青識亜論さんのリバタリアン的パンプス着用義務問題の解決方法について

雇用主の交渉力が従業員のそれに優越する理由としての労働市場の買い手独占/寡占の理解が妙なことになっているのが気になったので。
10
ニュースの社会科学的な裏側 @anlyznews

青識亜論さん、労働契約では労働者保護の必要性はなくなりませんよ anlyznews.com/2020/02/blog-p…

2020-02-14 05:49:16

↑↑↑ 気になった点をまとめておきました

↓↓↓ やり取りは以下

青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

いや、「レディスデーは、店の女性比率を上げることにより、誘客率が上がって店の利益になるから良い」という「合理性」を理由に差別ではないとするなら、例えば美人の看板娘に制服で接客させるのもOKになるわけで、今までのモノ化とか #kutoo 関連の理論、だいたい崩壊しますよね。

2020-02-13 19:06:53
uncorrelated @uncorrelated

今までのツイフェミの議論、それでは崩壊しませんよ。労働者保護は雇用主が従業員に対して支配的地位にありがちなので正当化されているので、崩壊させるためには、レディースデーを実施する企業が顧客に対して支配的地位を持っていることも説明が要りますが、青識亜論さんしていませんよね? twitter.com/dokuninjin_blu…

2020-02-13 22:01:43
uncorrelated @uncorrelated

まぁ、既に指摘している話 twitter.com/uncorrelated/s… ですが。一応、検索キーワードぐらいは提供しているので、自説に拘泥する前に幅広い見識を入れて欲しいところです。

2020-02-13 22:03:53
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

「美人の看板娘に制服で接客させる」ことが主体的合意の下であれば労働者保護となんら無関係では。茜さや氏の騒動はそうですし、もっと言うと宇崎ちゃんポスター問題に至っては労働者保護すら無関係ですよね。 twitter.com/uncorrelated/s…

2020-02-13 23:00:36
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 雇用主と労働者の間の関係を考えると、パンプスの着用は主体的合意の下であると言えないと言うことなわけで、青識亜論の「主体的合意の下であれば・・・」と言う議論の進め方は、論点先取になっていて誤謬推理です。茜さや氏に関しては、写真が撮られた経緯をついふぇみの皆さん、勘違いしていましたね

2020-02-13 23:07:22
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

@uncorrelated であるなら、職業選択の自由が十全に保障されているのならば、それで話はおしまいなのでは。

2020-02-13 23:08:55
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue そんな事はまったく無いですよ。現代社会、職業選択の自由はありますが、労働契約法で労働者は保護されています。独占や寡占などによって経営側の支配力が強い場合は往々にしてあり、問題が生じるからつくられた法律です。自由競争ですべて解決するわけではないのです。

2020-02-13 23:13:16
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 再掲しますが、労働契約法第5条では「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう必要な配慮をするものとする」とあり、判例によると「服務規律は、事業遂行上の必要性が認められ、その具体的な制限の内容が、

2020-02-13 23:14:37
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 労働者の利益や自由を過度に侵害しない合理的な内容の限度で拘束力を認められる」ことになっています。裁判するぐらいなわけで、服務規律は自然と解決される労働問題とは限りません。航空会社のスカイマークの制服のスカート丈が航空労組から苦情を受けて変更になった事例などもありますが、

2020-02-13 23:15:30
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

労働者保護と分けるべきというuncorrelated @uncorrelated さんの申立は一定正当性がありますが、身体権の侵害が生じているとまで言いうるのはせいぜい危険な現場で着用を強制されていたり、体質的に合わないことが明らかであるにも関わらず強要があるなどの場合に限局されるのでは。

2020-02-13 23:15:55
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 労組組織率が低下している昨今の労働市場を鑑みると、雇用主に対して交渉力の弱い女性労働者が多い蓋然性も高いでしょう。

2020-02-13 23:16:40
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 「性差別だとして着用強制に反対する」方針をとるそうです。

2020-02-13 23:18:50
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

@uncorrelated いや、逆に、自発的に着用している人々がかなりの数いるということは、受忍しがたい侵害だとまでは言えない(身体権が犯されるほどの苦痛なのであれば、着用義務のない場所で多数の女性が着用していることに合理的な説明ができない)のでは、という気がしますが。

2020-02-13 23:20:37
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

@uncorrelated それ以上の要請については、「看板娘として採用された女性労働者がそれに見合ったロールを求められる」などのケースと区別しがたい気がします。

2020-02-13 23:21:32
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 自発的に着用している人々が相当数いることは、問題が無いことを意味するとは限らないです。自発的な場合は着用時間や労働内容に応じて調整できますが、制服として指定されている場合は調整できずに不合理が生じやすいからです。

2020-02-13 23:23:19
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue もちろん、パンプス着用問題は、キャバクラや性風俗などの「看板娘として採用された女性労働者がそれに見合ったロールを求められる」ような状況とは異なるでしょう。

2020-02-13 23:24:18
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

@uncorrelated 着用が自由な職場においても、着用時間を調整しているケースなど、実際的にほとんどないのですが。

2020-02-13 23:24:29
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 自発的な場合は着用時間や労働内容に応じて着用の有無を調整できますが、着用時間は業務内容に応じるでしょうね。

2020-02-13 23:25:52
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

パンプスの着用強制が1割程度しかないのであれば、そもそも論としてそうした職場をあえて選ばないという選択はとりうる。職場の服飾規程の事前開示を求める運動であれば正当性はありえても、法的に禁止せよとの運動に正当性があるのでしょうか。#kutoo

2020-02-13 23:27:58
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

@uncorrelated いや、ですから、自発的な場合においても着用時間調整のために着脱するケースはそう一般的なものではないと思うのですが。

2020-02-13 23:29:02
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 自発的な場合は、着用時間調整のために職場で着脱できるとは指摘していません。自発的な場合は、着用時間や健康状態をみて、パンプスをはくかローファーをはくか選択することができると指摘しています。

2020-02-13 23:31:19
uncorrelated @uncorrelated

@dokuninjin_blue 職場でパンプスを義務化したら、「内勤だったら歩かないし、実はスリッパに履きかえられるからパンプスでいいや」「公共交通機関をつかった外回りだからブーツにしておこう」と言うように融通が効かせられないので、健康を害しやすいという話ですよ。さすがに、お分かりですよね?

2020-02-13 23:33:54
青識亜論(せいしき・あろん) @BlauerSeelowe

@uncorrelated いや、そうであるとしてもパンプスを自由意志で履き続ける女性は多数おりますし、そうであるならば、少なくとも身体権が危害された職場であるとまでは言い得ず、そのような職場を選ぶかどうかは労働者の「職業選択の自由」に委ねられるべき問題でしょう。

2020-02-13 23:34:12
残りを読む(134)

コメント

北邑直希 @naoki_ng08 2020年2月14日
「事業遂行上の必要性」や「労働者の利益や自由を過度に侵害しているか」の判断を法律で行うべきかと言われると、まあ法で禁止するほどのものではない気が。
18
てんてん @tuyama30 2020年2月14日
長いよ。ゆっくり読むよ。
0
qquppa @qquppa 2020年2月14日
パンプス着用義務が人権侵害かどうかを議論するにおいて、事業遂行上必要かどうかはどう考えても無関係だろw
0
qquppa @qquppa 2020年2月14日
パンプス着用義務を性差別と表現するのも微妙な点があって、巷でタブー視されている「一方の性別の人を他方の性別の人よりも粗末に扱って構わない」思想に基づく性差別とは別物なわけで、中高生の制服が同じ学校でも男女で別のデザインになっているというような形式的な差異についての話。
7
kame4477 @kame4477 2020年2月14日
naoki_ng08 労働施策総合推進法の改正でパワハラ対策が事業者の義務になっている https://jsite.mhlw.go.jp/kanagawa-roudoukyoku/content/contents/000450530.pdf から、「事業遂行上の必要性」もなく「労働者の利益や自由を過度に侵害している」ものは規制されています。パンプスの議論の大臣答弁も参考に https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/pumps-heel
2
qquppa @qquppa 2020年2月14日
バニーガールによる給仕を売りにしたバーなんかもピンヒール履かなくても給仕はできるけど、もはやバニーガールじゃないよなw
7
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa バニーガールでは事業遂行上の必要性が認められ、事務職や営業職では必要性が認められないと言うのが自然かも知れません。なお、1997年の東谷山家事件ではトラック運転手の髪の色を、2009年の郵便事業事件では髭や長髪を制限することに、事業遂行上の必要性が認めらていなかったりします。
3
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 接客のスタイリッシュさを商品にすることは事業者の裁量に任され、この観点から接客が業務に含まれる場合(例えば、営業、受付、飲食店の給仕など)は必要性が認められるということでしょうか。たしかにスーパーで惣菜をパック詰めする業務にハイヒール義務は無理がある気がします。フロントオフィス業務、バックオフィス業務に間に境界がありそう。
0
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa 接客が業務に含まれる場合でも、現行法では事業者の裁量の範囲は狭いと考えるべきだと思います。実際、接客がある場合でも、金髪や茶髪や長髪や髭を禁止することは、裁判で合理性が認められませんでした。
2
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 東谷山家事件は「社内」秩序維持、つまりバックオフィスにおいて、という条件のもとでの話ですよね?
0
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa 髪の色に関して、取引先から苦情が来たことに言及している解説ページがありました。業務に接客が含まれていたのは、間違いないでしょう。
1
北邑直希 @naoki_ng08 2020年2月15日
kame4477 そうですね、答弁等より「『業務上必要かつ相当な範囲』を超えていればパワハラである」と解釈していますが、その範囲判断を法の条文で定めるべきかどうかということです。
0
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 私が見た解説ページでは、接客が発端であるものの「対外的な影響」よりも「企業内秩序維持」が会社側の念頭にあったと推測されるからこその裁判所の決定であったとされています。つまり、裁判所が「会社は従来からドライバーの(ヘアスタイルに関する)好感度を取引先への売りにしてはいなかった」と認定したからこそであって、ハイヒール義務についても「企業はハイヒールのスタイリッシュさを接客の売りにしていなかった」認定を裁判所から引き出す必要がありそうです。
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa ハイヒールのスタイリッシュさを接客の売りにしているか否かと言う話まで行くと、営業や販売のほとんどは該当しないでしょう。ローファーではビジネス・フォーマルにならないと言うような判断が下されたら別でしょうが。
2
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 接客においてビジネスフォーマルを超えるスタイリッシュさを顧客に提供するか否かを戦略的に決める裁量は企業に任されているのではないでしょうか?
0
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa 経営側が自由に裁量していいのであれば、過去の訴訟でも自由に金髪や茶髪や長髪や髭を禁止することが認められたでしょう。社会通念上、その業務に必要と認められる範囲でしか、裁判官は合理的と認めないようです。また、労働者の利益とのつりあいになるので、身体が痛くなるようなものだと、さらに認定されづらくなります。
2
qquppa @qquppa 2020年2月15日
NHKの朝のニュース番組を見ていると女性アナウンサーは基本的にハイヒールです。ローファーでもニュース原稿を読んだり番組進行はできますが、男性アナウンサーとの身長対比もあり、ハイヒールの方がバランス的に明らかにスタイリッシュです。将来タレントとしての独立を視野に入れた本人の意向か局の意向かは知りませんが、番組の存在意義と無関係にビジネスフォーマルを超えて戦略的にスタイリッシュさを提供する裁量を行使することに何ら不当性はないように思います。
0
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 具体的にはどの裁判でしょう?東谷山家事件は「企業内秩序維持・確保」が会社側の実質的な目的であったという特殊事情があり、この事情を外す形での一般化はできません。
0
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa 東谷山家事件は、例え接客があっても、それが実質的な目的と見なされない点に注意を払うべきだと思います。また、他にも、2009年の郵便事業事件で、ひげを伸ばし、長髪を後頭部で束ねる髪型で勤務をしていた職員が、窓口業務に就けなくなったことが、雇用主の裁量権を逸脱した違法な行為だと認定されていましたよ。
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa 合理性があるか否かは裁判官が決めますからね。いまのところ経営側に「ビジネスフォーマルを超えて戦略的にスタイリッシュさを提供する裁量」が認められたとは聞かないです。
2
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 前半は何をおっしゃっているかよく分かりません。後半については、「競争のない事実上の独占事業者」において過度にスタイリッシュなサービスを提供するという戦略に意味は生じないですよね。激しい競争に晒されている事業において戦略的にスタイリッシュな接客を提供することを制限する判例はないのでしょうか?
0
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 私は逆に一般に適用できる形で制限されたという事例を聞いたことがないので、一般には認められていると感じています。
2
qquppa @qquppa 2020年2月15日
キャビンアテンダントのヘアカラーなんかも、格安航空会社ではピンク色でも許される会社もあるけど、日系航空会社ではほぼ地毛というレベルの色しか許されていないくてピンクなんてもってのほからしいです。スタイリッシュさのために戦略的にそのような規則を設けている以外の説明はできるのでしょうか?
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月15日
qquppa ヘアカラーに関しても、裁判所が合理的と認めるかはわかりませんし、ヘアカラーは身体に悪影響を及ぼさない一方で、パンプスは身体に悪影響を及ぼすので、さらに合理性の水準が上がるかもです。まぁ、労使で話し合う事項でなかなか裁判にはならないと思いますが、なればヒールの高さなども争点になるかもですね。
2
殻付牡蠣 @rareboiled 2020年2月15日
uncorrelated パンプスが悪影響は、人にもメーカーにもよるでしょ。
1
qquppa @qquppa 2020年2月15日
uncorrelated 裁判所が非合理を認めるのは、事業者が普段は従業員の身嗜みを厳しく管理していたわけでもないのに、空気を読まずに目障りな格好をする従業員が現れた途端に就業規則を盾に元の格好に戻すことを強いたりするような、事業者側の姿勢に一貫性が認められない場合のみではないでしょうか?東谷山家事件も郵便事業事件も、 事業者の従業員に対する姿勢の非合理性が認められたものであって、事業者が実質的に意図していた接客のスタイリッシュさが非合理であると裁判所が認定した事例にはなっていないと思います。
2
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated そもそもパンプスの身体的影響と業務における着用義務の合理性は無関係な話です。給仕全員がピンヒール着用のバニーガールバーでは更なる身体的影響を主張できるでしょう。ならば裁判所は「バニーガールがピンヒールであることには合理性がある」みたいなことを判断する機関なのでしょうか?もし本気でそう思っているならばアホだし、そうでないなら騙す気満々な不誠実な主張をしていることになると思います。
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa 「事業者側の姿勢に一貫性が認められない場合のみ」ではないです。イースタン・エアポートモータース事件(1980年)では、乗務員勤務要領に「髭をそり」とあったものの、ひげを剃らなかったハイヤー運転手に対して会社側が乗車停止処分を行ったことに対し、違法と言う判決が出ています。
1
qquppa @qquppa 2020年2月16日
qquppa 裁判所が判断するのは、実質的な経営状況と建前に基づく被雇用者への処遇における一貫性の有無であり、不整合の存在をもって非合理性を認定するということではないでしょうか。例えば、バニーガールバーで給仕の体調に応じで必ずしも全員がバニーガールではない経営実態があったとします。ある給仕からのピンヒール辛いので以降バニーガールではない形で給仕したいとの申し出に、調理など裏方への配置転換か転職を考えてらっても構わないとの回答。判断されるのは、このような場合の事業者の姿勢の合理性なのでは?
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa 2019年に大阪市交通局(当時)が内規でひげを生やすことを禁じ、従わなかった職員にマイナスの人事評価を下したのは、合理的な限度を超えるとして違法という判決もありました:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49507220W9A900C1000000/ 報道では一貫性の欠如は言及されていません。
2
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated どう見ても判決は事業者の実質的な経営実態と建前に基づいた被雇用者への処遇の間の不整合を指摘しているだけのようですが?
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa 「ひげに関する服務規律は「労働者の利益や自由を過度に侵害しない合理的な内容の限度で拘束力を認めるべきだ」と判示した」とありますね。
1
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated 就業規則の不利益変更に類する事例ですね。パンプス義務も雇用契約後に課され従わなかったがために処分された場合に限り、不当な不利益変更か否かの点で争えるかも?ですね。
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa 不利益変更であるとは報じられていませんね。あくまで、「ひげに関する服務規律は「労働者の利益や自由を過度に侵害しない合理的な内容の限度で拘束力を認めるべきだ」と判示した」とあります。
0
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated 髭を剃るように命じられた運転手は1年近くもの長期にわたり髭を生やした状態で勤務していたという実態があるわけで、髭を生やさないという拘束を「突如」課して直ちに従わないことをもって処分することの合理性を会社側が説明できないことを裁判所が認定しただけのことではないでしょうか。合理性なしに拘束を突如課されたりしたら、利益や自由に対する過度な侵害になり得るのは当然のことです。字面の都合のよい部分のみを追うのではなく事件全体の構図を見てください。
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa 人事考課での減点評価を1年間ずっとされていても不思議ではないですし、「ひげに関する服務規律は「労働者の利益や自由を過度に侵害しない合理的な内容の限度で拘束力を認めるべきだ」と判示した」とあるのは変わりません。
0
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated パンプス義務を性差別と表現することにも通じますが、そのミスリード気質はどうにかならないものでしょうか?事件の構造上「髭と共に長きにわたり人生を過ごし職務もこなしてきた人物に規則を変更して髭を剃ることを強い従わなかったことを理由に処分をしたのは事業者側の横暴である」と裁判所が認めたという事例でしかありません。そしてこの判断は庶民感覚にも合致するところでしょう。
0
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa 「パンプス義務を性差別と表現」したことはないです。あれば、該当箇所を教えてください。
0
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated その服務規律による拘束が過度か否かは、職種別に合理性が存在すると裁判所は扱っておらず、事業者個別に実際に遂行されている事業実態に応じて合理性を判断しているということです。例えば、ピンヒール強要が非合理とされる事業実態をもつバニーガールバーが存在し得る一方、講師に課せられたパンプス義務に非合理性が認められない事業実態をもつ学習塾なんかも存在し得るということです。
0
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated 「性差別」という表現が文脈的にミスリード意図としか解釈が難しい状況で用いられている連合が発した文言を何の懸念も示さず紹介されていませんでしたっけ?まとめの中のツイートにあった気がします。
0
影のふくかいちょー。 @kage_fukukaicho 2020年2月16日
石川優実さん読んでないんだろーなー(推測
1
uncorrelated @uncorrelated 2020年2月16日
qquppa いずれの裁判の判決でも、(1)事業遂行上の必要性、(2)労働者の利益や自由の両方を天秤にかけて、命令や規定の是非を判断していますが、接客のある職種でも長髪や髭が自由を過度に侵害したと認定されており、事業遂行上の必要性は狭く取られる傾向があると言うことです。まぁ、もともと労働者保護のための法律ですしね。
0
qquppa @qquppa 2020年2月16日
uncorrelated その「(1)事業遂行上の必要性」の判断は、業種や職種に関してなされるのではなく、当該事業者における実際の事業遂行実態に鑑みて個別になされているわけです。同業の複数の事業者があったとしても、事業遂行実態が異なっていれば、規則や命令に是非に関する判断も異なるということです。パンプス義務の是非についても、業種や職種依存ではなく、個別事業者の事業遂行実態に依存する問題です。
0