2011年9月20日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの「プライドとは、自分のありのままの姿を受け入れることである」

脳科学者・茂木健一郎さんの9月20日の連続ツイート。 布袋寅泰さんの名曲「プライド」にちなんで。 ・・・もっとも「プライド」は、いたずらに自己を肯定したり、他者を排斥したりすることではない。むしろ、変われること、成長できることに「プライド」を持つ・・・
15
茂木健一郎 @kenichiromogi

「連続ツイート」をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 今朝は、@_HOTEI さんの名曲にちなんで。

2011-09-20 07:41:14
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(1)「プライドがないところに、成長はない」。近頃、つくづくそう思う。自負というものがなければ、自分を良くしようとも思わない。自分を認められず、愛せない人は、向上しようともしない。一つの国も同じことである。

2011-09-20 07:42:06
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(2)もっとも、「プライド」は、いたずらに自己を肯定したり、他者を排斥したりすることではない。むしろ、変われること、成長できることにこそ「プライド」を持つ。その時自己はメタ概念となる。「今、ここ」の私ではなく、「未来」の私にこそ最大のプライドがあるのだ。

2011-09-20 07:43:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(3)プライドとは、別の言い方をすれば、自分の現状を受け入れるということである。「出羽守」では、成長はできぬ。「アメリカでは」「イタリアでは」「フランスでは」。自分たちの現状を棚に上げて、隣りの芝生は青いと言い募っても、そこには、成長に不可欠な身体性がない。

2011-09-20 07:44:33
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(4)自分の持って生まれたものは、受け入れるしかない。トム・クルーズやディカプリオがかっこいいとか言ったって、日本人の姿かたちは仕方がない。サムライの誇り。アメリカのセレブにわーきゃー言っている やつらがきもちわるいのは、自分を棚上げしているからだ。

2011-09-20 07:47:20
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(5)自分が持って生まれたものは受け入れるしかない。小栗旬がそこに立っていると、それだけで「ベルサイユの薔薇」か! っとなる。オレだって、小栗旬みたいに生まれたかったけれども、青い服着るとドラエモンなんだから、それを受け入れることにオレのプライドがある。

2011-09-20 07:49:40
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(6)革命なんて、ろくなもんではないと最近思う。フランス革命も、チュニジアも、エジプトも、カオスの中人々が勝手をやるという点ではロンドンの暴動と違いがない。原動力は理念と関係がない。唯一信じられる革命は、自己革命だと思うようになった。

2011-09-20 08:02:53
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(7)オレは、いくら日本の霞ヶ関や大学がていたらくだからと言って、デモを組織して押しかけようとは現時点では思わない。それはカオスの物理的暴力だから。むしろ、自分たちで気付いて、変革してほしい。そのために理を説くことは、いくらでもしたいと思う。

2011-09-20 07:54:06
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(8)その肝心の自己改革をするためには、自分のダメさ、弱さを見つめて、受け入れなければならない。鏡を見ることは、時につらい。自分がいかに愚かであるかを悟ることになるからだ。しかし、そこからプライドが始まる。自分がサイテーの存在だとわかった時に、プライドが生まれる。

2011-09-20 07:55:14
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぷじ(9)人間にとって他者が最高の鏡である以上、プライドを持つには、異質な他者に向き合う必要がある。他者に向き合えない者に、プライドはない。プライドとは、オレは変わってやる、という決意表明でなければならない。隣りの芝生が青いのではない。自分の芝生を青くするのだ。

2011-09-20 07:56:16
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、「プライドとは、自分のありのままの姿を受け入れることである」ことについての連続ツイートでした。

2011-09-20 07:56:35

 おまけ 今日のクオリア日記

茂木健一郎 @kenichiromogi

クオリア日記 どじょうは泥を知らない http://t.co/aOeo92ZQ

2011-09-20 06:35:53

コメント

広夢 @scidreamer 2011年10月14日
「未来の私」にプライドを持てるようになるには、過去に自ら変わろうとして変わった=成長出来た、という経験が必要だと思います。幼少期から自分の力で「小さな成長」を勝ち取っていけば、大人になってから大きく自分を変革出来るようになるでしょう。日本の教育は「自分の力で」という「自主性」を重んじていません。ここをまず変革しなければ。変えるのは私たち若い世代の務めです。
0