アプリで作成
2019年12月29日

「星が何かもわかっていなかったのに…」竹取物語でどうしてあの時代に月が人の住むことのできる「場所」として認識されていたのか?

まとめました。
88
清少納言 @seisyounagon_

竹取物語の一番SFなところって、あの時代に月が人の住むことのできる「場所」として認識されてたって部分ですよね。 星がなんなのかもろくにわかってなかった時代にどうしてそんな考えが生まれ、そして広く受け入れられたのか本当に謎。

2019-12-28 22:41:33
𝐑𝐅 @hal1929

@seisyounagon_ 私の推測ではありますが、竹取物語は全体的に仏教の影響がとても強く、 天には天人が住んでいるという前提があったので、その影響かなぁと思います

2019-12-28 22:56:07
牛キング(たましいのすがた) @tikuou

@seisyounagon_ 月を惑星のような捉え方ではなく「異界への入り口」と考えられてた可能性がありそうですな 神隠しや人外の領域に至る門、神社の鳥居の結界などに似たようなイメージをもっていたのかも

2019-12-28 23:36:55
大暑 @tabataba_bro

@seisyounagon_ 日本書紀の記された奈良時代には既にざっくり「神様が住まう天界」というイメージはあったはずなので、はっきりと大地があるという認識ではなく、神々の世界の一部としての美しい月なのではないでしょうか。

2019-12-28 23:58:53
あべくら沁 @abekura_shin

@seisyounagon_ @ray_fyk 『淮南子』(紀元前2世紀)が7世紀後半には、すでにわが国に伝わっていました。『日本書紀』の執筆を担当した渡来人は、その中の神話をもとに「天地開闢」の話を書いたのは有名です。 その中に、「不死の薬を飲んで月に行った嫦娥の話」もあります。『竹取物語』の作者も、当然読んでいたのでしょう。

2019-12-29 05:28:56
な4-428 @heads428

@seisyounagon_ 中国の嫦娥伝説で「月宮に帰る」という展開が出てくるので、独創的な概念というわけでもないです。

2019-12-29 08:42:25
やまねこ@漢文 @yamanekokanbun

@seisyounagon_ @kotonoha_yakata rfさんのおっしゃるとおり、月宮殿には黒衣白衣の人がいると考えるような仏教的観念の影響が大きいのではないかという気がします。

2019-12-28 23:42:27
パグ次郎ラモ @pagu26ramoumou

@seisyounagon_ 作者は紀貫之という説もありますが、そらに浮かぶ月=常世の国みたいな認識だったのかなぁ。

2019-12-28 23:32:26
やっそ @yyasso

@seisyounagon_ @ipodstyle 京都の鞍馬神社、金星から来た魔王を祀ってるんですよね。魔王が来る場所としての金星ってどんな認識だったのかとアタマくらくらしました。

2019-12-29 10:03:28
くじら @yubaywww

@seisyounagon_ @angelusace まぁウサギが居たくらいですから! (メルヘンな回答)

2019-12-28 23:39:29
清少納言 @seisyounagon_

春はあけぼの。定子様が好きで好きで仕方ない平安貴族です。只今絶賛宮仕え中。 エッセイスト/古文解説/ガチ百合 「逢坂の関越えさせろ」みたいな和歌はスパム報告&ブロック。出家・東下りはご自由に。 ※ファンの非公式botです。

mangalifewin.takeshobo.co.jp/rensai/kiminot…

コメント

ゆゆ @yuyu_news 2019年12月29日
星が何かわかってなかったから「月に人が住める」って思っていたのでは? 島が見えたら無人島であると考えるより「人が住んでる」と思うだろうし。
19
まっぴー @WhoThenNoFire 2019年12月29日
夜の空に浮かぶ光る丸を星だと認識しているとしたらすごいって話では
50
よむ @mtnejpx- 2019年12月29日
雲が何かわかってない子供が乗れると思ってんのと変わらないと思うけど
44
ヒジャチョンダラ @citabow 2019年12月29日
月食が月に映る地球の影だと説いた紀元前のアリストテレスがやっぱり凄いと思う。
46
つきみえび @Tsukimiebi 2019年12月29日
満ち欠けするから「空に浮かぶ何らかの球体」くらいの認識は早い段階からもってそう
12
しゃーきち @sk_tak 2019年12月29日
鞍馬寺の金星云々の話だけど、あそこは戦後あたりから神智学系の新興宗教になってますので。
2
kadochika @kadochika 2019年12月29日
「住民がいる」という概念はあっても、「住民がいるとしたら具体的にはどういう風に住んでいるのか」ということを真面目に考えた人はあまりいなかったんじゃないかと…真面目に考え抜いたとしても、それを現地に行って確認する手段が実際に製造できたのは第二次世界大戦あたりのことですしね
6
fumi @karakararen 2019年12月29日
竹取物語の月人って「只の人」では無いよな。 竹取の翁や帝とは姿形は似てても根本的に違う存在として描かれてる。 月に帰る姫も月人の衣を纏うと翁に関心を示さない非人間的存在になってしまう。 竜宮城が海の中にあるのと同じで、只人の在らざる場所と考えられたからこその月では?
45
さえば @saeba_1250 2019年12月29日
この方自体かなり知識豊富なはずの清少納言さんに、中国古典クラスタがマジレスするこの集合知続々の瞬間好き。
8
ハイホー @Ho__Hi 2019年12月29日
なぜ「人の住む場所と認識していた」ことが前提になってるのか。その理解がそもそも間違ってる可能性もあるのでは。
3
gaheki @gaheki 2019年12月29日
しかしあの時代によく帝や公家を噛ませ扱いする話が書けたなぁと思うわ だからこそ作者不詳なんだろうけど
25
たるたる @heporap 2019年12月29日
「遠くにある物ほど実物より小さく見える」という理解と、「見かけは小さいけど「非常に遠くにある」から、実体は人が住めるほど大きな場所である」という理解が必要ですね。
1
たるたる @heporap 2019年12月29日
見かけの大きさと実体の大きさの関係を理解できていないと、星を瓶に入れて集めたい、みたいな理解になる。
1
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2019年12月29日
気を付けないと、現在の知識でバイアスがかかってしまう、という例なのかも。
13
ひるね @mzWo1y3xA2WWs7K 2019年12月29日
かぐや姫は宇宙人という説を推したい。月から来た設定はわかりやすさのためであり、本当はもっと遠い星から来たのかもしれない。
1
乱土(労馬|軽石庵) @karuishian 2019年12月29日
星が何か解っていないのなら、星をどう解釈しても良いわけで。後は想像力の問題であろ。
4
あなぐま @badger2635 2019年12月29日
星の神様なら日本書紀にも登場するけどね。天津甕星。
0
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年12月29日
まぁ月に兎がいるというのも東アジアではかなり長くある伝説だし。ちなみに月にはおっさんがいる呪いにかかっているのでシェアしときますね。 https://togetter.com/li/1405971
7
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年12月29日
国生み神話がある国では「地球以外に人を模した存在がいて、そこから彼らがやってくる」のは国民が共通認識として持ってるだけで、それは知識やのうて想像力の問題や
0
_ @readonly6582 2019年12月29日
雨や雪や雷が「降ってくる」のだから、(1)上方向に空間がある (2)降らせてる誰か「いる」or何かが「ある」ところまでは、星の正体を知らなくても考えつきそう
1
負け猫 @MM4kLZhakRIZqSx 2019年12月29日
かぐや姫って結局何をしたかったんですかね。燕の子安貝とか火鼠の毛皮なんて別に欲しくもなかったでしょうに。ロマンはあるけど何考えていたかよくわかりません。魔性の女っぽい。
0
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2019年12月29日
そうか海山の向こうより目に見える場所なのか
0
カスガ @kasuga391 2019年12月29日
月ぐらいなんだ。ルキアノスの『本当の話』やシラノの『日月両世界旅行記』だと、太陽の上にも国があって住民がいるんだぞ。
1
MoDMoDMoD @MoD87233696 2019年12月29日
MM4kLZhakRIZqSx 無理難題で諦めさせたかったのでは?
11
きさら@冬が来た @m_kisara 2019年12月30日
「高天原」の文字を見ても空の向こうに天人の住む場所があるって考えてたのがわかるし、月は洋の東西を問わず美女のアイコンとなってたし。
4
でき🌂 @dekijp 2019年12月30日
月の神様ならツクヨミ様ですが、月に住まわれているわけではありません。かぐや姫の月の使者は月に住まわれていたのでしょうか?
0