Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2021年4月16日

『「世界の首狩り族」という博物館の分布地図に、日本も入っていた』の話から始まる、斬首や切腹の文化に関する議論。「むしろ一番盛んだった」

案外、首を斬るという行為自体は合理性も感じないではないんですよ。戦争の戦果確認でしょうから。でも一方で首は重いし腐るし…日本の「斬首」そして極めて特異な自殺方式「切腹」は、世界とどう共通し、どこが違うのでしょうか?
290
河東竹緒 @rivereastbamboo

漢文と翻訳が好きな北魏末限界集落民、他人様のツイートに興味を持って史書を読み直したりする人。カクヨムに『三国志後伝』の翻訳『続三国志演義』を放り投げてます。アイコンは希夷斎先生『河岸竹圖』。

kakuyomu.jp/users/takeo_ka…

河東竹緒 @rivereastbamboo

台湾故宮から歩いていける台湾原住民博物館には「世界の首狩り族の分布地図」があって、日本も首狩り族認定されていたのはちょっと衝撃的でしたねー。「言われてみれば、、、ホンマや」って感じで。

2021-04-13 14:31:47
深山 @Huka_yaMa

言われてみればたしかに……、戦乱期には名のある武将の首級追っかけ、平安状態(比較的)でも首切って晒してましたね。 たしかに「首を狩る民族」ですね😳 twitter.com/rivereastbambo…

2021-04-13 20:15:36
河東竹緒 @rivereastbamboo

@Latina_tan 日本人が一般にイメージする「くびかりぞく」  ↓ pic.twitter.com/59nd0qmXJj

2021-04-13 21:16:56
拡大
司史生@停滞中 @tsukasafumio

役立たずのディレッタントです。

司史生@停滞中 @tsukasafumio

日本近代における斬首に対する意識の変遷というのは興味あるテーマですね。

2021-04-14 00:07:59
司史生@停滞中 @tsukasafumio

日本史上最後に介錯されたのは三島由紀夫だと思いますが、武士道の作法に則ったということで三島の自刃それ自体に比して衝撃は小さかったように思います。

2021-04-14 00:08:49
猫の泉 @nekonoizumi

@tsukasafumio 倉原優『本当にあった医学論文3』(中外医学社,2016)に、詳しいことはわかりませんが、1996年に首はねまでする儀式的切腹の剖検例の報告が1例あると触れられていました。 twitter.com/nekonoizumi/st…

2021-04-14 00:18:34
司史生@停滞中 @tsukasafumio

@nekonoizumi 1996年とはすごいですね。かなり例外的ですから過去の新聞報道を調べたら詳細がわかるかもしれませんね。

2021-04-14 00:28:27
猫の泉 @nekonoizumi

@tsukasafumio 確かにありそうです。それにしても儀式的切腹はほぼ無いものの、切腹そのものは、近年もそこそこ報告があるということで中々驚きです。

2021-04-14 00:29:56
司史生@停滞中 @tsukasafumio

@nekonoizumi ニュースで「腹部を刺して云々」というのを時折見かけますので、それでしょうね。

2021-04-14 00:31:27
猫の泉 @nekonoizumi

@tsukasafumio ああ、確かに見かけることありますね。

2021-04-14 00:32:52
司史生@停滞中 @tsukasafumio

介錯行為を含む切腹がいまだに自殺の形式として受け取られうのに対し、殺害行為における斬首は完全に猟奇犯罪の領域として受け止められるようになっていますね。 twitter.com/nekonoizumi/st…

2021-04-14 00:36:40
司史生@停滞中 @tsukasafumio

75年前の終戦まで捕虜の斬首が当然のように行われていたことを考えると、意識の変遷は興味深いですね。

2021-04-14 00:39:46
ドクトル・ジベル【公式】 @DoktorGibert

1996年のハラキリの論文をPubMedで検索してみたところ、こちらの論文がヒットしました。 遺体の姿勢、上半身が裸であったこと、腹部のL字型の切創から正式な切腹と判断されたとのことです。 pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8652429/ twitter.com/nekonoizumi/st… pic.twitter.com/BhwfSqwldb

2021-04-16 18:47:19
拡大
猫の泉 @nekonoizumi

@DoktorGibert 『本当にあった医学論文3』でも、96年の事例の出典として引かれているのは、そちらの論文でした。こちらの方は確認できていなかったので、ありがとうございます。

2021-04-16 19:07:02
ドクトル・ジベル【公式】 @DoktorGibert

@nekonoizumi 一連のツイートを読ませていただき大変勉強になりました。こちらこそありがとうございました。

2021-04-16 19:08:44
司史生@停滞中 @tsukasafumio

ヤクザの抗争や内部処刑ですら、首を刎ねるというのは全く見られないわけで。

2021-04-14 00:41:50
INVISIBLE DOJO @mdojo1

@nekonoizumi @tsukasafumio 2001年に、事業失敗の責任をとって割腹自殺をした柔道金メダリスト・猪熊功。確実に自決できるかどうか「見届け人」を立ち合わせたという。(増田俊也による) ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AA… twitter.com/nekonoizumi/st… pic.twitter.com/GoCitTxc7N

2021-04-14 01:35:22
拡大
拡大
拡大
拡大
リンク Wikipedia 猪熊功 猪熊 功(いのくま いさお、1938年2月4日 - 2001年9月28日)は、日本の柔道家。身長173 cm。体重88 kg。 1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピック柔道競技の男子重量級で金メダルを獲得。 神奈川県横須賀市生まれ。幼少時代は病弱で、結核・自家中毒・ヘルニアなどを経験した 。市立不入斗中学2年生の時に姿三四郎に憧れ、近所にあった渡辺利一郎の道場で柔道を始める。同門に、山村泰三(後の大相撲小結)や森徹(後のプロ野球選手)など 。入門当初、体格で劣る猪熊は2人におもしろいように投げ
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

ジャンプSQ.連載『MANZEMI』と⭕️❌式で解説 誰でもかんたん!!シリーズ『パースがわかる本 amzn.to/2hMrGKl』と『構図がわかる本 amzn.to/2gCePY9』原作・構成。 ヘッダー揮毫は平田弘史先生。緊急避難時はnoteに。仕事依頼はDMで( ´ ▽ ` )ノ

note.com/mogura2001

喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

首狩りも、世界中にあるけれど、アジアには全体的に多い。インドから中国、東南アジア、オセアニア。日本も首狩り族。マオリ族にもあるから、ポリネシア系の文化なんだろうなぁ。 twitter.com/rivereastbambo…

2021-04-14 04:51:30
tetra @tetra1945

@rivereastbamboo 首実検を異国から見たらただそれなのね…

2021-04-13 21:25:40
元老院議員 @Batory1560

日本のそれは宗教的な意味はないので所謂「首狩り」とは違うというような話もどこかで聞いたんですけども、実際どうなんでしょうねぇ??? twitter.com/rivereastbambo…

2021-04-13 22:00:45
残りを読む(209)

コメント

OOEDO @OOEDO4 2021年4月16日
河東竹緒 @rivereastbamboo 氏と 司史生 @tsukasafumio 氏のツイートの流れからが主です。
1
CD @cleardice 2021年4月16日
ギロチン大好きフランス人を例に挙げるまでもなく斬首刑自体はそんなに珍しくないから切った後の首をどうするかが目安なのかなあ
118
笹かま @voyageur105 2021年4月16日
まとめにもあるけど、現状も、解雇が『首』だからな。・・・・しかし、柔道の参考書でお世話になった猪熊功さんが自決してたとは知らなんだ。
37
aioi_au @aioi_au 2021年4月16日
中世ヨーロッパあたりだと、高貴な身分だと斬首で身分が低いと縛り首とか身分によって違ったみたいだし、洋の東西を問わず首狩り的なところはあるんじゃない?
40
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年4月16日
日本人に衝撃を与えた永井豪「デビルマン」の首狩りわっしょい、フランスでは革命期に白昼堂々と行われていたと「第三のギデオン」を読んで驚きました。ルイ16世の首を民衆に掲げている絵は知っていたけど、首狩りわっしょはなぁ…。で今でもフランス革命を「ベルサイユのばら」で認識している人も多くて。(現代フランス人に「デビルマン」見せると「ほーん。で?」という反応だとか。残虐とはいったいなんなのか)
25
tnnrak @nrak_t 2021年4月16日
太平洋戦争で一部米兵が日本兵の首落としてトロフィー的な扱いしたりしてるから戦争の最前線ではよくある話なんだろう。
75
てんてん @tuyama301 2021年4月16日
なるほどなあ。他者の視点って大事やなあ。
1
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年4月16日
cleardice フランスは古代ローマの征服前にガリア人が首狩りやって敵の首をトロフィーにしてたとローマ人の記録にありますね。映画にもなったウィッカーマン等人を生贄にする風習もあったそうな
4
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年4月16日
tiltintninontun バスティーユ事件の際にも、バスティーユ監獄の守備隊指揮官は降伏したのに市民のリンチにあって首をはねられて某デビルマンの美樹ちゃんみたいに槍の穂先に吊るされてたとか聞いたぞ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
40
oppappi @oppappi112 2021年4月16日
大本は昔だと基本的に土葬とか水葬だろうし遺体が動き出しても怖い、帰ってきても怖い、実は死んでなかったりするともっと怖いから確実にブッ殺した証明が欲しかったみたいな感じなんだろうか。
5
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2021年4月16日
Lkpi8dEIKmF7bi1 ランバル公爵夫人の話(撲殺され切り刻まれて首が幽閉中のマリー・アントワネットに掲げて見せつけられたとか殺害直前か直後に凌辱を受けたとか) フランス革命は血生臭い逸話には事欠かないからね
44
OOEDO @OOEDO4 2021年4月16日
「自決」とか「自裁」という言葉も、いろいろ意味や歴史の重さがありそうですね
0
inti @inti87913544 2021年4月16日
戦時において、日本の場合は文字通り賞金首だからねぇ。欧州の場合は身代金だから、刑罰や打倒の象徴として定着したってところかなぁ
3
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2021年4月16日
首から上を丸々焼いて食卓に出したり玄関先に首を晒して魔除けにしたりするしな。「妊娠してるほうが味が良くなる」言いながら頭から食ったり
3
かぴばら @mameshiba0003 2021年4月16日
首実験の参列者は首が襲ってきた時に備えてフルアーマー、顔確認も祟られないよう横目でチラ見するだけとめちゃんこビビりながらやってたとか
0
かぴばら @mameshiba0003 2021年4月16日
現代人はカムラの里で尻尾狩りに夢中よ
0
ろんどん @lawtomol 2021年4月16日
aioi_au たしかイギリスのブラックジョークで 「トムのやつ、貴族の家系って聞いたけど本当かい?」 「そうらしいぜ。あいつの爺さんが反逆罪で首を刎ねられてる」 ってのがありました(斬首刑=貴族)
34
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2021年4月16日
日本への抗議でハラキリして死んだって韓国人おじさんいたなぁ。2011年のやつだったかな?
1
tacosun @kagami4432 2021年4月16日
まとめ内で出てきた首を扱う作法は コミックバンチで連載してた眠狂四郎でみたw まぁ、流石に武家で切腹を許されず斬首ってのはごくごく稀なんだろうけど それはそれとして死に方にまで作法があるのは珍しいかも? 聞きかじりだけど女性にも自害之作法があったなんて話もあるね
0
6Rsrc/ @supor6r 2021年4月16日
あれって痛みとかよりブラックアウトしてく感じなんだよね、痛いのはキツいからラッキーだった
6
唐牛健一郎🌀 @grandarme 2021年4月16日
supor6r 死してなお棘に現れるのか… 成仏して。
70
かき菜 @sayonarain 2021年4月16日
西部劇での「賞金首」をなんの違和感もなく首と賞金を交換すると思ってたけど、そういや首だけ持って帰るの見たことないな
17
BUFF @geishawaltz 2021年4月16日
ポリネシア系の文化というけど、ろくろ首の伝承がある地帯とかぶってるのかな?
1
もひーと @unskillfulness 2021年4月16日
WW2で日本兵スカルトロフィーにしてたアメリカの話は無いのか。
10
ettolrahc @ettolrahc2015 2021年4月16日
grandarme 斬首はともかく、切腹は蘇生されることもある。俺の知り合いにも過去切腹をしていったん意識喪失したけど知らない天井した人が居るのよね。
4
Hussam Kahn @bbyfut 2021年4月16日
ポリネシア由来の文化ってのは面白い。AAPIってピンとこねーなと思ってたけど連帯してヘイターの首狩りでもするか
0
伍長 @gotyou_H 2021年4月16日
棘って死ネタになると「体験者」が現れるんだよな
1
おんせん @onsen8daisuki 2021年4月16日
米欄見てやっぱフランスさんパねっスになった
22
フローライト @FluoRiteTW 2021年4月16日
voyageur105 そういえば、火あぶりにしてたからfiredなのかな?
9
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2021年4月16日
バブリースライムは首をはねられた(decapitated)!
6
ほろ酔い気分 @pokpoku111 2021年4月16日
サッカーは最初ボールの代わりに敵の首だったってのは本当ですかね?人間の頭って4㎏くらいあるから足の指を怪我しそう。
1
|ω・`)<キャパ爆発。 @kabeutu_t 2021年4月16日
確実に死んで、誰か死んだかの個人特定が容易、かつ全身持ってくよか運搬のコストが良くなる方法だし時代遡れば世界中どこでもやってたモノじゃないのか……??基準が気になる
27
mocilol @mocilol 2021年4月16日
今は首吊り族だけどなガハハ
14
プリティン@字一色 @puddingting 2021年4月16日
現代はリストラという名の首狩りが日常的に行われているんですね
3
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2021年4月16日
FluoRiteTW スラングの「物を勢いよく投げる」から転じて「会社から追い出す」となった説、fireと同じ「発射」という意味を持つdischargeに「解雇」という意味があるので流用した説、解雇する社員の机を外に持ち出して実際に焼き捨てた説など様々です
8
m.t @Ellfas3 2021年4月16日
Kakhenisoms 朝鮮戦争時の日本の掃海部隊に米軍指揮官が「さっさとやらないとfireする」日本側「は?撃つ?そこまで見下されてるのか?」と問答になったという話がありましたね…(米軍本人はクビだと言ったつもりだった
7
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2021年4月16日
こないだインドで娘を名誉殺人してた人も首持って警察に自首する途中で捕まったりしてなかったか
1
おれすてす @nojima73 2021年4月16日
最後の審判で復活する際に五体満足でないと困るので、死体損壊を厭う(ゆえに火葬でなく土葬が一般的)なキリスト教がむしろ特殊例なのでは?仏教・道教系は、魂の抜け殻には無頓着な印象。
25
ZIMBA @zimba_dqx 2021年4月16日
ギロチンや切腹の介錯は苦痛で苦しみ続けない為とは知れ渡るはずだが。
5
ヒート<ぱんだぱんだ>マシン @heat_machine 2021年4月16日
「首狩り族」の分布、気候とかも関係してるのかな?高温多湿だと体は腐りやすいから頭だけ何とか集めるみたいな
9
花田 鉄平 @teppih 2021年4月16日
実際には、首取ってたのは大将クラスだけで下っ端は耳だったらしいけど。それでも充分蛮族だけども
3
moxid @moxidoxide 2021年4月16日
手柄の勘定に死体が必要だけどクソ重いから一部分だけを切り取る必要性が出てきて、耳だと誤魔化せて鼻だと残りの見た目が惨いなんて紆余曲折を経て、首単位が丁度よくない?みたいになったんだろう多分。
1
tacosun @kagami4432 2021年4月16日
moxidoxide そっちは逆じゃなかった? もともと首だったのが持ち運びが大変だから耳とか鼻を切り取るようにした みたいな話なら聞いたことあるけど
10
wot-object @wot_object 2021年4月16日
首そのものが欲しいってわけじゃなくて「ミシルシ頂戴」というように倒した印、証拠だから習性みたいに言われると違和感。桜の森の満開の下女の子みたいならともかく
2
影山影司 @apto117 2021年4月16日
報酬、トロフィーとして首を狩るのと処刑とか呪術的な意味合いで首を狩るの、全部ごっちゃにすると逆に首狩り族じゃない一族のほうが珍しいってならない?
35
ちこたん @chiko_tam 2021年4月16日
世は戦国時代。首取るとか当たり前。 そんな状況は、江戸時代の生類憐れみの令まで続いたらしいです。
0
2k_crimson @2k_crimson 2021年4月16日
moxidoxide kagami4432 確か順番が逆だったはず。最初は敵の階級に関わらず首を取っていた→戦の規模が大きいと討った全員の首を持って帰ることが困難なため首を持ち帰るのは大将クラスのみで、下っ端の場合は耳を持ち帰った→耳だと数を誤魔化しやすいから、1人に1つしかない鼻になった。
13
稙田惟純 @ohgakorezumi 2021年4月16日
中国戦国時代の秦国は首級挙げると爵位を一等上げて貰えたんでしたっけね。ただし二十等あるのでそうそうインフレしなかったとか。
1
ろんどん @lawtomol 2021年4月16日
中国の秦(始皇帝とかの方)の制度だと、戦争で首を取ると爵位の級が上がる(平民にも原則として爵位があった)から「首級」って言うようになったんだっけ?
4
2k_crimson @2k_crimson 2021年4月16日
日本の場合、戦果の証明、刑罰、切腹における介錯(救済)など時と場合によって首を落とす行為の意味が異なるんだけど、他の地域はどうなんだろう?事象として同じでも、切腹の際の介錯を「首刈り」にカウントするのはなんか違う気がする。
20
ガレット食べたい @raRTVgfsviGMxW2 2021年4月16日
ギロチン前の貴族の処刑は庶民と差をつけて剣での斬首だけど首狩りの風習に含まれなかったり。日本でも処刑の首斬り役は好かれなかったあたり、戦に関与するかどうかはデカそう。あと戦場の残虐目的の行為でないとか相手を人間扱いした上でしてることかなぁ。
0
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2021年4月16日
unskillfulness そうそう、結構こういうのあって写真にも残ってる。戦地で日本軍の死体の頭を切り落として鍋か釜で茹でて皮膚や髪を削ぎ落として髑髏にする訳だ。
4
hararitto @sseg14 2021年4月16日
ギリシャ神話のペルセウスの話も首狩りエピソード。 ギリシャ文化と首狩りってどんな感じなんですかね。チラホラ出てくるが主流ではない印象だわ。
1
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2021年4月16日
kusamura_eisei トロフィー自体が首級という意味もあるし…。
2
ハイホー @Ho__Hi 2021年4月16日
まとめにも出てくるけど、鳥羽伏見の戦いで会津藩の武士が討ち取った相手の首をいくつも腰にぶら下げて戦ってるから動きにくそうだったって話がわりと好き
20
顔野文字太郎 @accesswork 2021年4月16日
基本首の話ってギョッとするけどジャックスパロウのパッパのママ干し首は執着と狂いとデカイ愛感じてとても良くて好き
1
チャダ @puppetmaste2501 2021年4月16日
首狩り族って、夜中、他部族の村に忍び込んで首を狩るんだよ?戦で有名武将を打ち取った証拠として、首級を持ち帰って首実検するのとは訳が違うと思うのだが。
3
星視るセグロノコギリ @eWqvVuxNOxUG8BN 2021年4月16日
農耕民がやるんだと本に書いてたな。 台湾の首狩り族と呼ばれていた人達も 呪物的意味合いで狩っていたらしいし。 ようはマレビトに近いのかな、 共同体外部から招福するイメージ。 (憶考)
3
でー@でとこーだ @detcoder 2021年4月16日
平時の処刑の斬首(介錯/扇子腹/打首)は手段としてギロチン等と同じとは思うけど、獄門の晒し首(梟首)にも意味があるからね
3
稙田惟純 @ohgakorezumi 2021年4月16日
nojima73 儒教も死後の世界では死体の姿を保つので、死体損壊を厭います。逆に伍子胥の復讐譚などで死体損壊をするのは、儒教では死後仏教のように死体が単なる物というわけじゃなく、直接復讐出来るからなんですよね。
7
Super Jpn @JpnSuper 2021年4月16日
じゃあ、フランス革命時のギロチンは、首狩族論的にはどうなんだろうか?
2
ろんどん @lawtomol 2021年4月16日
ロシア皇帝ピョートル1世が妃の浮気相手の首を刎ねてアルコール漬けにして、妃の寝室に飾らせた…なんて話もありましたな。 実際の処刑の理由はよく分かってないし、本当に飾らせたかどうかも怪しいみたいですが、首は今でもロシア最古の博物館「クンストカメラ」(ピョートルが建てた)に保管されてるとか
2
なな @snanasnanas 2021年4月16日
日本の首狩り文化は多分仏教が広まる以前の、死後の世界での復活を信じる原始神道の影響も絡んでくるはずなので、単純に仏教のせいだけではないと思う。高松塚古墳の主も、頚椎の離断と復活呪術的意味合いのあった壁画の一部を破壊する事で死後の復活を妨害されてるのでは、って研究書ありましたよね?(専門外の雑記憶並感)
2
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2021年4月16日
nojima73 キリスト教よりイスラム教のほうが火葬に対する嫌悪感強い気がする。死体を放置してても疫病が発生しない乾燥地帯の宗教だしな
1
ゆうな(南)@歴史 @yuunachuraumi 2021年4月16日
去年の「麒麟がくる」だって序盤、借りた旅費の返済を免除して欲しかったら侍大将の首2つ狩ってこいって道三が十兵衛(光秀)に言うシーンがあったしちゃんと狩ってきたし、2017年は「首桶大河」の異名を取ったしな
0
Hazey @HazeyCannon 2021年4月16日
斬首というと横山の三国志でもよく見たが、 実際はやっていたのだろうか?やっていたなら何時までなのだろうか?
0
娑婆助 @shabasuke 2021年4月16日
ここまでチェチェン首切り無し。近代の首切りメッカはシリア&イラクとメキシコ&アフリカが王道。
4
Hazey @HazeyCannon 2021年4月16日
lawtomol 小説で、王が縛り首を命じたら、斬首にしてほしいと乞うた、というシーンがあったな。海外ファンタジーだけど
1
Hazey @HazeyCannon 2021年4月16日
sseg14 メデューサの首は死んでも石化能力を持ってたというやつか
4
cocoon @cocoonP 2021年4月16日
ギロチンは「受刑者を苦しめないための人道的な処刑方法」として開発されているので、手柄を証明するための日本武士の首狩りとか、呪術的な意味合いを含んでいる地域の首狩り(日本人が「首狩り族」と言われてイメージするようなところ)とは意味合いが違うと思います。
6
RAIYA@提督 @RAIYASB 2021年4月16日
日本と海外での考え方の違いって、当時の武器の質もあるんじゃないかな 日本は刀等の片刃にたいして、欧州はグレートソードのような両刃が多い気がする 首を落とすのには剣の鋭さみたいのが足りてないとかないかな
0
cocoon @cocoonP 2021年4月16日
shabasuke チェチェンのはすごく生々しい動画が出回っていましたねえ。香田証生氏殺害とかも斬首でしたね。湯川遥菜氏とか後藤健二氏もそうでしたっけ。
2
聖夜 @say_ya 2021年4月16日
まだ西洋の県は切れないみたいなデタラメ信じてる人いるの。そもそも死刑執行用の剣は Executioner's swordとかRichtschwertという専用のがあるし、そもそもギロチンが作れてなぜ剣が作れないと思うのか
2
聖夜 @say_ya 2021年4月16日
そもそも首狩り族というか騎馬民族と農耕民族とか区分自体がもはや前時代的。天皇家は大陸や半島から侵略してきたという騎馬民族制服説とかそのレベル
0
クラウン・大蔵@容共、反新自由主義、反自己責任論 @ClownOkura 2021年4月16日
首を落とした後でも何秒かは意識があるって聞いたことあるな。本当かな❓
0
愚者@勇者部満開15No.13 @fool_0 2021年4月16日
そういや戦国時代日本へやってきた宣教師の日記にも、日本人はちょっとしたことで安易に殺そうとするから困るみたいな記述があったなあ。
0
あなぐま @badger2635 2021年4月16日
なお三島事件で最後に介錯されたのは森田必勝。三島由紀夫ではない。
2
🏳️‍🌈あめのした @ichigono_4sama 2021年4月16日
たしかに我が国には 勝った敵国のボスの首を土産にしたり 刀の切れ味を見る為に生きた罪人斬ったり 素手で罪人の内臓を契取ったり かなりやばい歴史あるわ 日本人めっちゃ首狩り族w
0
Andy@sv650s @Andy_SV650S 2021年4月16日
昭和50年代はじめまでは、パプアニューギニアに首狩族いたよなあ。
0
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2021年4月17日
「おめぇの国、首級を挙げないのか。野蛮だな」
0
m232796 @m232796 2021年4月17日
言われてみれば確かに。他の文化圏から見れば首刈り族に分類されるのは当然か。しかしそうするとギロチンやギロチン以前の斬首刑だって首刈りに分類されそうだから「人類は皆、かつては首狩り族であった」とかいう話になりそうな気がするな。刑罰を除外して戦闘における首刈り、首級を上げるという行為に限定してもやはり、ヨーロッパでもそういう話が出てくる。人類は首狩り族。
2
551love @551love 2021年4月17日
耳塚とか鼻塚の方が残酷な感じがするのはなんでかな?
0
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2021年4月17日
551love 身体の欠損に背徳感があるからじゃないかな。首ならまだ人としての尊厳が保たれてるけど、耳や鼻になると人間かどうかではなく単なる部位で、人間の尊厳がまったく捨象されたものになってしまう。
0
影山影司 @apto117 2021年4月17日
RAIYASB 絶命した人間の首を切り落とすなら鋭さよりもギロチンのような重量で叩き切ったほうがいいでしょう。
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2021年4月17日
中世剣戟ゲーのおかげで「おかしい・・・欧州の兵士も首をバッコンバッコン刈りまくってたのでは・・・?」 https://www.youtube.com/watch?v=Cf_r6i2u6P4 と思ったが、脚色してるって事なんだろうか
0
黒野千年@なろうR18ミッドナイト @blackperson2000 2021年4月17日
HazeyCannon 駆られたメデューサの首はアテナに捧げられ、アテナはそれをイージスの盾に嵌め込んで使った。使えるものは斬首でも使う蛮人クオリティが神様にも徹底しとんのや。
0
Lunatic Prophet🔞 歩く姿はヒキニート @ArimInfo 2021年4月17日
太平洋戦争でン百人単位で捕虜(沖縄戦では民間人さえ殺ったとの証言あり)を斬首してるしまあ多少はね?
0
Lunatic Prophet🔞 歩く姿はヒキニート @ArimInfo 2021年4月17日
香田証生のころの斬首動画で一番激しく取り乱していたのは"I don't want to die!! I don't want to die!!"と大声で泣き叫んだ直後、断末魔の絶叫を上げながら首ギコギコされていった韓国人
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2021年4月17日
say_ya なお専用の首斬り剣は取扱いが難しく不確実だったから確実に斬首できるギロチンが開発された模様
1
ろぼ 水戸@液タブ練習中 @ROBOmito 2021年4月17日
そう言われたらその通りとしか!
0
たいらあおば @ALICEmaniacs03 2021年4月17日
mtoaki カッターナイフで軽く擦っただけでしょ?
0
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年4月17日
d2N5Q4GciZtsa2e ギロチンの切れ味を上げるアドバイスしたのはギロチンの犠牲者ルイ16世らしいですね。
1
alan smithy @alansmithy2010 2021年4月17日
sayonarain あれは意訳なので。遺体丸ごとでも良いしターゲットを殺した事を特定出来れば何でも良かった
1
alan smithy @alansmithy2010 2021年4月17日
Kakhenisoms CEO of OMNI "You're fired!" Murphy "Thank You"(fire)
0
おれすてす @nojima73 2021年4月17日
Dam_midorikawa アブラハムの宗教と括ってしまうといろいろ面倒なので、あえてキリスト教とだけ書いてみました
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2021年4月17日
ALICEmaniacs03 いや、一人だけマジで割腹して思いのほか?傷が深くて死んだ人がいたはず。
0
seidou_system @seidou_system 2021年4月17日
「族」みたいな少数集団みたいに言われるのが引っかかるな。むしろ「首狩り国」だろうと思う。
3
happy_world @happy_world2 2021年4月17日
でも、西部劇映画とかでよく出る「インディアンに襲われ、死体は頭の皮を剥がれてた」って、あれ、元々白人側がインディアンにやってたことだしね。その手の行為は割とある。
7
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2021年4月18日
nojima73 そのキリスト教徒に焼夷弾だの核攻撃だのされて死んだあとどころか生きたまま焼かれた先祖を何十万人と抱えてる国からすると何寝言言ってるのという気がする>火葬
2
CVB @wws4734 2021年4月18日
ArimInfo 相変わらず日本軍の話で当てこすりしないと喋ることすら出来ないんだね
3
聖夜 @say_ya 2021年4月18日
d2N5Q4GciZtsa2e 日本刀でも介錯に失敗した例はいくらでもあるが、だからと言って日本刀が切れ味が悪いという理屈にはならない。逆もまた真
0
あなぐま @badger2635 2021年4月18日
つか日本刀の場合、首切りは刀の切れ味以前に首の骨斬ることができないので首の骨の間切らないとうまく切れないから難しいと聞いたような。だから首切りを世襲する家が生まれたとか。森田必勝が介錯しくじったのも切った場所が悪かったからだったような。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2021年4月18日
say_ya 刃物の切れ味の方向にフォーカスしてどうすんの? 刀剣で斬首するのは洋の東西を問わず失敗例があることは共通で、ヨーロッパとりわけフランスはその対策として斬首専用の機械を設計製作したけど日本ではそんなモノはついぞ作製されなかった。 比較文化論を云うなら、その違いこそが着眼点であるべきでは?
0
名無し整備兵 @seibihei 2021年4月18日
10年以上前に、こんなのをまとめてもらったような 「首狩りの作法」 https://togetter.com/li/41796
0
聖夜 @say_ya 2021年4月19日
d2N5Q4GciZtsa2e 始めから切れ味の話しかしていないので
0
ゆ㌖ず㌖こ㌖せ㌖う@手㌖洗㌖い @yuzukoseuG 2021年4月19日
日本人で斬首で処刑されたのは2015年にイスラム国に殺された二人が今のところ最後だったりする
0
ZOE @c10h8 2021年4月19日
たしかに、解雇する事を指して「首を切る」って言ってる国だもんね。
0
ごん @nadushu_gran 2021年4月20日
m232796 首をかることに文化的・宗教的な意味合いがあるかどうかじゃない? 欧州のギロチンや斬首は処刑方法ってだけで、首に対して特別な意味合いをもっていないし。 日本は何にしても首級は絶対の武功を証明するものだからね
0
兼業仙人 黄龍@趣味垢 @kouryuuhay 2021年4月20日
八切史観だったか 首を輸出してる、との記載があったように思う どこに?て考えると中国かヨーロッパ? アメリカでも由来不明の首だけとかが大量に見つかった話もあるし 原始信仰が未だにある可能性
0
m232796 @m232796 2021年4月21日
nadushu_gran ケルト https://archive.is/PMWSm とかナスカ https://archive.is/OKhRF とかでは戦功確認や示威に留まらない儀式的な生首の利用も行われていたみたいですよ。そして示威的な晒し首まで広げるとロンドン橋ですら継続的に晒し首が公開されていたようですし、処刑された権力者の晒し首の話も色々な国で出てきます。
0
うみ @umi_tweet 2021年4月24日
日本の首狩り首供養の意味合いがなかったら、ギロチンは日本で発明されていただろうけれど、首供養の意味合いが(意味合いも)強いからな。そうはならなかった。
0
うみ @umi_tweet 2021年4月24日
ダーイッシュが長期にわたって存続できた場合、ギロチンの再発明はあったのだろうか?と言う謎。
0
m232796 @m232796 2021年4月27日
umi_tweet 日本の場合、断頭台は首切り技術的な敗北として解釈されそうだから、よほど執行人の数が不足しない限り開発しない気がします。刀や剣技に対する執着も皆無ならあるいは?あと、そもそもギロチンって断頭台としては後発らしいですよ。 umi_tweet 断頭に対するスタンスは、断頭台が確実な死刑執行なのに対し、ダーイッシュのは銃殺等よりも強力な示威行為としてやってる印象なんですよね。であるなら、断頭台じゃなくてよりエグい処刑装置の開発に向かうんじゃないでしょうか。
0
せろり@今日のくっころちゃん @sechan__ 10日前
首狩りと聞いてフランスはという話があるけどギロチン考案前のフランスの処刑がそもそもクッソえぐかった上に大衆娯楽になってたから革命案件以外だとギロチンはそこまで多くないと思う むしろギロチンが考案される前から斧などで首を落とされたりしていた分を加味したフランスやイギリス等のヨーロッパ圏はどうなのだろう
0
alan smithy @alansmithy2010 10日前
介錯の解釈の問題だね
0