Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

エアフィックス1/96メイフラワー 製作まとめ (Airfix 1/96 Pilgrim Ship "MAYFLOWER" building log tweets)

木製帆船模型に比べ、低く見られがちなプラスチック帆船キット。とは言え船体が早く形になる分、リギング練習にも最適な素材です。その歴史的航海から今年2020年でちょうど400周年となるメイフラワーを同キット用ガイド本等も参考に製作しました。
3
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

来年のミンダナオ会さんテーマ予定は「アメリカ」との事で、既にこのテーマに向けて着手されている方もTL上でお見かけしますが、私はこれで行こうかと思います。エアフィックス1/96メイフラワー、テーマに合わせつつもイングランドの船ということで、まったくもってブリカス乙と言わざるを得ませんwww pic.twitter.com/xERx8maXgQ

2019-02-17 14:02:32
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

この通りグンゼ版で先日ヤフオクで落としたばかりです。このサイト(vintage-airfix.com/ships/large-sc…)によるとカタログ初掲載が1970年との事ですが、私の見た感じでは60年台初期~中期の金型の様な印象です。とは言え1/96にしてはオーバースケールな印象ですが、フィギュア彫刻の雰囲気等は流石エアです。 pic.twitter.com/LN8vWSOrk5

2019-02-17 14:02:34
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

前ツイ2枚目にも表紙が写っていますが。Patrick Stephens Ltd(PSL)から出版された、同キット用のガイド本も参考に製作する予定です。他の製作も同時並行になりそうで、同書掲載のディテールアップを全て行うかどうかは不明ですが、この様な本が出版される辺りブリテンの模型趣味界の懐の深さを感じます pic.twitter.com/oBYJGPwvwZ

2019-02-17 14:02:34
拡大
拡大
拡大
拡大
東名川崎製作所@SA3月号B-17 @taroo17068998

こんなキットあるんだあ・・・ 面白そうだなあ。 twitter.com/fake_johnbull/…

2019-05-04 12:53:42
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

@taroo17068998 今、東名さんが製作中のフェリックストゥ(でよろしかったですよね)も木造艇体に機体のアチコチを駆け巡るワイヤーといった辺りが、帆船模型とも共通していて眺めていて楽しいですよね。実は私もローデンの1/72はストックしているのですが、東名さんの様に雰囲気たっぷりに作る自信はないです(汗

2019-05-04 13:10:51
デス子たん@軍事ゲーマー @deskotan

@fake_johnbull 木造帆船のプラモデルってこんな感じなんですねぇ。店で箱の中は見たことがなかったのでタメになります。

2019-05-04 13:35:11
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

@i2UKnLjYjKNwWTc そのままでは木製模型の質感にはもちろん及ばないのですが、逆に加工と塗装で木質感を出す楽しみはありますね。私の所属する横浜帆船模型同好会ではプラキット帆船はNGなのですが、こっそり内輪をばらすとベテラン会員でも「プラキット帆船も良いのでは」という意見もあります。

2019-05-04 13:49:29
Third Sea Lord @be_ash_ash

なのでプリマスが軍港として栄えたのも、このプリマスジンがあったからと言っても嘘ではない。 実際ドイツが不敵にもプリマスを爆撃した際、蒸溜所の設備が無事だった時、海軍省は全艦隊にむけて 『蒸溜所は被弾するも、蒸溜設備は無事につき安堵されたし』 と打電していることからも、ね。 pic.twitter.com/idEp6UqH9D

2019-02-18 22:21:57
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

プリマスジンのラベルはメイフラワーが描かれており、尚更メイフラワーを作らない訳にはいかなくなりました??? >RT pic.twitter.com/UtzOukRY1x

2019-02-18 22:41:52
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

エアフィックス・メイフラワー、まずは船体や甲板等の主用パーツの下ごしらえです。古いキットだけに合いは良くありませんが、フォクスルデッキやプープデッキ縁の抜きの関係で設計者の意図よりも幅広になったであろう個所やその他の箇所を削り調整していきます。画像の他に船体内隔壁も削り調整します pic.twitter.com/qSTZEMWxez

2019-03-03 23:40:44
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

主用パーツ接着部の削り調整を終え、仮組したところです。甲板の縁とブルワーク内側がまだ少し隙間があいている箇所がありますが、後でウォーターウェイを貼れば、目立たなくなりそうです。 pic.twitter.com/JLWitxsUs5

2019-03-03 23:40:45
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

エアフィックス・メイフラワー、そろそろ本格着工です。船体の外販モールドは細い凸線となっており、外板の隙間からコーキングが少しはみ出た状態と考えれば違和感はないのですが、キールに接する外板(ガーボード・ストレーキ)が船首に向かって細くなり消えてしまう等、不自然に感じ彫り直します。 pic.twitter.com/R7QFLGDzdc

2019-04-06 19:16:48
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

キットの外板モールド幅は2mmとなっており、モデルシップウェイズ社の木製キットの1/64メイフラワーのキット組説(modelexpo-online.com/assets/images/…)でも1/8インチ(3.175mm)幅の外板材が指定されており、1/96の本キットでは2mm幅で差し支えない様です。 pic.twitter.com/bzlMWseESU

2019-04-06 19:16:48
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

外板展開図が残っている近代艦船とは違い、古い時代の帆船は想像に頼らざるを得ませんが、それでも当時使われていたであろう建造方法を意識して、外板材の流れを決めていきます。 pic.twitter.com/XDSCsV2SKv

2019-04-06 19:16:50
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

白い削りカスで分かりづらいので、黒塗料を流してふき取った状態です。凹彫りラインがヨレヨレですが、木造船らしい「味」ということで逃げたい、と思いますwww pic.twitter.com/pfnz0vAfbg

2019-04-06 19:16:52
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

外板流れ凹彫りの続き。最初は曲面用マステ貼り→マステに沿ってPカッター彫り→マステを剥がして目立てヤスリでヨレたラインを調整という手順で彫ってましたが、マステ貼り→目立てヤスリでなるべく軽めに凹彫り→マステを剥がして目立てヤスリでよれたラインを調整しつつ凹彫りを深く、の手順に変更 pic.twitter.com/m0mvd1ONIK

2019-04-09 00:40:35
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

4分割した外板流れの最後のパネルの凹彫り。最初に中央の継ぎ目を凹彫り、次いで下側から掘っていきます。 pic.twitter.com/NpBXqHOHpa

2019-04-09 00:40:36
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

これで左舷側のキールからウェールまでのストレーキ凹彫りが完了です。この後ウェールから上側の舷側の凹彫り、縦方向のバットも彫っていきます。なお帆船模型は基本的に右舷側を見せるため(船舶図面側面図も基本的に右舷側)、練習も兼ねて左舷側を先に進めています。 pic.twitter.com/QoZLLQviFe

2019-04-09 00:40:37
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

未加工の右舷側と船首と船尾部分の比較です。船首側はキットの外板流れが特にキール側で船首に向かって急に上向きになるのをなだらかなカーブになる様に、船尾側外板はキールに向かって先細りに収斂するのを防ぐためスティーラーを入れています。 pic.twitter.com/3vJfHJM0MA

2019-04-09 00:40:37
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

例によって遅々とですが、エアフィックス・メイフラワー作業継続中です。ウェールから上の舷側もストレーキの凹彫りを入れ、縦方向のバットを入れます。バットの位置は適当ですが、大体こんな辺りで良かろうと考えて進めています。 pic.twitter.com/JZn9VCql0T

2019-05-04 12:49:04
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

右舷船体凹彫りの前に、16~7世紀変わり目のガレオン船の特徴である上構部分の幾何学模様凸モールドを写し取っておきます。流石にちょっとオーバースケールなので。削り取る前にマステを貼って鉛筆の腹で凸を写し取り→スキャン→イラレでトレース。後日シール紙に印刷してマスキング用として使う予定 pic.twitter.com/Oiz7ym06Xt

2019-05-04 12:49:05
拡大
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

右舷も凹彫り完了。240番ペーパーと真鍮ホイールブラシを付けたリューターで凹彫りしたストレーキに沿って軽く傷を付けて木質感らしくします。船首の左右は完全に左右対称には出来ませんが、こんな処で宜しいでしょう。 pic.twitter.com/yRiYmFCyIo

2019-05-04 12:49:05
拡大
拡大
拡大
偽 6㌳ ジョン 6㌳ ブル@HMSベレロフォン1786製作停滞中 @fake_johnbull

なお側面からはストレーキのラインは前ツイで見る通り船首尾に向かって上上がり、船底から見ると船首尾に向かってすぼまっていきますが、船首斜め下から見ると緩いS字型カーブになったり、角度を変えるとまた別のカーブになったりで、スマートな船型とはまた違った美しいカーブを楽しむ事が出来ます。 pic.twitter.com/Kv1h5vJlkk

2019-05-04 12:49:06
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(121)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?