「違いを価値に変える」超多様社会での生き方

生まれた国の違い、男女の違い、年齢の違い、障害の有無など様々な多様な人々が共存する超多様性社会。 様々な"違い"を価値に変え、これからの働き方、生き方、モノづくり、コトづくりを一緒に学んでいきませんが?
レデソン レデソンとダイバーシティ
11
当事者talk@出演者募集中! @toujisyatalk
一般社団法人 日本ダイバーシティ推進協会 代表理事の久保さんのお話が始まりました! #レデソンとダイバーシティ pic.twitter.com/sPk6pO8Z2o
拡大
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
大事なのは ・目的意識 ・ユーモア 久保さんのお話開始ですー #レデソンとダイバーシティ pic.twitter.com/sWlg875BkS
拡大
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
「違いを価値に変えるダイバーシティ」をコンセプトに活動されている久保さん ベチェット病で19歳の時に失明した。 しかし、人の視線が怖く、ひきこもっていた久保さん 「目が見えなくなったので、人の視線がきにならなくなった」 #レデソンとダイバーシティ
おだ たかし(おだちぃ) @odachyee
久保さん「視線恐怖症だから、失明してよかった」!? #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
家庭環境。 久保さんのご家庭はシングルマザーで3人の子供を、3つの仕事を掛け持ちして、育てていた…! いろんな経験も、今の職業(ひきこもりや不登校の方の支援)にも役立っている #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
留学したら 「自分が一番自分のことを差別していた」 そのことに気づいて、2年間ニートに。 その後、視覚障害の配慮はしてもらっていたが、内部障害であるベーチェット病についてはクローズで就職していた 働き方を見直そう #レデソンとダイバーシティ
おだ たかし(おだちぃ) @odachyee
精神障害者労働あるある、「腫れ物に触るように扱われる」 #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
配慮を得て働いたが、責任のある仕事を任されなくなった 精神的に厳しい状況に追い込まれ、3回の入院も 自分の力を発揮できないと退職 失業給付をもらいながら、自分のやりたいことを模索した #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
起業の練習で、内閣府地域社会雇用創業事業isb公共未来塾にチャレンジ 自身の父親が倒産を経験したことから、実は起業をしたくなかった ただ、反面教師にすればいいのでは?と2012年に任意団体として、一般社団法人日本ダイバーシティ推進協会が発足 #レデソンとダイバーシティ
おだ たかし(おだちぃ) @odachyee
久保さん 父親の廃業トラウマで起業をためらった。父親の失敗をやらなければ大丈夫と言い聞かせて起業 #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
一般社団法人日本ダイバーシティの法人概要 理事お一人お一人のストーリー みんながいろんな生きづらさを抱えている #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
障害者雇用として、難しいことを言う前に 「できるところから見てもらう」 そのために、まずコミュニケーションを創造することが必要だ 今は「環境」と「個性」にミスマッチが起こっている…! #レデソンとダイバーシティ pic.twitter.com/UuJ8zyB3aF
拡大
おだ たかし(おだちぃ) @odachyee
「〜だから」という属性で語られる職場で、人間そのものを見てもらう努力 #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
事業内容 「社会を変える、企業を変える」ではなく「その人の個性にあった環境をデザインする」 ① はたらく窓口 … 社会人向けサービス。履歴書に変わるコミュニケーションツール「はたらく手帳」を作成している #レデソンとダイバーシティ
おだ たかし(おだちぃ) @odachyee
はたらく窓口という、職場で内面を見てもらうツールを開発 hatamado.jp きちんと久保さんの団体でも活用。 #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
事業内容 ②ミライデア 自立や就労を目指す若者にトレーニングの場を提供する 名古屋市の事業を委託されている 独自の診断ツール「はたらく診断」を場への入り方、個別支援計画にも役立てている #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
親御さんにうまくアプローチすると、圧倒的に自立へのスピードが早まる んーわかる ③共感留学プログラム 寄付事業で行うボランティアプログラム。 中間就労をするが、寄付は交通費に使用して当事者ニーズを解決 僕らとよのサポステが豊中祭りとかに行く感じですね #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
居場所は、精神保健福祉士とキャリアコンサルタント 入り口と出口の役割を分けて、運営している そうね、やっぱ大枠の考え方は一緒なんやな #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
障害者があることが悪いことと思っていた でも、留学先で障害以外の部分で返していけばいいから、「それ以上お礼は言うな」と言われた 自分を差別していたのは自分だった #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
社会に求めるだけでなく、まずは「自分の中の多様性」を育てる 0点の自分も、100点の自分も受け止める 僕自身は「中間の自分を作っていく」のイメージで支援していく #レデソンとダイバーシティ
寺戸慎也@働く意味つくる @terashin1226
就労だけでなく、起業やフリーランスも視野に入れた居場所を作りたい クラウドソーシングというよりは、地域の仕事を泥臭くやっていく 先に見てるゴールも似てるな #レデソンとダイバーシティ
kidoguchi @kido1998tmy
#レデソンとダイバーシティ コミュニケーションは通じるものではなく、伝え合うもの。
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする