カギはコロナ収束の時期。安倍政権による消費減税はあるか否かについての考察。

おそらく結果としては消費減税やらないという安倍政権の本領発揮となるでしょう。
0
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

安倍自民党政権による消費減税やはり無いと思う。もしありうるとしたら選挙で5%への減税を公約にすること。これなら共闘野党の旗印を無力化できるので安倍自民党政権にとってやる意味はある。前から言ってるけど安倍政権は国民の生活を第一に考えていない。安倍政権の存続を第一に考えている。

2020-03-14 19:19:04
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

稲田朋美議員が「国民の生活が第一なんて政治はおかしい」と言ったが、あれは実は安倍政権の本質そのもので、国民の生活を犠牲にしても自分たちが政権にあることが何よりの国益と考えている。ゆえに旧民主党のトラウマを存続させるために消費増税をしたし消費減税もやらない。youtu.be/RMvP2vGBlac

2020-03-12 21:18:35
拡大
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

ただひとつ思うのは、多くの国民が今の不況をコロナによる不況と錯覚していて消費増税による不況と理解していないふしがそれなりにある。ということは消費減税して景気よくなれば安倍さんのおかげで景気良くなったと国民に錯覚してもらえるというのは期待できる点なんだよね。マッチポンプなんだけど。

2020-03-14 19:28:13
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

ただ、立憲枝野代表の言うようにコロナでお金使わないから消費減税してもあまり意味ないというのも一理あるんだよね。つまり、消費減税してもその景気浮揚効果が表れるのはコロナ収束後ということもあり得る。

2020-03-14 19:34:22
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

となると人々はコロナ収束で景気良くなったと思うのであって安倍さんが消費減税してくれたおかげだーという錯覚は生じないということもあり得る。そう考えていくとコロナ収束が安倍政権による消費減税の可能性のカギを握っているということになる。

2020-03-14 19:34:22
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

つまり、コロナの4月5月の早期収束が見込めるのであれば安倍政権は消費減税を断行する可能性は上がるのだと思う。長期化するとなればやらない可能性が増すのかなと。なので、3月20から末にかけてのコロナの感染者の増え方が日本の命運を握っているのかもしれないというわけだ。

2020-03-14 19:39:27
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

私がもし安倍政権のブレーンだったらまず最初に官民の協力による官製マスクの製造・マスク大量生産を進言していたと思う。そうなれば今頃はそのマスクが多くの人に行き渡り社会全体での予防効果を発揮したであろう。しかしそうはなっていない。なぜなら安倍政権は国民の生活を第一に考えていないから。

2020-03-14 19:49:01
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

国民の生活を第一に考えずに政権維持を第一に考えるなどという邪道・蛇の道の発想でばかり政治をやってるから消費減税でコロナ不況を終わらせたと国民に錯覚させて支持率を上げるという大チャンスを生かすことができない。仏教の阿頼耶識哲学を軽んじているのだろう、そんなものはないと。

2020-03-14 19:59:55
ピゾナ@コロナは結論出た。詳しくは固定ツイ @pizonat

何度も書いてるけど安倍政権が2度の消費増税をやったのは旧民主党政権の国民的トラウマを存続させることで安倍政権の相対的支持マインドの維持を狙ったため。逆に言えば安倍政権の支持率の絶対的永続的向上が見込めるのであれば消費減税をやり得るということ。今はその可能性はある状況。

2020-03-20 22:04:45

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?