編集可能

物理学的世界観入門【7/6】

まとめました。
哲学 科学史 科学哲学 物理学
5
KM @kosuke64
一緒に行った院生諸氏的には、ドゥルーズとかラ・トゥールが科学哲学的にメインストリームではなく、批判すら招く対象であるという点について彼との対立はないということだった
KM @kosuke64
他にも内容的なところで同意・不同意なところはあるけど、それは後で。
KM @kosuke64
とりあえず一番許せなかったのが、「テクスト読んでません、この分野分かりません、素人考えかもしれません」的なことを言いつつ批判を繰り返すこと。予防線を張りながら話すのは許されないことではないと思うが、大学の講義でやるべきことではないと思う。
KM @kosuke64
あとは、「物理の理論だって間違っていることが示されれば淘汰される、今ある理論が全て正しいとは限らない。そうやって発展していく物。一方、明らかに間違っている擬似哲学的な論文を淘汰できない科学哲学業界には問題がある」という主張。
Moya @piazz
てかドゥルーズが科学哲学者の代表とかワラ
KM @kosuke64
@piazz まぁ代表だとは言っていなかったけど、「こういうのはキワモノだと思います」的なことを言いつつ、いざ批判をする段になると一般化しているような雰囲気で話しているのが問題。
KM @kosuke64
しかしああいう主張の「仕方(さんざん予防線を張った上で言いたい放題言う)」をするのは、ともすれば物理学者の品位を貶めることにすらつながるのではないだろうか
KM @kosuke64
まああれだ、読まずに批判するのは良くない。予防線を張れば何言っても許されるというのもあまり良くない。
Moya @piazz
@kosuke64 なるほど、こすい手使うなあ。最初から結論ありきなんだね。須藤さんは「知の欺瞞」だけを読んでそれが科哲の全てだと思ってるのかな。
KM @kosuke64
@piazz 全てだと思っているというか、こういう現状が部分的にある以上どうせ全てそうなっている確率が非常に高いに違いない、ということだと思う。
KM @kosuke64
@piazz 誰も全体を全て把握することなんてできないのだから、部分から全体を類推する、一般化するということは事例研究の意義とかを考えても否定されるべきではないけれども、問題は、その一般化の手法・姿勢があまりに稚拙なこと。
kentz1 @kentz1
ソーカル須藤教授のラスト講義の感想: イライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライラあ、もう時間じゃん
kentz1 @kentz1
何も突っ込めなかった自分が悔しいです それこそ別パラダイムの人と話し合うのは非常に難しいことが分かりました
kentz1 @kentz1
しかしあのデュエムクワインテーゼの説明と共約不可能性の説明は誤解を招くと思いました
kentz1 @kentz1
須藤教授は、何でもありな価値観は認めないと言いつつも、結局何でもありな雑多な物理学の発展形式を語ることで、反論を防御された感が否めません
現代の妙好人 @sanzenbohyou
はじめに。この度は「科学哲学」の名で、所謂科学哲学・物理学の哲学・科学社会学・ポストモダン(この語も便利な使われ方が過ぎる嫌いがあるが)と、同じ壺に閉じ込めたら蠱毒でも出来るんじゃないかって位の面々が括られていたので、最初はどこへ喧嘩を売っているか解り辛かったかと。
現代の妙好人 @sanzenbohyou
ほいで、今日の口振りやソーカルへの乗りかかりの多さからすると、(科学的な)言葉や言説の指し示す所は一意に決定し得ると云う言語観のようで、だからこそ「ここでの語の使用法は間違っている」「遥か昔の人間の言葉を未だに有難がっている」と判断を下していると見た。
ふもっふ @houtos_athetos
予想はしていたが、須藤先生は不愉快窮まりない人でした(笑)
現代の妙好人 @sanzenbohyou
一方で、言葉なんて一度発せられれば作者を離れてテクストの海を漂うと思っている側からすれば、元々どんな意味だったか等は脚注にでも附しておけば良いし、何時の時代のテクストだろうと誰かが読む時にはズレを含みその意味で新しい、程度の事は言う(…と思うんだけれど)。
ふもっふ @houtos_athetos
514最左方最後端にいたんですが、右隣りには数学の斎藤先生なる人物とその取り巻き(院生?)がいて、私にとって何の面白みも感じられないことでいちいちクスクス笑っていたのもかなり癪でした(笑)
現代の妙好人 @sanzenbohyou
ソーカルがそこまで無謀な事をやっていたのかは、判断保留。「作者が出鱈目だと言った程度で論文を取り下げた雑誌編集部の方がポストモダン的に甘い」ちぅ、くしたさんのコメントはほぇほぇ。
KM @kosuke64
わろた RT @Schut_sta_fel: ソーカルがそこまで無謀な事をやっていたのかは、判断保留。「作者が出鱈目だと言った程度で論文を取り下げた雑誌編集部の方がポストモダン的に甘い」ちぅ、くしたさんのコメントはほぇほぇ。
KM @kosuke64
この論文にはあなたか気づいていない価値がある!
現代の妙好人 @sanzenbohyou
@kosuke64 だって作者は死を迎えているんだから。書いた人間が何言おうと、そのテクストを元に議論を広める事は出来る筈。
ふもっふ @houtos_athetos
「私は科学哲学に無知である。それを承知の上で言わせてもらうが科学哲学は〜」という主張に何の説得力も存し得ないことにすら気づけないような「健全な観方(?)」なんて持たない方がまし。物理学者一般(のみならず科学者一般)にまで押し広げられた「健全な良識(?)」は蔑称でしかありえない。
残りを読む(31)

コメント

bra-ketくん @mac_wac 2011年7月10日
「読まずに批判するのは良くない。」原則はそうだが、(一部のテクストは)「読めるものを書けよ」とも言いたくなる(し、そこが批判の一つの核心)から、読者のみに責任を押し付けるのも違う気がする。
bra-ketくん @mac_wac 2011年7月10日
まあ、科学哲学のメインストリームについては、読みやすい解説書が多くあると理解してるので、その点で須藤さんを弁護するつもりはないけれど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする