イギリスの大手新聞、The GuardianのAndy Bull記者が書いた昨日のスコットランド戦の記事の日本語訳

読む価値あるTweetだったのでまとめてみた。
464
Taiga Inami @ynwataiga

イギリスの大手新聞、The GuardianのAndy Bull記者が書いた。昨日のスコットランド戦の記事が本当に美しく、詩的で、裏方さんなどにも光の当たった素晴らしい記事だったので、皆さんに読んで欲しくてほぼ全訳しました。僕の拙い翻訳で申し訳ないですが、お時間あればご一読を。 #JPNvSCO #RWC2019

2019-10-14 09:38:25
Taiga Inami @ynwataiga

Falmouth university Marine & Natural History Photography (BA). Photography, Football, Music, Travel and daily life. ファルマス大学-写真、海、自然史。写真とサッカーと音楽、旅と日常。広末涼子原理主義者。

https://t.co/YpPD9TFYY0

Taiga Inami @ynwataiga

❶黙祷は、1分にも満たない、短いものだった。しかしそこには、過去に例を見ない状況で開催される、この試合に対する、相反する感情の渦巻き、衝突が含まれていた。台風がつい数時間前に過ぎ去り、スタジアムの周りは洪水であふれ、救出作業も終わっていなければ、修復作業など始まってすらいない。

2019-10-14 09:38:25
Taiga Inami @ynwataiga

❷その黙祷が、一体誰に向かって、何人の犠牲者へ捧げられたのかは、誰も知る由はなかった。被害者の数は、未だに確定していなかったのだから。明け方は4名とされていた死傷者数は9名へ、試合開始時には24名に、ハーフタイムに26名、試合が終わり少し経つ頃には28名へと増えていった。

2019-10-14 09:38:26
Taiga Inami @ynwataiga

❸そんな状況で、彼らは試合を開催するべきだったか。あなたは疑問に思っただろう。ラグビー協会はそのことを日曜早朝に話し合い、日本人の組織委員に判断を委ねることを決定した。なぜこんな状況でスポーツをするのか。なぜスポーツを見るのか。

2019-10-14 09:38:26
Taiga Inami @ynwataiga

❹未だに多くの人が行方不明で、堤防は壊れ、川は溢れ、会場の横浜から東へ16マイルしか離れていない川崎では100万人が避難し、30マイル北に位置する相模原では、土砂災害でなくなった人の、正確な数さえ把握できていない状況で。

2019-10-14 09:38:26
Taiga Inami @ynwataiga

❺災害への一種の清涼剤としてかも、もしかすると、日常を取り戻すためかも、台風に対する挑戦かもしれない。いや、それ以上、「私たちは今生きていて、少なくとも今ここにあるものは楽しむことを決意した」と言う極めて重要な意思表示の1つとしてかもしれない。彼らは試合の開催を決めた。

2019-10-14 09:38:26
Taiga Inami @ynwataiga

❻ホスト国としてのプライドもあっただろうが、会議に出席した委員会幹部は、「世界に向けて、自分たちはできると言うことを証明したい」というのが、開催を決定した最たる理由だと、繰り返し主張した。

2019-10-14 09:38:27
Taiga Inami @ynwataiga

❼この会場の被害が甚大でなかった理由の一つは、鶴見川から溢れ出す水を、建物の下へと流す貯水設備の上にスタジアムが建っているからだった。スタジアム自体が街の災害対策設備の支柱なのだ。そしてこの試合で、日産スタジアムは、街の『精神的』支柱にもなった。

2019-10-14 09:38:27
Taiga Inami @ynwataiga

❽組織委員たちは、台風が去ったら一刻も早く動き出せるよう、土曜の夜はスタジアムに泊まり込んだ。明け方には整備班が現地入りし更衣室から水を吸い出し、消防隊は全ての機械設備の点検を3度行い、ピッチに流れ込んだ泥やゴミをホースで一掃した。

2019-10-14 09:38:27
Taiga Inami @ynwataiga

❾同時に、組織委員会は政府や地方自治体と協力し、水道局、道路局、バス会社や鉄道会社などの各種交通機関と連絡を取り、複雑な課題を解決していった。

2019-10-14 09:38:27
Taiga Inami @ynwataiga

10 日本では、このワールドカップにおける『おもてなし』とは何か、と言う議論が活発になされてきた。私も正確に翻訳することはできないが、この国で4週間を過ごして、漠然とだが理解したかもしれない。それは、客人を喜ばせるために全力を、いや、何かそれ以上を尽くすということだ。

2019-10-14 09:38:28
Taiga Inami @ynwataiga

11 しかし、彼らの『おもてなし』は、私たちの予想をはるかに上回っていた。試合前、多くの人が全くの勘違いをしていたのは、そのせいかもしれない。

2019-10-14 09:38:28
Taiga Inami @ynwataiga

12 「日本人はみんな、この試合が中止になり、過去に勝利したことのないスコットランドとポイントを分け合うことを望んでいる」という勘違いを。中には、「日本は故意にスコットランドの妨害をしている」と言う、壮大な陰謀論を唱える者までいた。

2019-10-14 09:38:28
Taiga Inami @ynwataiga

13 スコットランドラグビー協会の最高責任者、マーク・ドッドソンも、完全な勘違いをしていた。怒りに任せて、『巻き添え被害』(ポイントを分け合うこと)に合えば法的措置を検討しているなどと口を滑らせた。これは、日本人たちがどう覚悟を決めたかのプロセスに対する、恥ずべきミスリーディングだ。

2019-10-14 09:38:29
Taiga Inami @ynwataiga

14 黙祷に続いて、日本の国歌、君が代が流れた。日本人はこの国歌に複雑な思いを抱いており、歌わない人もいる。そのため大会中、ファンたちに国歌斉唱を促すキャンペーンが開かれている。この日、会場の多くの人が参加した国歌斉唱は、感動的で、荘厳だった。

2019-10-14 09:38:29
Taiga Inami @ynwataiga

15 選手を鼓舞する歌声が、大きく大きく、街中に響き渡るほど広がっていった。あの瞬間、あなたは思い知っただろう、スコットランドが対面しているのは、ラグビー文化を持たない極東の島国ではなく、強大なサポーターを持つ、己の真価を世界に証明しようと言う覚悟の決まったチームだということを。

2019-10-14 09:38:29
Taiga Inami @ynwataiga

16 前半の30分間、日本は魔法のような、激しく、獰猛で、集中したラグビーを見せた。次に対戦する南アフリカも含め、トーナメントに残った、全てのチームを凌駕するほどの。スコットランドも善戦したが、より頑強で、より鋭く、より俊敏であった日本に、完全に圧倒された。

2019-10-14 09:38:29
Taiga Inami @ynwataiga

17 日本のラグビーファンたちは、今なら何だってできる、どこが相手だって倒せると信じているだろう。そして、日曜日の夜に彼らが偉業を成し遂げた今、日本人だけではなく世界中の誰しもが、同じように思っている。

2019-10-14 09:38:30
Taiga Inami @ynwataiga

元記事こちらです。翻訳家ではないので誤訳あると思いますがそれはすみません。所々意訳もあるのでよろしくお願いします。theguardian.com/sport/blog/201…

2019-10-14 09:38:30
リンク the Guardian Japan show world their defiance and skill in face of typhoon destruction | Andy Bull Brave Blossoms proved their ability in the most difficult circumstances with a ferocious performance against Scotland 12188

追記
元の記事書かれたThe Guardianの記者 Andy Bullさんから反応がありました。

Andy Bull @AndyBullatGNM

So, with help from @shockingcooking: 私の記事を翻訳していただきありがとうございます@ynwataiga そして共有して読んでくださった日本の皆さんに感謝しています。昨日の試合は、とても特別な試合であり、私はあの試合について、記事にすることができ非常に幸運でした。準々決勝も楽しみにしています

2019-10-14 17:51:38

皆さんの反応

高杉空夜@10/18(日)コミ1_ D39b @taka_solo

翻訳して頂きありがとうございます。とても良い記事でした。読めて良かった。 twitter.com/ynwataiga/stat…

2019-10-14 15:07:09
残りを読む(100)

コメント

@sanathos_9 2019年10月14日
素晴らしい記事と翻訳に感謝します。
54
shuich kimura @NEOura36 2019年10月14日
元記事がどんなに良くても、Google翻訳なんかだと決して感動などしなかっただろう 執筆者・翻訳者の両氏、ありがとう
40
時計じかけのミカン @mkn_inv 2019年10月14日
AIや機械翻訳ではこうは行かない。やはり血の通った人間ならでわだな。それにガーディアン紙も一流紙のプライドを感じる内容だった。
41
文里 @wenly_m 2019年10月14日
コレはまとめて欲しかった。まとめ主は強調のために本役ツイートの文字を隠してると思うのだが、とても読みづらい。赤系統で良いから、もう少し目に優しい色にして貰うと読みやすくなると思う。
3
こてつ@COVID-19終息祈念中 @kotetsu442684 2019年10月15日
素晴らしい記事を拝見。翻訳感謝!ファンであってもなくてもコレはグッとくる 拡散希望
6
SHOTT @SHOTT2012 2019年10月15日
素晴らしい記事。これこそがまさに人種だの、国家だのに縛られない、真のリベラルの言葉ではないだろうか。翻って考えるに、なぜ主催国であるわが日本の記者にはこういう記事が書けないのか?仮に書いている人がいたとしてもなぜそれが目立たないのか?この記事に感動する反面、やるせ無い気持ちを抱いたのは私だけだろうか。
26
かおるん @kaorun31 2019年10月15日
こういう記事を書くことこそがマスコミの仕事なのだな
8
ろんどん @lawtomol 2019年10月15日
訳された方は、イギリスの大学で写真を学ばれているとの事ですが、芸術的素養というのは、写真と文章と共通する点があるのかなあ
10
綾野 雅也 @Dreammaker0229 2019年10月15日
lawtomol 情報お寄せいただきありがとうございます。編集して追記させていただきました。
4
ろんどん @lawtomol 2019年10月15日
Dreammaker0229 恐縮です。ありがとうございます
4
牙王獣太 @k2train 2019年10月15日
こんなに大事な事を教えてくれた方々が来てくれたんだもの。また、日本でおもてなしも込めて大会やりたい気になってきたな。
2
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2019年10月15日
>この会場の被害が甚大でなかった理由の一つは、鶴見川から溢れ出す水を、建物の下へと流す貯水設備の上にスタジアムが建っているからだった。 すげぇ、ちゃんとスタジアムのことを解ってる。アカヒが「スタジアムの周りが浸水してる!」と騒ぎ立てたのと対称的すぐるw
34
tu-ta @duruta 2019年10月16日
Dol_Paula  こういう風に朝日新聞と比較したくなる気持ちはわからなくはないですが、とても尊厳に満ちた記事を読んだ後で、後味が悪くなるような感想でした。
10
tu-ta @duruta 2019年10月16日
アンディさんに返信を書きました。 素敵な記事をありがとうございます。「君が代」に対して複雑な感情を持ち、歌わない人間なので、その部分への意見の違いはありますが、それでも記事は素晴らしかったです。そして、複雑な感情を持つ人間がいることを表現してもらえてうれしかったです。(翻訳で読ませてもらったのですが)
1
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2019年10月16日
duruta そうですか、私も貴方のせいで後味が悪くなりました。
20
しゅが~ @sugar_283 2019年10月16日
静かな感動を味わいました。非常に多面的な視点で描かれてるのが素晴らしいです
1
とらくろ @trakron 2019年10月16日
「日本の国歌なんだから、君が代歌おうぜ」っていうムーブが起こってるんだ。個人的には、それはとてもうれしいことだな。あの美しい歌をなんの政治的意図も障壁もなく歌えるような日が来て欲しいと思う
12
ありっせ@なんか創る2期 2020 @XeroAlice 2019年10月16日
いろんな国の記事を見てみたくなりますね
1
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2019年10月17日
君が「君主」や「天皇」で嫌なら、明治以降に加わった「あなた」の意味にとって、「あなたとあなたの子々孫々まで」と発句を解釈すりゃあいい。
2