2020年12月18日

赤穂事件は、文治主義への転換政策のさなかに、武士をめぐる問題を突きつけたことが衝撃的だったと言える。

95
司史生@停滞中 @tsukasafumio

役立たずのディレッタントです。

司史生@停滞中 @tsukasafumio

最近だと赤穂浪士を単なるテロリスト扱いしてドヤる向きも多いが、それもまた現代的価値観を疑わない安直さを感じる。 赤穂浪士が英雄なのか凶賊なのか、それこそ当時の儒者たちの間でも評価が割れたのでいまさらなのである。それでは収まらない価値観の生きる時代だった。

2020-12-16 23:33:02
司史生@停滞中 @tsukasafumio

赤穂事件は、不可解な突発的事態により浅野家と吉良家の武士が運命を狂わされた悲劇であるが、そこには綱吉政権の文治主義への転換の中で、武士という戦士階級の本質に関わる問題が改めて表出した事件だった。

2020-12-16 23:37:58
司史生@停滞中 @tsukasafumio

幕藩制秩序の下では赤穂浪士の行動は理不尽な非法であろう。 だが非法とされても古来の慣習法に則って自力救済を貫くのが武士の意地であり面目である。その意地を捨てた者は武士と言えるのか。その面目を喪失した武士が統治階級として民衆を支配する根拠はいったい何になるのか。

2020-12-16 23:46:39
司史生@停滞中 @tsukasafumio

赤穂事件は、文治主義への転換政策のさなかに、武士をめぐる問題を突きつけたことが衝撃的だったと言える。 そして仮名手本忠臣蔵をはじめとする演芸や出版文化によって、武士に支配される民衆自身が彼らを英雄視したのだ。吉良の文治を憎み浅野の武に共感を示したのである。

2020-12-16 23:56:29
司史生@停滞中 @tsukasafumio

過去の歴史的文脈を喪失して久しい忠臣蔵の命脈はたしかに尽きているのかもしれないが、しかしそうした歴史的文脈そのものに目を向けることで、物語としての赤穂事件にはまだまだ可能性は残されているようにも思う。

2020-12-17 00:09:31
火間虫入道 @mach_magneto

@tsukasafumio あーあーあー、なるほど、日本史上、武から文へ支配が移る時必ず軋轢があって、場合によっては移行に失敗することすらあるけど、江戸幕府にはそれが少ない、と思ってたけど、その軋みがここで来るのか!!

2020-12-17 18:20:21
まーしーえびな @Marcy_Ebina

@tsukasafumio 劇場版銀河英雄伝説冒頭のナレーションで「歴史の解釈などその時代の歴史家によって変わるものである」的な事を言っていましたね。

2020-12-17 23:04:45
蒟蒻野郎@社会人2年目 @yararegami

@tsukasafumio (´・ω・`)高額物件を強奪されてアンチ赤穂浪士になりました

2020-12-18 09:40:25

コメント

Horihito.M @CP_Clown 2020年12月18日
赤穂浪士をテロリストしてドヤる動きって、結局のところファンが一定存在する組織や物語を極端な目線で見下すっていう悪趣味ムーブだからね。 組織も物語も一面的なわけないんだから、ある面から見たらテロリスト、ある面から見たら英雄なんだよ。
20
五月 @xf52_523 2020年12月18日
であれば赤穂浪士をテロリストと判断するのもそういう立場として物語を見た結果そう評価したというだけの話で、「ドヤる」とレッテル貼りするのも悪趣味ムーブでは?
43
五月 @xf52_523 2020年12月18日
世の中には法があって、それを破ってる以上これは英雄じゃなくて犯罪者だというのはそれこそ事件のあった当時から一定数以上の支持を得てる考えないわけで。
31
鹿 @a_hind 2020年12月18日
別にドヤる訳ではなくて現代の価値観からするといい話って思えなくなってきたから廃れただけでドヤるとか関係ないんじゃ。価値観が変わればまた生き吹き返すこともあるかもしれないが当面ないだろうな。
29
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2020年12月18日
浅野が吉良を突然斬りつけなきゃならない(しかも殿中で、さらには最悪のタイミングで)理由がどこを探しても見つからないという話には凄く納得したけどね。
34
椎名 @q6SshjSJduz4zSA 2020年12月18日
…武士側の価値観から見ても、駄目な部分が少なからずあるのだが…
18
長月雲母 @brittlemica 2020年12月18日
とりあえず兵庫県民としては事の発端松の廊下事件の直前に浅野内匠頭が吉良上野介に「赤穂の田舎者、フナ侍」と罵倒される場面で「兵庫県は田舎ちゃうわい」と憤る
3
おく のぶ @samorou 2020年12月18日
葉隠の著者である山本常朝も赤穂浪士を批判しているよね。まぁその内容は、泉岳寺でさっさと腹切るべき!そもそも討入まで一年半もかけるとか、その間に吉良が死んだらどうすんの?上方の奴らは知恵はあるから準備して世間受けする事はできても、ウチ(佐賀藩)の長崎喧嘩みたいに無分別な行動ができない。と、死狂いにも程がある批判で、これが武士階級の一般的な意見とは言えないけど、こういう批判もあったという事で。
21
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2020年12月18日
brittlemica 神戸市民「明石より西はむっちゃ田舎」
4
Horihito.M @CP_Clown 2020年12月18日
xf52_523 正論でたしかに改めるところもあるが、しかし実際に好きな史実の組織を逆張り嘲笑されることはある。それが許せない。 あのとき感じた悔しさもレッテルなのなら私がおかしいのだろう。
4
メニスカス @HatsudukiLens 2020年12月18日
日本赤軍だのあさま山荘事件だのは時代的に必要だったとか言い出しかねん
4
ヅース @LtlGvicXQZJP7oJ 2020年12月18日
刀ぶら下げてる以上馬鹿にしてきた奴はぶった斬っていいだろ上等だろ。
1
あなぐま @badger2635 2020年12月18日
なんだかんだ言って話題になり続けてはいるので忠臣蔵の人気恐るべし。曽我兄弟とか荒木又右衛門とかもう忘れられてるやん。
1
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年12月18日
HatsudukiLens まああさま山荘事件も、発生した時点では当時の社会党支持者からは大絶賛されてたわけですし。後に山岳ベース事件が発覚して、そこでその支持者の大半がテノヒラクルーするんですけど。
20
t.a @Vioviovio_ 2020年12月18日
赤穂浪士は恐怖で何かを成し遂げようとする訳じゃないからテロリストではない。 名誉は何よりも重いという武士の伝統であるだけ。
17
もれなく @morenakuneru 2020年12月18日
物語の悪役としての吉良と混同され、殺されて当然のド悪党扱いされる事もあった史実の吉良と、彼と一緒に斬られた人々にも少しだけ想いを馳せてあげて下さい。
12
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2020年12月18日
忠臣蔵が受けなくなったのは単純に「現代社会で非正規だのリストラだのが増えすぎて、属してる組織やトップのために命を投げ出すというのが受けなくなった」のが圧倒的に一番大きいと思うがなあ。実際にやったことがどうとかは二の次三の次でしょ。
23
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年12月18日
( ´H`)y-~~戦国の作法に則った「合戦」「城攻め」が大名のヒャッハー心に火を付けかねなかったので無理矢理儒教的忠義の枠にはめようとしたという説がよく言われてきたような気がする。
6
t.a @Vioviovio_ 2020年12月18日
殿中で所持を許されるのは、脇差よりも小さい「小さ刀」で刺突で無ければ仕留めることができないのに、斬撃するのは武士として有るまじき不手際だった。
2
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2020年12月18日
役人「浅野殿、これは乱心でござろう?」 浅野「喧嘩です」 役人「よく考えてください!乱心と言ったら殿の処分だけで家族や部下はお咎めなしになるのですぞ!」 役人「浅野殿、乱心でござろう!?乱心でござるな!?」 浅野「喧嘩です」 役人「ファッ!?」
29
こうげつ@💉×1/いだてん史料沼どっぷり中 @genmaysan 2020年12月18日
本能の変は「明智光秀の織田信長への反乱」で結論が着いているけど、赤穂事件は様々な視点から様々な結論が引き出せてしまうので、返ってエンタメ作品にし難くなってしまってるのかもしれない。
4
こうげつ@💉×1/いだてん史料沼どっぷり中 @genmaysan 2020年12月18日
昔のように勧善懲悪物語として扱えなくなってるしね。
3
かつまた☆いさ(レディ女児ィ📛) @kamiomutsu 2020年12月18日
現代に忠君が受けないってホントかな。国のために命を捨てて戦った系の物語とか、今でも大絶賛する人たくさんいるんじゃないの。
3
あさぎ @asagi8 2020年12月18日
現在の価値観からかけ離れてるからだとすると大人気の新選組とかもそうじゃないかなと思うので、単にキャラ立ちしてないのと、討ち入りシーン以外は地味であまり解釈の多様性ないつーのが原因だと。るろうに剣心の斎藤一みたいな創作のなかでの立ち位置を作れる人いないだろってのに尽きる
2
ジョナさん @Mr_Jonasann 2020年12月18日
非武装の老人に背後から斬りかかって仕留められなかった時点で面子はガタガタなんだよなあ
17
eiwaziten(xbox タグ) @eiwaziten_01 2020年12月18日
歴史的人物に対して「〇〇はテロリストだー」っていってるやつはみかけるね。司馬遼太郎批判でドヤってるやつに近いものを感じる。
1
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年12月18日
LtlGvicXQZJP7oJ 武士が町人から馬鹿にされてぶった斬った後に、ちゃんと証人を立てて『馬鹿にされた』ことを証明できないと士道不覚悟で切腹 かといって武士が町人から馬鹿にされたのに見逃したら、これまた士道不覚悟で切腹 あるいは武士が町人から馬鹿にされてぶった斬ろうとしたのに逃げられたら、やはり士道不覚悟で切腹 一体どうしたらいいんだ!?って逆ギレしたくなる
7
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年12月18日
kamiomutsu 最近だと湊川での楠木正成の敗死を「理解できない」って批判する人もいるらしいですからねえ
1
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年12月18日
xf52_523 まあ例えば革命何かは起こすとすればそれはその時は当時の法を破らざるを得ないわけで、 それが成功すればその革命家は英雄視されるわけで、英雄か否かの判断はそれを行った影響が今日のどの様な影響を与えてるかとか総合的な判断は必要じゃないかなとは思う
5
瑞樹 @kossri2 2020年12月19日
吉良上野介が斬りかかられても仕方ないとなるような悪い事(現代でも通じるような悪事)をしてたってのがはっきり記録されてれば、現代でもさほど反発者が出なそうな気はする
0
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年12月19日
xf52_523 その法治の概念が徹底されたのは、やっぱり江戸時代以降なんですよねえ それ以前のガチ中世社会だと、法の保護が期待できないから『舐められたら殺す』を徹底しないと生きていけない、自力救済万歳な世の中だった訳で 江戸開府からちょうど100年後に赤穂浪士の討ち入りな訳で、当時の武士のモラルという点でも面白いと思います
9
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月19日
抜刀理由は不明だけど、鯉口三寸だからねえ。朝廷の使者を迎え入れてた時期でもあり綱吉でなくても切腹はやむを得ないだろうなとは思った
1
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月19日
吉良の落ち度は不明だけど、浅野は禁忌を犯したので明らかに落ち度ありだし、それで赤穂浪士が逆切れテロリストと言われるのは仕方ないんじゃない?赤穂浪士も切腹覚悟で吉良を斬ったんだし
4
undo(あんどー) @tolucky774 2020年12月19日
忠臣蔵が人気があった頃は吉良は悪人という脚色めいいっぱいされてたんだよね。実際はよくわからんのに。それと同時に最近の吉良名君説も謎だけど
3
EMI @emk_oldrose 2020年12月19日
忠臣蔵解釈なら宮部みゆきの「震える岩」オススメ。江戸サイキックファンタジーだから話自体はドフィクションだけど作中に出てくる浅野乱心説はなかなか説得力あった。まああくまで一説程度で盲信してるわけじゃないけどね
1
伍長 @gotyou_H 2020年12月19日
badger2635 因果関係がはっきりしてるのって「紹介」はできても「創作」できないからどうしても飽きられるんじゃないかなと。本能寺の変なんかも、真相は明智光秀の頭の中にしかないから今でも「創作」ができるわけで。 現代ではゲームという全く新しい手段によって「歴史通りのことができるか」という方向の娯楽化に成功してるので、題材として復権の目はあると思いますが。
1
あづち @aduchiadu 2020年12月19日
吉良の地元から抗議の声が上がる様になって表立ってやらないようになっただけでは。 なので知名度が下がった。定期的にドラマなり映画なりを作らないと人気は維持できない。昔はこの時期には何かしら赤穂浪士やってたからね。 まあ史実云々抜きにしてもドラマや映画の討ち入りシーンは今見ても格好良いですわ。
0
ジミー加藤(モデルナ充填50%) @KATOHSAMANOSUKE 2020年12月19日
Vioviovio_ 自分を犠牲にする一族の再就職活動って側面もあるんよね
0
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年12月19日
KATOHSAMANOSUKE 討ち入りした赤穂浪士の遺児も、連座で島流しにされてたりする
2
BLACK @BlackBlack0013 2020年12月19日
gdtiomnbvf 逆切れして暴れたら、やっぱりシドウフカクゴ……
1
nekosencho @Neko_Sencho 2020年12月19日
赤穂事件を「現代の人が見るエンタテイメント」として考えたら現代の法体制や現代の道徳律を基準に見られるのは当然。 娯楽作品として見てるのか、歴史上の事件として語ってるのかは別に考えないと
0
太田拓也@メイン垢です @ef510df200 2020年12月19日
kamiomutsu 外からの侵略ならともかく、内戦ならアホなトップにはついていけないってなりますよ。レスがついてる楠木正成とか。
1
太田拓也@メイン垢です @ef510df200 2020年12月19日
テロリストってドヤっているわけじゃなくて、当時の幕府にもそういう意見あるんですよ。
1
とっち.opanpon @totty2nd 2020年12月19日
いわば「舐められたら殺す」の価値観が僅かながら残っていた最後の時代、この事件を以て本当の意味で「中世の日本」は完結したのかもしれない
5
あなぐま @badger2635 2020年12月19日
totty2nd ヤクザの世界では今でも現役ですね
1
nekosencho @Neko_Sencho 2020年12月19日
だいたい幕末ですら、刺客に襲撃され背中を負傷した老中安藤信正が「武士の風上にも置けぬ」といわれ失脚するなど現代人とはまるで違う感覚だったりするからな。 まじめにやったら「あいつらなんかおかしい「にしかならんよ時代物は
1
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2020年12月19日
ef510df200 幕府内で「処分どうするか」って揉めてますしね実際…
1
Mock_Hatter @Mock_Hatter 2020年12月19日
sir_manmos 北区を含む北方と西区を含む西方は……だと。
1
Mock_Hatter @Mock_Hatter 2020年12月19日
gdtiomnbvf その元祖は福沢諭吉の「楠公権助論」ですね。 神戸の人間に全力で喧嘩売ってる。
1
Mock_Hatter @Mock_Hatter 2020年12月19日
忠臣蔵が流行らなくなったのは、映画業界がスター揃えた大作時代劇撮れなくなって、忠臣蔵の新作目にする機会が減ったからだ、という春日太一氏の見解が最も妥当では? 実際、その心配のない歌舞伎では今も独参湯だし。
0
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年12月19日
Mock_Hatter 同時に赤穂不義士論も唱えて批判・中傷・脅迫されたあたり、相当にロックな人ですよね福沢先生
1
Mock_Hatter @Mock_Hatter 2020年12月19日
Mr_Jonasann 非武装? 浅野も吉良も小サ刀差していて、同じ武装ですよ?
0
⚓️無意識ファンネル⚓ @muishiki_fun2 2020年12月19日
gdtiomnbvf たまに『取調べ中に病死』もござるので、やはり武士はつらいものでござるな。
0
⚓️無意識ファンネル⚓ @muishiki_fun2 2020年12月19日
kamiomutsu 受けると思いますよ、現代でも。 剣と魔法のファンタジーでもそういうキャラいますし。 忠臣蔵が飽きられたのは、単に数百年間続けてきて、ストーリーにバリエーションがあるわけでもないからじゃないですかね。
0
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2020年12月19日
コンテンツとしての忠臣蔵が廃れたのはフィクションとしての「忠臣蔵」から離れて史実に近い設定にしたが、史実は色々事実関係が検討されてる為忠臣蔵でやってたご都合主義が使えない(フィクションだから)って面もあるんじゃないかなあ。敵役が「吉良」な時点でアウトでしょ、と。
0
fullbocco @fullbocco_bokko 2020年12月19日
赤穂浪士は単に上司の復讐を直接相手に行っただけなのでそこにテロルもテロリズムも無いのでテロリスト扱いするのは何も分かってない人だから相手にする必要もないのでは?ただ騒動の大元である松之大廊下の一件が当時の史料等から読み解くと余りにも浅野内匠頭のやらかし具合が酷くて吉良邸討ち入りの正当性に疑問符が付くようになった、ってだけの話で。
0
暴君虎 @Tyrannotiger 2020年12月19日
gdtiomnbvf 究極的には挑発して逃走した町人の家を探し出して女房子供もろとも一家皆殺しにした上で、その場で切腹するというケースもあったとか。そうしないと面目(家の存続)が保てない。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2020年12月19日
というかさ、遠山の金さんとか水戸黄門。大岡越前まですたれてるんだから、話の構造がどうこうじゃなくて時代劇丸ごとの衰退じゃね?
1
nekosencho @Neko_Sencho 2020年12月19日
今の10代20代くらいで、現役コンテンツとしての時代劇ってほとんど体験してないんじゃないの?
0
風一人 @Giugno_bianco 2020年12月19日
Neko_Sencho ギリギリで鬼平・剣客商売あたりですかね?
0
⚓️無意識ファンネル⚓ @muishiki_fun2 2020年12月19日
Neko_Sencho つい最近やってた仕事人(松岡昌宏と東山紀之のあれ)とかですかね、見てるとしたら。
0
わいてい @mizuka19 2020年12月19日
時代劇やれる俳優が減ってるんだよなぁ……
0
わいてい @mizuka19 2020年12月19日
morenakuneru そんな貴方に森村誠一の吉良忠臣蔵を
0
kartis56 @kartis56 2020年12月19日
[c8569324] 三国志で今と倫理観が違うけど面白いところってあんまりないと思うけど?パワハラ酔っぱらい張飛はあれで死んで当然だし
0
kartis56 @kartis56 2020年12月19日
asagi8 新選組は一応公僕だし…
0
kartis56 @kartis56 2020年12月19日
革命とか天下争奪みたいな大きな話じゃなくて、私人間の怨恨による殴り込みだから話が長いわりにちまちましてるからつまらないんじゃないかな
0
hararitto @sseg14 2020年12月19日
史実が明らかになってきてフィクションでの扱いが悪くなった人物といえば、豊臣秀吉もそのクチか。
0
上里来生 @kamisato_3 2020年12月20日
kartis56 張飛は当時の価値観でも「アレで死ぬのは残当」って扱いやで
0
能瀬めぐみ⋈女声練習中 @nose_megumi3636 2020年12月20日
ドヤる気はないが赤穂事件は時代が時代ということ考えても共感できない。吉良に落ち度はなく精神疾患の浅野内匠頭が乱心。大石達は就職活動するも失敗。一発逆転を狙い被害者の吉良を多数で強襲して殺害。(なぜか人々は喝采)実際、赤穂浪士たちの子たちは就職に成功できてる。 赤穂事件で主人公にすべきは赤穂浪士たちにどういう判決下すべきか苦悩した幕府あるいは徳川綱吉である。
2
あなぐま @badger2635 2020年12月20日
つか大衆芸能の世界で仇討ちものがウケなくなったのは高度成長の頃には明らかになってたことよね。東映任侠路線の没落なんてのはその象徴で。で、仇討ちものがあらかた消えたなかで忠臣蔵だけはなんでか生き残った。忠臣蔵がなんでウケないのかって設問はある意味妥当を欠く。本当にウケないなら昭和のうちに消えてたよね。むしろ仇討ちものが滅びたなかでなぜいまだに知名度があるのかよね。
0
あなぐま @badger2635 2020年12月20日
忠臣蔵ななぜウケないか議論の中身は百年前と比べても大差ないか、基礎知識が失伝してる結果むしろ劣化していると言っていいと思う。新しい歴史事実がーとかいう手合いも結局は推測を重ねたこじつけめいた珍奇な見解かあるいは昔の議論の劣化コピーでしかない。
0
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2020年12月22日
Neko_Sencho テレビだけに限らなくていいなら新選組とか…(薄桜鬼とか)あと水戸黄門とかは祖父母と一緒に見た、とか意外といる
0