2020年8月31日

『人殺しの悪人が僧になって旅する話』今昔物語に収録された話を基にした漫画が、現代でも充分通じる作品力を持つと話題に

『今昔物語』とは、平安時代末期、1120年頃に編纂された「今は昔」という書き出しから始まる説話集。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E6%98%94%E7%89%A9%E8%AA%9E%E9%9B%86 その中に収録された話の一つを、漫画として描き上げた作品の内容がとても心揺さぶられるものでした。 歴史の授業で名前だけは知っているという人も多いと思いますが、中身についてはあまり知らないという人も多いはずなので、これはとても興味深い内容でした。
598
瀬川環 @segawatamaki

漫画置き場→note.com/tamakisegawa 返事は体力と時間に余裕がある時にしていますが常にヘロヘロなのでまちまちです。全て有り難く読んでます(^^)感想用に好きなP、コマありましたらどうぞ貼っちゃってください🥳大歓迎です🥳

瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(1/8) 今昔物語の中の一話です。 pic.twitter.com/BX7eDxghMN

2020-08-30 11:46:36
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(2/8) pic.twitter.com/YB7ycdzDMN

2020-08-30 11:46:58
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(3/8) pic.twitter.com/5zYgRvdqEe

2020-08-30 11:47:20
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(4/8) pic.twitter.com/OxrNbrkUDd

2020-08-30 11:47:47
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(5/8) pic.twitter.com/8SfmpMf1Ju

2020-08-30 11:48:16
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(6/8) pic.twitter.com/dMZTdAOr5E

2020-08-30 11:49:01
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(7/8) pic.twitter.com/lwvC1hEjpW

2020-08-30 11:49:28
拡大
拡大
拡大
拡大
瀬川環 @segawatamaki

人殺しの悪人が僧になって旅する話(8/8) pic.twitter.com/tUAj413hU4

2020-08-30 11:50:31
拡大
瀬川環 @segawatamaki

岡敦さんの「強く生きるために読む古典」という本に紹介されてた今昔物語の一話を基にした漫画です。 読んだ時に雷に打たれたレベルで感動して以来何度も何度も読みなおすぐらい好きな話なんですがこの感動は本には敵わないので是非読んで欲しい…。死んだら棺に入れて欲しい位敬愛してる本です。

2020-08-30 12:02:30
瀬川環 @segawatamaki

もう一つ!今年の一番感銘を受けた記事です。読んで欲しい…! この今昔物語の話は仏様によって救われる話ですが、人類が人類を救う可能性が今の時代にはちゃんとある、それを築こうとする人が存在していることがいることが心から嬉しい。ここの文が本当に好きです(添付画像) twitter.com/origamicat/sta… pic.twitter.com/yvs1oBRPkn

2020-08-30 16:12:00
拡大
瀬川環 @segawatamaki

hon-yak.net 今昔物語の現代語訳が読めるサイトです😄 よかったら是非~😄

2020-08-30 16:50:25
🐥アルミ缶@ひよこ🍥 @I_saac_18_

@segawatamaki 今昔物語集の話番号と 題名の現代誤訳が欲しいです 私事ですが感想です どんな悪人でも心を 必ず入れ替えたなら 報われるという話は 仏教説話において どんな人間も救われることを 表していて、納得いきました また、話の中で本人の本当の 意識は悪人ではなく 正しく痛いという思いが感じられました

2020-08-30 19:37:14
安藤仁美 @tubakiotu

@I_saac_18_ 本朝付仏法 巻十九第十四話 讃岐国多度郡五位聞法即出家語 讃岐の国の多度郡の源大夫が仏の教えを聞いてすぐに出家した話 でしょうか…

2020-08-30 22:03:28
ライム @mikan_raimu

@segawatamaki 本朝巻十九の一四の話を作品にされたと題名でわかりました。 理不尽な末法の世と言われた平安の世で、己の救済が得られてよかったと思ういい作品ですね。口の蓮話の俯瞰部分が儚さと救済があったという、あそこの描写がよかったです。

2020-08-30 17:49:49
皆さんの感想など
Yamako @croneko_yamako

@segawatamaki @ningenzoo 私は神を信じませんが、常に人類の歴史と共にある「信仰」というものが、どうして人類に必要だったのか、解ったような気がしました。ありがとうございます。

2020-08-30 15:40:51
Cheese in 💉💉 @cheesenomiyako

@segawatamaki @DUSToid_ama 今昔物語、小学生の頃に読んだのは覚えてるけど内容は覚えてない。も一度読んでみたい。

2020-08-30 16:08:20
行成団子@雑な団子の方です @Zingai_Dango

@segawatamaki 教科書に載っている古典って印象が強くないものも多いけどこれは多くの人に強い印象を与えるだろうな 是非教科書にもこの形式で載ってほしい

2020-08-30 16:56:16
コピルアク @checchori

@segawatamaki ご紹介いただきありがとうございます、読んでみます。内容もさることながら、絵がとても素敵です。他の作品も読ませていただきますね。

2020-08-30 17:34:51
アロー @full_focearrow

@segawatamaki 素晴らしい話を教えて下さってありがとうございます 歩いた果てのいらえが「お前の罪を許そう」でも「お前は悪くない」でもなく「ここにいるぞ」 その応えに他のどんな答えよりも救われる不思議。「おおい」と投げ掛けて「ここにいるぞ」と返るその歓び その感動がグワッと伝わってきました

2020-08-30 18:30:51
やけに仏教に詳しいフリーザ @waraikatahohoho

@segawatamaki (いきとしいけるものが幸せでありますように…悩み苦しみがなくなりますように…願いごとが叶えられますように…悟りの光があらわれますように…)

2020-08-30 19:02:15
森新児 @morisinji

@segawatamaki 遠藤周作の沈黙とは対照的ですね。宣教師の呼びかけにキリスト教の神は沈黙して答えない。一方悪人源太夫の呼びかけに阿弥陀仏は「ここにいる」と答える。たぶん仏教徒以外の宗教者もここを読んだら泣くかと。鳥葬で終わる最期も印象的。インド的なスケールの大きい話に感銘を受けました。

2020-08-30 19:27:52
すぎこう @SubSugi

@segawatamaki LOTUSという曲を思い出しました。 『変わらない人をたずね道に迷うよりも 終わらなくとどく声 はるか空の下 キミがまた歌う時 胸に咲くロータスよ』

2020-08-30 19:31:58
えぞ ふくろう @sioryu

@segawatamaki 拝読しました。涙が出ました。描いてくださってありがとうございます。

2020-08-30 19:49:16
残りを読む(14)

コメント

ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年8月31日
仏は、人々の生き様を見つめ、それらを受け入れてくれようとする。どうしようもない自分を受け入れてくれる。ただそれだけで人は救われるのですね。いや、その「自分の生き様を全て知った上で受け入れてくれる」ってよく考えたらほんとにすごい。 
73
Requirer @Requirer8 2020年8月31日
火の鳥でもあったね。
6
モサオ・バルカ @mosao82 2020年8月31日
ジョージ秋山のアシュラとか
5
tomo@裏雑多 @JINbeyJIN 2020年8月31日
「善い悪いに関係なく、否定も肯定もなく、己の人生を全て受け止め全て飲み込む」ってのはおそらく、いつの世も人生最大かつ最難関のミッションなんだろう。だからこそこの話は今も強烈な説得力を持つことができる。
98
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年8月31日
古典を読め。若いうちに古事記でも源氏物語でも古典を読んでいれば、いい年になってなろうみたいな発端のインパクトだけのつまらない話を開陳するようなみっともないことをしないで済む。
16
マー @guro_mi 2020年8月31日
思ったんだが、ラノベとかなろうのタイトルって今昔物語とかの説話集系のタイトルと付け方がそっくりだよな。考えてみればなろうも「馬鹿にされていた正直者が報われる」とか「役立たずだと追い出された大人しい男が報われる」とか話の作り方が説話・民話っぽい。人間の求めるものって昔から変わらんということだろうか?
72
拳固老 @cti_mi 2020年8月31日
M__Sadohara なろうだろうとそんな風に貶すほうがみっともないよ
149
BLACK @BlackBlack0013 2020年8月31日
昔、トリビアの泉で「ふられた女の子を慰める最良の言葉」を専門家に検討してもらったら、回答が「ここにいるよ、とメールする」、だった。これが元ネタか。
7
イチロージロー @ichirotojiro 2020年8月31日
要するに「自分を受け入れて赦す」ということなんだけど、人類が少なくとも2千年前からずーっと言い続けてきていても多くの人間には一生伝わることが無いんだろうな、というのが現実の凄みというか。自分を赦すのにいったん「誰かが赦した」というレトリックを使わないといけないのは人間の存在的な限界で宗教の本質だろうか。しかし「誰からも奪わない」を突き詰めていって「餓死」になるのがインド人哲学者の身も蓋もなさというか、もうちょっとなんとかならんか?
36
泉屋 @i_z_m_y 2020年8月31日
まとめで周作の沈黙の話してる人いるけど、でも現実はキリストも仏も「ここにいる」とは言ってくれないわけじゃん?その分周作の方が誠実だと思うけどなー。
10
社長(仮) @smichie1221 2020年8月31日
M__Sadohara 古典を山ほど読んだうえで活字中毒者は本が、字がないと餓えるのよ。古典は新たに生産されないし。ロハで読める媒体があるのはなんであれ活字中毒者にとってはありがたい。読み物を全部購入していたら破産してしまうからね。
44
delig @delig72447944 2020年8月31日
嫌味ではないが、自分がどうして宗教を嫌っているかがわかった。 やはり根本的に「誰かが助けてくれる」というのが嫌いでそこには救いがないのだ。自殺者の思考なのだ。覚えがある。
6
しの @_sieraden_ 2020年8月31日
誰かが助けてくれるはずはないと何度も言い聞かせてもどこかで期待してしまう自分は甘いのか、それともそれが「救いを求める」ということなのか
2
KLEIN @klein_artifact 2020年8月31日
guro_mi おそらく変わりません。物語の構造にはある種のテンプレートのようなものがあって、分かりやすいところで言えば「戦隊もの」「半沢直樹」「水戸黄門」のように、ターゲットとなる年齢層が異なるだけで物語の基本構造が非常に似通っていて、それがずっと繰り返されてきていると思われます。
29
showRR @showRR 2020年8月31日
南無阿弥陀仏は瞑想状態に入るための方便。心を無にできないから、仏で埋めることで代用する。
0
showRR @showRR 2020年8月31日
念仏すれば往生できる、というのは瞑想するための導入を知識教養のない人間に分かりやすく伝える方便。おそらくは親鸞とかは念仏往生なんて信じていなかったのでは。
6
asuraneko @読書垢、勉強垢 @asuraneko 2020年8月31日
人のことを斬って捨てた奴が、勝手千万なことを。
3
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2020年8月31日
この漫画、西を目指すシーンがすごく良いですね。原文だとここ「深き水とても、浅き所を求めず、高き峯とても、廻たる道を尋ずして、倒れ丸びて向たるままに行く」とだけ書かれていて、この原文もシンプルにすごみがあるのですが、ここからあの凄絶な回想とモノローグを生み出すアレンジの妙ですよ。
58
おこめ @8901okomeo 2020年8月31日
asuraneko 本人が一番そのことをわかってた上での話だと思うよ
102
nnouse @nnouse 2020年8月31日
なんであれ 返事するのは仏じゃなくて魔境
5
asuraneko @読書垢、勉強垢 @asuraneko 2020年8月31日
酷く悪い奴が改心したらそれだけ価値があるとするような下らんヤンキー話は今も昔も同じだな。何が「尊い方」だよ、アホか。
6
showRR @showRR 2020年8月31日
今昔物語の内容そのものに文句言ってどうするんですかね…?
86
08_Reader @08_Reader 2020年8月31日
もっとたくさん人を殺しまくってる層が社会を支配していた時代だというのを忘れてはならない
66
ハイホー @Ho__Hi 2020年8月31日
「人殺しの悪人が僧になって旅する話」 菊池寛の「恩讐の彼方に」って知りませんかね。
4
我輩 @FXKWF 2020年8月31日
言いたいことは色々あるが読書しても勉強しても視野の狭さと考えの浅さは克服できないということは分かった
52
IF @xaviorion 2020年8月31日
読書と勉強の果ての知見がソレかね
26
tama @tamama666 2020年8月31日
讃岐から西へ 佐多岬の先端かな
0
和紗@体調黄色ゲージのためローな冷えピタP @kazusahp 2020年8月31日
電車なのに泣けちゃって困ったじゃないか!?なんで泣けるのかは分からなかったが
0
しの @_sieraden_ 2020年8月31日
Ho__Hi 知らなかったんであらすじだけチェックしてきました。コミカライズされたら喜んで読む層がいそうな話ですね……(似たようなBLを読んだことがあるというか……)
1
八代泰太 @3914kcorkcolc 2020年8月31日
いやいや、当時の世情考えるに「北斗の拳みたいな無法なヒャッハー世界で、モヒカンの一人が一念発起した」みたいなもんなんだから「今まで殺された人たちは」とかの批判は的外れじゃねえかな?
88
たつみ@犬派 @nozarashi_pon2 2020年8月31日
芥川龍之介バージョンもええぞ
6
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月31日
今我等宿善の助くるに依りて、已に受け難き人身を受けたるのみに非ず、遭い難き仏法に値い奉れり、生死の中の善生、最勝の生なるべし
0
むう @nyal1999 2020年8月31日
asuraneko ああ、そりゃ読み違えてます。見取った僧は彼の求道の果ての姿しか知らんので、「仏の声を聴いた」ことに「尊い」と評価しているだけで、彼の過去など知りもしない。「悪人が改心したから尊い」のではなくて「元悪人ですら尊い域に達せる(いわんや世の善男善女をや)」という話
128
らくだ @rakuda4u 2020年8月31日
「被害者の気持ちはどうなるんだ」と「悪人とされる人にも事情がある」のバッティングは今も昔も変わらない。現世の理でそれを収束させるのは大変難しい。そこで論理的ジャンプとして登場したのが浄土信仰ってやつだ。「悪人正機」も別に犯罪者を無罪放免しろって話じゃない。犯罪は犯罪で世俗の法で罰すればいい、ただし魂の救済は善人にも悪人にもあるよ。そこまで罰してはいけない。そういう線引きはやっぱり必要なのではないか。
63
ラヌ @25ranai 2020年8月31日
当時も悪人は悪人だろ何が尊いんだと顔赤くして怒る人たちがいたんだろうなと思うと、人間って常にピンキリなんだなーと思うね
9
ナッパの膝 @XX_ouga 2020年8月31日
結局悪人が死ぬ話でしかないし、更正して何かを成した話と言うわけでもない。ただ、心を変えるのに今更とかそういうことはないって話よね。
25
みすぽ @b3qdyhKLnhnJBBX 2020年8月31日
delig72447944 え、神仏に祈るだけで誰もが救われる教えなんて毒でしかない?救いは智慧を極め自分の力で体得するべき?なるほどなるほど。 そんなあなたに真言密教やな。あそこの仏は人知を極めた者しか助けん。
47
むう @nyal1999 2020年8月31日
nozarashi_pon2 あの辺りの文学的交流を解題する北村薫の「六の宮の姫君 」がまた良いです。コメで出てくる「仏は本当に応えたのか」も一つの軸。
7
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月31日
rakuda4u 元悪人で悟りを開いた(?)のはアングリマーラがいるしね
5
basinn @basim86364657 2020年8月31日
宗教の勧誘漫画に何かを悟っちゃう人はやばいと思う
0
Tomonori Iwanaga @Tombu 2020年8月31日
これは極悪人であっても一心に仏を求めれば仏は慈悲をくださるという話で、被害者はこの話に関係ないのでは。被害者が信心してれば仏が救ってるでしょ
54
しろがねさん @whitebellsweet 2020年8月31日
阿弥陀様はどんな悪人だろうが追っかけてきて救ってくれるんですよ。それに気づかないだけで。
10
masaozero @MasaoZero 2020年8月31日
sonimod4 両津なら、生きる事にスイッチを切り替えてリスタートするだろう 欲が多くてもしぶとく生き残るのが彼の持ち味だから
3
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月31日
アミダアミダアミダアミダ救済 アミダアミダ皆往生
0
捨てさん# @beryberychan 2020年8月31日
感動されてる部分は漫画家さんの創作なんだね。
1
のヮの @ … @no05071730 2020年8月31日
誰に見向きもされなかった男が、万感の思いを込めてその名を呼んだとき、「ああ、ここにいるぞ」≒「お前をみているぞ」って言われたら、男にとってはそれが救いになった、というお話(超意訳)
33
プリティン@字一色 @puddingting 2020年8月31日
「火の鳥鳳凰編」の我王に通じるものがありますね。
5
たかみん/りんと🐏 @r_takamine 2020年8月31日
今まで人や社会に否定されまくってた人間が単に否定されないということがこの上ない救いになると解釈しました。誰かのことを絶対に否定しないというのは神レベルじゃないと無理な所業なんだろうなと。
35
nnouse @nnouse 2020年8月31日
勧善懲悪は神仏の為すところではなく単なる物理法則 善悪の別なく助け、なんなら回心した悪人を優先して助けるのが仏
3
ヌルゲーマーの中の人 @NRGNRP 2020年8月31日
デンゼルワシントンが主演してたザ・ウォーカーと火の鳥鳳凰編が思い浮かんだ
3
志郎(ship9) @shirou_ship9 2020年8月31日
「自分を理解して欲しい」「本当の自分を知って欲しい」誰か一人でいいから 自分を正しく……
3
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2020年8月31日
水滸伝の魯智深も、「弱いものに手をかけなかった」だけで、出家しても酒は飲む、破門された後は盗賊も殺しもするだけど、最期は悟りを開いて入寂してるのを尊いと言われているわけでね、「悪人正機」ってのはこういうお話であるし、自分を「悪人」と自覚してるかどうかで受け止め方は違うと思う。俺は自分を「悪人」だと思ってるから、ものすごく響いた。
13
memo @kosmosgarden 2020年8月31日
この話は今昔物語集から読んで知っていましたが、似たようなのとしては町田康さんの小説『告白』のラストの方が衝撃的で良かったです。 読んだ時は、それこそこの逸話(伝説)を意識しながらさらに超えてゆくべくして書かれた、人間(主人公)の自意識をテーマとした現代小説だと思いました。
2
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2020年8月31日
天は自ら助くる者を助く、はキリスト教の格言ですけど。源大夫さんにとっては「阿弥陀仏を呼ばわり西へひたすらに進む」という愚直な方法こそが己と己の人生に向き合う道で、結果的に「御仏の声が聞こえる境地」にまで至ったんだろうなと。ありがたいお話でした。
10
arika @arika_melty2 2020年8月31日
現代は文明の利器を使うことで効率的に悪事を働ける時代。昔は目で見る範囲でしか理解しづらいからこそ、善悪だけでは測れない価値観もあったけど今は正直違うかなあって気はする。ネットを利用すれば悪人だけが集まって「多数派」になれる訳だし、そうなれば限定的な場面を作り出して多数決によって犯罪者が絶対正義にだってなれるからね。
2
hogefoo @hogefoofoo 2020年8月31日
こういう話もあるのになぜ表紙に蕪姦野郎を書いてしまったのか。
14
おみそ大根 @omiso_daikonia 2020年8月31日
「ここにいる」という言葉だけでなぜこんなにも救われた気持ちになるのか。誰かがそばに居るだけで人は満たされるものがあるのだろう。
0
asuraneko @読書垢、勉強垢 @asuraneko 2020年8月31日
nyal1999 んなこたぁ分かってますよ。作者が尊い存在として物語っていることは変わらんでしょうが。それを安いと感じたということです。実際、安易だよな。西に向かえた時点で、小悪党にすぎんのだよ。ぜんぜん壮絶でも、考えさせられる話でもない。たとい池に身を投げても、せいぜい鯉にしかなれまいよ。しかるに、その切なさを描けている感じでもない。
2
digest @digest105 2020年8月31日
たぶんね、本当に返事をするのは悪魔の方だと思うね
5
ちくわの灯 @JZxsaJ28o00DOXl 2020年8月31日
こういうエピソードをとりあげちゃうと「今昔物語集って真面目な内容なんだな」と思われるかもしれないが、実はものすごく下品な話や残忍な話も収録されてるのでかなり面白い。
27
林 伯文 @borshch77 2020年8月31日
puddingting 通じるというか、この話を元にしているのが火の鳥鳳凰編ですね。
11
むう @nyal1999 2020年8月31日
asuraneko 仏法説話で「全部仏の大慈大悲、仏法スゲエ」というロジックの話ですから、そりゃ尊いんですよ。まあだから近代になってそこまで宗教に身を預ける感覚がなくなると、反発としてまとめやコメにあるような「応えなかった」話が色々作られてるわけですが
30
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2020年8月31日
JZxsaJ28o00DOXl ある乗馬の名手が落馬して亡くなった際、「いつかやると思ってたよ、だってあいつあんまり丸い桃尻なんだもの」と笑う話とかありますしね。自分は毎日大根を食べてたら命の危機に大根が助けに来る話が好きです。
4
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2020年8月31日
urary777 すみません不安に思って調べ直したら両方徒然草でした(土下座
10
しろがねさん @whitebellsweet 2020年8月31日
平安の物語を現代人が浅いとあざ笑うのも滑稽ですよね。死の身近さは現代の比ではないんですが。
42
乾也春海 @kanbaru 2020年8月31日
悪人が善行を行っても罪を軽減されない社会なら、悪人は改心せず悪人でいるほうが楽な社会と言うことになります。それは一般的に人には住みにくい社会なんですよ。なので仏法には悪人向けの救いのある話と、一般向けの救いのない話があります(一般向けは要するに「悪人になると救われないよ」として抑止する話)。まぁ自分が無宗教・無信仰だからと言ってそれを否定する必要は全くないのです。受け入れている人は「そういうものだ」と理解しますが、否定する人は自分の否定力を超えられると「そうだったのか」と傾倒しやすいのです。
35
志水大介 @tYjevlc7z3ZOFs3 2020年8月31日
[c8154415] おっ、当時の価値観を現代の知見で見ちゃうボーイか。フェミにハマらんよう気をつけてな。
32
無益 @uHpKUnFoBvEzwHC 2020年8月31日
仏や肯定してもらわなくても、自分で自分を肯定してるんで仏には用無いんだよね…何も出来ないしないくせに口出すやつが1番うざい、って私におすすめの法話か何かを教えてください。
3
順三朗@C99お疲れさまでした! @junzabroP 2020年8月31日
今昔物語が生まれた時代では末法思想や浄土信仰が世間の常識として広く知られていて、人殺しをするゴロツキが世の中にいくらでもいて、しかし悪人正機説は知られていない(あれは浄土真宗特有の思想)というアウトライン情報を知ってないと鑑賞できないのではないかと。
8
醤油屋 @koikuthi 2020年8月31日
遠藤周作の書いた沈黙はスルーの沈黙ではなく黙許の沈黙なので
11
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2020年8月31日
junzabroP 10世紀に生きた源信について、親鸞は正信偈で「極めて重き悪人は、たゞ仏名を称となふるのみによつて、救はるゝことを示し」と言ってるわけで、別に浄土真宗特有の教えということもないのではないかなあと(親鸞が源信を重んじたことは明らかなので)
3
すずかすてら @szk_stellar 2020年8月31日
仏とは、自己を受け入れた鏡写しの自分の姿だと思うよ。他人が知り得ない自身のことを知れるのは、やはり自分自身なのだし。
3
しろがねさん @whitebellsweet 2020年8月31日
uHpKUnFoBvEzwHC 自分を肯定しているなら、周囲は放っておけばよいのでは。
2
林 伯文 @borshch77 2020年8月31日
BigHopeClasic junzabroP 悪人正機説を有名にしたのは親鸞であることは確かだけど、それは浄土教や大乗仏教を突き詰めた結果なので。この話自体は12世紀頃の浄土教的な考え方を示したものと思います。
3
YF @annex38 2020年8月31日
また改心した不良を持ち上げる感動ポルノか
5
cocoon @cocoonP 2020年8月31日
delig72447944 仏教は、根本的には宗教というよりも哲学ですよ。
16
順三朗@C99お疲れさまでした! @junzabroP 2020年8月31日
BigHopeClasic borshch77 それ自体、後世から振り返ったありがちな事実誤認です。一向宗(浄土真宗)の考えが広まったのは、天才的宗教家である蓮如の活躍があったからで、親鸞自身は活動当時無名の僧に過ぎず、無名のまま死んでいきました。
0
dimitrygorodok @dimitrygorodok 2020年8月31日
これがキリスト教だと取税人ザアカイ辺りが近い話かな?どんなに自己像が傷付いて投げやりになっている人の中にも、理解と受容を求める欲求が埋み火の様に潜んでて切っ掛けが有れば一気に燃え上がる事も有るんだろうね。
2
dimitrygorodok @dimitrygorodok 2020年8月31日
希望は魂の枝に止まる一羽の小鳥。言葉のない調べをさえずり、決して休むことがない。(エミリー・ディキンソン)
2
本郷三月 @hongoumitsuki 2020年8月31日
同じく悪人が僧侶になって、という話は菊池寛の「恩讐の彼方に」という作品もありまして、こちらもこちらで面白いのでぜひ読んでみてください。 短編ですのですぐ読めます。
6
ShadowP @pre_shadow 2020年8月31日
「一心に弥陀に帰命する」ってのは、このレベルのことなんだろうなぁ。
6
SYT @t_syt 2020年8月31日
丁度今ニュースでやっている無差別殺人を犯した15歳少年が同じことをしたら救われるのか、この話に感動した人が同じく感動できるのかという興味はある。
3
fff @ffffdark 2020年8月31日
浄土真宗の教えですね。「行を修めた者や心の清き者だけが救われるのでは真に世の中を救済できない」と考えたのが発端で、「全ての者が死ぬ直前だけでもいいので心から念仏を唱えれば救われる」という教えです。 実際この話の中でも源大夫だけでなく、彼に脅かされていた村人や看取った僧も助かっている。不平等を感じる人もいるとは思いますが、シビアな言い方をするなら公平感より実利優先だったという見方もあります
9
うつわ @tomtomga 2020年8月31日
蕪に穴を開けて事に及ぶのも今昔物語ですし、話の幅が広くて面白いですよね https://togetter.com/li/1507575
2
ふとん最高 @huton_saikou 2020年8月31日
杉浦日向子先生を今ふうにしたような作風で とても読みやすかった。意外や海外在住の非プロの漫画家さんだったので、今後の漫画作品がどういうものになるのか想像もつかなくてワクワクする。フォローしよっと
3
ふとん最高 @huton_saikou 2020年8月31日
huton_saikou 「僕は兄になりたかった」という作品で ちばてつや賞とった人やんけ… 今決まったところで描いてはいらっしゃらないだけっぽいです
1
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2020年8月31日
小さな悪を見逃さない仏の目から見れば、我々はすべて悪人である。それを悔いて善行をなそうとしても、そもそも善悪の基準が自身の尺度でしかないし、善行をなそうとする心自体が衆生すべて救うとした阿弥陀如来の本願を疑う「悪」である。そういう悪人である煩悩具足の凡夫をもお救いくださるのが阿弥陀佛様だから、阿弥陀佛様に帰依しなさいってのが「悪人正機」。
11
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年8月31日
いつから海だと思ってた?そこはまんのう池だ。
3
黒ベエ @96beE3 2020年8月31日
野暮を言わせてもらうが、宗教と道徳は別ものだからな?
3
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2020年8月31日
別に当時の価値観でもこういう話が嫌いという人はいたし、ぶっちゃけ自分もそう。 その人達はその人達でカウンターとして道教や法家(儒教への対抗が主)へと昇華し、それで千年単位でレスバしてる。
4
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2020年8月31日
もっと野暮を言うと、元は宗教宣伝の為のプロパガンダだからねこれ?悪人に向かってうちの宗教に入れば救われるので信者になるといいよ!って宣伝で話が良く出来てたから載っただけであって。 普通に悪人が最後まで救われないざまぁな話もあるよ
1
いつき🌙しげる @twilightmoon99 2020年8月31日
国立国会図書館デジタルコレクションで見れる『国史大系. 第16巻 今昔物語』には、「巻第十七」以降の「本朝仏法部」が載ってなかった…。残念。
1
雪見だい福君 @snow_daifukukun 2020年8月31日
今昔物語は良い話で終わる時もあれば、救いのない話で終わる時もあるから、真面目なお和尚さんが狸や天狗に騙されたり、聖人と呼ばれる人が鬼になって滅茶苦茶アレしたり、実は詐欺師だったりする話で絶望しそう。というか、そっちのオチの方が多い気がしなくもない
1
雪見だい福君 @snow_daifukukun 2020年8月31日
特に、あるお坊さんが、亡くなった父から「魚に生まれ変わった自分を助けてほしい」とお願いされる夢をみた数日後、それっぽい魚を見つけると、殺して食って「親父の肉だからか美味しいなw」と言ったマジキチエピソードとかどう思うんだろうか
6
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2020年8月31日
whitebellsweet Tombu 別の宗教を信じてる人は被害者であろうと救われない、魂の救済すらないって凄い傲慢な理屈だから(当時でも)信徒でない人が無視できないのは自然だよ。 互いにそういう説法を持ち出して、最後に祈れば問題ないと暴力を正当化したその結果が中世欧州や現代中東レベルの宗教戦争だったんだが
5
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2020年8月31日
[c8156129] 「ただ人間である」ということだけでそれは「冒涜」の余地があるほど崇高な存在なのかね?ただの生き物だろ。
1
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2020年8月31日
「よくあろうとする事っていいよね」という話なので特に異論はないのだけど。いろんな奴がいるよな。まぁそれはそれとして(8/8)がいいよな。
3
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2020年8月31日
自分は救いなんぞより報いが与えられるべきだと思うし、当時の価値観を~と賢しげに語るものいるが逆に『現代の思考でこの物語に感動してる人間は』信心があれば被害者も救われてるから気にしなくてよい(=信心がなければ被害者は救われない)という宗教戦争の火種になる意見を無意識に容認してる。 やはり法治国家に生きる法家の人間としては反発を感じるなぁ
1
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2020年8月31日
この人間が罰されるべきだとかいう見方、最初にレイパーを撲殺したこの人間の意識となんら変わらんのだよ
16
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2020年8月31日
宗教なんか信じたい奴が信じりゃいいんだよ。日本は神も仏も全部信じても怒られない、そういう意味では非常にいい国だと思うよ。
11
ふぃずばん @fizzbang_alvitr 2020年8月31日
ひとつの物語にこうも視点が違う意見がくっつくあたり、まさしく「群盲象を撫でる」。それをひっくるめてそれでよしとするのが仏なのかも。
2
無益 @uHpKUnFoBvEzwHC 2020年8月31日
whitebellsweet 宗教的カタルシスってのを体験してみたいんですよね
0
やりすぎキング @yarisugiking 2020年8月31日
知り合いのお寺のお坊さん曰く、「仏の教えとは、人と人の世の真理を究める学問で、古くから『本学』と呼ばれてきました。現代はこの本学が軽んじられ、科学などの実利を求める学問、所謂『末学』ばかりが重んじられる『本末転倒』の世の中です。本学が軽んじられ、世の人々の心が拠り所を失い、物質的には豊かでも生きている人の心は貧しい、救いの無い世の中になってしまっているのです。」と。こういうお話が心に「刺さる」人が多いのも、我々の心が実は救いを求めているからかも知れませんね。
5
がらくたの艦詰め @Not_Get_Can 2020年8月31日
報いなんて人が与えてやればいい。そういった人の世のあれこれを超越したところから救いを与えるのが神や仏、みたいななんじゃないの。
6
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年8月31日
こういった話に何かしら感じるところがある人が大勢いる時点で「日本人には信仰がない」なんて大嘘だと思うんですよ。
9
フォックス @kitsune_axt 2020年9月1日
宗教も趣味も刺さる刺さらないはタイミングってあるんだよね。ツイ元の話の源大夫も普段から自分に刺さる教えがあるか求めてたかというとそうではなくて、たまたま面白半分に聞いた講話が刺さって悪事から足を洗って求道者になったということ。コメ欄にいる「自分には刺さらなかった」って人も何かの拍子に刺さってくることがあるのかも知れないよ。
7
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年9月1日
delig72447944 事実だけを見れば源太夫は結局延々と旅をして死んだだけですよ。これが救いに見えるというのがある意味宗教的な見方
6
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年9月1日
仏教というかブッダの思想自体が恐ろしくハイレベルで、エリートヤンキー三郎並みに物質的にも精神的にも恵まれてないと理解できないので流行らなくって大乗仏教にカスタマイズされた。物語としてみるとあまりにもキリスト教に酷似。
6
コパ @ahirukopa 2020年9月1日
今昔物語読みたくなってきた。
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年9月1日
cti_mi あなたのようなコメントをしちゃう人やそれに「いいね」しちゃう人にこそ古典を読んでもらいたいんだよねえ。ものの見方が直接的で近視眼的になってしまってる人にこそ、古典が効く。創作者を目指すなら、古典が持つ「物語の構造」を体得しておくことは必須事項だし
3
がらくたの艦詰め @Not_Get_Can 2020年9月1日
読書や勉強をしたり、古典を読んだりしただろう人が披露してる考えを見るに、何をするにしても土台になる感性のようなものがないとダメなんやなって
1
フローライト @FluoRiteTW 2020年9月1日
年月を経て残り続けた物語には普遍性がある。人の心に訴えかける何かがある。だから古典を読んでおくといい
1
mlevi @mlevi_beer 2020年9月1日
今からでも心を入れかえれば仏は応えてくれる(けど現世的には許されないので死ぬ) 死刑の前に坊さん呼んでくれるのと同じだね
3
しろがねさん @whitebellsweet 2020年9月1日
uHpKUnFoBvEzwHC それは普通に「修行」するしかないと思いますよ。源太夫はただひたすら答えを求めて歩いただけですが。サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼も、何か答えを求めてという意味では同じかもしれません。
2
うぉんうぉん @X_739 2020年9月1日
こういうクズを美化してる話嫌いだわ
0
ざ わ ( H N ソ ー シ ャ ル デ ィ ス タ ン ス 対 応 中 ) @zawayoshi 2020年9月1日
フィクションだからクズが悟りを開いたりするのをいい話と思えるけど、事実で自分の身の回りの人間が当事者だったらそんな気にはならないよな。
1
志水大介 @tYjevlc7z3ZOFs3 2020年9月1日
syukusyukusyuk1 お前古典の物語の殺人犯に報いをってそれでも法治国家に生きる法家の末裔なの…?
5
志水大介 @tYjevlc7z3ZOFs3 2020年9月1日
syukusyukusyuk1 法が無ければ法は機能しないんだよ…?
2
name @unagi_anago 2020年9月1日
現実に北アイルランド紛争でアルスター義勇軍のテロリストから、牧師になった人とかいるけど  https://www.christiantoday.co.jp/articles/24264/20170811/hugh-brown.htm
1
八頭身派 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2020年9月2日
M__Sadohara 本当に読んでもらいたいのなら、読んでもらえる書き方をしなさいよ。 『人を怒らせて注意を引いた結果酷い目にあった』のは昔からよくある話なんだが、これには当てはまらないと思ったのかね? 人の好きな物を貶すんでなく、その好きな物の元ネタとして提示出来ないのなら、あなた自身古典は身についてないよ。 まだ古典を漠然としか捉えられてない段階にある。
7
memo @kosmosgarden 2020年9月3日
前々から思っていたのですが「救い」という発想にグッとくる(近・現代の)人達というか、何か独特な脳ミソのパターンがあるような気がしてなりません(今だとfMRIでそういうのは調べがつくことではないでしょうか。)
0
memo @kosmosgarden 2020年9月3日
それは原典が書かれた時代のオーソドックスな考え方とはまた違うはずだとは思いますが、それにしてもこの主人公の人は自力で西方に向かっての旅をはじめていて偉いですね。
0
memo @kosmosgarden 2020年9月3日
多分、親鸞はあんまり関係ないと思います。(多少関係あったところで、自分は聖徳太子の生まれ変わりだと信じ込んでる人というのは、いつの時代であろうとも私は苦手です。ホンマにそういう人が目の前にいたとして、あなた達はそんな親鸞さまを信じるてるの?と聞いてみたいです。最後には自分が間違っていたことに、本人は気がついていたのではないんですかね。)
0
memo @kosmosgarden 2020年9月3日
私事で恐縮ですが、ある日突然「僕が死んだらあなたが面倒を見てくれるんでしょ?」と尋ねられて、「お義父さんは死んでるのにどうやって面倒見るんですか。あんまり気色悪いこと言わんといて下さい。」と答えると、
0
memo @kosmosgarden 2020年9月3日
「じゃあ僕が死んだ後のご飯は誰か用意してくれるわけ?」とちゃっかりと真顔で続けてきたので、なんかそういう会話というのは人間はしたらあかんと思いまして対話を打ち切りました。せめてそこは自分が生きている間にアウフヘーベンして思想的解決ぐらいしとけよ、といった感じでしたかね。毎月お坊さんは来てはりましたけど。
0
旧 技北 皆(わざきた かい) @Kai_Wazakita- 2020年9月5日
25ranai あなたみたいな方が仏様を最も理解していないことはよくわかりますよ。時として懐柔するのが仏の道とすれば、「顔を赤くして」などと他人を挑発してヒートアップさせて、ご自身と支持者だけが気持ちよくなるのはその道を全速力で逆走するようなものです。
2
NORt @NORt18953368 2020年9月5日
自ら殺しを辞めて楽しみも辞めて食う事も辞めて端から見て弔いも辞退しそうな状態にまでなってるので罪の報いが何もなくハッピーエンドという事はない
3
醤油屋 @koikuthi 2020年9月6日
僧侶が元盗賊をねんごろに弔うでもなく奇跡中の奇跡が起こった! として自分の寺の手柄にするでもない具合なのは 物語として素敵なバランスだよね (まあ喋りはしたんだろうが。この話が残ってるわけだし)
1
稙田惟純 @ohgakorezumi 2020年9月6日
シンプルに、現代的に、宗教性を廃して、シビアな見方をしても、事実として1人悪人が死んで減ってるのに、既存の類話と照らし合わせた挙句、誤った同定をして「俺は騙されねえぞ」と鼻息荒くしてる阿呆がいる事実に震える。
0
田中 @suckminesuck 2020年9月6日
悪人に報いのない世の中を疎んで阿弥陀仏に救いを求める話なのに、主人公のような悪人に報いがない!と鼻息荒くするのはどうなの?
0
パンダは肉食獣 @j_inbar 2020年9月6日
yarisugiking 一応、ツッコミ入れておくけど 本末転倒は「鎌倉期に起きた、本山にある寺院と町中にある末寺との力関係が逆転した事」からの言葉だし、本学/末学って仏教じゃなくて、儒教の言葉で古典の『大学』が出典の話だし....
2
パンダは肉食獣 @j_inbar 2020年9月6日
j_inbar そして、本学/末学はどっちが大事か?と言う話じゃなくて、技術技能才能(末学)を鍛えるためにも、徳(本学)を努力して修める必要がある。って事で、学問とかいう物でもない。また根本的に、儒教の"徳"の概念と仏教の"悟り"は殆ど反対事を主張してて、相入れない考えだし、ツッコミどころしかねぇ。
0
唯野 @tadano29 2020年9月6日
良くも悪くもモノローグを入れまくったために現代の価値観による再解釈が行われているので、この説話や仏教思想についてなんか言いたいなら原典をあたるべきじゃないだろか
4
IsYo @IsYo25193746 2020年9月6日
宗教はよくわからんが、この話は面白かった。 とても良い。
0
memo @kosmosgarden 2020年9月6日
〈西へ向かって歩き出した人物〉の映画『三蔵法師ー玄奘の旅路(中国・インド合作)』をamazonprime見ました。砂漠や西域(シルクロード)は元より、ようやく辿り着いたナーランダ学院を経て南インドまで行っていたとは知りませんでした。現地ロケ映像(多分)は美しく大変見応えがあって良かったです。あの旅で有名となった般若心経の他に「南無阿弥陀仏」も出てきましたよ。
0
Abe Thoru @kyou_sen 2020年9月6日
元の話自体は知っていたが。 この漫画の迫力というか強さはすごい。
2
犬連結マン @nekokoala1 2020年9月7日
komad333 書物とばかり向き合っているのをいさめる古典にありそうな流れワロタ
3
ほおく @sol2w 2020年9月7日
西洋系の神さまは答えてくれず主人公が覚醒(闇落ち)するパターン、お釈迦様系は答えてくれるイメージあるね
0
ラヌ @25ranai 2020年9月7日
Kai_Wazakita- 怒って頭に血が上れば誰でも顔は赤くなるでしょう。仏様を理解したかのように傲りながら言葉尻を都合よく解釈して自身のみの快楽に使うのは恥じた方がいいですね。
0
旧 技北 皆(わざきた かい) @Kai_Wazakita- 2020年9月8日
25ranai 私の発言は仏教を広めるにあたってなんの障害にもならないでしょう。あなたの発言は仏教にとって「無能な味方」以上の何者でもありませんよ。
2
みゆう @MinamidaYminami 2020年9月9日
悪事を働いて改心するのが主人公なら良い話だなぁと思うが、主人公以外の悪役だったら報いがないとイラッとする ( =Φ人Φ=)
0
草野真一 S.Kusano @ONE_TRA 2020年9月11日
元話を翻訳いたしました。今昔物語集現代語訳/https://hon-yak.net/19-14/
2
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2020年9月13日
tYjevlc7z3ZOFs3 tYjevlc7z3ZOFs3 はいそうですよ。古典の殺人犯に対する懲悪の物語の方が好きだと言ってるだけです。古典には殺人犯が救われる話しかないと思い込んでる人? しかもこの時代でも『法』はありましたよ、それこそお得意の現代との概念が違うだけで。 少しは勉強してから発言して下さいよ。
0
ラヌ @25ranai 2020年9月22日
Kai_Wazakita- わたしの発言もなんの障害にもなりませんよ。あなたにとっては都合の悪いことなんでしょうがね。
0