唾液からのウイルス検出(新型コロナウイルス・インフルエンザウイルス)

唾液からのウイルス検出技術に関する自己ツイートをまとめました。
25
新型コロナウイルスSARS-CoV-2検出には唾液からの方が咽頭スワブより良い検査ではないかというプレプリントが米国から発表されました。
Prof. Akiko Iwasaki @VirusesImmunity

A super useful new study led by @awyllie13 shows that saliva is a better diagnostic sample for #COVID19 testing than nasopharyngeal swabs. Switching to saliva solves problems of shortage of swabs, PPE, saves healthcare labor and gives better sensitivity and consistency 👍🏽 twitter.com/awyllie13/stat… pic.twitter.com/TubFyCdhPF

2020-04-23 04:10:05
拡大
リンク medRxiv Saliva is more sensitive for SARS-CoV-2 detection in COVID-19 patients than nasopharyngeal swabs Rapid and accurate SARS-CoV-2 diagnostic testing is essential for controlling the ongoing COVID-19 pandemic. The current gold standard for COVID-19 diagnosis is real-time RT-PCR detection of SARS-CoV-2 from nasopharyngeal swabs. Low sensitivity, exposure 1 user 900

唾液検体と咽頭スワブ検体からのウイルス検出を同一被験者で比較した研究はほとんどなかった、そうです↓。

Anne Wyllie @awyllie13

While saliva has shown promise for SARS-CoV-2 detection, very few studies have directly compared it to the current gold standard, nasopharyngeal (NP) swab. So, we compared NP and saliva samples from COVID-19 patients and self-collected samples from asymptomatic healthcare workers pic.twitter.com/WQDAO0b79Y

2020-04-23 01:22:59
拡大

医療関係の被験者で咽頭スワブで陰性だったが、唾液では検出された方が2名いた。

Anne Wyllie @awyllie13

Plus, the detection of SARS-CoV-2 from the saliva of two asymptomatic healthcare workers (...and counting!) who tested negative from their NP swabs suggests that saliva could be a viable alternative for identifying mild or subclinical infections.

2020-04-23 01:27:21

自分で唾液を取って、専門機関が検査する体制を作ることで、新型コロナウイルスの防疫と医療機関の負担は一変するでしょう。

Anne Wyllie @awyllie13

With further validation, widespread use of saliva sampling could be transformative for public health efforts: saliva self-collection circumvents direct healthcare worker-patient interaction, reducing overall risk of infection in hospitals and supply demands on swab kits and PPE.

2020-04-23 01:27:36

まだ確認は必要だけど、唾液検査は有望です。

Anne Wyllie @awyllie13

The takeaway: saliva should be considered as a viable alternative for SARS-CoV-2 detection. To meet growing testing demands, our findings support the need for immediate validation and implementation of saliva sampling for #SARSCoV2 diagnostics disq.us/t/3o287u4

2020-04-23 01:28:11
新型コロナウイルスの唾液検査
s_matashiro @glasscatfish

4/18 日本感染症学会COVID19シンポジウムで押谷先生が言及されていた、唾液からの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が継続して検出されるという論文。 赤が気管内吸引液、青が唾液。縦軸は対数目盛。 thelancet.com/journals/lanin… pic.twitter.com/cb5eKhxF3i

2020-04-19 15:45:24
拡大
まとめ 日本感染症学会 COVID-19シンポジウムまとめ 延期となった学会ですが、シンポジウムが開かれ、全医療者、非医療者も読むべきと考え、知識のメモ的なかんじでまとめました 87404 pv 2778 480 users 1582
s_matashiro @glasscatfish

メルボルンとYale2つの研究で唾液から新型コロナウイルスのPCR検出ができていることを紹介した記事。 唾液取得デバイスはすでにFDAで緊急使用が認められており、自己採取が容易なので医療従事者の負担や感染リスクも低下できる。採取器具の不足も解決。 genengnews.com/news/sars-cov-…

2020-05-03 15:37:54
リンク GEN - Genetic Engineering and Biotechnology News SARS-CoV-2 Detection in Saliva Samples is Sensitive and Consistent Using saliva for SARS-CoV-2 detection is more sensitive and consistent than using nasopharyngeal swabs and should be considered as a reliable sample type. 2364
s_matashiro @glasscatfish

唾液から新型コロナウイルスの検出を試みたオーストラリアの研究結果。咽頭スワブより感度は低い(ウイルス量が低い)が安定して検出可能。咽頭スワブ陽性39人中33人(84.6%)が唾液でも陽性jcm.asm.org/content/jcm/ea… (図では赤が咽頭スワブ、青が唾液。縦軸は検出限界) pic.twitter.com/Ev0NdES82o

2020-05-03 15:32:20
拡大
s_matashiro @glasscatfish

FDAの緊急使用で4月15日に唾液からSARS-Cov-2をPCR検出する方法がデバイスと共に認められた。 fda.gov/media/136875/d… 紹介記事 rutgers.edu/news/new-rutge… businesswire.com/news/home/2020… pic.twitter.com/G5MCRixrzT

2020-04-19 16:19:07
拡大
リンク www.businesswire.com FDA Emergency Use Authorization Granted for Utilizing Saliva for COVID-19 Testing Exclusively Using SDNA-1000 Saliva Collection FDA approved EUA for saliva in COVID-19 testing exclusively using the Spectrum SDNA-1000 saliva collection device
s_matashiro @glasscatfish

RNAを増幅するRT-LAMP法、RNA切断活性のあるCas12酵素とイムノクロマト法を組み合わせてSARS-CoV-2の検出をする方法 Nature Biotechnol. 16 April 2020 CRISPR–Cas12-based detection of SARS-CoV-2 nature.com/articles/s4158… pic.twitter.com/PyiwWSnatR

2020-04-19 16:41:22
拡大
s_matashiro @glasscatfish

ここまでを総合すると、現状の新型コロナウイルスの検出技術で負担が小さくなる理想形は ・唾液サンプル ・RNA-LAMPで増幅 ・CAS12で検出 ・クロマトで簡易検出/可視化 現実的には ・唾液サンプル ・RT-PCR(通常法もしくはDNA-LAMP) ・リアルタイムPCR装置で可視化 かな

2020-04-19 21:55:38
インフルエンザの迅速検査について
s_matashiro @glasscatfish

インフルエンザ検査キット、市販を求める声はあるけれど:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/SDI20… >インフルエンザの患者さんがキットによる検査で陰性になる確率は10~40%ぐらいあります。 >医師は検査の結果だけではなく(中略)総合的に診断しています。

2020-04-19 15:11:31
リンク 朝日新聞デジタル インフルエンザ検査キット、市販を求める声はあるけれど:朝日新聞デジタル インフルエンザの検査を受けた経験はおありでしょうか。「スワブ」という滅菌した長い綿棒を鼻の奥に入れてグリグリっとやるあれです。迅速抗原診断キットといってインフルエンザ診療を激変させた優れた検査方法で… 2 users 20
s_matashiro @glasscatfish

インフルエンザの迅速検査(イムノクロマト法)について解説したクリニックのHP misaki-familyclinic.net/2020/01/20/932/ >インフルエンザの検査をして陰性と出た場合でも、その30-50%は偽陰性の可能性があり、逆に陽性と出た場合には、90-95%の確率でインフルエンザと診断ができる

2020-04-19 15:22:53
残りを読む(10)

コメント

また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2020年4月19日
不謹慎やけど、戦争で科学が躍進するように、疫病で医学が躍進するとは素晴らしい。
5
nao @parasite2006 2020年4月20日
エボラ出血熱のワクチンの開発が急激に進んだのも、2013年12月から西アフリカで始まり2016年1月まで続いた過去最大規模の流行がきっかけ。。Merck社のエボラウイルス用ワクチンは2019年中に欧州と米国で相次いで承認を受けhttps://www.mrknewsroom.com/ebola-infocenter Johnson & Johnson社の製品は2019年11月に欧州で承認申請して審査待ち。
3
s_matashiro @glasscatfish 2020年4月20日
CAFE_XXX その面もありますが、くすぶっていた技術が一気に活性化したような印象を持っています。
0
s_matashiro @glasscatfish 2020年4月23日
まとめを更新しました。 唾液と咽頭スワブ検査を比較したプレプリント論文に関するツイートを追加しました。 https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.04.16.20067835v1
0
リンゴ人間 @TokusaRingGo 2020年4月27日
唾での感染力が超強いということか? 鼻骨を折ったことがあるからなのか、あの鼻に突っ込む検査はちょっと苦手なので 唾で済むのならいいなぁ(コナミ感
0
s_matashiro @glasscatfish 2020年5月3日
まとめを更新しました。オーストラリアでの唾液から新型コロナウイルスPCR検出についてのプレプリント情報を追加しました。
0