長浜浩明『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』第一章の批判的検討

「アマゾンベストセラー1位」(呆)という長浜浩明『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』(2019)第一章「日本人のルーツを解き明かす」のデタラメを解明します。
2
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

アマゾンベストセラー1位・長浜浩明『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』(2019)第一章「日本人のルーツを解き明かす」批判要約。 長浜は下図を以て、日本人は中国人や韓国人と遺伝的に全く関連のない民族とし、日本人の主な先祖は縄文人であるとし、弥生人の大量渡来を否定する。 pic.twitter.com/S66GOaMjE3

2019-06-28 21:08:59
拡大
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

しかし、同じ文章(斎藤誠也監修『DNAでわかった日本人のルーツ』2016年所収、神澤秀明「日本列島人に受け継がれている縄文人の遺伝子」)にのせらえた下図を全く無視している。 pic.twitter.com/CHi4EFIYsd

2019-06-28 21:16:17
拡大

(注)図4・図15は共に斎藤誠也監修『DNAでわかった日本人のルーツ』(2016年)所収、神澤秀明「日本列島人に受け継がれている縄文人の遺伝子」のもの。

熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

実際、神澤は上図に基づき、アイヌが縄文人の遺伝要素を強く残しているのに対し、縄文人は本土日本人と比して特異な(遺伝的に離れた)存在である(14頁)としており、その要因として【本土では渡来系の遺伝要素が強く、北海道や琉球列島など、両端では、縄文系の遺伝要素が強く残りました】(9頁)➡

2019-06-28 21:26:11
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

と述べており、《日本人の主な先祖は縄文人》、《アイヌは縄文人と無縁)というような長浜の主張は明白に否定している。なお、監修の斎藤誠也は別書(『核DNA解析でたどる日本人の源流』2017年)で、以下のような図を載せ、現代本土日本人における縄文遺伝子の寄与率を12%(88%は弥生系)としている pic.twitter.com/SNIe4rbB0C

2019-06-28 22:08:35
拡大
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

実際、図15を見ても、本土日本人が縄文人やアイヌと遺伝的に遠く、中国人(厳密には北方漢族)やコリアン(本土日本人と中国人の間に位置)に近いことは明白であり、これは大陸系の遺伝要素が強いこと、せいぜい若干の縄文由来遺伝子によって、アジアの中での本土日本人の若干の遺伝的特殊性が➡ pic.twitter.com/7g6jD4LYTx

2019-06-28 22:09:19
拡大
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

成されていると言うことに過ぎない。もとより、そのような「特殊性」は日本人でなくても、どのアジア人にもあるものである。 詰まるところ、長浜浩明の著書(少なくとも第一章)は神澤の文章内容を全く無視し、都合のいい図だけを引っ張って自説をでっち上げたデマ本であるとしか言いようがない・。

2019-06-28 22:10:53

訂正:「成されている」→「形成されている」。

熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

なお、本土日本人中の縄文由来遺伝子12%(弥生由来遺伝子88%)の詳細については以下を。 nhk.or.jp/kaisetsu-blog/…

2019-06-28 22:11:35

上のリンクが切れているので、替わって以下を紹介します。

リンク 論座(RONZA) 縄文人のゲノムが現代人並みに解読された - 米山正寛|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 縄文人が核に持っていた全ての遺伝情報(ゲノム)が、国立科学博物館など国内7機関の共同研究で初めて現代人並みの高精度で解読され、その結果が日本人類学会の英文誌Anthropological Scien 12 users 734
リンク 解説委員室ブログ 「縄文人ってどんなヒト?」(くらし☆解説) 今月、国立科学博物館の神澤秀明さんらのグループが縄文人の全ゲノムを解読したと発... #nhk_kaisetsu 1 user 83
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

なお、座視できないのはアイヌに関して、ヘイトと言ってよいデマを飛ばしていることであり、長浜が《アイヌは縄文人とは無縁》、《13世紀頃樺太から北海道へ逃れてきた》などとは、北海道在住の医師でアイヌ民族否定論者・的場光昭のデマの受け売りである。 詳細は以下を。 twitter.com/xiongmao53/sta…

2019-06-28 22:16:14

詳細は本論中にリンクしています。

熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

琉球人に関しては、長浜は《ルーツは日本、特に南九州》としているが、注意しなければならないのは、たとえルーツが日本だからと言って、琉球と大和とが同民族にならないことであり、そもそも民族はDNAによって決定されるものではない。

2019-06-28 22:19:22
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

なお、長浜も示した下図によれば、琉球人と本土日本人とは明白に遺伝的に分離しており、それについて篠田謙一は【沖縄の集団は本土とは異なる形成史を持っている】、【在来集団と南九州の農耕民の混合によって現代の琉球列島集団が形成された】としている。※『歴史REAL日本人の起源』(2018)。

2019-06-28 22:23:36
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

もとより、民族を決定するものは遺伝子の共通性ではなく、言語や文化・歴史背景などの共通性(によって形成された「われわれ」意識)であるが、当該民族の遺伝子の状況は、その民族の形成過程を反映するものと考える。

2019-06-28 22:26:51

【本論】

熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

長浜浩明『日本の誕生 皇室と日本人のルーツ』(2019)を嗤う。 ①《それ(韓国朝鮮語)は〈日本語とはかけ離れた言語だった》 さあ、発音面のかなりの相違等あるものの、文法面はほぼ同じであり、色々未解決の問題があるものの、やはり関係が深い言語と考えられていると思いますが。

2019-06-23 20:10:51
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

《しかも英語やフランス語に比べ、音の響きが下卑ており、聴くに耐え得る言語ではありませんでした。》 個人の好き嫌いは仕方ないにしても、ここまで書いたら完全に差別(ヘイト)でしょう。よく、こんな文言を出版社は編集しなかったものだ(呆)。

2019-06-23 20:13:35
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

《「渡来系弥生人が列島内を拡散、先住民の縄文人の子孫たちと混血を繰り返し」の実態とは、“大陸や半島から男性集団が渡来し、縄文人との戦いに勝利し、男性を殺すなり追い散らすなりして逃げ遅れた縄文女性と交わり、混血児が生まれ、このようなことが波状的に起こり、日本民族が生まれた”となり》

2019-06-23 20:20:18
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

全く長浜の偏見。人類学者(例えば篠田謙一)は、それこそミトコンドリアDNAとY染色体の分析から、弥生人の渡来は平和的なものだったとしており、実際、縄文人と弥生人の“戦闘”を示すような考古遺物は出土していません。むしろ、戦闘は弥生人どうしで行われました。

2019-06-23 20:24:35
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐭 @xiongmao53

そもそも、縄文人と弥生人とは生業が違い、土地をめぐって争うことなど無かったのです。なお、長浜はs著書の中で篠田謙一をボロクソに書いていますが、篠田の見解については、とりあえず『まとめ』を作りました。matome.naver.jp/odai/215464660…

2019-06-23 20:27:40
残りを読む(55)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?