2021年8月11日

柑橘類から抽出される「クエン酸」のクエンには漢字があり、オレンジの語源になったある果物を指す中国語が日本語になったものだった

果実と色の名前の歴史!
159
巫俊(ふしゅん) @fushunia

クエン酸って、シトロンを指す漢語「枸櫞」(くえん)から抽出されるから、クエン酸って言うんですか😲😮😅 はじめて認識しました。シトロン(枸櫞)は、インドから紀元前の古代ローマや中国に伝来したミカン科ミカン属の果物で、レモンと親縁関係にあるとありました。 twitter.com/cicada3301_kig…

2021-01-10 01:00:32
四号戦車🔞 @Panzer_04

なおシトロンの漢名は枸櫞(クエン) そう、クエン酸のクエンである。 アレ(クエン酸)を直舐めして甘く感じるようになったらキミも立派なおっさんだ! twitter.com/fushunia/statu…

2021-08-11 00:36:32
巫俊(ふしゅん) @fushunia

漢語・枸櫞(くえん)の和名はマルブシュカンで丸佛手柑と書きます。学名はCitrus medica L.でレモンの近縁のシトロンのことです。中国の漢籍の記述では、枸櫞の果実は酸っぱくて苦く、生で食べることにたえられないとありました。そこで観賞用か薬用とされ胃痛や嘔吐のときに処方されたとのことです。

2021-08-11 03:09:57
巫俊(ふしゅん) @fushunia

三国時代の呉の孫権の時代に、カンボジアに派遣された中国の官僚が『異物志』という文献を書いてて、シトロンについての記述があります。その果汁は葛や苧麻(ちょま、アサの一種)を漬けて洗うとあり、何かの利用法があったようです。枸櫞は橘(たちばな)に似てるとありました。

2021-08-11 03:33:06
酒徒吉風 @syutoyoshikaze

@fushunia 葛や苧麻という用途を見るに植物性の染料の抽出剤として使ったのではないかと こちらに常温クエン酸抽出による染色方法が出ています。 museum.bunmori.tokushima.jp/ogawa/kusakizo…

2021-08-11 03:41:22

中国の文献では、「枸櫞」(くえん)は嶺南(南シナ海沿岸)や交趾(こうし、現在のベトナム北部)に生えていたとされ、中国語のサイトの記述ではインド原産と書かれていました。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

●貝原益軒が編纂した『大和本草』の記述(1709年刊行) 枸櫞ト云又香櫞ト云 如人指ナルヲ佛手柑ト云由 郡志ニノセタリ 昔本邦二無之近世来ル 味ハ不堪為果 只蜜ミソツケトス香味ヨシ 其木寒ヲ畏ル 南方煖ニ宜シ故ニ北土ニハウヘテモ不茂 本草ニ置衣笥中則数日香 不歇トイヘリ今試ニ然リ

2021-08-11 03:18:54
巫俊(ふしゅん) @fushunia

「漢語「枸櫞」(くえん)から抽出される」って、自分でも変な言い方だと思うんですが、前に「象棋」(将棋)の語源をひもといた時にも、言葉と実物を横断的に見て行ったら、面白い発想が色々出てきました。

2021-01-10 01:07:15
巫俊(ふしゅん) @fushunia

私は、言葉と実物が不可分な存在だとは思って無いんですよね。漢語「鯉」が古くはチョウザメを指した説があるように、同じ言葉でも実物は別だったりすることもありますが、それも読みとくヒントになります。

2021-01-10 01:13:31
巫俊(ふしゅん) @fushunia

漢語・枸櫞(くえん)(クエン酸の語源)について調べてましたら、 「南海諸島に関する中国史籍の記載について(上)」 という面白そうな論文が出てきました。 jstage.jst.go.jp/article/sanyor…

2021-08-11 02:51:53
巫俊(ふしゅん) @fushunia

「オレンジ」は、南インドでシトロン(レモンと近縁関係にある果物)を呼んだ言葉がペルシア語、アラビアの古い言葉、南欧のヨーロッパの言語などを介してフランス語に入り、フランス語から英語になったものだそうです。

2021-08-11 03:51:34
巫俊(ふしゅん) @fushunia

果物を指した言葉の移動から、文明の歴史を感じます。

2021-08-11 00:33:05
巫俊(ふしゅん) @fushunia

ウィクショナリーで検索すると、オレンジの語源は、サンスクリット語から遡って、ドラヴィタ語族のタミル語で「シトロン」を意味するnārttaṅkāyにまで遡るという説が書かれてました。

2021-01-29 02:04:23
巫俊(ふしゅん) @fushunia

すいません、ドラヴィダ語由来で、タミル語の言葉と比較できる、ということのようです。

2021-01-29 02:07:21
巫俊(ふしゅん) @fushunia

語頭にあった子音が脱落して、オレンジになってしまったのは、フランス語を経由して英語に入ったときに起こったそうです。

2021-01-29 02:05:21

Wikipedia「シトロン」の記述では、シトロン=枸櫞の「原産はインド東部、ガンジス川上流の高地。しかし紀元前にはすでにローマや中国に伝来していた」とあり、日本には江戸時代以前に伝わったとありました。レモンもヒマラヤ東部原産とあるので、シトロンとレモンはインドから世界中に広まった果物です。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

やっぱり中国の南北朝時代に北朝の側が、南朝を呼ぶのに、「柑橘をもってくる野蛮な島夷の国」と呼んだのと同じだった… twitter.com/tsumade_/statu…

2021-03-12 01:45:07
巫俊(ふしゅん) @fushunia

RT元の方のご説明によると、「寿司の国」は「豚肉を生で食べる有り得ない国」くらいの表現だったそうです。ドイツでは基準を潜り抜けた新鮮なものに限って豚の生食がされるのだとか。

2021-03-12 01:49:09
巫俊(ふしゅん) @fushunia

ヨーロッパのお菓子の本を読んでたのですが、米の甘いお粥を煮詰めたようなお菓子が出てきて、ちょっと食べたいとは思わなかったのですが、ヨーロッパでは、東アジアの人が豆に砂糖を入れて食べるのを「ええっ…それはちょっと…」と思ってるのだとか。

2021-03-12 01:51:35
あきやすみ @dandonban

@fushunia 両大戦下で英海軍と独海軍た互いに 「キャベツ野郎」vs「ライム野郎」 って罵っていたのと同じでしょうかね。 まぁ艦隊戦では互いの声は聞こえなかったでしょけど^^; ちなみにどちらも壊血病予防の為に食していた事からpic.twitter.com/b2cower39H

2021-03-12 01:52:15
拡大
拡大
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@dandonban たしか中国の南北朝時代も、北朝・南朝がそれぞれ「お茶野郎」「ミルク野郎」という感じで、慣れない飲み物をあげつらってました。

2021-03-12 01:55:30
巫俊(ふしゅん) @fushunia

大航海時代にヨーロッパの船乗りたちを悩ませた壊血病は、ビタミンCの欠乏で発生しますが、その仕組みが分からなかったので18世紀末に英海軍にレモン果汁「毎日支給」のシステムが導入されるまで続きました。ビタミンC欠乏はサルの祖先がビタミンC合成能力を失ったことに由来するので、歴史を感じます

2021-07-04 21:31:57
巫俊(ふしゅん) @fushunia

レモンやオレンジが「効く」と噂されてたものの、常備するには高価だったり、効果の無い「麦芽汁」が誤って効果的だと「体感された」(クック船長の対策)他、柑橘の「酸」が効くと誤認されて煮詰めたことでビタミンCが大半消滅したオレンジ果汁を搭載したり、薬は病気になってから使う観念が邪魔した

2021-07-04 21:38:12
残りを読む(62)

コメント

レイル @RailyCornflower 2021年8月11日
リボンシトロンって実在する柑橘類が名前の由来だったんだ……
7
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月11日
栄養関係で一度調べた事がある クエン酸自体は酸味の塊でミカンのようには食えんさん
5
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2021年8月11日
中国文献の中のクエン(柑橘類の名前)の記述について、記事本文に追記しました。
3
かわいいこねこ @pilimykingdam 2021年8月11日
へーへーへーへーへーへーへーへー ノシ凸
28
あばら粉砕骨折 @rokkotubarabara 2021年8月11日
何ぃ? クエン酸は食えん酸ではないのか!?
4
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2021年8月11日
飴作るのに使うから食えんこたぁない酸
5
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2021年8月11日
知らなかった…英語でクエンアシッドだとも思ってた…
2
サディア・ラボン(DQXのヒエロサロメ、アスカローナ、プクヒルデ) @taddy_frog 2021年8月11日
タミル語でシトロンがnārttaṅkāyで、イタリア語のナランチャになって、英語に入る時にnが抜けたのは、「何」を「あに」と言う人がその時代にもいたのかな。ぼく自身、何をアニと時々言います。
3
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2021年8月11日
taddy_frog 冠詞が原因の異分析(区切り間違いによる語変化)ですね。古フランス語でune norengeだったのがune orengeと異分析されたものだとか。似たような変化に「エプロン」があります。a napronがan apronと異分析されて変化しました。
5
まど @xw5rfw 2021年8月11日
クエン酸トイレの黄ばみとりに重宝してる
0
ろんどん @lawtomol 2021年8月11日
孔子が紫を嫌ったエピソードは「論語」陽貨篇の「子曰 悪紫之奪朱也 悪声聲之乱雅楽也 悪利口之覆邦家也」
2
nekosencho @Neko_Sencho 2021年8月11日
wHozrPpLuqR09za では、リボンナポリンは……と思って検索したらナポリにちなんだ名前ってことでもっと何か変わった由来を期待していたので少しがっかりw
2
重-オモ- @__oMo__ 2021年8月11日
予想外のものに難読漢字が当てられていると民明書房みを感じてしまう。
11
inti @inti87913544 2021年8月11日
橘や蜜柑を非時香果(ときじくのかくのこのみ)と言っていたそうだけど、体験的にクエン酸の効果も知られていたからなのかしら?
3
おり @ori_san 2021年8月11日
柑橘系って何でややこしそうな漢字になるんかなw
1
toge @toge19974914 2021年8月11日
ギ酸が蟻酸みたいなもん?
3
エビゾメ|木曜日 南ら19a @ABzome 2021年8月11日
Qから入る言葉の響きが英単語っぽいからリモネンとかの種類の1つかと思って全然考えた事なかった……当て字じゃない漢字表記ある言葉だったのか……
0
エビゾメ|木曜日 南ら19a @ABzome 2021年8月11日
めちゃ関係ないけど僕のエビゾメは漢字で蒲葡と書きますのん。近い名前に海老蔵がいるのもあって海のエビと思われやすいけど関係なくて、エビカズラ(ヤマブドウ)の色を模して紫草の根で染めた色の名前なんよ。
7
m.t @Ellfas3 2021年8月11日
イギリス海軍が柑橘果汁を煮詰めたのは「酸が効くと誤解したから」ではなく保存が理由だったはず。樽に詰めた真水ですら腐る帆船でストレートの柑橘ジュースが日持ちする理由はまあ無いです。
3
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2021年8月11日
コレもう腐って食えんか?
0
wiwaxia @wiwaxia0 2021年8月11日
…というのは今考えた嘘です系かと思った
0
らない @lanai_spr2 2021年8月11日
安息香酸(benzoic acid)とか没食子酸(gallic acid)とかと同じ、日本語or漢語由来の酸の名前のお仲間だよ。 一方で石炭酸(phenol)はもはや誰も呼ばない。
3
ST_009 @ST_565 2021年8月11日
漢字にすると覚え難いから、覚えやすくカタカナにしてるんじゃないのかな。
0
mikunitmr @mikunitmr 2021年8月11日
酸っぱくてそのままでは食えん。
0
ほろ酔い気分 @pokpoku111 2021年8月11日
安息香酸って全然安息を得られるような香りではなかったような気がする。
1
sokuoku @sokuoku 2021年8月11日
たまたまパルティアの漢字表記名を見て、ビックリした(安息香酸)。 ほか、ハトムギエキスの「ヨクイニン」が漢方薬で、漢字で書かれるというのも驚き(てっきり英語のスペリングがあると思ってた)
0
おうまさん @oumasanx 2021年8月11日
雷電「ムウ・・・あれが世に聞く、枸櫞酸・・・!」
0
八頭身派 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2021年8月11日
ワシはシトロンとブッシュカンに関わりがあるって方に驚いた 確かにぶつぶつとしてるわ
1
a7R2Lj @a7R2Ljtm 2021年8月11日
本当の事なのに説明が綺麗過ぎて、民明書房感が出てる。枸櫞酸も厨二感あるな。
0
kartis56 @kartis56 2021年8月11日
KATAMIGASE_Mai アラビア語由来でアルがつくやつ(アルゲブラとか)と、アラビア語に行ってアルが取れるやつ(イスカンダル)みたいな話ですね
2
kartis56 @kartis56 2021年8月11日
Ellfas3 沸かして詰めたのでなければそりゃ腐る…
0
Shiro @shiromagenta 2021年8月11日
ブドウ糖はブドウ球菌みたいに形がブドウに似てると思ってたことがある
0
地雷屋ハイパーマルチメディアクリエイト店@EXEC_CUTYPUMP/. @mine__0 2021年8月11日
鉄アレイも実は「ダンベル」を漢字で書いて「鉄唖鈴」だからな。
0
スグル・サトー @SatoSuguru 2021年8月12日
酸っぱい柑橘類を食べたクリリン「クエン酸!!」
0
鶴島 亀島 @craneturtle 2021年10月25日
インドのシトロンの変種が、和歌山で栽培されています。仏手柑(ぶっしゅかん)と言うそうです。 それを原料とした飴を食べたことがあります。いかにも感じるという感じで、クエン酸風味の酸味もちゃんとしました。 https://www.ito-noen.com/dictionary/mikan/%E4%BB%8F%E6%89%8B%E6%9F%91/
0
鶴島 亀島 @craneturtle 2021年10月25日
オレンジの語源のドラヴィダ語説で思い出したのは、現代スペイン語でオレンジを naranja (ナランハ)と言うこと。 最初の nara の音がまとめツイート内にあるwiki 解説のドラヴィダ語と共通。
0