アプリで作成

「日本語は変わる」約50年前の駅のお知らせに使われたフレーズが世代によって受け取り方が変わってくる

まとめました。
言葉 日本語 せいぜい
276
やみつき @yamitsuki_cycle
@mtkansai @1059kanri 2の意味なんでしょうな。ネガティブなイメージが強いけど。 pic.twitter.com/0ytymStYFb
拡大
Satavy@ちえりすと @satavy
@mtkansai いつからある看板か分かりませんが、加賀白山でも見た事があります。 pic.twitter.com/zIz3XqhHTM
拡大
真似屋南面堂 @ahnighito
@mtkansai @yoma_kenichi せいぜい頑張って欲しいものです、と
よーま / ケンちゃん @yoma_kenichi
@ahnighito nhk.or.jp/bunken/researc… >「せいぜい」はもともとは積極的な意味で「がんばって」という意見を示すものでした。これに対して、時代が下ると「(まあ、がんばったところで)たいしたことはないだろうが」というような、マイナスのニュアンスが伴うようになってきたのです。
cocoro the sea @CocoroSea
@mtkansai @yasuharu3 誰かが嫌みの言葉で使ったのがウケてそっちが広まった、とかなんでしょうか pic.twitter.com/0SJE6aSLu2
拡大
ハヅキチ @y_haduki
@mtkansai @Rita_Cinquetti 「ふるってご利用ください」という意味なんでしょうね。
歌う国鉄厨(資金温存中) @Iwakyu_k
@mtkansai 先日読んでいた本でもこの言い回しが有りました。文字の意味からもしっくり来る感じで私も使ってみようか、と思ったのですが誤解されそうなので止めておきます(^^;;
Jöhnnÿ【全ち。公認ロバ】 @JohnnyMetalJPN
@mtkansai @ishiimark_sign 「せいぜい」以外は、今でも普通に使う気がする。 つか、「せいぜい」は当時も今も誤用。 「是非ご利用...」って言いたいんだろう。 ただ、25年前の大阪JRで同様の使い方をしている構内アナウンスを聞いた事はある。西日本の(?)公共交通機関に(?)何故か(?)はびこってる誤用なんじゃろか?
オーシア連邦空軍省 @RD_FUZE
@mtkansai かねて、きたる、せいぜいは自分の周りじゃ全く使ってる人いないですねぇ…
*NEW HOUSE* @newHouse1973
「高々」も、「多く見積もって」というニュアンスで、コンピュータの計算量について述べた文章とかで見るな。 最初目にした時は、「高々」に対してそれまで「たったこれだけ」というニュアンスでしか触れた事がなかったので、凄い違和感あった。 twitter.com/mtkansai/statu…
えんぬっ!@うんちくん( ꒪⌓꒪) @pana_4545
今と『せいぜい』の意味合いが違うね?...今だとイヤミっぽい意味だけど。 twitter.com/mtkansai/statu…
t_yano @t_yano
昔、首相だかが「せいぜい頑張ってください」って言ったら、別の政治家が批判して、これと同じ用法なんで「あれは懸命にって意味ですよ」と他の人に指摘されてちょっと恥かいたみたいな話があった記憶が。 twitter.com/mtkansai/statu…
sin456 @sin4565
「せいぜい」… 間違ってないそうです。 twitter.com/mtkansai/statu…
Cellie Payes @iloveminty1006
小学校んとき、高齢の校長先生の言葉が分からないことがあった。 古い日本映画(戦後のも)でも、こんな言い方するのかと驚いたのが結構あったなぁ。 資源回収のときにどこかのお宅から古い教科書が出てきて読んだら、それも似たような趣であったなぁ。 変化を知るのは楽しいな。 twitter.com/mtkansai/statu…
TAKAHASHI, Akihiko @inarimae
「せいぜい」の意味の変遷、自分も世代的にはこの用法を見てるはずなのだけど、ネガティブな使い方しか知らなかった。リプライに「せいぜい頑張る」という例が散見されるのが面白い。「頑張る」は逆に元々はネガティブな意味で、実際最近までそういう使い方は見かけた。 twitter.com/mtkansai/statu…
きっポジ@KITPOSITION @kitposition
以前福田首相がオリンピック選手団を激励した時に「せいぜい頑張って」と言って物議を醸したことがあったけど、昔はネガティブなニュアンスなしで使われてたんだね twitter.com/mtkansai/statu…
𝕜𝕒𝕚26w(初音ゲーミングch.) @kai26w
変わって…なくない?? 「せいぜい」って精一杯とかたくさん、最大限にって意味でしょ。今は「せいぜい頑張れ😉」みたいな嫌味な使い方が多いけれど、これも精一杯頑張れってことでせいぜいの意味は同じ。 twitter.com/mtkansai/statu…
ちゃちゃ @ChaCha_0a
いや、『精々』だからこれ。 『是非ご利用下さい』でも、『ふるってご利用下さい』でもない。 『精一杯利用して下さい』 だよ。 出来る最大限のって意味。 精々をネガティブと捉えているのが、変化したところだと思うな。 twitter.com/mtkansai/statu…
ぽんず @33ponzu
もともとは嫌味でなかった言葉が嫌味となり、また元に戻り若い世代では応援の意味になったということでしょうか? 私の世代は嫌味として使われてたのであまり良い印象はないですね。 twitter.com/mtkansai/statu…

コメント

ヒジャチョンダラ @citabow 2020年2月14日
「上等のかつおぶしを、せいぜい薄く削り~」は錦木(にしきぎ)と言う料理だそうだ。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年2月14日
福田首相が使った時サヨクが騒いでたな。正しい使い方だって指摘されても「今はそういう使い方はしないから間違いだ」って強弁してたなー。
いとけい @itokei_ 2020年2月14日
これ2つの意味でイントネーションは同じですか?(年齢はアレだが後者で使ったことがない)
鈴谷大母神 @sasakakater 2020年2月14日
英語におけるniceも意味が変化した言葉として有名だけど、こういうのってその当時の人々が皮肉っぽく使用した結果意味が逆転していくのだろうか。
trycatch777 @trycatch777 2020年2月14日
地元のバスでいつも流れてたアナウンスも「せいぜいご利用ください」だったので特に違和感なかったけどなぁ…
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2020年2月14日
「精一杯、力の及ぶ限り、ご利用下さい」でも新路線の説明としてはやや違和感というか、謎の圧を感じるから、多分ニュワンスを捉えきれてないんだろうな。
カブサカモト @SakamotoTosu 2020年2月14日
「いちいち」という言葉も、今ではネガティブに受け取られるが、 数十年前は熱心に漏らさぬようにという肯定的な意味で使われていて、 去年のテレビの記録映像番組の中で「皇太子さまは係官にいちいち質問されておりました」というナレーションもありました。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2020年2月14日
日常的に普段にって意味じゃ…って、それは「平生(へいぜい)」だった。
mocilol @mocilol 2020年2月14日
マイナスからプラスに変わった例はないのかな
ネオニダス a.k.a. 2Pac @Neonidus 2020年2月14日
最初の画像だけ見て「勢々」みたいな漢字で「みなさん」的な意味なんかなとか思ったけどそうでもなかった
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2020年2月14日
最初から悪い言葉として生まれた言葉は少ないんだろう。 大人が「僕が考えた最強の悪口」を言える訳もないし。   これからの日本人もせいぜい頑張って日本語を変化させていけ
MS-06S もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年2月14日
時代で意味合いが追加されても元の意味が消滅するわけじゃないからな。
denev @_denev_ 2020年2月14日
sasakakater いや別に変化してないでしょ。
ITAL @ITAL_ 2020年2月14日
mocilol 「こだわり」ですかねえ。自分ではプラスの意味合いでは使いませんが。
- @0000blanc 2020年2月14日
最後の人、何言ってんの…?
Tadashi @tadashifx 2020年2月14日
mocilol 「ヤバい!」とか? それは今後定着するかどうか分からないので別の例をググったら「素晴らしい」は昔は悪い意味あったみたいです。
aki @Yy7_f 2020年2月14日
「貴様」とかもそうなんかな
しぇりりん(令和の次はがんばる) @m_sheririn 2020年2月14日
これは赤池のレトロでんしゃ館かな?無料でこういうのが見られる結構おすすめスポットです(ダイマ)はともかく、せいぜいは精々って書くから元々はそういう意味だったってのはわかるなぁ…
白石玄人 @ShiraishiGento 2020年2月14日
togetterにせいぜいコメントしてくださいますよう。…うん、煽ってる感凄い。
denev @_denev_ 2020年2月14日
yellow_chikuwa まとめの中にもありますが、今の表現では「ふるってご利用ください」が一番近いと思います。
とりん(・と・) @trinh_JP 2020年2月14日
魯山人の「たくさんに添えて出す」の「に」の用法はなかなか違和感がある。
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2020年2月14日
やっぱり「しらけ世代」辺りの価値観の影響を受けて変化したのだろうか。
スロバキアーニ @slovakiani 2020年2月14日
昭和のアナウンサーの話す日本語は今より比較的丁寧で個人的に好きです。「○○においては~□□でありまして~」というような…。今のテレビの日本語はイントネーションがめちゃくちゃだったり、人に対する敬意が感じられない。若者言葉やネットスラングが荒れていくことにも寄与してるのではないかとすら感じますね。
スロバキアーニ @slovakiani 2020年2月14日
slovakiani 一億総中流の頃と現代を比較すること自体が間違いかもしれません。所得で心の余裕がなくなれば、他人を見下したり攻撃する言葉を吐く人間が増えるのも納得できます。しかもネットというものが登場して、罵詈雑言を吐くハードルも下がってしまった。
愚者@ 3/22観音寺オンリー音34 @fool_0 2020年2月14日
誤用でも「一般的な意味ではそうなっているから」と押し切られる例は数十年どころか数年単位で起きてるしなあ。草食系を大人しいという意味で使うのは、当局未だに認めていない。
逆らわずに右へ🎌如月/パン祭🎌 @coffeerabbit27 2020年2月14日
「(あなたの力の持てる限り)せいぜいやってみたら良い」という()の言葉にされていないニュアンスの、いわば言外の部分の方が、なぜか「精々」という実際の言葉よりも前面に出てくるのは不思議だな
白石玄人 @ShiraishiGento 2020年2月14日
意味の変わった言葉といえば「ペンは剣よりも強し」が印象強いな。 本来は「革命しようとしてる奴らなんか死刑執行や逮捕状にサインして、すぐに犯罪者に出来るんだから逆らうなよ」とかいう権力側からの言葉だったらしいけど、今は知っての通り。ある意味ペンの力を悪用してる奴らは元来の意味に近いことしてるけど。
_ @wholescape 2020年2月14日
こ、これは、孤独のグルメの2巻に描かれている、五郎さんが小雪さんとの最後のデートにおいて「せいぜい頑張って」といわれて、今もその「せいぜい」の意味について尾を引いている描画がある件そのものなのでは!?
とらくろ @trakron 2020年2月14日
「~かしら」ももともと「~かしらん」←「~か知らん」で推量を表現する言い回しだったけどすっかり女言葉になったねえ
@D9hV1M7YOI3PZCj 2020年2月14日
mocilol 「全然~」とか?「全然~ない」で否定で使ってたのが最近は否定以外でも使うようになってる。もともと否定の意味はなかったらしいけど
どんちゃん @Donbe 2020年2月14日
おお、わが地元の「あらたまばし」だ。 これ、初見で読めた人いる?
夢浦忍 @Y_SINOBU 2020年2月14日
Amazonプライム・ビデオで見た初期のサザエさん見ても、けっこう現在の言い回しとズレを感じることはあった。磯野家の近所の小さな公園を「遊園地」と呼んだり
ATM-09-DD @ATM09DD 2020年2月14日
一生懸命で解説の信頼性低下
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年2月14日
( ×H×)y-~~「がんばれ」も昔はあまり応援に使われなかったという話を読んだ記憶があるんだけど定かではなくて。
伍長 @gotyou_H 2020年2月14日
「あっそう」も、今じゃ無関心や突き放し的に使われてるけど、かつて天皇が遊覧だか慰撫だかの際の受け答えとして言い出したのがきっかけで流行語として広く分布した。きっかけが天皇だから当然ネガティブなニュアンスはなかった。
ヌル刈り @nullreap 2020年2月14日
mocilol 『全然』とかほとんど無いからすごく有るって変わってる
杉子 @0401Sn 2020年2月14日
顔文字の^^がある年齢層以下からは煽りに見える現象に近いものを感じる
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2020年2月14日
「わざわざありがとうございます」の「わざわざ」ってネガティブ(ありがた迷惑とか、恩着せがましいとか)なニュアンスがあったと思うのだけど、なんか若年層(といっても30代より下くらい?)はポジティブな「おかげさまで本当に助かりました」とか「御好意うれしいばかりです」みたいに使う人が出て来てるみたいな(全国的でなく、たまたま私が目にしただけだったらすいません)。
男山 @otokoyama_rx 2020年2月14日
厳しい状況に置かれた主人公に悪役が「せいぜい頑張ることだな」って皮肉で言ってたのが、そのままネガティブな言葉と思われるようになったんだろうな
スミッチ(停滞中) @tododesuga 2020年2月14日
地下鉄4号線 金山ー新瑞間てのが
番兵君 @banpeikun 2020年2月14日
せいぜいおきばりやす
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 2020年2月14日
あらゆる言葉はすべからく変化するのである(誤用)
ロペス課長(47)@喪中 @Atsunori_Lopez 2020年2月14日
篠崎晃一先生(方言学・社会言語学専門)の著書に「『せいぜい』は関西・東海地方の一部で『できるだけ・せいいっぱい』の意味"でも"使われている」と書かれているので、これはやっぱり意味が変わったんじゃなく共通語と方言で意味が2つあるタイプでしょう。
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年2月14日
hihumi_yoitu ( ×H×)y-~~本来の意味でも意味が通っちゃうのが困るw
フルグラ美味しい @frugura 2020年2月14日
昭和49年3月は50年前なんかじゃないやい(絶叫)
クリームソーダ飲みたい @aux71011634 2020年2月14日
確かになんか皮肉っぽい印象。「せいぜい足掻くんだな!」みたいに悪役が使うからかな?
SAKURA787@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2020年2月14日
高校生の頃に買ってた犬が死にそうなとき友達に「いよいようちの犬がダメそうだわ」って言ったらなんか怒られたことがあったし、某元総理は二通り意味のある言葉を正しい意味で使ったのに叩かれたりもしてましたので。まぁ良くあることだと思います。
Briza Maxima @maxima_briza 2020年2月14日
「済々(さいさい)」の読みを「せいぜい」と読み間違える人が多かったのだろうか
上野 良樹@C98サークル参加申込みました @letssaga3 2020年2月14日
Yy7_f 「き‐さま【貴様】 (中略)(1)中世末から近世初期頃にかけて武家の書簡などで敬意をもって用いられた。 (2)天保期((一八三〇‐四四))には、もっぱら目下の者に対して用いられるようになり、ののしりことばへと下落した。」(『日本国語大辞典 精選版』)
しの @_sieraden_ 2020年2月14日
せいぜい、60代にさしかかった身内に使われてイラッとしたけど、悪気はなく励ましのようだったので、断裂は高度経済成長期生まれとそれ以降である気がする(私見
FX-702P @fx702p 2020年2月14日
「高々」は数学では結構見かけるのでは。
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年2月14日
せいぜいです。で、自分の努力を謙遜する言い回しだったよーな気が…
宇治金時 @uzikin 2020年2月14日
勢々、じゃないの?つまり皆々様、みたいな。
eto eto @etoeto13 2020年2月14日
fx702p 教科書には出てきませんが、「大学への数学」とかでよく見ますね。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年2月14日
元からも今でも「精一杯」に類する言葉でしょ。「まあ、精一杯がんばれ、無理だと思うけど」みたいな使われ方されて、そういう用法以外が廃れていった結果に見える。
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年2月14日
まとめにある「奮って」が当時のニュアンスとして近い気がする。もっとも、昔でもマイナスの意味合いで使う例はあったかと思う。
ひなたろ @pitakon1 2020年2月14日
「~殿」とか「ご苦労さま」とかはなぜか目下の人に使う限定にされちゃってたりする。どっかのマナー講師が作ったんじゃね?と思ってる。
mikunitmr @mikunitmr 2020年2月14日
「ぜひご利用いただきたく、お知らせいたします。」じゃないかな、現代なら。
watashi @angyoujirin 2020年2月14日
存分にとかいう意味でつかってるのかな
mikunitmr @mikunitmr 2020年2月14日
まあ、せいぜい頑張ってください。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年2月14日
「潮時」も同じ感じか。「良いタイミング」という意味のままだけど、「潮時と見て攻める」は廃れて「潮時だから引く」の用法だけ残った結果、ネガティブな意味と思われてる。
- @0000blanc 2020年2月14日
Y_SINOBU平成初期、遊園地が無い県に住んでいて、同じ県に住むいとこが公園を「遊園地」と言い、他県出身のおじやおばもその言動を特に訂正していなかった。 世代によるものに加え、方言の一種とも考えられる。 また、2014年の知恵袋の、同じ話題↓ https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10134042680 ただし、引用されているwikipedia内の記述は、現在は消滅しており、ほぼ廃語の様相ですかね。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年2月14日
mocilol 「よし」は万葉集の頃は「どうでもよい」の意味でした。なので、安全猫のいう「よし」は現代語ではなく上代語の可能性があります
kumanokodo @kumanokodo_kuma 2020年2月14日
mtoaki 記憶に間違いが無ければ、福田首相の「せいぜい」を先頭立って叩いてたのは産経新聞だった筈だが?
ミーム @meme_jinrou 2020年2月14日
穿った見方っていうのもそうですね。
ミーム @meme_jinrou 2020年2月14日
「悪」も確かそうですね。
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年2月14日
意味が変わったというより使われ方が変わったって感じではないかなこれ。「力の及ぶ限りがんばりなさい」だって言い方次第で意味は変わる。
aomakerel @aomakerel1782 2020年2月14日
謝るとき「ごめんあそばせ」とか言われても煽ってるようにしか聞こえないのは微妙に違うか
- @0000blanc 2020年2月14日
mocilol 浮き足立つ 本来:不安で落ち着かない→慣用:期待に浮かれて落ち着かなくなる こころやり 本来:鬱憤晴らし→慣用:思いやり、気遣い 「心づかい」との混同でしょうね。 他山の石 本来:他人のつまらぬ言行も自分の人格を育てる助けとなる→慣用:手本にするべき他人の行為 絆 本来:人間関係におけるしがらみや呪縛→慣用:良い意味での人と人との信頼による結びつき 後者の意味も辞書に載りつつあるが、意味の変化は比較的最近である、との解説付き。
- @0000blanc 2020年2月14日
mocilol 変化とはちょっと違うかもしれませんが ジンクス 本来:縁起が悪いものごと→慣用:良し悪しにかかわらず、縁起かつぎ リベンジ 本来:復讐、報復、仕返し、恨みを晴らす等→慣用:本来の用法に加え、前向きな意味での再挑戦
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年2月14日
はー、これは知らんかったわ。学ぶって大事やね。>せいぜい
ホリホック @Kingboooooooob 2020年2月14日
https://grapee.jp/553531 行きしなみたいに標準語では廃れつつあって関西以西では残ってる感じなんだろうか?
闇@人間 @ahobaka04764191 2020年2月14日
いい例文が出てこないのだが、小説とかだと結構この用法で見かける気がする。
jk @jk_1976 2020年2月14日
元々の敬語がどんどん敬意が薄れた使い方をされていくのは日本語も英語も同じで、shall,can,would,couldなんかの用法がどう変化してきたか調べてみると面白い
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2020年2月14日
真面目な言葉じゃないと新しい単語として定着しないけど、一度言葉となった単語は悪用し放題
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年2月14日
をかし→ヤバい いとをかし→マジヤバい。
転倒小心 @tentousho 2020年2月15日
最近でも言葉の変質って観測出来るので、こうした「発掘」がいつか起こるんでしょうね。首相が「美しい日本」と発言しただけで美しいに変な意味が付加されていたり、元々は「冷ややかと言うほどでは無いが肯定的とも言いがたい微妙な気持ちで見守る」くらいの意味だった「生暖かく見守る」が暖かい心情で見つめるって意味に何故かなろう周辺ではなっていたり、いろいろ興味深いです
しの @_sieraden_ 2020年2月15日
子どものころ公園のこと「遊園地」て言ってたわそういや。でも学校で齟齬が生じるので、自分が間違えてると思って使わなくなった。昭和一桁世代の身内が区別なく使っていたんだよなあ
瑞樹 @mizuki_windlow 2020年2月15日
肯定的に使われていた言葉が「嫌味」として使われ始める。ある程度「嫌味」としての使われ方が増え始めると、「嫌味」と誤解されることを恐れ、肯定的に使う人が減る。最終的に肯定的に使う人が居なくなって「嫌味」としての意味だけが残る……って流れかな?
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2020年2月15日
文アルと文ストで鍛え上げられた私に付け入るすきはない(´・ω・`)あなやげにげにつやつや心得た!(時代と性別感がめちゃくちゃだけど調べたときかららしい意味合いとオノマトペっぽくて気に入ってる
ばにやまだ @baniyamada 2020年2月15日
忖度なんかもう見る影もないが、ご愁傷さまなんかもイメージが変わりつつあるのを目撃している
青髪のれいじてんてー @layzy_glp 2020年2月15日
ほんと、意味は変わってないのだけど、嫌味で使われるようになったのいつからなんだろ
VMX @v_mx 2020年2月15日
「格好いい」は褒め言葉だけど「いい格好」は馬鹿にしてるように取られる印象。昔は後者も普通の褒め言葉だったようだけど
kumanokodo @kumanokodo_kuma 2020年2月15日
uchiwamaster 産経新聞が口火を切って石原慎太郎がそれに乗って叩いたっていう事象が何故か「サヨクが叩いた」事にされるのだなあ。
てす子 @momimomitest 2020年2月15日
店とかが客に「頑張ってご利用ください!」って言ったらなんかそれはそれで何かへんだな
jpnemp @jpnemp 2020年2月15日
momimomitest 置き換えるとしたら「ふるって~」とか「どしどし~」とかですかね
neologcutter @neologcuter 2020年2月15日
それより「オリエンタル中村」という表現を久しぶりに見た。現在の名古屋三越ですよ。
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 2020年2月15日
0000blanc 「他山の石」は「そうなるのを避けるべき良くない見本」でなくて「目指すべき良い見本」という意味で「慣行」というほど使われているのですか?!(衝撃を受ける昭和生まれ)
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 2020年2月15日
良い意味のはずが悪い意味にというと、不適当不適切なことが少なからずある「適当」とか、具合をよろしく調整加減しない「いい加減」とか
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2020年2月15日
fool_0 「当局」を自称する何らかの部局でもない個人がそれを言うのですか。
じゅん @jun101034201501 2020年2月15日
ここでいろいろ話される言葉の意味も、数十年後には違った感覚で捉えられることもあり得るんだろうなぁ…。 Togetterがその頃に見られるかどうかと言う問題は、意図的に(笑)措く。
KAkashi / 今木 洛 @maikakashi 2020年2月15日
昭和のおじさんだがこれは知らなかったし福田首相の件も知らなかった
ろんどん @lawtomol 2020年2月15日
もとの意味・意図と違う使われ方をした言葉…折檻、君子豹変、竹馬の友、破天荒、健全な精神は健全な肉体に宿る、尽く書を信ずれば則ち書無きに如かず、夢の超特急、鉄の女(サッチャー)、もはや戦後ではない…微妙なところで、鳴かず飛ばず、大器晩成
𝙨𝙩𝙖𝙮-𝙝𝙞 𝘽𝙇𝘼𝙉𝙆𝙎 @pscotsh 2020年2月15日
この『せいぜい』はさ、口語だと現在イヤミ用法なら平方メートルの意味の『へいべい』と同じイントネーションで、もともとの力を振り絞っての用法では各自銘銘の『めいめい』のイントネーションなんじゃないかな。それだと違和感ないんだけどな。あと当時ポスター冒頭の「より」の付かない『かねて』の使い方にべっくら。
goodmoon @goodmoon 2020年2月15日
kumanokodo_kuma おそらく「サヨク」が「政府を攻撃するもの」という意味に変化したのでしょう。
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2020年2月15日
lawtomol 使われる頻度の多いのですと「A級戦犯」というのもありますね。本来的には敵側から見て戦禍を拡大させた指導者(そもそもの戦争を開始させた人)なんでしょうけど、自分達(および傍観者)から見て戦果を上げられず敗戦の原因に対する呼び方として定着。また平和に対する罪のA級と、捕虜虐待や国際法違反のBC級という分類上のABCだったのが、A級よりは責任の軽度なのがBC級のように一般的に思われてるようですし。
bn2 @bn2islander 2020年2月15日
奮ってとか頑張ってという意味だとしても、それを電車の利用と結びつけにくい気がする
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2020年2月15日
Yabe_MiHiRo あ……「わざわざ」はもちろんポジティブネガティブ両方の意味合いで、内輪に対しては「わざわざ来て下さったんだぞ」のように好意を強調する言い方だったけど、それを当事者に面と向かって「わざわざどうもすいませんね」と言ってしまうと「その対応がなくてもどうにかなったところをダメ押ししていただきありがとう」で「実は不要でした」と言うのは失礼なので避ける傾向が数十年はあった気がするんです。それが「ついでにではなく意図的であることを理解してます」での使われ方に転じてるような。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年2月15日
letssaga3 先に大戦中でも罵りだったのだろうか。ex)「貴様と俺とは同期の桜-」(軍歌「同期の桜」)
🚮 @recyclebin5385 2020年2月15日
障害者が「心身に障害を抱えた人」から「他人の障害になる人」の意味になってきているな:-P
🚮 @recyclebin5385 2020年2月15日
「お前(御前)」も丁寧語だったはずなのにな…
🚮 @recyclebin5385 2020年2月15日
「自分」や「われ」のような一人称もいつの間にか二人称になってる(関西限定か?)
Denullpo S. Hammerson @denullpo 2020年2月15日
「おまえ」は丁寧語 「きさま」は尊敬語 「てめえ」は謙譲語
Denullpo S. Hammerson @denullpo 2020年2月15日
んで、謙譲語の「謹製」なんか自作以外に使われ始めてて、さりげなく失礼だよなーっと思いつつ
ろんどん @lawtomol 2020年2月15日
Yabe_MiHiRo 「A級戦犯」を、「永久戦犯」と勘違いしている方にも遭遇しました…
妙琴@7th大阪両日 @kapibarap 2020年2月15日
こういう状況での「せいぜい」は謙遜して使っているのかと思っていた
- @0000blanc 2020年2月15日
giwhodaw 実は自分も、間違った意味で慣用されているのを実際に聞いたことはないのですが(そもそも口頭会話であまり使わない慣用句ですしね)、誤用リストのようなものにはある程度登場する印象でした 例:文化庁文化部国語課の見解↓ https://www.bunka.go.jp/pr/publish/bunkachou_geppou/2011_10/series_08/series_08.html
水縹(あお) @Turkis_Mond 2020年2月15日
社会のストレス度が高いと、肯定的表現がいやみな意味に変化するスピードが早いとか、各国で比較してそんな検証してみたいかも。出羽守の言われちゃうかw
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2020年2月15日
Turkis_Mond すぐに刀や銃で殺し合いが始まる時代なら皮肉っぽい言葉を使う暇もないんじゃね。  勝者はストレス度の低い社会だったろう
人間 @un_misterio_ 2020年2月15日
多分「せいぜい50メートル」みたいな用法、つまり「高く見積もっても」の用法が拡大したというのが考えられると思うんですけど
kisara @kisara50 2020年2月15日
Yabe_MiHiRo 変わってないよ。意味を知らないで論じて炎上するブサヨが増えただけ。歴史上の人物や事件を論じるのにこの手の言葉の意味が変わるの認めたら歴史学なんて成り立たない。言葉は変化するもの、で済む領域外。
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2020年2月15日
Yabe_MiHiRo 「級(class)」の意味が単独で程度の意味も含んでいるという勘違いでしょうね。HTMLの「クラス」や「学級」の様に本来はフラットに括り、程度のラベルづけは「上級」「下級」「高級」「低級」の様に明示的に行われるべきなんですけど。特に日本語ではクラスと程度が混同されて、例えば「俺クラスになると云々」みたいな言い方もされますし。幼稚園のクラス分けの様に序列のない「ばらぐみ」「ゆりぐみ」「たんぽぽぐみ」みたいなのが本来のクラス分け。戦犯のA級B級C級もそういうものなんですね。
みずの とんび @lunatic_tonbi 2020年2月15日
A級戦犯といえば負け投手(やきう脳)
さっちん @fastsnow 2020年2月15日
精が出る、の「せい」を重ねてせいぜいなのかな?嫌~な響きと感じてしまうのは、それほどまでに嫌味言葉として使われてたんだね。
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2020年2月15日
giwhodaw 棘コメで見たことはあります、その誤用。
有能な消費者の幸運潰す☆ドクター差別(反対派)を支持します☆ @7F2jMcFCv2SkwD5 2020年2月15日
高々という数学用語があり、無限にある物相手によく使うらしい。
冶金 @yakeen4510 2020年2月15日
これは復権させたいな。
@0222_0500 2020年2月15日
逆にやばいや鳥肌が立つはもともと否定的な意味合いしかなかったのに、今ではすっかり肯定的な意味で使われるようになってる
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2020年2月15日
揶揄的な使い方をすると言葉は汚れていく。
いとけい @itokei_ 2020年2月15日
ギル王「せいぜい派手に活躍して我を楽しませよ」
Dalli @kaycorthen 2020年2月15日
「にやける」も本来は違う意味だからビックリした
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2020年2月15日
kisara50 確かに現代史として論じられる際の用語としては意味が変わったわけではないですね。新聞を始めとするメディアが誤用し続けているだけのことで。
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2020年2月15日
yamatotajimaya 妙なもので級がグレードの意味で使われるけれど、「クラスが低いor高い」という言い方はしませんね。レベルが高いor低いで。でもレベルの訳語が水準なのに「高級or低級」「上級or下級」という言い方が主流で「高水準or低水準」と言って意味は通じるけどあまりされてないので。そういった微妙なのがネイティブスピーカーの感覚の厄介なところなのでしょうね。
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2020年2月15日
Yabe_MiHiRo 「ド級」「超ド級」みたいなのが顕著ですね。軍艦の「級」はそれこそ同型艦を代表艦の名前で括っているに過ぎないんですが、時代の先端だったドレッドノート級があまりに象徴的だったので、今や「超弩級」というグレードがあるかの様に使われている。本来は今風に言うと「ドレッドノート系」という意味でしかないのに。
kisara @kisara50 13日前
yamatotajimaya ド級の場合はドレッドノートが大鑑巨砲の嚆矢でデカければデカい程グレードが上って理屈が成り立つから例としてどうかな
大和但馬屋 @yamatotajimaya 13日前
kisara50 軍艦のグレードとしてはそうですが、そこから派生して百年以上経った現代でも「超弩級」という言葉がそれ自体で(軍艦とは何の関係もないところで)グレードを示す語として流通しているのは面白いですよね。
しろうと @sirouto 13日前
言葉は時代で変化する。そこで、「昔の正しい言葉に戻す」派か、「今の通じる言葉を使う」派 に別れる。たとえば「ら抜き言葉」を、前者は認めないが、後者は認めるとか。さらに、極端な前者の例では「歴史的仮名遣い」を今でも使う一派とか。だが私は、基本的に後者の立場で、そもそも原理的に「正しい言葉」などなく、「通じる言葉」があるだけだと考える。それは、(創造論でなく)進化論の立場で見れば、「正しい生物」などなく、生き残った生物があるだけなのと同じ。「恐竜こそが正しい生物だった」などと言っても仕様がない。
大和但馬屋 @yamatotajimaya 13日前
生き物の「進化」は途方もない世代を重ねた末に観測される事象で、人為的な掛け合せは長続きしないし、それで生まれた「品種」も人の手を離れば大抵は元の形に近づいてゆくものです。言葉が生き物であるといふならば、人為的な捻じ曲げでしかない「現代かなづかい」は生き残ったものとは到底呼べません。
リッツ線マニア @MM5311N 13日前
単純に方言としては、愛知県なんかではいまだにポピュラーですね。
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 13日前
yamatotajimaya 日本語で「ドアホウ」「ドデカい」「ドブス」「ドチビ」「ど根性」「ド田舎」など「度を過ぎた」という意味で(?……多分)使われる「ど」があるから余計にまかり通っちゃってますかね。あ…! もしも………厳密な起源がいつからかはともかく「ドアホウ」とかも普及に関して「ドレッドノート級のあほんだら」が省略された明治以降の言葉でしたら由来を知らず失礼しました(w
大和但馬屋 @yamatotajimaya 13日前
Yabe_MiHiRo 「どえらい」→「でーれー」「でら」などの各地方言への変化を鑑みるに、接頭辞の「ど」がドレッドノートより新しいってことはないと思います、さすがにw まあ、その「ど」と「ド級」の親和性がきわめて高かったというのはあるでしょうね。
蠢犇 @ugomekihisimeki 13日前
せいぜいはともかく、数学から知った高々に対してそんなにネガティブな印象はなかったわ………
そそ @quiseitaiho 13日前
だから正しい日本語とか言ってるやつってあほらしいんだよね たかが50年でもかなり変わるんだから
ヒート<7日目ゑ88γ>マシン @heat_machine 13日前
誤用が正しい意味を駆逐するメカニズムって「ただし意味を知ってる賢い人」は「バカに通じないと1度でも学習したら、その言葉を使うのを控える」けど、「間違って覚えてるバカ」は「それが正しいと思ってるのでずっと使い続ける」わけで、結果「現実の会話で使われる割合」はどんどん「バカの使う誤用」が増えていくように出来てるんだよね……
BUNTEN @bunten 13日前
2の用例のような使われ方が頻発したので1の意味が生まれたのか?
ナッパ教信徒 @nappasan 13日前
「画伯」という言葉がバラエティー番組などで絵心のない人に対する皮肉として使われて以降、そういう用法ばかりになってるのがあまり好きじゃないです。ネット上で若年層がネガティブな意味しか無いと勘違いしていると思しき例を何度も見たことがあります。
foxhanger @foxhanger 13日前
マイナスからプラスに変わった言葉としては「すごい」がありますね。もともと「ぞっとするほど恐ろしい」みたいな意味でした。
foxhanger @foxhanger 13日前
「鳥肌が立つ」と同じですな>「すごい」の意味の変遷。この辺は「うれし泣き」みたいな感情のオーバーフローだと思うんですけど。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 13日前
二人称がこのタイプだらけでもう代名詞じゃなく名前を使うしかねえなって思い始めてる。あなたは女言葉っぽい、お前は丁寧ではない、君は気取ってるか煽ってる、貴様は漢字に反して見下すようになって、ユーはルー大柴って扱いになっちまった 
師走悠裡 @shiwasu_yuri 13日前
おそらくあなたは今だともっとフラットに使えるんだろうけど多分これは昔のドラマの夫婦の呼び合いの影響みたいなのを俺が過度に受けちまってるんだよな
MATOTOKI_mil @matotoki_mil 13日前
mocilol 助長、とかポジティブに使われることがあるみたい。
kartis56 @kartis56 13日前
Atsunori_Lopez 奥会津で大正生まれの祖母がせいいっぱいの意味で言ってたから、東海・関西とも限らないような
kartis56 @kartis56 13日前
ontheroadx つまり いと = マジ
𝙨𝙩𝙖𝙮-𝙝𝙞 𝘽𝙇𝘼𝙉𝙆𝙎 @pscotsh 13日前
pscotsh あこれやっぱ違うな。イントネーションは一緒だったんだろうと。んで、もともとの力を振り絞っての用法を含んだイディオムの『せいぜい(努力した|がんばった)[が]ところで、⋯⋯』などが「せいぜい(がとこ[ろ])、⋯⋯」みたいにどんどん詰まった省略形態になって、先頭だけ残ったやつだきっと。
志水鳴蛙 @SensouAmei 13日前
「凄む」や「凄みがある」という表現から、「すごい」という語が恐ろしいという意味を持っていたのがうかがえますね。
志水鳴蛙 @SensouAmei 13日前
「すごい」については、「すごく」ではなく「すごい」の形で連体修飾する用法もみられる(「すごい面白い」「すごい難しい」など)。副詞化していると見るべきか。
節穴 @fsansn 13日前
本来の意味と一般に使われる意味が違う言葉を本来の意味で使って他人をおちょくるの楽しいよね
yamazaks @yamazaksv2 13日前
2の意味もしっくりくる私は昭和世代だからかな。
うおどむ @walkingdome 13日前
悪魔ちゃん事件でしたっけ?あの騒動が起きた当時、「悪」という漢字は鎌倉時代辺りでは力強さを表現し、必ずしもネガティブな意味合いではなかったと知って驚いたものです。まあだからっつって現代にそんな名前をつけられてもなあ。
逆らわずに右へ🎌如月/パン祭🎌 @coffeerabbit27 13日前
他でいえば「突貫」は「一気に仕上げる」って意味で、言葉そのものに拙速という意味は本来は無い。 あと「翼賛」も言葉そのものは「支える」って意味で、戦時体制そのものを示す言葉ではない。
Licorice @Licorice_90 13日前
案の定とか思った通りって意味の方の「はたして」
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 13日前
0000blanc どうもありがとうございます。上司や先輩の手助けに「藁にも縋る想いです!」と礼を述べる感じの事例ですねえ。
meiyohenjo @sgirkun 13日前
「とある」って言葉も使い方変わってきてないか うまく言えないが違和感を感じる時がある
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 13日前
yamatotajimaya こちらもありがとうございます。前提であるはずの「優良である玉・劣悪である石」の対の感覚が今やさほど一般的ではなくなっているようですね。
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 13日前
recyclebin5385 関西に移住した初期にそれで戸惑ったけれども、二人称「おのれ」は罵倒的な意味では関西以外でも通じると思います
🚮 @recyclebin5385 13日前
giwhodaw 確かにそうですね…思いつきませんでした
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 13日前
recyclebin5385 「手前(てめえ)」もそうですね
チキン南蛮渡来のカステーラ @nannanbanbanjin 13日前
日本語文化として、ネガティブな意味であえてプラスイメージの言葉を使う皮肉表現っていうのがあるからな たとえば、「わざわざ御丁寧にありがとうございますw」みたいな感じw
まっつん2 @mazda2desu 13日前
音声記録を完全に残せる様になった現代では理論上言語の世代継承率100%が可能なはずなのに、それでも発音も意味も変わるのを止められないんだな
胡桃澤 奈波 @nowkogami 13日前
ぶぶ漬けでも食べていかれたらよろしおす
八本しめじ @Eight_Shimeji 12日前
語句の意味を調べる習慣がないと、自分が初めて聞く言葉を自己流の解釈のまま人前で使ったりしてしまうけど、同じような現象が積もり積もった結果だったりするのかな?
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 12日前
nappasan じゃあ「達筆」というのも危ないですね。
指揮棒 @shiki_boh 12日前
言葉って大体良い意味から悪い意味に落ちている気がする。水は高い所から低い所に流れるのか。
ぉざせぃ @hijirhy 12日前
自分はおかしな表現だとは感じないが今だったらこういう場面では使わない表現だよな、とは思う。
ぉざせぃ @hijirhy 12日前
世代や地域というより、どんな本を読んできたかの方が影響が大きいのかもしれない。
長 高弘 (タル坊サウルス) @ChouIsamu 12日前
mtoaki つまり、貴方は福田元首相は頭の古い人だと遠まわしにdisってるんですね。福田元首相が嫌いなら、せいぜい、自分の言葉で、自分の責任の元にdisって下さい。
foxhanger @foxhanger 12日前
shiwasu_yuri 今は夫婦の間でも「君」って呼び合う例が多くなってますね。
foxhanger @foxhanger 12日前
shiki_boh 「nice」はもともと悪い意味だったらしいです。
りなの @Kame_Lino 12日前
ShiraishiGento テロリズム(テロ)も最初は政府側・体制側による恐怖政治って意味だったのに、今では意味が逆転して、反政府側・反体制派による政治犯罪って意味で使われるようになっちゃったんだよな
Knappertsbusch @Knappertsbusch 11日前
「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ」
tahtann markII @NW3JQnN755YTpzP 11日前
mtoaki サヨクというのはひょっとして、あなたの脳内にしか存在しないなにものかではないですか?(たとえば当時の朝日新聞には、福田康夫首相が発言したときに報じた記事自体がない。首相を辞めたときに、街頭で拾ったとおぼしき「北京五輪の選手団に首相が『せいぜい頑張ってください』と言ったことが印象に残っている」という会社員の話を載せているだけ)
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 11日前
「適当」とかも当該するかな。「適当な服装」とか。「よく適した」の意味で使うなら「適切」を使わないと危険。
tahtann markII @NW3JQnN755YTpzP 11日前
だいたい、あのとき福田康夫を叩いていたので記憶に残っているのは麻生千晶なんだが。どこからどう見たって産経・新潮とべったりの御仁だよね、という
alan smithy @alansmithy2010 11日前
mtoaki だってあの手の左翼系議員は日本語学びたての
山吹色のかすてーら @sir_manmos 11日前
foxhanger fineは語源の違う全然違う意味があって、"fine to swim"(泳ぐのに最適か泳ぐと罰金)とかヤバいって中学の時習った。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 11日前
giwhodaw ただ、「自分」は当然、「われ」も良く使うエリアでは罵倒的意味はほぼないんです。奈良の吉野の奥地とかお婆ちゃんがやさしく「われはなぁ」とか言ってくれます。(河内のオッサンの歌はほぼ吉野弁と吉野出身の父が申しておりました。実際歌っていた人の出身地は吉野)
山吹色のかすてーら @sir_manmos 10日前
jk_1976 高校の時、"Lady!"が、ほぼ「そこのオバハン」くらいの意味で使われるって習った。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 10日前
walkingdome 楠木正成など典型的「悪党」ですからね。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 10日前
coffeerabbit27 「拙速」も「拙いが速い」という本来よい意味だったのです。
aqp1 @aqp114 10日前
時代だけでなく地域差もあるよね。「あんた」って言葉は、関西と関東で少しニュアンスが違う。関西に比べて関東の方がずいぶん失礼な言い方っぽい。
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 10日前
『精々ご利用ください』の精々を「頑張って」「奮って」「ぜひ」と積極的ニュアンスで解釈するのは違和感がありますね。芥川や魯山人の例では明らかに「できる限り、できるだけ」でしょうし、『ご利用~』の方でも「できるだけ→できれば、よろしければ」というやや消極的なニュアンスでしょう。
kisara @kisara50 9日前
面白いは顔が青を通り越して白くなる程ショッキングを意味してたのが肯定的な言葉に変化したって話は本当なのかな
cocoon @cocoonP 9日前
「すごい」も恐ろしいという意味ですからねえ。強意の語は他から転用されがちです。ヤバい(厄場い)とかもそうですよね。
川田零三 @kawada0zo 9日前
せい,ぜい,ぜい what you want.
kisara @kisara50 9日前
ChouIsamu 強弁したサヨク批判だろ普通に読めば
ながひと @nagahito 7日前
茨城弁だと「みしみしご利用ください」かねえ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする