Rogue Monk @Rogue_Monk 2020年1月12日
アウトソーシングの多用とコストカットの結果ですかぁ。最近の失敗の黄金パターンですがな。
また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2020年1月12日
むぅ、これぞまさしく暴因愚。
t_f @tf44029245 2020年1月12日
しかし、日本に脅かされることもない、ドル箱の航空産業にすら短期利益を要求する株式マーケットって何なのでしょうね…
リー・ダーウェン @Lee_Darwen 2020年1月12日
マクドネル・ダグラスは不幸の手紙か何か?
FFR31 @FFR31 2020年1月12日
CAFE_XXX 雷電、教えてくれ
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月12日
ボーイング潰れそうになったらアメリカ政府どうするんやろ
愚者@ 3/22満開C-21 @fool_0 2020年1月12日
栄枯盛衰が激しい世界だとはいえ、そのサイクルがあまりに早過ぎるのも短期的な利益に走りがちな理由の一端かもしれないなあ……
とろろ @ein18790314 2020年1月12日
Dam_midorikawa どうにかせざるを得ないでしょ。軍事関係でも超大手の中核企業だし。デカすぎて潰せない企業の典型例。
サキノハカ @sakino_haka 2020年1月12日
ボーイングは州の経済を支えてるとこもありますし、アメリカの国防に担うところも大きいですし、そういうわけで死ぬことができない企業なんです。もしそこまで追い込まれたとして、分野は違いますが、日本でJALが国の支えで再建したときのようになるでしょう。たぶん。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月12日
このままだとチャプター11のあとにアメリカ政府が出資して実質国有化かな
いのうえ (た) @elmar77 2020年1月12日
ボーイングですらこうなのかぁ。 どこも一緒なんだなぁ。 心が痛い。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月12日
ボーイングが国有化されて政府の意向が強くなる&今回の事故原因を根元から絶つとなると、今後ボーイングが海外下請けに部品作らせることが無くなりそう。アメリカ国内に雇用を回すトランプ政権の意向とも一致する
呼吸する草 @sPEr54fuQYqCh3A 2020年1月12日
株式マーケットは害悪が大きすぎる 短期的な投資家を市場から締め出し、そういう奴ら専用の実態のない相場で破滅させておけばいい。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月12日
sPEr54fuQYqCh3A 短期株主に配当金出すだけならいいが、経営に口出す権利を与えるのが間違いだな
アオカビさん @Penicillium_ch 2020年1月12日
アウトソーシングってのは「コストを抑える」ではなくて「金を使って時間を買う」なんだよね。もしくは「固定費の代わりに割高な一時費用で賄う」とか。アウトソーシングでコストは増える一方なのに、そこを理解してないからどこかにしわ寄せが来る。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年1月12日
Dam_midorikawa 三菱重工の船舶抜いて技術力を10倍超した会社だしなぁ(ボーイングは以前ジェットフォイルは作ってました)。アメリカ政府が一番警戒してるのは中国の資本が入ることだろうなぁ。
aqp1 @aqp114 2020年1月12日
エアバスも開発では苦しむし、飛行機作りはとても難しいんだろうね。より良く開発しようとすると、それが裏目に出る。
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2020年1月12日
早く潰してほしい。僕の好きなマーケットがはじまる(´・ω・`)
nekosencho @Neko_Sencho 2020年1月12日
737は吸気口がおにぎり型になったあのタイプでもう寿命だろう
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月12日
ボーイングがこさえるべきは伸ばし737ではなく縮み757だったのでは
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2020年1月12日
yuki_obana 日本の重工業大手が巻き添えになりますがよろしいか?
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年1月13日
DekatyouNy この様子だとどのみち国内各社は下請けの仕事なくなる覚悟が必要では。787が売れてる現在急になくなることは無いかもしれんが
砂漠之夜 @camel_night 2020年1月13日
こういう事象は、航空機だけじゃなく、あらゆる製造業界で起こってるんだろうなあ
愚民Artane.🦀@マスク二枚で令和のジンギスカン作戦 @Artanejp 2020年1月13日
Dam_midorikawa 三菱と政府が、MRJを殆ど意地だけで諦めてないのが中期的な国内メーカ救済になる気がしなくも…(まぁ、国外下請け沢山導入してはいますけど)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする