Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年12月13日

休刊した音楽雑誌がウェブで復活したと思ったら過去記事をライターに無断で掲載していた話

まとめました。
302
Latina co.,ltd. @latinacojp

世界の音楽情報誌「ラティーナ」。創刊1952年。2020年8月から note のプラットフォームでWEB版をスタートしました! e-magazine.latina.co.jp

e-magazine.latina.co.jp

Latina co.,ltd. @latinacojp

5月に休刊した世界の音楽情報誌「ラティーナ」ですが、noteの定期購読マガジンへの引っ越しを進めていて、本日、サービスをスタートしました! 宮沢和史氏を総合プロデューサーに迎え、更に多くの人に広い世界の多様な音楽を紹介するために生まれ変わりました。 #note e-magazine.latina.co.jp

2020-08-06 19:16:29
Latina co.,ltd. @latinacojp

8月中は、お試し期間で、登録すれば無料で全ての記事が読むことができます。 8月の特集は「世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?」で、世界中の音楽家が続々と登場します。コロナ後の世界について一緒に考えましょう。また、強力な連載が続々とスタートしています。

2020-08-06 19:16:29
Latina co.,ltd. @latinacojp

アーカイブのアップにも力を入れました。現在、2017年以降の主要記事をアップしていて、記事数でいうと、すでに1300以上の記事があります。過去の様々なインタビュー記事やディスコガイドを、そのページ内で試聴しながら楽しめます。この「シームレス」な音楽誌の楽しみ方は、WEB版の真骨頂でしょう!

2020-08-06 19:16:30
Latina co.,ltd. @latinacojp

ああ、暫くアーカイブ巡りだけして暮らしたい...(本音、笑)ぜひ、ご登録お願いします! e-magazine.latina.co.jp/n/nd0e882ba50a4

2020-08-06 19:16:31
Latina co.,ltd. @latinacojp

購読者数が100人を超えました! 新たな試みに興味を持っていただき、どうもありがとうございます。 世界の音楽情報誌「ラティーナ」|e-magazine LATINA #note e-magazine.latina.co.jp/m/m8f51c52025ec

2020-08-11 18:23:21
Latina co.,ltd. @latinacojp

【本日の更新】 はじめて興味を持って下さった方が迷わないように、【総合案内】のエントリーを立てました! はじめての方へ →【総合案内】e-magazine Latina の歩き方 e-magazine.latina.co.jp/n/n4ba4443e5b73 #note

2020-08-12 18:57:43
Latina co.,ltd. @latinacojp

web版ラティーナは、今月の5日にオープン。先ほど、合計1000スキされたと通知がありました。ありがとうございます! #note 無料でお試しいただけるのも残るは、明日だけになってしまいました。ぜひ、ご活用ください! 「新しくなった世界の音楽情報誌 LATINA」の利用方法 e-magazine.latina.co.jp/n/n4ba4443e5b73 pic.twitter.com/yZPNedsFVu

2020-08-30 18:30:01
拡大

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

Mitsutaka Nagira, Supervisor of Jazz The New Chapter 東京在住。出雲出身。音楽評論家。21世紀以降のジャズをまとめたジャズ本「Jazz The New Chapter」監修者。インスタで24時間で消えるレビューやってます。instagram.com/elis_ragina

note.com/elis_ragina/n/…

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

紙の雑誌に書いた記事を事前連絡無しで勝手にウェブに掲載してるのってアリなんですかね? 紙の雑誌の増刷分なら問題無いだろうし、もともとウェブへの二次使用前提で書いてる媒体ならまだしも。 全文無料公開で執筆対象の宣伝になるとかならいいと思うけど、それでも事前相談は必要な気がするけど。

2020-11-04 11:53:07
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

先方から連絡が来ないので、こちらから連絡するしかないのか。めんどくせーな。

2020-11-05 16:35:59
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

今、確認したら、当該記事がこっそり消されてたんだけど、そういうことじゃないので、ちゃんと連絡してくるのが筋だと思うが…

2020-11-13 22:45:10
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

その媒体は友達と繋がりもあるみたいなので一応配慮して名前を伏せたりしてあげてるのだが…

2020-11-14 14:11:07
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

一部の媒体都合で選んだライターには謎の連絡を、それ以外のライターには連絡無しでこっそり削除、みたいなやり方をしているとわかり、ほとほと呆れております。

2020-11-23 11:02:48
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

この件、まだ回答をいただけてないです。そろそろ誌名公表したほうがいい?

2020-12-03 12:42:02
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

その媒体のこと大事だと思ってる人がいたら一言連絡してあげてくださいね。

2020-12-03 13:32:04

柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

音楽誌ラティーナが紙雑誌を休刊してから立ち上げた有料販売のweb版に僕の原稿がしばらく無断転載されていた件ですが、こちらに連絡がないまま、こっそり記事を削除。一部のライターにはメールで転載の許可を後から取ろうとしていますが、僕へのこの件での説明と連絡はいまだにありません。@latinacojp twitter.com/elis_ragina/st… pic.twitter.com/15C5LxPG6m

2020-12-10 18:28:36
拡大
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

この件ですが、間に入りたいと申し出た友人がラティーナ編集部に連絡もしていて、事情も全て伝わっているのですが、ラティーナのTwitterアカウントやメディア自体は平常運転を続けたまま1か月ほど経ってしまって放置されてます。おそらくこのまま何も動かないのでここに書きます。 連絡お待ちしてます twitter.com/elis_ragina/st…

2020-12-10 18:32:16
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa

ラティーナは記事の掲載後、ライターに 「すでにnoteで有料販売してますが、それが不服な人は言ってくれれば削除します」 みたいなメールを一部のライターに一斉送信してると聞いてますが、その行為もまた明らかに常識を逸脱しています。 色々酷過すぎますが、とりあえず連絡はください。

2020-12-10 18:40:46
残りを読む(81)

コメント

N⃟a⃟g⃟a⃟t⃟s⃟u⃟k⃟i⃟ @i_dnt_need_u2 2020年12月13日
駄目な大人って多いよね。 見ていて情けなくなった。 法治国家なのだから法律守って仕事するべきでしょう。
57
ぽこ @igashiga 2020年12月13日
こじれてしまっているので、いっそのこと法的手段をとった方が良い。 おそらく、いくら言っても届かないのだと思う。
175
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年12月14日
元ライターとしての経験で言うと、雑誌にしてもWeb媒体にしても記事単位で寄稿するライターは大抵はいちいち当該媒体の会社(編集部)と契約書とか結ばないから、法的立場がものすごーく曖昧なのよね。なので一度原稿料もらって相手に渡した記事がどう扱われるかは「その会社次第」としか言えなくて、弁護士とかに相談しても「どうしても訴えろと言うならやりますけど…」的な感じになると思う。
79
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年12月14日
そもそも編集部によっては初回の原稿料すらバックレるところも時々ある。自分も何回か経験して、督促して払ってもらったことあったし(一応言っとくと、意図的なバックレはほとんどなくて、実際はたいてい事務処理漏れだった)。流石に単独名義の著書を出すとなると契約書交わすけど、そこまで行かない立場だと上記の事情故になかなか裁判も起こしづらい。
50
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年12月14日
なので今回の件についても、編集部に文句言って改善してもらえる範囲で対応してもらうぐらいが現実的には限界で、それ以上を求めても徒労に終わるんじゃないかなぁというのが個人的な感想。自分の書いた原稿を勝手に使ってんじゃねーよという心情は理解できるが、法的措置となるとせめてメールでのやり取りなり記録が残ってないと厳しい。
52
ねがてぶ @negatebu_chu 2020年12月14日
著作権侵害は親告罪だからね
13
eco bag (3yen) @ecobag_free 2020年12月14日
多分、根本は「ちゃんとして」ってことなんだろうな。お金や権利やそういったことはその根拠として挙げられているだけで。やった仕事を「ちゃんと」扱ってほしいと。そらそうだ。
163
ひつじ @sanagimochi1111 2020年12月14日
全部一度閲サービス停止してライターさんに全て確認とってそれからまたスタートすればいいのにそういうことってできないの?
114
らんちゅう @Liar_like_ 2020年12月14日
こうやって動ける人はすごいと思う。「自分と同じ立場の人はちゃんと声をあげて」って呼びかけてるけど、自分だったら声出せなさそう
13
ビビ @irohotanikotoki 2020年12月14日
Twitterの件の雑誌のリプライやば…バイトかな?って思ったら編集長!?日本語もだけど何が問題で燃えちゃってるかすらわかってない…
128
ゴミ箱 @tlash_can 2020年12月14日
「個人的な感情で1ヶ月返信しませんでした」はいい加減過ぎるのでは
139
フローライト @FluoRiteTW 2020年12月14日
こういう雑誌関係とか編集者とかってホントに杜撰なイメージしかない。権利関係を力関係として考えてて、契約の概念無しに都合よくなあなあで進めてる話ばかり。
36
たちがみ @tachigamiSama 2020年12月14日
好きな情報に対する熱意と情熱だけはあるけど、業務に必要な勉強(法律など)は適当で杜撰っていう身内ノリが露呈した感じ 悪し様に言うと一昔前の同人気質とでもいうか 悪意じゃなくてひたすらに雑
73
koto @kotonemu 2020年12月14日
キュレーションサイト炎上事件を思い起こさせるなぁ
10
おくすり @nyu_nyu2012 2020年12月14日
連絡がこない相手にtwitterでシグナルを出す→わかる。 twitterで返信する→わからない。
86
もんtama @monchanmonchan 2020年12月14日
サッカー雑誌の偽造インタビュー事件と根っこは一緒。業界そのものがノリでつくられてて、権利意識や契約意識が薄い。何でもええやんええやんでいけると思っている。
16
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年12月14日
「私は別にいいかと思ったけど、でもそれだと他の人に「あの人はやってくれた!」と向くので駄目なのか」という構図って、この件で関係ない人が「おまえ、酷いな!」と抗議のメールを送ることと心情は近いんだろうか。「あの人はいいと言っても俺には関係ないだろ?」「なんで原稿を書いてないお前が憤るの?」
1
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
ラティーナの編集長、対応も何が悪いのかも分かってないので、まずは許可が取れてないバックナンバーを全部非公開にした上で、社内の上司と顧問弁護士にでも相談してくださいね。再公開はライターの許可が出てから。法的にも問題があることをしたんだから公開非公開に関わらず、使用料のほかに迷惑料くらい払ってもバチは当たらんと思う
72
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
こんなの同人のアンソロ以下の杜撰さやん。同人のアンソロでも再録に関してはちゃんと条件決めてるのに
82
ひとこ @ChaHitOm 2020年12月14日
ごちゃごちゃするならばもういっそ法的措置起こした方がいいのでは
0
たるたる @heporap 2020年12月14日
akihirosato1975 雑誌に限ったことではないですが「まずは削除・出版中止・回収等を求める、それに応じない場合は法的手段に訴える」という人も多く、実際にそういう流れになっていることは多いです。
26
CAW=ZOO @CAWZOO 2020年12月14日
連絡がめんどくさかった、個人の感情、まあ分かる。しづらいよね。だったら他の人にしてもらわなきゃね。
17
りょーいち @alphabeta2099 2020年12月14日
>実はタワーレコードのbounceとかintoxicateとかもその辺は特にコンセンサス取ってないけど、前からやってるからアリみたいになってたり。 bounce→Mikikiってそうなんだ…bounce読めない地域になってたのでありがたく読んでいたんだけど
3
KLEIN @klein_artifact 2020年12月14日
著作権法や下請法といったものを理解どころかロクに認識すらしていない人間を上の立場に立たせるとこうなります。 「慣習で流さずちゃんと契約を交わすかどうか」を理解・実践できなかったのが出版不況の一因だとすら思ってるくらい。
9
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2020年12月14日
事前にライターの皆さんに「Webに移行するにあたって過去の記事を載せたいけど原稿料が払えない、それでももし良ければ掲載許可いただけるだろうか」みたいな酷く厚かましいお伺いを立てておいて、許諾がでたものから掲載すればまだ良かったのだろうか。
46
RRR @rrrdtp 2020年12月14日
イラストや写真でも起こりうるハナシ。
7
kaiura @kaiura_asami 2020年12月14日
編集部もフリーランス側も契約書を交わすという当たり前をしなさいよ。 締切守れないフリーランスなんか駆逐すればいいし、原稿を好き勝手に使う編集部からしっかり使用料を割増でもらえるようにすればいい。 マトモなやつが馬鹿見てるんだから。
17
シオシオ神殿 @WsaltTemple 2020年12月14日
一ラテンファンとしてはちゃんとするといいなあ。
1
neologcutter @neologcuter 2020年12月14日
雑誌業界自体が制度疲労起こしてるんじゃないのかな。あるいは出版不況のために事務処理に人が割けない状況に追い込まれてるんかな。どっちにしろ詰みに近い。
8
neologcutter @neologcuter 2020年12月14日
安易な政権批判やってるヒマあったら、出版業界はすべての契約について見直すべきだと思うのは俺だけですかい?
31
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2020年12月14日
筋を通す意味での連絡等はともかく、記事の著作権って出版社に買い取られるんじゃないの?
8
超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 2020年12月14日
各々のケース毎に拠るとしか言えないわな。既に「買い取った」編集部と、「雑誌(紙媒体専用)に提供した(のでWebは別相談)」筆者の認識違いに基づく係争事案。
16
週末の肋骨 @ribsleftrurs 2020年12月14日
hiro_orso_viola 契約書交わす習慣すらないんだから買い取られてるものなんてごく一部に決まってんじゃん。
9
Hussam Kahn @bbyfut 2020年12月14日
公開停止して仕切り直ししないのはもう有料版を販売していて停止すると客への返金とかがめんどくさいからかなあ。なんかめんどくさいことが何一つできないからなるべくめんどくさくない方向で進めようとしてるんじゃないか。さすがにライターの数よりは売れてるんだろうし。
6
そらりす@メモリ64GBは最低限文化的 @djed736 2020年12月14日
そういう体たらくだから雑誌が潰れるんだよ
10
葛城 @siyarion 2020年12月14日
応対や吐露を見ますと「頑張って復活させたのに、カネにうるさい奴らにいちゃもんつけられて台無しにされた。これぐらい見逃してくれても良いだろうに…」 と言いたいのが透けて見えますね。個人的には、最初から一括で懐事情が厳しい事を(情に)訴えた上で、許諾を出した方の分だけの掲載にすべきだったと思います。 ライターさんは当たり前に個人個人で考えも業態も事情状況も違いますし、そういう意味で個別対応が必須という話。そこを怠ったゆえ拗れてしまった訳で…結局、初動が一番大切、ということでもありますよね。
83
うちゅぎひのえ @uchugi 2020年12月14日
こういう内容で、メールやらでアクションしても返信が無いので動いてることの確認できるTwitterで呼びかけた時の期待するリアクションは、Twitterでは「確認しました折り返しDM(メール)で連絡します」であって、Twitterで公開リプライすることじゃないよなあ……
53
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年12月14日
こんなん出版業界じゃ氷山の一角やろな……
6
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2020年12月14日
音楽業界にJASRACがあることの意味を教えてくれる事例だな
54
S.O. @so_rei 2020年12月14日
同人誌作ってんじゃねえんだからさ・・・
13
やじ @yajicco 2020年12月14日
ライター陣も懐事情を察してるので金をくれとは言ってないのよね。無断はいかんよ無断は。
54
柑橘類のような何か @a_y_yuz 2020年12月14日
マスコミ含めた出版業界、こういう面倒くさい内々のアレコレから目を逸らして現実逃避するために政権叩きと男叩きの記事を書きまくっている説
5
すなのうつわ @host_st 2020年12月14日
最初にちゃんと段取りを踏んでおけばなんてことない話で済んでたな。
16
斉藤・W・ルビンスキー@少子高齢化加速こそが最良手段(被害者候補削減策) @dojitenshi 2020年12月14日
まったく 米国が #TPP 入ってる間に日本もTPP加盟しておけばよかったものを (ただし、著作権系が満遍なく非親告罪化確定) まさに効率 vs 効率
0
ofugu @_ofugu_ 2020年12月14日
数年前、柳楽さんに事実ではない誹謗中傷を知人に言いふらされ、仕事にも影響が出たことがある者です。その時に柳楽さんに「どういうことか連絡くれますか?」とメールと電話の留守電に残しましたが、何もお返事してくれませんでした。柳楽さんはラティーナの著作権がどうこう、連絡がどうこうと問題にならなければこんなことをしても良いと思っているのでしょうか。
15
ofugu @_ofugu_ 2020年12月14日
↑うまく書けていなくてすみません。 私は柳楽さんの攻撃的で陰湿な一面を思い知らされた人間ですので、プライベートでは中傷や噂で人を傷つけておきながら、今回のような全力で殴れる案件にはいかにも正義みたいな態度でジクジクと公にして書きつらねることに、うわぁ…変わらないなぁ…と感じました。ラティーナへの名誉毀損にならない程度にした方がいいと思いますね。
13
OOEDO @OOEDO4 2020年12月14日
逆に雑誌に載せた記事を、それを執筆したライターが活用したいときは雑誌の編集部や出版社に断らなくても活用できるんでしょうか?
1
fff @ffffdark 2020年12月14日
_ofugu_ よくわかりませんが「それはそれ。これはこれ」ではないですかね?今回の件は複数のライターが声を上げているので柳楽さんだけの問題ではないですし・・・
86
fff @ffffdark 2020年12月14日
いまどき同人ゲーですら他プラットフォームで出す場合はライター、声優、その他アセット提供者と再契約する(あるいは最初の契約に含んでいる)ってのにさぁ・・・  OOEDO4 通常の場合「他所でこの文章使わないでね」的なことも契約書に書いてあるはずなんです・・・
5
shiroi @68Shiroi 2020年12月14日
なんか良いことをしているのでタダでいいでしょみたいなやつはそれで得するのが一部だけでタダで使われた人はたいてい報われない
14
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年12月14日
OOEDO4 一度雑誌なりWeb媒体に載った記事について、それをライターの側がコピペで他媒体に渡すのは普通やらないかと。ただこれもあくまで業界仁義的な話に過ぎなくて、そもそも契約書を交わしてないのが普通なので、法的には著作権の所在が曖昧な状態だったりする(原稿料の対価として著作権そのものを売ってるのか、著作権はライターが留保した状態で記事の非独占的利用権を渡してるのか、そのあたりが微妙)。
16
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年12月14日
なので、同じ題材で複数媒体に同時並行的に記事を書くことなんかは日常茶飯事でしたが、その場合もできるだけコピペにはならないように表現を変えて書き分けて、使う写真や図表類もかぶらないようにする(場合によってはペンネームも使い分ける)感じですかねぇ。あくまで自分の経験上の話ですけど。
8
mummymetal @mummy_metal 2020年12月14日
オンライン契約書がある今でも、自ら契約書を手配フリ―も少ないんだよな。あとでモメないためにやっぱその辺は作り手がリードしてやらないとな
1
ラジオネーム:北国の暇人 @banana_akakoura 2020年12月14日
出典「ほげほげ」 引用「ホニャララ」 で済む時限のアレじゃない(金取ってた)ので論外中の論外なのだが、 たまーに、ウィキペディアにも明らかに誰かがガッチリ書いた何かを引用元示さずコピペ縦断爆撃していくのいて、コピペネイティブ世代が今度多方面でこういうことやらかすと思うので、この件の権利者がしかるべき場所で騒いで判例(前例)作っておいてほしい
15
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2020年12月14日
出版業界なんて水商売的というか、割とこんなもんだろうなあって認識だったので、逆に今の時代の色々な変化に対応しきれてないのも当然かなって気がするし、むしろ少々かわいそうにも感じている。自分の権利を侵害されているライター側はもちろん、編集者側に対しても、昔だったらしなくても済んでた苦労が必要な時代だよなあと改めて感じさせられた。
1
Veeshop @VeeshopVS 2020年12月14日
これプラットフォームがnoteなのか。じゃあプラットフォーム側に働きかけて記事を取り下げてもらうとかも期待できないな。
23
もくだいさん O366 MVP 🇯🇵 @mokudai 2020年12月14日
こういうのって、テキスト情報の販売プラットフォームとしての見解と仕組みとか準備しないんだろうか?
4
やん @skd7 2020年12月14日
デジタル化が進まない要因。昔の契約ではネット展開が含まれないからこうやって出しにくくなり、結果オリジナルが失われる。包括契約でどれだけ変わるだろうか?
1
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
_ofugu_ あなたの件では柳楽さんが最低だというのはわかりますが、ラティーナの件では柳楽さんやライターには落ち度はないですよ。柳楽さんに落ち度があるとしたら、他のライターにも落ち度があるとあなたは仰ってる自覚がありますか?ある件での被害者が別の件では加害者になりうることもあるし、逆もあるだけです。区別はつけましょうね
66
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
言い方悪いけど、泥棒のうちに泥棒が入っても別の事件として処理されるし、泣き寝入りしろなんてことはないですよ。やぶ蛇になることはあるけど
31
numa @numa2666 2020年12月14日
まあ、出版社の社長あてに内容証明郵便を送ることですね。「法的手段を取ることも検討中」というのを忘れずに。
1
ZOE @c10h8 2020年12月14日
よりによってnoteかぁ‥‥ってなってる。もっとも、他に同じようなことが出来るところもそう多くないと認識してるけど。
11
tgttr @tgttr4 2020年12月14日
著作権系はなぜ元権利者が悪にされるんだろう パクる方が大きい顔できる風習がおかしい
11
ラジオネーム:北国の暇人 @banana_akakoura 2020年12月14日
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3) 無断転載の件を知らないのか、知っててわざとやってんのか知らんが、ウィキペディアに記事を作った大馬鹿者が現れおった。もうダメかもわからんね
2
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
_ofugu_ 名誉毀損になってるのは現時点ではあなたでは?編集部アカウントも他のライターもラティーナに無断使用があったことは認めてるので。もし、柳楽氏に対し別件での返答を促したいなら第三者を立てた上で告発文をブログなどにアップしたほうがいいと思いますよ。柳楽氏はラティーナの件では他のライターも同様の被害にあってるということで客観性が担保できてるのですが、あなたはできてない
42
しろうと @sirouto 2020年12月14日
https://pf.bunka.go.jp/chosaku/chosakuken/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000147 著作権なるほど質問箱 - 新聞記事の著作権は誰にあるのですか(文化庁) 出版業界での実体験からも、一記事書くくらいでいちいち、契約書での契約なんか交わしてないはず。すると、著作権の利用(執筆者が著作権者)か、記事の買取(出版社が著作権者)か、契約がルーズで曖昧なことはよくある。その区別のひとつの目安として、記名記事か、無記名記事か、がありそう。
1
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
誹謗中傷はただでさえ第三者に判断できる要素が少ないのでできる限り記録を残して第三者がそれを判断できないとただの私怨に見られてしまう。まして全く無関係な件で相手にお前が悪いに決まってるというような中傷したら信頼度ゼロになりますわな
20
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2020年12月14日
俺が某雑誌に単発記事を書いたときは、最初に記事内容の著作権等について一筆取り交わしたし、後で電子版が出るときも二次使用の許可を求める文書にサインした。その時は「随分マメなことだなあ」と思ったけど、このまとめを見てそれが当たり前なのだと今更ながら理解できた。
29
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月14日
ラティーナ編集部アカウントが柳楽氏への謝罪をメンションした件はアホかと思ったけど、皮肉にも編集部が無断使用かあったと落ち度を認めてることを客観視できるようになったということなのね
20
VOLTA the YAS-SON @VOLTA_G_E 2020年12月14日
音楽雑誌のライターの記事がネットに流出って高菜の話かと思った
0
えびやん @sionchr 2020年12月14日
こういう内ゲバって結局示談になるか有耶無耶になるから裁判まで行って争ってほしいわ
2
ぽんぽん @apocalypse1706 2020年12月14日
「ライターに関する個人的な感情もあり」って、そんなこと書かんでもええわいw
17
ぽんぽん @apocalypse1706 2020年12月14日
kaiura_asami 今時はちゃんとしてるところのほうが多いと思うがなあ。少なくとも俺のつきあいのあるところで、大手も新興も含めて契約書を作らないってところはない。
2
m232796 @m232796 2020年12月15日
編集長自ら「記事の無断使用は雑にやって良い」なんつうスタンスをツイッターで晒すとかすごいな。
19
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2020年12月15日
ribsleftrurs 吉本芸人やアニメ業界じゃあるまいし、それはその商習慣が悪いとしか…。
1
atlan @atlan1701 2020年12月15日
元出版してたけど、最初書籍に掲載する時に求めた許可と後からwebへの掲載の許可は別々に管理したなぁ(DBに全部記録してあるので今でも確認出来る)
2
とんぬらa.k.a.とんちゃん @t_matsu 2020年12月15日
banana_akakoura まさかとは思うけど、記事作ったLatinatangoってユーザーって……編集部自ら宣伝まがいの記事作ったらさらに火に油を注ぎそうで
9
釣本直紀 @turimotonaoki 2020年12月19日
昭和30年頃の、作者に無断で漫画を増刷して印税を支払わない貸本漫画の出版社みたいだ。昔は発行した本1冊1冊に作者が検印する事で部数を確認していたけど、現代にも出版社の不正を前提とした作者の権利保護方法が何か需要有るのかも。
1
さーたん@もふもふ @tripleodd 2020年12月19日
こうやって文句言う作家がいるから電子書籍が中々出なかったんだな。払うもん払えば原則無許可でいいやろ。流石に作者の言い分は可笑しいわ
1
Hacchi @2mocccck 2020年12月19日
tripleodd 文句言われたくないなら「原則無許可でいい」という取り決めを最初にしておけという話ですね。ごくシンプルなお話。
11
うまを @U_magical 2020年12月20日
殿様商売してた頃のツケだろうね
0