Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

2006年、中国留学中のとある体験談に当時の "リアルな中国" を感じる「土着の中国がここに」「ファンタジー小説みたい」

面白かったのでまとめさせていただきました.
397
章碧茅 @maonuzhangbimao

留学中の2006年4月、先生がお友達と一緒に北京上海の旅行にいらっしゃったので、僕もくっついていき、上海でお見送りしたあとひとりで紹興に行った。上海から雨の中をバスで2時間くらいだったか、昼過ぎに紹興についた。

2019-10-04 00:52:09
章碧茅 @maonuzhangbimao

魯迅故居近くの古い建物を改装したというホテルにチェックインして、その辺で適当に食堂に入り、紹興酒一本もってきてもらって飲んでたら、後ろのおっさんたちが「なんや若いの女でも待っとるんか」と冷やかしてきた。 「ばか言えひとりで旅行に来たんや」 「変な中国語じゃのう」 「わし留学生や」

2019-10-04 00:58:05
章碧茅 @maonuzhangbimao

おおなんとお前は日本朋友か。こっち来て一緒に飲め。 どこから来たん?北京?どこのホテルや?おおそれなら一緒じゃ。安心してどんどん飲め。。。べろべろになってその日はどうやって部屋に帰ったか覚えていない。翌朝ドアをドンドンする音で目が覚め、ドアを開けてみたらそのおっさんたち立っていた

2019-10-04 01:06:34
章碧茅 @maonuzhangbimao

いつまで寝とるんじゃでかけるぞ。 というわけで、その日はおっさんたちと一緒に魯迅関係の観光名所をひととおり見てまわった。武田泰淳の小説で読んだ秋瑾の記念碑や、大同学校の跡地も見物した。うまい飯も食わせてもらった。

2019-10-04 01:14:13
章碧茅 @maonuzhangbimao

おっさんたちは湖南省漣源というところの工商銀行の関係者だといった。俺らは今日の夕方湖南に帰るから、あとはお前ひとりで適当に遊んでくれ。留学生にも夏休みがあるだろう。夏休みには湖南に来いよ。 再会を約束して僕はおっさんたちを見送った。

2019-10-04 01:19:08
章碧茅 @maonuzhangbimao

そして夏休み、ある日突然おっさんのうちのひとり、兄貴分みたいな人から電話がかかってきた。おお元気か。明日湖南に来れるか?長沙駅まで友達迎えにいかすから。そんな急に、と思ったが、大学近くの切符売り場にいってみたら明日の硬座の切符ならあるという。明日は無理だけど明後日の朝長沙につくよ

2019-10-04 01:23:51
章碧茅 @maonuzhangbimao

そうおっさんに伝えて、翌日電車に乗った。北京駅からたしか16時間だったか、とにかく一晩電車に乗って長沙についたら、たしかに迎えのにーちゃんが待っていた。こわもてのそのおにいさんは、3時間かかるで、という以外のことはほとんど話さず、僕を漣源に連れていった。

2019-10-04 01:27:03
章碧茅 @maonuzhangbimao

昼前に漣源のバスターミナルみたいなところについた。にーちゃんは僕を下すとここで待ってろとだけ言ってさっさと行ってしまった。なんだかとてもごちゃごちゃしたところで、目の前を解体して肉をとった後の豚の皮やら頭やらを満載したトラックが通り過ぎて行ったのを、今でも鮮明に覚えている。

2019-10-04 01:33:38
章碧茅 @maonuzhangbimao

俺もあの豚みたいになるんやろか、と僕はのこのこ出かけてきたことを後悔した。どうやって北京の部屋まで帰ろうかと考えていたら、おお待たせたな、とおっさんが現れた。疲れたじゃろ?いまから宴会いくけえのう。そういっておっさんは僕を車に乗せた。

2019-10-04 01:34:22
章碧茅 @maonuzhangbimao

僕が紹興で出会ったおっさん、そのうち弟分だと思ってたひょろいのは、工商銀行漣源支行の行長だった。僕に電話かけてきた兄貴分は、行長の運転手。つまり彼らは「泣く子も黙る」とまではいかなくても、当地の相当な有力者。運転手の殷さんは僕を連れて行く途中、今日は老領導の還暦祝いや、といった。

2019-10-04 01:42:57
章碧茅 @maonuzhangbimao

宴会場につくとわけもわからないままなみなみに白酒を注いだコップを渡され、領導のところへ乾杯しに行けという。へたくそな中国語で「今日のこの良き日にご招待にあずかり。。。」みたいな挨拶をすると、なぜか大うけで拍手喝采。まあ、サルが人間の真似するのをよろこぶみたいな気持ちだったんだろう

2019-10-04 01:48:38
章碧茅 @maonuzhangbimao

とにかく大量の白酒を注ぎ込まれ、僕は銀行の招待所なる部屋に放り投げられた。中国の場合、めでたい宴会は一回でおわらない。あいつが請客したから今度はこっち、という具合で何日も続く。僕はその度に連れていかれ、鸚鵡がコンニチハというように中国語のあいさつをし、酔ってベットに放り投げられた

2019-10-04 01:55:03
章碧茅 @maonuzhangbimao

結局僕は一週間くらい漣源に滞在し、へとへとになって北京に戻った。あれは僕の人生ではじめて、大学以外の、ベタな言葉で申し訳ないが「ナマ」の中国人の世界に、しかも祭典的な特殊な場合にもぐりこんだ経験だったんだと思う。

2019-10-04 01:59:23
章碧茅 @maonuzhangbimao

おっさんたちが僕を呼びよせた、しかもすぐに来い、といったのは、たぶん領導の還暦祝いという重要なイベントの余興として、外賓がいたらうけるんじゃないか、と思ったからだろう。

2019-10-04 02:02:47
章碧茅 @maonuzhangbimao

漣源のようなところで俺が外賓を連れてきたというのは、下手な中国語のあいさつで笑いを誘うという以外に、領導と、また外人をしかるべき時に呼ぶことができるという自分のメンツをたてることにもなるんだろう。ガイジンさんがなんだか特殊な光をまとっている感じ、田舎で育った僕にもなんとなくわかる

2019-10-04 02:06:02
章碧茅 @maonuzhangbimao

北京に帰ってすぐはもうあんなとこにはいかへんで、と思ったが、よくよく考えてみるとあれは本当に貴重な経験だった。曾国藩故居なんてあんな機会がなければ一生行くことはなかっただろうし、それ以上に、おおげさに言えばあれは中国の社会をより親切に理解するための研修みたいなもんだったのだ。

2019-10-04 02:18:28
章碧茅 @maonuzhangbimao

おもしろいネタはいくつもあるんだが、ひとつだけ書くならこの話だろう。宴会合間の観光は支店長付きの運転手殷兄貴が公用車を使ってついでに友達やら家族やらも同伴でやってくれた。車を走らすにはもちろんガソリンが必要。僕らが乗った車がガソリンスタンドに入ると、なぜかほかの車も集まってくる

2019-10-04 02:23:46
章碧茅 @maonuzhangbimao

聞くと全部知りあいの車だという。殷さんは工商銀行のガソリンカードを持っていて、銀行の金でいくらでもガソリンを注ぐことができる。そのカードで集まってきた車すべてのタンクを満タンにしていた。横領ちゃうんか、と思った。でもおそらくは、これが中国式の地位と徳のある人間のふるまいなんだろう

2019-10-04 02:27:58
章碧茅 @maonuzhangbimao

中国は広いといっても、人間の数も桁違いに多いから、やはり資本の分配には著しい不均衡が生じる。社会的地位のある人のところには自然にモノが集まるのだが、全部握っったままだと恨みを買うので、一定程度周りに開放しなければならない。

2019-10-04 02:31:59
章碧茅 @maonuzhangbimao

ただ世の中のすべての人に再分配する仕組みはないし、心情的にもそれは無理だから、自ずから知りあい優先にならざるを得ない。そのような行為によって有力者の徳は保たれ、一定程度の資本が社会に還元され、秩序の維持にもつながる。これを負の側面から見れば、コネ集団による社会的資本の壟断となる。

2019-10-04 02:34:35
章碧茅 @maonuzhangbimao

こういう人間関係のあり方は、学生の頃に論文読んでた明清郷紳社会の論理そのもののように思う。ああそうか、もう博物館のなかにしか存在しないと思っていたあのような人間関係が、まだ中国では生きているのか、という発見だった。

2019-10-04 02:39:15
章碧茅 @maonuzhangbimao

それと同時に、このような人間関係を否定し、人間同士の新しい関係を構築することこそが、中国革命の目標のひとつではなかったか、とも思った。毛主席の故郷湖南にしてこうなのか。

2019-10-04 02:46:15
章碧茅 @maonuzhangbimao

我々は社会を変えることができる、未来を設計し自らの努力によって未来を勝ち取ることができるというのが、僕もそのうちにいると思っている近代的価値観の重要な側面だ。そういう確信がなんだか怪しくなるような、心の中にさびしい風が吹くような経験だった。だからあの湖南行を僕は一生忘れないだろう

2019-10-04 02:52:09
感想
残りを読む(7)

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2019年10月4日
小澤征爾が中国の実力者に呼ばれて指揮振りに行ったんだけど、最初の歓迎会に連れて行かれたら「時間が無いんだ!宴会なんてやってるヒマがあったら練習させてくれ!」と言い捨てて練習場に行ってしまい、実力者がショボンとして「世界的に有名な人なんだから仕方がないよ」と呟くところまでテレビが映していたのを見たことがある。カネやコメならどこかで線を引かないといけないだろうけど、科学や藝術は中華的価値観に収まらないのではないか?
47
よもぎ(よう、もぎ) @cataildragger 2019年10月4日
アジア的というのか前近代的というのか、法治とか透明性とかないけど、これはこれで秩序がある感じ。ここに西洋近代文明・文化を持ち込むと古い革袋に新しいぶどう酒を入れたようになるのだろうなあ。
74
きなこユキ @daizu_hiitakona 2019年10月5日
中国の酒宴では1杯毎に乾杯して1人づつ代わる代わる杯を開けていって最後まで酔いつぶれなかった人の勝ち(何か言う事を聞いて貰える)みたいなのがあるって聞いた 飲めない人は「肝臓」っていう代理の人を連れてくるんだって言ってた
31
autopen @autopen10 2019年10月5日
こういう面白い体験が出来ない今の中国に留学してる奴は何がしたいんだろうか。
0
濱メロン @hamamelon 2019年10月5日
大陸では部族や族長を尊重しないと話が始まらない、地域コミュニティーが崩壊すると取り返しが付かない件
34
限界集落ぐるぐる温泉 @otozuke 2019年10月5日
というより毛沢東がそれを全土に拡げたんと違うか?
1
海の鷹 @mochitsura 2019年10月5日
幕末にロシアやアメリカの使節がやって来た時、下っ端の水兵と庶民たちの間では結構仲良くやってたらしい。ロシアの使節は沈没したディアナ号の代わりに戸田(静岡県沼津市)で代船(ヘダ号と命名)を建造する事になるが、幕府の禁令にもかかわらず村民は暖かく迎え入れた。その暖かい歓迎は感激したプチャーチン提督も書き残している。ペリーたちも同様で、村人たちと仲良く餅つきに興じる水兵の姿が絵に残されている(ペリー個人も日本人に対して良い印象を持ったらしい)。・・・庶民同士はこういうものかも知れないね。
38
フローライト @FluoRiteTW 2019年10月5日
面白いなあ。異文化交流というよりも、小説で読んだことある中国社会だ
11
もるかー(・灬・ )ノ🐹 @morudaddy 2019年10月5日
拳児の大陸編思い出した。あの中国の寒村描写は印象に残ってるけど、今はどんなふうに変貌してるのかと少し気になった。
2
かりあげチャーハン @Kariage_Chahan 2019年10月5日
こう言うの見ると自分がいかに狭い世界の常識でカチャカチャ暮らしてるのかよくわかる。自らの暮らしの常識を覆したりは出来ないけどね、少し客観的に見る心がけはしたいものだね。
34
tubu8kiya @tubu8kiya 2019年10月5日
ガソリンの件はノブレス・オブリージュみたいなものか。格差社会みたいなものはあるのかもしれないけれど、単に権力を持った者が富を独り占めするような状態では無いってことなんだろうなー。
34
うずら @uzura94 2019年10月5日
面白い、生でお話を聞いてみたい
1
雨男 @ameot0k0 2019年10月5日
こういう人が習近平の汚職追放運動の後でどうなったかその後も気になる
15
F414-GE-400 @F414_GE_400 2019年10月5日
中国では一族から成功者が出ると成功者は一族に便宜を図るのが当然と聞いた。事実だったんだね。
15
Dally @Dally_Shiga 2019年10月5日
逆にこの人がトラブルに巻き込まれたときとかに頼ればきっと仲裁してくれたりするんでしょうね。まさに古き良き、といった風情。
31
会祥大慶(カイショウ タイケイ) @T3rHRUvOuJ6iNw3 2019年10月5日
いいね、この旅行記 意外に親切な奴らいるんだよね、海外でも
0
nbtnk @nbtnk 2019年10月5日
身ぐるみ剥がされる話ばかりなので最後まで安心して読めて良かった。
33
🎀かつまたいさ🎀(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2019年10月5日
実に古き良き、見方によっては悪しきアジア的価値観の世界だな。日本にもこういう形ではないにせよ似たような世界はあったのだと思うよ。
26
あなぐま @badger2635 2019年10月5日
中国人はいったんフレンドリーになるとどこまでも踏み込んでくる感はある。そしてお互いが持っている地位や人脈を利用しあう。人間がつるむことで得られるメリットを最大限活用する。
2
冶金 @yakeen4510 2019年10月5日
韓国人も親しくなると勝手に人の家の冷蔵庫開けるってきいたことあるけど。
4
本坊ゆう @homboyu 2019年10月5日
yakeen4510 そこが中国人と韓国人の微妙な違いなのよ。中国人は、さすがに冷蔵庫は開けない。冷蔵庫を空にするくらいもてなさないと評判が落ちるというだけ。日本人と中国人の違いは、線引きの範囲の違いだけど、韓国人は線引き自体が無いからね。
16
本坊ゆう @homboyu 2019年10月5日
kamiomutsu これは福祉を「人間関係」がどこまで肩代わりするのかっていう話であって、日本は元々血縁集団ではない「村」が福祉の単位になっていたので、公の福祉にシフトしやすかったというだけであって、専業主婦世帯なんていうのは日本風のネポティズムなのね。個人ではなく世帯が運命共同体になり、妻が扶養されてケアワークを引き受けるという。
6
山の手 @Yamano_te 2019年10月5日
これは日本の田舎でも近いものが残っているところがあって、都会の大学の出てきた子の実家に遊びに行くと 「都内に進学した子供が、ご学友を連れて戻ってきた」 とやらで随分と歓迎されることがある。大体がその土地のしっかりとしたお家である
15
denev @_denev_ 2019年10月5日
読ませる文章だなぁ。普段から文章書いてる人なんだろな。
4
TOIさん(17)☆🌧 @1983Y 2019年10月5日
内容も面白いが文章も読ませる文章で面白かった。
20
七七四未満六四以上 @zy773 2019年10月5日
中国人は面子を命より重視するらしいからな。実際には初対面の時点で章碧茅さん自身と【先生と、その友人】の説明もしているだろうから普通に客人として迎えられたのだろう。【先生と、その友人】の面子を守る為にも"工商銀行漣源支行の行長"は面子をかけて歓迎したのだろう。
0
ジョージ2世 @GEORGE221 2019年10月5日
行長の運転手が、行長の兄貴分なのか!?
0
negidakutamago @negidakutamago 2019年10月5日
ガソリンスタンドの話、杜甫の時代の話と近いものがあって中国は根っこでは変わってないなあと感動した
14
sdff @jkgkikllh 2019年10月5日
でも少し・・・この風・・・泣いています・・・
0
Holten @Holt800 2019年10月5日
ナマの中国の上の方の話やなあ。下の方だったら無事に戻れないんだろうけど
12
いべり @153kcal 2019年10月5日
GEORGE221 荒事にも対応できそうな見た目と気風の使用人なんでしょう
0
らくだケイム @rakudacame 2019年10月5日
異世界転生モノみたいな面白さ。 自分が決して被害を被らない位置から眺めていたい。
1
かつらぎ17 @katuragi17 2019年10月5日
LGBTが盛んになるところはホモ差別の盛んな所、社会主義待望論の盛り上がるところは民衆に富が偏在している所、禁酒道徳が蔓延する地は酒乱の多い地、その逆は廃れてる
1
Rikka @Rikka17773365 2019年10月5日
こういう話に憧れて地元民にホイホイついていって身ぐるみ剥がされる人が出てくるんだろうな… この違いはなんだろう?地元の言語をちゃんと学んでいるかどうかも影響するのかな
0
山の手 @Yamano_te 2019年10月5日
インドでも中国でもその他のいくつかの途上国でもそうでしたが、きちんとした生活基盤がある知識層って割と安全な人たちが多いんですよね。 外国で騙されるパターンって例えるなら「歌舞伎町で客引きについていく」みたいなことを知らず識らずのうちにやっちゃってるんですよ。
1
牧聖苗 @makiseina 2019年10月5日
なんだかんだ多くの日本人も郷愁感じるやつだよねこれ
3
showRR @showRR 2019年10月5日
日本がまだ辛うじて世界第二位の経済大国であった頃、世界の工場としての中国が台頭してきた時代。リーマンショック前夜。いろいろ遠いなあ
0