2021年4月8日

MMT論者がよく言う「信用創造できるから、財政赤字は大丈夫」論って本当? ――元大蔵省・小笠原誠治氏による、中野剛志氏への批判動画を紹介

最近ネットでよく見かける、「MMT(現代貨幣理論)」。このMMTを日本で普及させた提唱者たちのひとりが、経済評論家・中野剛志氏です。 氏に対して、大蔵省(現財務省)に勤務していた小笠原誠治氏が批判しています。そこで、小笠原氏の動画を紹介し、またMMTや日本の財政について、まとめ主が考察していきます。 「政府/日銀/銀行は、信用創造でお金を無から作り出せるから、財政赤字が膨らんでも破綻しない」のでしょうか?
4
しろうと @sirouto

togetter.com/li/1657279 反緊縮/MMT論者による(日本版)MMT批判! ――日米MMTの違いと、「グリーン・ニューディール」に関する議論の紹介(以前まとめ)

2021-04-08 21:42:41
しろうと @sirouto

togetter.com/li/1653994 「信用創造」は、「無」から金を生み出せる「打ち出の小槌」なのか? ――MMTの説明と、実際の金融の違いについて(以前まとめ)

2021-04-08 21:43:06
しろうと @sirouto

どうも、しろうとです。今回は、「MMT(現代貨幣理論)」について、元大蔵省(現財務省)勤務の「小笠原誠治」氏の批判をご紹介します。

2021-04-08 21:45:30
しろうと @sirouto

まず、MMTについての簡単な説明ですが、貨幣や中央銀行などの貨幣の運用システムを、国家主導にすべき、だというものです。

2021-04-08 21:48:16
しろうと @sirouto

ところで、ネットでよく見る適当な説明では、「デフレだから財政出動しろ」とか「インフレになるまでは、いくら国債を刷っても大丈夫」とか、そういうのがMMTだと思われています。

2021-04-08 21:49:16
しろうと @sirouto

しかし、アメリカの元祖MMTと、日本の分派MMTでは、かなり内容が違っています。

2021-04-08 21:51:40
しろうと @sirouto

日本版MMTと違って、アメリカの本家MMTは、じつは「インフレ2%まで財政出動しろ」といった「裁量的財政政策」を採用しない。

2021-04-08 21:53:12
しろうと @sirouto

そういう裁量財政を、「失業対策にインフレを、インフレ対策に失業を用いる」といって本家MMTでは批判しているようです。

2021-04-08 21:54:12
しろうと @sirouto

では、裁量財政ではないなら、代わりに何かというと、労働のような実体のある価値に貨幣価値をアンカーさせる「労働本位制」のような思想がどうもあるようです。

2021-04-08 21:55:22
しろうと @sirouto

「金融不安定性」を研究していた経済学者・ミンスキーの弟子が、MMT提唱者たちのひとりであるランダル・レイです。ポスト・ケインジアンの流れとしては、不自然な考えではない。

2021-04-08 21:56:58
しろうと @sirouto

ただし、経済学者のエプシュタインなどは、MMTがミンスキー的な金融不安定性に十分対応できない、と批判しています。

2021-04-08 21:58:24
しろうと @sirouto

私もMMTには、懐疑的だし批判的ですが、日米の違いについて、ユーチューブとかでの適当な解説ではなかなか見ないので、最初に触れておきました。

2021-04-08 21:59:51
しろうと @sirouto

では本題。元「大蔵省 理財局 国債課 外債係長」として勤務されていた、「小笠原誠治」氏のMMT批判を今回紹介していきたい。

2021-04-08 22:01:22
しろうと @sirouto

「大蔵省」(現財務省)といえば、官僚たちの中でも、「省の中の省」と言われた、日本最強の官庁だ。

2021-04-08 22:02:22
しろうと @sirouto

副総理かつ財務大臣の「麻生太郎」氏も、日本銀行総裁の「黒田東彦」氏も、数年後にお札の肖像画になる予定の「渋沢栄一」氏も、みんな「大蔵省/財務省」出身者。

2021-04-08 22:05:26
しろうと @sirouto

バビロンなどの古代メソポタミア地方の王が「王の中の王」と呼ばれていたように、大蔵省(財務省)は、日本における「省の中の省」だ。大宝律令以来、21世紀までの千年以上、「大蔵省」という名前だった。

2021-04-08 22:07:23
しろうと @sirouto

大蔵省/財務省は、そのように強力な省庁なので、反緊縮派が好む「財務省陰謀論」なども出てくるのだろう。私は組みしないけど。

2021-04-08 22:08:25
しろうと @sirouto

では、その財務省に勤務していた、小笠原誠治氏の反緊縮/MMT批判を見ていこう。

2021-04-08 22:09:26
しろうと @sirouto

MMT(現代貨幣理論)の欠陥(小笠原誠治) blog.livedoor.jp/columnistseiji…

2021-04-08 22:10:08
しろうと @sirouto

日本の財政基盤は盤石だというChikirin(小笠原誠治) blogos.com/article/130734/

2021-04-08 22:10:53
しろうと @sirouto

99.999%誤解されている通貨発行益(小笠原誠治) blogos.com/article/55816/

2021-04-08 22:11:21
しろうと @sirouto

このように、文章での記事もたくさん書かれておられる。が、今回は動画を主に紹介したい。せっかく小笠原氏が最近、ユーチューブに動画チャンネルを開設されたこともあるし、喋り言葉の方が分かりやすいと思う。

2021-04-08 22:13:31
しろうと @sirouto

日本は絶対に財政破綻しないって本当?(小笠原誠治) youtube.com/watch?v=Ty_yyY…

2021-04-08 22:16:02
拡大
しろうと @sirouto

政府紙幣発行が役立たずな3つの理由(小笠原誠治) youtube.com/watch?v=i2C7NM…

2021-04-08 22:16:45
拡大
しろうと @sirouto

通貨発行益に関する3つの誤解(小笠原誠治) youtube.com/watch?v=svH4Jt…

2021-04-08 22:17:11
拡大
残りを読む(30)

コメント

Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2021年4月9日
「無から有を生み出す」なんていんちきとか言うけど、じゃあどのような「有」からお金の価値は産み出されるのだろう?金じゃないよね。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2021年4月9日
くわしいことはよくわからんが、専門な人の間ですら議論が別れるような話に国運を賭けるのはよろしくないのではって気はする
2
長谷川はしびろこう @hasebirokou 2021年4月9日
「インフレになったら増税するなんて、耐えられないし、劇薬過ぎる」で大笑いしてしまった・・・ インフレとか関係なく増税しまくってるじゃないですか
3
しろうと @sirouto 2021年4月9日
tbs_i 信用創造は「無」からではなく、「無形」の信用から(預金)通貨を創造します。たとえば、無収入の人に貸せば、貸し倒れで不良債権化するだけ。借り手の返済能力が必要で、それは本人のスキルや、お店や工場といった資本から産まれます。つまり、信用創造の真の主体は借り手であり、実体経済が母体になります。無から金を生み出す魔法の杖を、銀行が振るうのではないです。そして国債においても、徴税力による返済能力が、国債の実質的な発行上限です。通貨発行できてもインフレがあり、5000兆円刷るのは無謀。
0
しろうと @sirouto 2021年4月9日
Neko_Sencho https://www.igmchicago.org/surveys/modern-monetary-theory/ Modern Monetary Theory(英語) 上記はアメリカでの経済学者のアンケートですが、MMTへの賛成者は皆無(!)でした。意見が分かれるというより、MMT発祥の地のアメリカでも、主流派経済学者からまったく支持されていません。日本版MMTが、日本のネットでガラパゴスに盛り上がってるだけ。国運を賭けるほど信用できるかというと、大いに疑問です。
1
Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2021年4月10日
sirouto 無からではなく有から生み出すのであれば、生み出すもとと生み出されるものの量のバランスが取られていれば問題ないわけで、インフレ率でバランスを取ろうとする理論に問題はないように見えるが。
0
しろうと @sirouto 2021年4月10日
tbs_i >インフレ率でバランスを取ろうとする理論に問題はない はい、反緊縮派の理論は、リフレもMMTもFTPLも、大体その辺が落とし所です。細かい違いもあるけど。 インフレ(率)が一定なら問題ない、ということ自体は否定しません。が、小笠原氏が仰るように、「インフレ後に増税する」のが、現実的かどうか? という疑問も当然出てきます。やや誇張ぎみの例ですが、「インフレ率が10%だから、消費税10%を20%にしよう」といって、国民が受け入れますかね? 国会や選挙は大波乱でしょう。
0
Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2021年4月11日
sirouto そしたらそれって経済学の話でなく政治の話ですよね。経済学だけで言えばにはリフレやMMT的な考え方は認められてるんですよね。あとは政治がそれを実現できるかという政治状況だけが問題なのですね。
0
しろうと @sirouto 2021年4月11日
tbs_i >経済学の話でなく政治の話 たとえば、経済(財政)学者のヴキャナンは、「公共選択論」の立場から、ケインズの「ハーヴェイロードの前提」を批判しています。ごく大ざっぱに言うと、政治家や官僚は利権政治を志向するので、国全体の経済最適解を必ずしも目指さない、という考えです。空港を百個作った日本のハコモノ公共投資を見ると、よく理解できますね。 >リフレやMMT的な考え方 経済学で共有されている考え方は部分的にあります。が、現実の経済で成立するか、日本の政策に採用するかは、また別の話。
0
aqp1 @aqp114 2021年4月11日
MMTとは呼んでいないが、現状で国債発行しまくってる。この先も積み重なっていくし、日本経済の将来性もさほど明るくない。もう徴税能力なんかでは解消できないだろうね。
0
Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2021年4月11日
sirouto 政治の話であるならば、国民の政治的努力で回避の可能性がありますよね。それを経済学が勝手に実現可能性を忖度するのは不遜なのでは。そもそも増税できる可能性がないなら、「税率が9割に」なんて戯言に過ぎないし、税率9割が可能な世界なら、それをインフレ率が高まったときに初めて使えばそれでいい。
0
八代泰太 @3914kcorkcolc 2021年4月13日
だからこそ、消費税みたいに税率をいちいち国会で変えないといけない硬直的な税金よりも、 累進課税制度で稼げば稼ぐだけ税金が増える所得税等の直接税主体にすべきだって話になるんじゃないかな? 金融所得の一体化とかすりゃ一億の壁もなくなるだろ。
0