2022年7月26日

エチオピア民話『むらの英雄』

21
猫の泉 @nekonoizumi

絵本になった昔話/民話というと、マイナーだろうけど、『むらの英雄』がとても好きな話。エチオピアの民話。 アディ・ニハァスという村の12人の男たちが粉を挽いてもらうために町に行った帰り、1人が仲間を数えたら、自分を数えなかったため、11人しかいなかった。 「大変だ!誰かがいないぞ!」…

2022-07-25 21:36:28
猫の泉 @nekonoizumi

…他の者も数え始めるが、みな自分を数えなかったので11人しかいない。「大変だ。道に迷ってヒョウにやられたに違いない」。12人は口々にしゃべり始め、気を付けていればヒョウに食われなかったろうに→ものすごく大きなヒョウだったなあ→でっかいばかりか、気が触れためすのヒョウだった→…

2022-07-25 21:37:09
猫の泉 @nekonoizumi

…→あいつは武器も持たないで勇敢に戦った→この国で一番勇ましいやつだった→ヒョウの"群れ"にくわれてしまった。残された妻子は悲しむだろう→勇敢で親切で優しいやつだった、と悲しみながら話が誇大化していき、村に帰った後、知らされた村に人々も悲しみ始めるが、村の1人の子どもが…

2022-07-25 21:37:10
猫の泉 @nekonoizumi

…持ち帰った粉の袋が12個あることに気がつき「袋は12ある。それじゃあ12人いるはずだ!」となり、「あいつは1人でヒョウの群れをやっつけて帰ってきたぞ」「武器も持たずにヒョウを皆殺しにしたんだぞ!」「そんなに勇ましいやつがこの村にいるなんて素晴らしいと祭りになり、…

2022-07-25 21:37:10
猫の泉 @nekonoizumi

…「この村には1人の強くて勇ましい英雄の話が伝えられるようになったとさ」と〆られる。 勘違いから誕生した存在が英雄になるという、一つの架空の英雄伝承が"できる過程"を描いた民話でとても面白いのだけど、この民話自体がどういう経緯でできたのかが興味深い。

2022-07-25 21:37:11
猫の泉 @nekonoizumi

絵本は、渡辺茂男/西村繁男・絵『むらの英雄』(ペンギン社/再刊:瑞雲社)だけど、話自体はエチオピア民話集のハロルド・クーランダー,ウルフ・レースロー/渡辺茂男訳『山の上の火』(岩波書店)収録の「アディ・ニハァスの英雄」から。話も面白いけど、絵本の絵も大胆で好き。

2022-07-25 21:37:11
猫の泉 @nekonoizumi

エコーチェンバーな環境で架空の英雄が誕生する過程の話という中々不思議な話だけど、『山の上の火』の訳者あとがきに、この民話集の話はハロルド・クーランダー,ウルフ・レースローがエチオピアで採集した話だということが書かれている。

2022-07-25 21:39:46
猫の泉 @nekonoizumi

原書を調べたことは無いのだけど、この民話の研究とかあったりするのだろうか。

2022-07-25 21:46:20
リンク www.amazon.co.jp むらの英雄 (エチオピアのむかしばなし) | 渡辺茂男, 西村繁男 |本 | 通販 | Amazon Amazonで渡辺茂男, 西村繁男のむらの英雄 (エチオピアのむかしばなし)。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺茂男, 西村繁男作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またむらの英雄 (エチオピアのむかしばなし)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 91

コメント

晏嬰 亮 @mondo_oclt 2022年7月26日
「三人市虎を成す(市場に虎なんかいなかったはずなのに、『虎を見た』という人物が3人現れただけで、市場に虎が出たことになってしまう)」みたいな話だなあ。
1
rhinolimacius @rhinolimacius 2022年7月27日
これがドリフだと、加藤茶か志村けんが点呼で番号を飛ばして「13人居る!」になるんだろうなぁ。
0
丸丸玉朗 @7zn5BT56PAAWv4m 2022年7月27日
数字「12」の汎用性は世界共通。
2