2020年4月18日

Pindown(一枚のダウンスクリーン):完全ガイド

Pindownアクションの網羅的なパターン別解説。
1
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown(Awayとも。一枚のダウンスクリーン)の一通りのパターンについて解説動画を作りましたので、以下のスレッドで紹介したいと思います。 大きく分けて、 ベーシックなパターン スクリナー中心のオプション 発展編の三本柱でのブレイクダウンとなっています。 pic.twitter.com/Nd9pYkmo0e

2020-04-17 17:34:13
拡大
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

先んじてリファレンスを。 *参考にした動画・記事: Michigan Wolverines "Wide Pindown" youtu.be/XedlFOMnOq0 Golden State Warriors "Elbow Pindown" youtu.be/EHId9N3TUCg Attacking Switching - Sets/Actions (ZB) youtu.be/A8ODbgZHT3I (続く)

2020-04-17 17:35:49
拡大
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

(続き) Golden State Offense - Wing Twist youtu.be/tKNkUEPAcqs Orlando Magic - Chin Pin twitter.com/CoachHarkins/s… 効果的なオフボールスクリーンのために ameblo.jp/tamorimorimori… などその他多数……

2020-04-17 17:36:05
拡大
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・Basics Pindown Straight ダウンスクリーンで創出したセパレーションを使ってC&Sに持ち込むシンプルな基本オプション。 単純なだけに、DFに体を当てる(’bump’)、あるいはダイブのフェイクを入れてDFを下がらせるなどして、スクリーンにHitさせやすくする工夫が肝要となる。 pic.twitter.com/3Av9nHX37m

2020-04-17 17:38:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown Curl ユーザーDFがOver(後追い)してくるなら、カールカットでリムを攻めるのが有効なオプションとなる。 もちろんユーザーがレシーブして攻めるのが第一だが、スクリナーDFのカバーを惹きつけて、他のオプション(後述するFlash / Step-upなど)に繋げられるという構造も重要となる。 pic.twitter.com/OORda13gGm

2020-04-17 17:41:34
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown Fade 逆にユーザーDFがUnder(先回り)しようとするなら、フェイドカットで広がることで、セパレーションを作る/広げるのが有効になる。 スクリナーはこれに合わせて、スクリーンの角度をフェイドカットと同じ方向に変更すると、よりセパレーションが拡大しやすくなる。 pic.twitter.com/c2pgK1oQEg

2020-04-17 17:44:52
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown Reject (Backdoor) ユーザーがスクリナーを使わず(Reject)に、リムへBackdoorを仕掛けるオプション。 ユーザーDFがファイトオーバーを狙ったり、Top-Lockを仕掛けてきたときに有効。 スクリナーDFがカバーに行けば、スクリナーに自ずとセパレーションが生まれ、続くオフェンスが有利になる。 pic.twitter.com/MrN5xXBSG5

2020-04-17 17:48:43
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・Screener Pindown Roll 構造は基本的なPNRに似る。 ユーザーのパスレシーブに合わせてスクリナーがロール。 スクリナーDFがユーザーのケアに向かうと、スクリナーのロールにパスが通るという形。 pic.twitter.com/jYkC3HMRME

2020-04-17 17:51:02
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown Slip スクリナーDFのスイッチないしBlitzに対し、スクリナーがSlip inを行って得点を狙うパターン。 ユーザーに対してアグレッシブなDFを仕掛けてくるチームを相手にする際に、対策あるいは牽制として習熟しておきたい。 pic.twitter.com/IJyvHPCVOt

2020-04-17 17:52:54
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown Duck-In / Down Screen Post スイッチDFに対し、スクリナー(基本的にビッグマン)がインサイドに入り込んでシールするコンセプト。 Slip気味に入り込んでDeep Sealし、迅速な攻めを狙う(Duck-In)もよし、Postでのサイズミスマッチを落ち着いて攻めるもよし。 pic.twitter.com/FcKLiEmCpo

2020-04-17 17:55:01
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Pindown Flash / Step-up ユーザーのCurlないしRejectをスクリナーDFがケアした場合、スクリナーとスクリナーDFの間にセパレーションが生じる。 そこでスクリナーがFlashないしStep-upを行うことで、発生したセパレーションを利用して、続くオフェンスの優位を増幅させることができる。 pic.twitter.com/N4ZCe4oFoX

2020-04-17 17:58:07
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・Advanced Pindown Chase スクリナーがPindownから即座にボールスクリーンに向かうパターン。 構造的にはPNRにおけるRe-Screenと同じで、即座に逆方向へスクリーンプレーを行うことで、ハンドラーDF、スクリナーDF双方にストレスを掛ける。 pic.twitter.com/Y56RGGBmmZ

2020-04-17 17:59:42
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Elbow Flash Backdoor ユーザーに対するSwitch Upに対し、スクリナーがElbowでボールを受け、Backdoorプレーに移行するパターン。 ”Blind Pig”という俗称もある。 ユーザーに対するスイッチ&ディナイの構造的弱点を突く。 pic.twitter.com/RDPOFXFs0N

2020-04-17 18:00:52
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Invert 「反転」の意味。Curlしたユーザーがスクリナーとなり、ユーザーとスクリナーで入れ替わってPindownを行う。 最初のスクリナーにシュート力がある際に有効になるオプション。 pic.twitter.com/MHPHEtBF6k

2020-04-17 18:02:13
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Curl Pick (Twist) 基本構造は先ほどのInvertとほぼ同じで、最初のユーザーがカール&スクリーンするものだが、これはアウトサイド同士で行われ、通常はDHOへと展開していく。 アウトサイド同士のスクリーンならスイッチされがちなのを逆利用する構造になっている。 pic.twitter.com/XkEJns4ukv

2020-04-17 18:04:19
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Rip - Pindown “Chin Pin”とも。 一度Rip = Backscreenを先に挟むことで、スクリナーDFを(Ripユーザーのケアのため)下がらせ、続くPindownへの対応を遅らせることで優位を作るコンセプト。 遅れればユーザーがオープンになり、無理にスイッチやBlitzに向かえばスクリナーのSlipがワイドオープンに。 pic.twitter.com/ftliVsGdcA

2020-04-17 18:05:27
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

以下スレッドを一通り連結した動画をアップしました。 ”Pindown” Complete Guide youtu.be/KUwCc7ShcRQ 是非お役立て下さい。 twitter.com/MBTResearch/st…

2020-04-18 17:01:26
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?