「不幸」の烙印を押さないで

「もしも、自分が障害のある子を授かったら」――そんな視点から読んでいただきたい乙武洋匡による連続ツイートまとめ。
h_ototake 162639view 29コメント
251
ログインして広告を非表示にする
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 15:57:29
    いいえ、否定はしません。ただ、そのときに「産む」決断をする方が少しでも増えるよう、今後も活動していけたらと思っています。 RT @4000004error: 最近は出産前に胎児に障害があるとわかると、産まない選択(中絶)をする親も多いですが、乙武さんとしてはそれを否定しますか?
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 16:15:01
    そんなふうに、おおらかに考えられる人が増えていくといいな。 RT @tanbuhi: 私は羊水検査もしませんでした。超音波検査で「指も5本ありますよ」といわれて、別に何本でもいいです!って言っちゃいました。そんなやつです。私。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:02:29
    1.身体障害者本人が、みずからの障害をどう捉えるか。それは、親の態度が大きく影響するのではないかというのが、僕の持論。「こんな体に生んでしまって申し訳ない」と考える親のもとに生まれれば、きっと当人も「自分は不幸の身に生まれたのだ」と十字架を背負わされたかのような心持ちになる...
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:09:24
    2.逆に「別に指なんて何本だっていいわよ」という、おおらかな親のもとに生まれたら、おそらくみずからの境遇に悲観することなく、障害を重たい十字架と感じることなく生きていけるのではないか。少なくとも、僕はそういう親のもとに生まれ、みずからの障害をとくに悲観することなく生きてきた。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:16:41
    3.もちろん、どちらが正しく、どちらが間違っているということはない。どちらも、わが子を愛しているからこその思いだと思うから。ただ、生まれつきの障害者のひとりとして言わせてもらうならば、後者のような親のもとで育てられたほうが、障害者本人にとっては「ラク」だろうなあと思う。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:25:19
    4.障害児の親は、愛ゆえに、生まれたばかりのわが子に「不幸」の烙印を押してしまっていないだろうか。障害者として生きていくことは、本当に不幸なことなのか。はたまた障害と幸福には、何の相関関係もないのか。それは親ではなく、本人が生きていくなかで判断していくべきことだと思うのだ。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:33:05
    5.もちろん、平坦な道でないことはわかっている。いじめ、差別、偏見――。障害者として生きていくには、まさに多くの「障害」が待ちかまえている。でも、健常者に生まれたからといって、幸せな人生を歩めるとはかぎらない。そして、障害者に生まれたからといって、不幸になるともかぎらない。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:38:13
    6.つまり、生きてみなければ、その人の人生が不幸かどうかなんて、わからない。どんな苦しい境遇に生まれても、大逆転でHAPPYな人生を歩むことになるかもしれない。それなのに、生まれた時点で「この子は不幸だ」と決めつけてしまうのは、あまりにもったいない気がしてしまうのだ。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:42:44
    7.と、僕がいくら言ったところで、やっぱり子どもを生み、育てていくのは親だ。その親が、羊水検査をした結果、「やはり、障害者としての人生は不幸にちがいない。だから、私たちは中絶する」という決断を下したならば、何も言うことはできない。口をはさむべきことじゃない。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:47:10
    8.そこで、僕が何らかの役割を果たせたらと思っている。「乙武さんみたいに、幸せそうに生きている人もいるな」――お腹のなかの子に身体障害があるとわかっても、僕の生きる姿から「産む」決断をしてくださる方が、少しでも増えるように。僕がメディアに登場する理由の多くは、そこにある。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:52:44
    9.もちろん、「やっぱり、障害者なんて産むんじゃなかった…」と後悔することのないような社会にしていくことも、僕が果たすべき役割のひとつだと思っている。でも、こればっかりは、一人じゃどうすることもできない。どうしても、みなさんの理解と手助けが必要です。大切な命を守っていくために。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 17:56:09
    10.長文連投、失礼しました。「もしも、自分が障害のある子を授かったら」――そんな視点から、この駄文をお読みいただければ幸いです。最後に、障害の有無にかかわらず、ひとつひとつの命がすべて輝くものであってほしいと切に願って、この連続ツイートを終わらせていただきます。感謝。
  • 乙武 洋匡 @h_ototake 2011-10-08 18:04:45
    うん、最高にね(*^-')b RT @Oni_Giri_Kun: いま幸せですか?

コメント

  • TAKA☆METAL @taka02271964 2011-10-09 08:37:33
    烙印を押されるってことは「憐れまれる」ってことなのよね。勝手に憐れむんじゃねえ!と思います。
  • ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011-10-09 13:21:11
    乙武さんが云いたいのは「十人十色」って事じゃないかな。何でもかんでも健常者と障碍者で二分して、極論で考えるな、と。
  • 佐倉美穂 @kedamono 2011-10-09 13:33:10
    ドキュメンタリーでダウン症の子供を持つ親御さんの「障害を持って可哀想ねって言われるけれど、どこが可哀想なの? この子はこんなに朗らかで、私たちは幸せよ」という言葉にはっとしました。
  • york @york2009 2011-10-09 18:44:56
    RT @h_ototake: 1.身体障害者本人が、みずからの障害をどう捉えるか。それは、親の態度が大きく影響するのではないかというのが、僕の持論。「こんな体に生んでしまって申し訳ない」と考える親のもとに生まれれば、きっと当人も「自分は不幸の身に生まれたのだ」と十字架を背負わされたかのような心持ちになる...
  • neologcutter @neologcut_er 2011-10-10 20:00:33
    結果として「価値観も人それぞれで一意的に決めつけることではない」になる話なのに、やれ福島の人間の遺伝子はどうのこうのとか、生まれた子供に障害がとか、話したところで時間の無駄になるだけなんスよ。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-10 20:31:55
    二つの関係無い事象を一つにつなげて、さも正しい理屈ですよと見せるのは、最悪のペテン行為だ。感性や個性を受容する事と、リスクを押し付けるのは別問題。こういうまとめを、福島核災害に絡めるとか、ペテンもいいとこ。
  • yuri @syoyuri 2011-10-11 08:27:05
    障害者を産んだことを後悔しない社会...心の問題だけではそれは実現しない。福島第一原発事故から七ヶ月。電動車いすで街のマンションに暮らす乙武さんは、「電気は足りている」と主張する人たちの声をどう考えているのだろうか。
  • 細川啓%求職中 @hosokattawa 2011-10-11 10:39:39
    出生前のわが子が、成人後に発症する致死性の遺伝病を持っていると分かったらどうするか、と考えたことがある。結論は、それを決めないまま出生前診断を受けさせてはいけないということ。
  • yuri @syoyuri 2011-10-12 00:44:53
    乙武さんの「『不幸』の烙印を押さないで」の一連のツイートに非常に違和感を感じるのは、障害者を産んだことを後悔しない社会...という話の中に、経済的な問題への言及がなされないことだと思う。障害者として生きていく「障害」で経済的なものは大きいはずなのに。産む産まないの選択においても「生活水準維持のため子供の数を減らす」という行動は江戸時代から見られること。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-13 06:35:57
    http://twitter.com/#!/gasyuu01/status/122663491147538432 < 障害者問題と、経済問題は結局、生存権の一言でリンクする。そして、それを行うと失業者問題ともリンクする。だから、彼に障害者問題解決のために、どのような枠組みを作るつもりなのかを、ツィッターで彼に問いかけたが無反応だった。それが全てを物語っていると、現時点では考えている。
  • ジョン91 @johnnn91 2011-10-20 13:37:29
    家庭の経済問題は確かにそうですよねー。ペットと違って人に譲るとか保健所に持っていくとかあまつさえ捨てるだとかできないんだから、それが乙武さんのように金銭を得る手段を獲得できる子にならなくても、自分に万が一があってもフォローしてくれる寄り合いがあるのか、等々、色々な面で面倒を見きれるのかを考えた上で、それでも産むよ!と言える余裕のある方が多ければいいですね。ただ私個人としては、知的障害に関しては、きちんと周囲の人へ危害を加えたり、教員等による周辺の人間への逆差別が起こらないようフォローできるのか、親の資質も
  • ジョン91 @johnnn91 2011-10-20 13:41:48
    精査した上で、場合によっては「産まない説得」も必要なのではないかと思っています。ただその事の責を問われる人間が出る問題を、どう解決すればいいのかアイデアが出ないのですけど・・
  • toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2011-12-30 00:38:32
    人間が本当に幸福になれるかどうかは、生まれつきよりもどう生きるかの問題だっていうことは絶対に忘れちゃいけないわけですよ。むろん他人が不幸な方が嬉しく思える、根っから不幸な生き方に囚われ病的な人ってのもいるわけですが。
  • toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2011-12-30 01:37:25
    しかし乙武さんがなにかきちっとした正論を(たとえばこのまとめのように)書いたときに、必ず直接関係ない話を持ち出してはいちゃもんつける人が出て来るのは、やはり障害者が惨めで可哀想で自分たちより劣った憐憫の対象でないとムカつく差別意識に囚われてるんだろうなぁ。だからこそ乙武さんには「生意気」にどんどん正論を述べて欲しいと思う。
  • 星原コーイチ @Albert_kokinji 2012-09-03 10:07:19
    「健常児(者)が途中から障害児(者)に」や「健常児だと思っていたが障害児であった」という視点からの思考も有益でしょうね。
  • 空手折紙 @sorateorigami 2012-09-03 10:44:28
    乙武さんの仰る通り、健常者でも幸せになるか不幸になるか分からないし、障害者も不幸になるか幸せになるかは誰にも分からない。 もちろん、障害者は幸せに生きる上で困難な事が多い。しかしそれを理由に「この子はきっと幸せになれない」と決めつけるのは親のエゴですよね
  • 空手折紙 @sorateorigami 2012-09-03 10:52:31
    つまり、出生前診断で障害を持つことが明らかになったとき、「この子は幸せになれない。産んだら可哀想だ」というのは中絶の理由にならない。障害者を産みたくないとか、心理的経済的負担が大きすぎ、それに一生縛られるのは嫌だとかの理由であるなら中絶は否定しません。しかし「この子のため」と自分達の責任による中絶理由を障害を持つ子になすりつけ、責任転嫁をすることは許されないと思う
  • tu-ta @duruta 2012-09-05 02:10:50
    ぼくは選択的中絶を否定したいし、否定できればいいなぁ、と思います。彼ももしかしたら、気持ちとしては否定したいんじゃないかなぁとも思います。否定することと、逆の選択肢をやさしく提示し同時に提示できるような社会をめざすこと、その両者に微妙で複雑な関係が…
  • P_H_P @inf_handicapped 2012-11-09 13:06:15
    個人レベルでは、自分の子どもの障害を理由に殺処分した人間が、次に生まれた子どもに対して、人間性あふれる育児・教育を親として出来るとは思えない。社会レベルでは、障害を否定する人間性を失った社会は、命を軽視する傾向が、高齢者・幼児・労働者に波及し、今も酷いが、更に人間を物扱いする悲惨な社会になるだろう。事は一人の堕胎の問題にとどまらない。
  • うわらざくん @urawazakun 2012-11-26 09:55:24
    産んだら可哀相ってヤバいよな。生まれてもいない人の意見を勝手に判断するとかヤバい。自分が面倒見切れないから中絶する、とした方が絶対健全だと。でもなぁ!産む人の精神状態ってやっぱヤバいんだろうなぁ!人の一生分の判断を産み落とす寸前で迫られるんだぜ?多分俺ならストレスで血管切れてるわ。なので中絶の判断については特に何も言えない。
  • TricksterYoppy @TricksterYoppy 2012-11-26 10:12:32
    生まれた子供に障害があっても産みたいっていうのが前提だとおもうので、妊娠してから考えるのはどうかと。性犯罪や母体の命にかかわる事以外での中絶には反対なのでこんな回答になる
  • 🌈#covfefe🖕 @takayamaguchi 2012-11-26 12:44:53
    障害の為に、産まれてもすぐ死ぬ可能性が高いと診断された場合は、中絶すべきか否か。障害と一言で言っても様々な症状があるので、一概に白か黒か言えないと思います。
  • 北海道のひぐま @hks219 2013-01-31 13:01:34
    最近、フォローさせていただき、今回この欄を初めて見せていただきました。現在は健常者と障害者のボーダーライン自体がわかりません。自分の子が生まれる前は妊娠中の妻の苦労や努力を思うと生きて産まれてさえくれたらいいと思いました。今も育っていく子供が生きてさえいてくれたらいいという気持ちは変わりません。子供に対する愛情に容姿や成績、他人からの評価は何の意味もないと思うのです。
  • 羽倉田 @wakurata 2015-11-19 16:51:09
    乙武氏は障害を持っている子供を育てる家庭は知っているからこそ、産む事を諦める家庭の辛さは分からないのだろう。
  • 瑞樹(写真は代理のドールちゃん) @mizuki_windlow 2015-11-19 18:19:08
    二階にあるレストランにアポなしやってきて「俺を抱き書かれて二階まで運び上げろ」って言って恥じないないどころか、やってくれなきゃ差別だって大騒ぎして、信者に突撃をさせるような人間にとっては、どんな状況でも不幸じゃないんでしょうよ。
  • まえもと @maemoto_moriya 2015-11-19 18:48:10
    親として障害のあるなしに関わらず子供を育てていく覚悟は自分にはあるけれど、自分がもし突然いなくなってしまったら、子供はどうなるだろうか、と考え出すと怖くなる。杞憂であって欲しいと願いながら、毎日眠りにつく。
  • あるどごーと @inspiron29 2015-11-19 19:04:27
    実際、僕は知的障害の子供が出来た後に不幸になっていった家族を目の当たりにしてるので、障害と言うのは幸せになる事にもハンディキャップがある状態なのだと思います。 ハンディを克服出来る自信があるなら産めばいい。 しかしそうでない人は産まない選択を出来る方が多くの人が幸せになれると思います。
  • カラスマ(烏丸桂) @KARASUMA13 2015-11-19 19:54:49
    うん。うちも私の傾向のこと、見た目はあんまり気にしてないな。だからいらん重荷を背負わずに済んだ。

カテゴリーからまとめを探す

「コスプレ」に関連するカテゴリー