10周年のSPコンテンツ!
8
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
【偉大なり、カール大帝!! 〜西ヨーロッパ大陸における文字の統一】 さて、本日はカール大帝(Karl der Große)についてのお話です。フランス語読みでシャルルマーニュ(Charlemagne)とも呼ばれます。 「よく聞く名前だけど、何やった人なのか?」と思われる方もいると思います。順次解説しますね pic.twitter.com/oPOO7ZuNS7
拡大

◯カール大帝って、何者なの?

ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
・カール大帝の略歴 西ヨーロッパにかつてフランク王国という国が、ゲルマン人の一派であるフランク人により建てられました。 王朝はメロヴィング朝とカロリング朝の二つがあります。カール大帝はカロリング朝の創始者であるピピン3世の継承者です。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
カール大帝はフランク王(在位:768年 - 814年)にしてローマ皇帝(在位:800年 - 814年)です。 46年の在位期間で53回もの外征を行い、東はザクセン、バイエルン、果てはスラブ人のいたパンノニア平原、西はイベリア半島、南はイタリア、北は北海のデーン人の領域の境まで領土を広げました。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
これは現在のフランス、ドイツ、イタリアの三国のほぼ全領域をカバーしているため、カール大帝は「ヨーロッパの父」と呼ばれています。 尚、イベリア半島外征から引き上げる際に苦戦しており、この時の出来事をモチーフにして作られたのが古典フランス文学の『ローランの歌』です。

文字を統一したって、どう言うこと?

ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
・カロリングルネッサンスと小文字の登場 さて、カール大帝治世下においては、聖職者による国家運営がなされており、大帝は領土だけでなく文化もかつてあったローマ帝国のものを継承することの重要性をわかっておりました。 彼はアルクィン(Alcuin)という者に王国内で流通する文字を作らせました。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
この文字は現在の小文字の元となっており、カロリング体アルファベットと呼ばれています。フランク王国の東側を継承した神聖ローマ帝国(即ちドイツの元となった帝国)ではこの書体が使われていくことになります。 この書体はフラクトゥールという書体の普及により一時廃れますが、のちに復興します。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
カール大帝は主な宮廷をドイツのアーヘンに置きましたが、この宮廷では古代のラテン文化の写本がこのカロリング体によってなされ、7000もの写本が後世に伝わっていくことになります。 こうした文芸復興の活動を、王朝名をとってカロリング・ルネッサンスと言います。

その後のヨーロッパにどう影響したの?

ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
・没後の影響 カール大帝は生前の807年に、王国を息子たちにどう分割して継承させるか定めておきました。 しかし、長男と次男は父よりも早くに没してしまったため、814年に大帝が没すると、王国はやがて三男のルートヴィヒ1世の継承者により分割されます。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
843年のヴェルダン条約により大まかな区画が、870年にメルセン条約により再区画が引かれ、王国は三つに分かれました。これが現在のフランス、ドイツ、イタリアの原型です。 ヨーロッパというのは、このように統一と分裂を繰り返してきましたが、そこにある文化的伝統は常に残っているのです。〈了〉

コメント

海の鷹 @mochitsura 2019年10月14日
はぁオラがぁのォ村でェはぁ~♪ #カールおじさん
月刊Unlimited編集部@kindleで販売中 @Unlimit43803616 2019年10月14日
ラテン語はUとVの区別が無かったりイタリア語はJがなかったりドイツはウムラウト付き母音があったりしますがありゃ何でなんですかねぇ
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan 2019年10月14日
Unlimit43803616 ラテン語のアルファベットにおいては、U がなく V だけでした。U は後代に作られたのです。また、I の本数で数字を表していましたが、文字なのか数字なのかわかりにくいというので、例えば3は iii を iij と表記するようになりました。これがJの始まりです。 したがって、古代のラテン語においては、ユリウスという名は IVLIVS と綴られましたが、小文字と上記の新しい文字の導入により、Julius と綴られるようになったと聞きます。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan 2019年10月14日
Unlimit43803616 また、変母音(ウムラウト)を今の形で表記するようになったのはいつからなのかという点は、古高・中高ドイツ語の知識が不足しているため、なんとも言えません。すいませんが調べてみます。しかし、おそらく二重母音由来かと思われます。例えば、ö は oe と表記されることがありますが、これは Goethe のように人名などに残っています。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする