EVの温暖化ガス排出量について

ニセ科学に基づくデマが流布されているようです。手口は10年以上古いデータの引用、非現実的な燃費基準の利用、それ以前に出所すら不明のデータ、等々…。 一般論として、EVは現在の日本においても、排出量削減になります。
温暖化 エネルギー EV 疑似科学 テクノロジー 環境 電気自動車 ニセ科学 自動車
5
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
EVは本当に環境にやさしい? 独ADACが総CO2量を試算 jafmate.jp/blog/news/1804… …うわぁ、JAFが紹介してたのか。以前も紹介したけどこれ、ニセ科学やで。 下記で詳しくでバンキングされてる。 twitter.com/AukeHoekstra/s…
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
・バッテリ製造時の排出量を実際より3倍多く見積もっている(出所の説明もなし) ・電力の排出原単位を実際見込まれる値よりも2倍ぐらい多く見積もっている ・内燃機関車の排出量を現実より25-60%少なく見積もっている …ハッキリいって、ADACのこの報告はニセ科学です。
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
リンクし損ねてた資料を追加。ADACの主張に対するツッコミの詳細版。 innovationorigins.com/tomorrow-is-wh… データの出所からして不明だわ、出所がわかるものも実は違う内容だったり10年以上古かったりするわ…。 これ、ADACの黒歴史になるんじゃないかな。
リンク Innovation Origins 62 Tomorrow is Good: why German automobile club study is the anti-electric lobby at its finest - Innovation Origins In this blogpost Auke Hoekstra points out the Top-6 errors people make, when they trash talk electric vehicles. A new ADAC study makes 5 of the 6 errors.
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
JAFさんに書き送りました。 「率直に申しまして、元になったADACの見積もりは「ニセ科学」と呼んで差し支えない内容と存じます。日本ではこのような情報を耳に心地よく感じられる方も多いかも知れませんが、誤った情報は結局、騙された方に損失をもたらし、ひいては国益を損なうものと存じます。」
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
調べ直す段階で"IFO"による同様の手口のニセ科学主張を見つけたので、そっちのdebunkingもメモっとく。 transportenvironment.org/news/electric-…
リンク www.transportenvironment.org 74 Electric car ‘hatchet job’ debunked | Transport & Environment A study claiming that electric vehicle produce more carbon emissions than a diesel car has been promptly debunked by academics and experts in Germany, where it was published last month. The Institute for Economic Research (Ifo) was roundly criticised over
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
・内燃機関車の燃費に実燃費と4割方かけ離れたNEDCを使用 ・電力の排出原単位に実際よりも5割方多い値を使用、理由の説明もなし ・バッテリ製造時の排出量に、その後下方修正されて無効な値を使用 さすがにVWも反論を入れている。faz.net/aktuell/wirtsc…
リンク FAZ.NET Reaktion auf Sinn und Buchal: E-Autos sind gar nicht so umweltfreundlich? VW kontert E-Antriebe sind nicht sauberer als Verbrenner, sagen einige Kritiker. VW tritt dieser These jetzt mit einer eigenen Studie entgegen – und heizt damit die Debatte um die Zukunft der Mobilität weiter an.
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
ついでに、あちこちで引用されている「マツダが見積もったところ、ガソリン車よりEVの方が排出量が多い場合が」との件について。これはマジメな見積もりで、原論文はこちら。mdpi.com/2071-1050/11/9… ただし、将来の話に拡張はできない。(続く)
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
・バッテリの寿命想定が、最新技術に比べて短い。テスラ等は数十万キロ持つ。survey.pluginamerica.org/model-s/charts… ・電源の排出原単位が今後も減らないとの仮定(今後減るだろうことにもちゃんと言及あり) ・バッテリ生産時の排出量データにやや古いものも含まれる(そこの調査の必要性にもちゃんと言及あり)
リンク pluginamerica.org 4 Battery Survey « Plug In America
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
電源の排出原単位がどう影響するかは、先ほど紹介したMITチーム提供の可視化サイトで見当が付けられる。 CustomizeタブでElectricity emissionsを変えられる。 carboncounter.com 今の日本よりもさらに高い排出量を仮定すると、EVとICEが被る場合も出てくる。でも全体的には、やはり削減。 pic.twitter.com/SS9zEBgbSF
拡大
拡大
リンク carboncounter.com 1 user 1570 Carboncounter | Cars evaluated against climate targets Find out how your car compares to climate targets — and to other cars — based on its emissions and costs.
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
つまりマツダさんの見積もりは「現時点ではあまり変わらないケースもある。でも今後はEVが有利になるだろう」という論拠にはなる。でもこれをもって「だからEVなんて無駄なんだ」という主張をするなら、詭弁になります。
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
あとトヨタさんもHVについて見積もられているそうで、こちらはMITチーム等の見積もりと似た結果。 nikkei.com/article/DGXMZO… 今のHVのエンジン効率をさらに2割上げて、さらにバイオ燃料も混ぜて、ようやくHVがEVと並ぶ感じ。 pic.twitter.com/NmZAer7FhS
拡大
リンク 日本経済新聞 電子版 24 users 410 エンジン、熱効率50%でEVしのぐ トヨタや日産 2030年にかけて、ガソリンエンジンが急速に進化する。トヨタ自動車と日産自動車、ホンダの日系大手3社は、ハイブリッド車(HEV)用で熱効率を大幅に高める技術革新に挑み始めた。走行時だけでなく生産から
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
バッテリ生産時の排出量も、確かに現時点の中国等の平均的な電力を使って生産すると多そうだけど、たぶん今後は減る。太陽光や風力がそろそろ中国でもコストパリティなんで、工場等でも直接使い始めるんじゃないかな。 bloomberg.com/news/features/…
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
あとたぶん既存のLCA報告では考慮に入ってないけど、EVの電池って交換後もさらに定置型で再利用できたりするので、それも考慮するとさらに排出量削減効果が大きくなるはず。 nikkei.com/article/DGXMZO…
リンク 日本経済新聞 電子版 1 user 132 増えるEV電池、大型蓄電で再利用 伊藤忠まず中国勢と 伊藤忠商事は中国の電気自動車(EV)用電池リサイクル企業や中国EV最大手の比亜迪(BYD)と連携し、2020年にも車載用電池のリユース事業に乗り出す。再生可能エネルギー向けの大型蓄電池としての利用を
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
というか設立からわずか8年でこんな「都市」を丸ごと造ったりしてるんでっせ…。到底、成長速度を見くびる気にはなれない。qz.com/1586552/inside… pic.twitter.com/FB4WDgLx3Z
拡大
リンク Quartz 22 Inside CATL’s massive battery factory and the city that supports it The company employs some 15,000 people and it provides housing to many of them on the industry's campus.
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
別角度からの写真。やはり工場の屋根には太陽電池ぎっしり。その分、排出原単位も低くなっているだろう。magzter.com/articles/4212/…
リンク www.magzter.com Electric Battery Makers Should Fear This Factory China’s CATL is building a mammoth plant as it tries to expand abroad
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai
メモ:リチウムイオン電池の需要は2010→2018年で8倍に。2014→2018年で比べても3倍。automotive-iq.com/electrics-elec… 価格は2010年時点で$1160/kWhが2018年時点で$176/kWh。2024年には<$100/kWhか。 こんな調子だと、ほんの数年前のLCAデータでも役に立たんはず。 pic.twitter.com/f6vU2vybDl
拡大
残りを読む(4)

コメント

Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2019年11月22日
私自身も独立に論文を漁ってみたところ、確かにEVの排出量、特にバッテリ製造部分の排出量の見積もりには、調査年、種類や構造、対象地域等によって大きなバラツキがあります。しかしとりあえず、最近の量産効果や技術の向上を考慮すると、数年以上古いデータは迂闊に採用しない方が良さそうです。
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2019年11月22日
まとめでも紹介しましたように、石炭火力の多い中国でもメーカーが再エネを利用していたりして、必ずしも排出量は高くありません。2年前の見積もりでも、100kg-CO2/kWh前後の値が報告されています。 https://www.mdpi.com/2071-1050/9/4/504
Keiichiro SAKURAI @kei_sakurai 2019年11月22日
また冒頭のHoekstra氏も引用されてますが、2019年の報告だと65kg-CO2/kWhです。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2542435119302715
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする