【国の借金は返さなくていいらしい。】なんとなく分かるけど、もっと仕組みを知りたい方へのまとめ。#借換債 #カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次

桂木健次先生(元富山大学経済学部)の文献「政府債務の償還と財源の通貨発行権(借換債と交付債)について」の理解の助けになれば。 日銀保有満期国債は国債整理基金の「借換債」となり、市中銀行介して日銀買上することで還したことになり、国債整理基金は「公債金」という他の市中国債の償還財源まで得られてしまう。 日本に借金問題ねーじゃん、という仕組み。
日本銀行 国債 償還 借換債 現先取引 経済
31
cargo🌹🐾💴 @cargojp
#山本太郎 が言ってる「借換債とは何だ?」とか「国の借金は返さなくていいの?」と疑問を感じられた方も多いでしょう。 ここに、素晴らしい教材がありました! 難しい論文を読む必要なし。蝙蝠さんマンガが完璧過ぎるのでぜひ見てほしい。(これなら桂木先生も納得のはずw) note.com/koumori2019/n/… twitter.com/cargojp/status…
リンク note(ノート) 2 users 35 反・緊縮のまんが 第八話 将来世代への負担?国債って?|蝙蝠|note 反・緊縮のまんが 第八話 将来世代への負担?国債って?
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@cargojp やさしい描かれています。終わりのところ、借換債が日銀によって引き受けされて食べられるところの突っ込みが欲しい。①その分が「借金の帳消し」になる通貨発行で、②「日銀が保有する国債」が満期満月になると 「私はお金になれる」と告げる。③借換債は、それを償還会計か迎える架け橋。
cargo🌹🐾💴 @cargojp
@kenjikatsu 蝙蝠さんいわく現先に触れると説明が複雑になりすぎるから割愛したとのことでした。 私自身も簿記の知識が足りないため、現先で政府保有借換債の肩代わり(?)をして市場からの公債金の資金を得る程度しか理解していません。もう一歩先の説明をするコンテンツを作れるといいのですが…なにぶん難しいとw
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@impact_free_mk2 @raycy 現先勘定とは、借入ではなく、満期到来で現金化する国債を「現金」のままに仮置きして、政府側が発行する借換債を買上する形式で特別会計の財源に供与する経理。
cargo🌹🐾💴 @cargojp
事実①「どの国も借換を繰り返し返済を永久に先延ばしにしている。つまり返済の必要はない」 事実②「日本では減債基金を採用しているが、実際には永久借換状態であるし、借換時には日銀が直受けしている」 詳しくは桂木教授か蝙蝠氏の資料を参考に… slideshare.net/kenjikatsuragi… note.com/koumori2019/n/… twitter.com/itisaburo/stat…
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@raycy @monzenkozo100 @cargojp 新発行債ではない「借換債」は、未償還の国債発行残高にカウントされません。それは日銀保有満期到来債から取り崩す債券なのです。借換債を含めた1966-2019年度の発行債トータル1083兆円から既に償還されている額面並びに「日銀買上が償還である」借換債を除いた額面が、政府負債として残るのです。
リンク onedrive.live.com 借換債発行と償還.xlsx Microsoft Excel Workbook
門前小僧 @monzenkozo100
@kenjikatsu @cargojp >借換債そのものは、立て替えた市中銀からの日銀の買上のときに、図㊧側の日銀内の経理で相殺される 「経理で相殺」とあるのですが、これは日銀による現金(銀行券)発行により相殺される、ということですか? twitter.com/kenjikatsu/sta…
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@monzenkozo100 @cargojp 発行に形式的になっているが、現先したときに▼発行銀行券しているから通貨増に成ってはいない。
門前小僧 @monzenkozo100
@kenjikatsu @cargojp 日銀内で銀行券発行→借換債を消化する、ということですか?
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@monzenkozo100 @cargojp 特会からの借換債を日銀代行して現金渡しているから、日銀は通貨を渡します(当座預金に書き入れ)が、日銀経理では現先したときの仕訳と相殺になる。
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@monzenkozo100 @cargojp 日銀のほうの現先経理とは、政府(償還特会)の側では「借入」とされる。その借換債を(市中銀行に売ることを介して)日銀に買い戻して貰うことが「借金」を返す償還ということになる。
門前小僧 @monzenkozo100
@kenjikatsu @cargojp 夜分遅くまで申し訳ありません🙇 政府(特別会計)側は、借換債を日銀から「借入」れ、市中銀行に売却して、 日銀がこの借換債を買い戻した時に、借換債の償還となる ということでしょうか?
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@monzenkozo100 @cargojp ここが日銀に法貨日銀券の発行を預託してそれからの通貨発行益を政府が取り出す「味噌」なのです。交付債等にしても然りです。
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@monzenkozo100 @cargojp その仕訳が、  貸付証券(銀金)現先証券  (▼発行銀行券) ↕          相殺              ↕  借換債(現先)   当座預金   (発行銀行券)
create commons @create_commons
@kenjikatsu @monzenkozo100 @cargojp 桂木先生いつも勉強になります。 "貸付証券(銀金)"の銀金とは何ですか?正式名称があれば教えてください。 それから、もし日銀が満期保有債を借換に回さず、発行銀行券減数をする場合、政府預金の減少になりますか。 それとも市中銀行の日銀預け金が減るケースもありますか。 お教えくださいませ
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@create_commons @monzenkozo100 @cargojp すみません😢⤵⤵「現金」のミスです。満期到来債(現金化)は、その当該債が借方で🔺すると一緒に、貸方「発行銀行券(現金)」勘定の減数🔺で、バランスシートが縮みます。
create commons @create_commons
@kenjikatsu @monzenkozo100 @cargojp なるほど!ありがとうございます。 バランスシートが縮む、というと所謂"満期落ち"で、市中銀行の日銀預け金が減少すると考えてよろしいでしょうか。 だとすると、市中銀行バランスシートも、何か負債側が見合いで減ることになるのでしょうか。 重ねがさねすみません💧
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@create_commons @monzenkozo100 @cargojp 理論的にいえますが、中央銀行は、シニョーリッジを政府に渡す定め、現先経理を組んでいます。
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@create_commons @monzenkozo100 @cargojp 中央銀行は、買いオペとして通貨を民間に発行する場合でも、政府に国債の直に渡す場合でも、一旦、  日銀 借方「国債」 / 貸方「発行銀行券」 として、それを  政府預金か民間銀行からの当座預金へ振替ています。反対に通貨を回収(還収)する場合は、すべて「発行銀行券」勘定にもどしています。
create commons @create_commons
@kenjikatsu @monzenkozo100 @cargojp お手数おかけしております。 >中央銀行はシニョリッジを政府に渡す定め 基本的に日銀のオペに満期落ちの選択肢はない、と考えてよろしいでしょうか。
create commons @create_commons
@kenjikatsu @monzenkozo100 @cargojp 何度も申し訳ございません。 借換債償還過程について。 現先取引満期で、日銀が借換債買い上げした後、市中銀行へ当座預金の通貨発行が行われるが、 それは減数処理される定めなので、日銀BSから消される。 但し、公債金による市中短期債償還で、市中銀行の当座預金自体は減らない、となりますか?
カントリー・ゼントルマンこと、桂木健次 @kenjikatsu
@create_commons @monzenkozo100 @cargojp はい。①で🔺発行銀行券される分が戻されるだけで、当座預金のほうは、特別会計から借換債を買った🔺が日銀に買上されて戻されています。
残りを読む(6)

コメント

すぷら @ayaya0089 4日前
「60年償還ルールがあるのは世界で日本しかない」って、仮にそうだとしても結局「日本では返済の必要がある」ってことでしょ。外国で自衛隊ような縛りがないから、自衛隊に縛りはないなんてことにはならないよね。
vault101の首輪付きドヴァキン @vault1018 4日前
ayaya0089 現政権を見習って都合の悪い法律はどんどん変えれば良い。財政法も根本的に見直す必要がある。財務省が緊縮財政なのは財政法で緊縮財政を義務付けられてるからだからな。
ゆっきーおじさん @vicy 4日前
借金は返さなくていいって言い方もなんだなぁ。 野党やメディアみたいに、国家破産だ~ってのは的外れだけどさ。
aioi_au @aioi_au 4日前
借金というより株に近いよね。 配当は払わないといけないけど、株を買い戻してまた渡すとかしないでしょ。
aioi_au @aioi_au 4日前
外貨積なら借金だと思うけどね。
ハドロン @hadoron1203 4日前
論外だ。満期になっても現金化できない国債なんぞ誰が買うんだよ。国債の原資は個人や法人の金融資産やぞ?
たけ爺 @take_ji 4日前
”ずっと借り換えしているから平気。借り換えもどうせ国民の資産からだから、怖い取り立てはしてこない” そう言っているだけじゃないか。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 4日前
hadoron1203 その理解も少しズレてる、そもそも国債を購入した個人や法人にとって、その購入した国債そのものこそが金融資産だ
すぷら @ayaya0089 4日前
vault1018 緊縮財政なのに、なぜ「国債発行額がどんどん積みあがっていく」という状況が生まれていると思うのですか? 直近10年度の財政収支でみても、日本は他の先進諸外国と比べてもマイナスが大きい方ですよ。
すぷら @ayaya0089 4日前
緊縮財政だと思い込んでる人は、社会保障費の自然増(1年で約2兆)に対応するためにやってきた負担増と歳出削減・付け替えをみて「緊縮だ」と感じてるんだと思うけど、総支出でみたら増えてるし、財政赤字もずっと続いてるよ。
ざわ @zawayoshi 4日前
国の借金は返済する必要はないなんて言うけど、返済の必要はあるのよ。返済能力がない国債なんて投資する人いないわけだからさ。
ぽんぽん @apocalypse1706 4日前
たしかインフレで金利分を吸収するんだっけか。だったらそもそも国債投資なんて損するばかりだと思うが。
nMaAmMeE @jkgkikllh 4日前
なんで日本だけそのシステムでうまく言ってるのかの説明を聞いたことがない。世界じゅうの国で借金しまくったらいいのにそうはなってない。
Alpha with CUB&GSR @2525_Alpha 4日前
借換=(もとの国債の)弁済、なんだけどね。意図的にまとめを無視するのはどうかなと思うなあ。 紙幣が作れる以上、国債は償還できないってことはないんだ。日本円建てである限り。
Alpha with CUB&GSR @2525_Alpha 4日前
apocalypse1706 同じ長さの定期預金金利は通常、その時の国債金利を上回らないのですよ。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 4日前
ayaya0089 高齢化しているんだから社会保障関連費は増えて当然だ。増えてもプラスマイナスゼロだ。
vault101の首輪付きドヴァキン @vault1018 4日前
ayaya0089 国債がどんどん増えてくのは先進国なら当たり前ですよ。日本はデフレで国債発行額が一気に跳ね上がりましたが、額の大きさではなくデフレを脱却出来たかどうかで緊縮財政かどうかを判断すべきなのです。いくら額が大きくてもデフレと低インフレを繰り返す現状はどう見ても緊縮財政ですよ。消費税増税なんてその象徴です。
online_cheker(舶匝(はくそう)) @online_checker 4日前
日銀のITシステム不具合一つで財政破綻に至る恐れがある、ということ。綱渡りであることに変わりはない。
すぷら @ayaya0089 4日前
WATERMAN1996 社会保障費ならいくら増えてもプラマイゼロってことですか?
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 4日前
令和元年は、新規国債発行148兆円の内、この借換債が103兆円。平成2年では新規国債発行26兆円の内、借換債が19兆円。
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 4日前
ともかく、「将来にツケを残すな」と言って現役世代にツケを押し付けるな。
すぷら @ayaya0089 4日前
vault1018 デフレ=緊縮になるのなら、財政支出は同じ状態でも石油の暴騰でインフレがおきたら緊縮ではなくなるってことですよね。財政関係ないじゃないですか。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 4日前
ayaya0089 国有純資産は計算に入れてるかね?
mlnkanljnm0 @kis_uzu 4日前
日本の物価や給料が上がらない理由ですね国債借り換え。政府が物価を上げる政策するようなら、金融機関は低金利での借り換えに応じられなくなる。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 4日前
jkgkikllh つ アメリカ合衆国 ※なお対外債務は戦争で踏み倒す
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 4日前
zawayoshi 「個別の国債を満期で返済する」必要は絶対にある。 その上で、「国債全額を完済する」必要は無いし、何なら「国債総額を圧縮する」必要すら無かったりする
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 4日前
kis_uzu 10年債5%って、ぶっちゃけ現在国内金融市場の市況では地味に高利回りなんよな
easyiizi1111 @easyiizi1111 4日前
国債はいくら発行してもいいんじゃ論の人には、「じゃあ税金なんて全廃して国家予算すべて国債で賄おうや!」という提案には賛成するのか聞いてみたい。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 4日前
ayaya0089 石油高沸で実体経済がスタグフレーション起こす分を組み込んでる?
氷雨(鴎) @kamome54 4日前
ミスリード誘う煽り文句ですなあ個別の国債は返済すべきものだが国債発行残高をゼロにする必要はない
すぷら @ayaya0089 4日前
d2N5Q4GciZtsa2e d2N5Q4GciZtsa2e それらを組み入れたら何が変わるんですか?
ハドロン @hadoron1203 3日前
d2N5Q4GciZtsa2e 期日が来ても現金化できない債権は、不良債権そのものでしょ。バブル崩壊のツケを日本国民がどんだけ払ったと思ってるんだよ。少なくとも税務会計上はキャッシュで回収できない分を貸倒引当金で減損処理しなきゃならん。資産の評価額がそれだけ減るってことだよ。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
ayaya0089 国有純資産:毎年なかなかのスピードで増えており、国債発行総額との差額としての純債務は実はあまり伸びてない  スタグフレーション:そもそもハイパーインフレになったところで財務省が予算激増してくれる訳ではないので緊縮は変わらないどころかモノ換算では緊縮が加速する
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
easyiizi1111 思考実験としては面白いけど、個別の税金には「法規制の側面」があるのと「富の再配分機能」は国債では賄えない問題があるから、全廃となると流石に反対かな。 加えて言えば、国債の信用の少なくない要素は徴税権が担保してる側面もあるし
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
なんか、全体・マスの話と部分・個別の話を区別できずに混ぜ込んで話するヒトが散見されるけど、大丈夫?
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 3日前
米国の政府債務残高はGDP比100%程度で2011年頃から平行線です。 https://ecodb.net/country/US/imf_ggxwd.html
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 3日前
米債務問題に再び火種 上限到達、国債増発困難に:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41929670R00C19A3FF8000/
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 3日前
『米国は議会が政府の予算執行を監視しており、1917年から法律で政府の借入額に制限をかけている。現在は特例法で上限を凍結しているが、3月1日に期限が切れて、2日からは約22兆ドルある現在の債務総額が新たな上限となる。』
すぷら @ayaya0089 3日前
d2N5Q4GciZtsa2e「純資産があるから安全だ」的なことが言いたいのだと思いますが、安全性と(現状が)緊縮か否かは別の話でしょう。安全でもドイツのように借金嫌いで緊縮よりもありうるし、危険でも放漫財政はありうるから財政破綻する国が出てくる。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
mikumiku_aloha 論点は「借入額上限設定の妥当性」「その制限でちょくちょく機能停止させられる米国内行政機関とソレによる損害」であって、米国が借入額規制してることが本邦の国債発行総額規制の正しさを担保しない
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
ayaya0089 国債の市場利回りがゼロ前後を行き来する程度しか国債発行してないのに、緊縮ではないし安全でもないとか主張したい?
すぷら @ayaya0089 3日前
d2N5Q4GciZtsa2e 安全性は判断しませんが、緊縮ではないでしょう。先進諸外国よりも財政赤字が多く、GDP比の債務残高も高い国が「緊縮財政」というほうが奇妙だと思いますが。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
ayaya0089 「GDP比の債務残高」の話するなら、「GDP比の国有資産」も本邦が突出して多いことも加味すべきだよ
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
ayaya0089 あと、繰り返すけど国債の市場利回りが低い≒市場の国債吸収能力にかなり余裕がある現状でソレでも国債発行が現状レベルってのは「緊縮」と評価できる、というのがオレの立場
すぷら @ayaya0089 3日前
d2N5Q4GciZtsa2e 完全に言葉の定義の問題なので、これ以上はコメントしませんが、それは「安全性は高い(危険性は低い)」という話であって「緊縮を行っている」とは別だと思いますよ。
@indvsub 3日前
@ayaya0089の言ってることであってるだろ デフレ=緊縮なのであればインフレ状態ならば緊縮でないということになるわけで スタグフレーションはインフレなんだから石油高騰の話においても緊縮でないという結論になる
@indvsub 3日前
それに赤字が増加してる時点で今の日本はまったく緊縮ではない 収入より多く金使ってる状態を緊縮とは言わん
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
indvsub まぁデフレ=緊縮に関してはオレもちょっと違うとは思うけど、ソレを裏返してスタグフレーション=緊縮じゃないってのもおかしいよね。 財政の放漫/積極/緊縮は市場との相互作用あれど市場のみで決定する話ではなく、むしろあくまで政策が基準にある概念
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
indvsub まぁ普通ならば資産を売却してでもフローの赤字を埋め合わせるのが一般的だが、本邦財政はむしろ逆に国債発行してる癖に資産を買い増ししてるというね
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 3日前
d2N5Q4GciZtsa2e 政策としての緊縮→市場デフレという矢印は描けるだろうし、全く無関係って訳でもない