10周年のSPコンテンツ!

小布施ッション#124 梅原真「一次産業×デザイン=ニッポンの風景」

高知での一次産業×デザインの事例を中心に、マイナス×マイナスによる地域の魅力再発見の可能性を話されました。アカンヤンカマンは、本当にアカン、アカン、とおっしゃっていました。
北陸 信越 小布施 梅原真 コミュニティデザイン 小布施ッション デザイン 四万十 高知 四万十ドラマ
1
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
一次産業×デザイン=ニッポンの原風景。に関心のある皆様。小布施ッションの会場に到着しました。本日は、梅原真さん。前に参加した小布施ッションが原研哉さんでした。梅原デザインはまっすぐだ!梅原真×原研哉 の続きを、脳内で繰り広げます。 #obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
思いがけない再会にココロオドル小布施ッション。参加者との出会いもまた、小布施ッションの魅力です。豪華な面々ですね~。 #obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
梅原真さんの話で楽しみなのは、地域を巻き込むイニシアティブの発揮の仕方。本を読めば書いてあるかもしれないけれど、生の梅原さんの空気から強さを感じ取りたい。 #obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
昔は湯治場として栄えた大鰐町で旅館運営をする。わざわざお越しいただくなら、大鰐町のことも見て欲しい。うん、そこが出発点だな。旅館に来た人たちが、旅館と大鰐町を楽しんでもらうため。津軽路ビール、丸七味噌、大鰐温泉もやし、霊湯、りんご、ワニとシャンプー
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
セーラさん、登場しました。10年前の今日、小布施ッション10回目に梅原真さんを講師に迎えました。リセットの意味もあります。いつでも新鮮な刺激が必要。10年前のセーラさんの映像。 #obussesion http://t.co/HuM9FYPn
拡大
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
この地域には、あれがない、これがない、ではなくて、あれもあるなあ、これもあるなあと見つけること。マイナスがプラスになる。そういう考え方になるとおもしろくなる。10年前の梅原真さんの映像より。 #obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
大鰐町は幸せそうなんだよ。温泉もあるし、りんごもたくさん実っている。経済性では測れない幸福があった。子供たちはあまり見なかったし、子育ては難しいとのことだったから、ゆっくりと、静かに、終わりを迎えるのか…
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
小布施ッション、満員御礼でしょうか。大きな拍手と共に梅原真さん、ご登場。 #obussesion http://t.co/V0vRaDOp
拡大
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「自分のやってきたことを振り返っている。そうするとこれが出てきた。宇宙の缶詰。蟹缶のラベルをはがして、缶の内側にはる。それをはんだづけする。それが気になる。ラベルは権威。それをおちょくる、中に貼っちゃう。」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「宇宙の缶詰。封をすれば、誰にも見えない。“プロセス“の中にある。」#obussesion この導入、わからん。どうつながるんだ。
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
宇宙の缶詰 (ウチュウノカンヅメ) - 関心空間 http://t.co/xFW2F9A6
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「新幹線の車内販売の女性。カートを引く、そうすれば乗客と目が合う。それで四倍の売り上げ。この人、好き。コーヒーを頼んだらこう聞く。あったけぇのけ?つめてぇのけ?これで四倍」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「新高梨。一個五千円の梨。カラスがつつく。五千円ですよ。この人たち、カラス対策に大成功した。理由はね、麓の民家の高齢者を、梨園を散歩してもらった。イレギュラーな行動する人が、カラスは怖い。老人はイレギュラーでしょ?」#obussesion カラス対策=高齢者の散歩 爆笑ww
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
でた、アカンやないかいっ!「効率の悪いカツオの一本釣りが最先端の漁法になった」#obussesion 土佐鰹の缶詰がウォールマートで売られる商品になった。 これ、あとで調べる。
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
<参考>高知新聞:土佐鰹水産 カツオ缶詰輸出計画中断 http://t.co/DKZNAw50 一本釣り漁法で釣ったカツオを缶詰加工して米国市場に参入しよう、という土佐鰹水産の計画が東日本大震災の影響を受けて、中断。カツオの冷凍拠点に予定していた宮城県気仙沼市の冷凍施設が壊滅
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「砂浜美術館は、モンゴルに輸出されて、モンゴルでひらひらしている。価値観は20年たてばがらっと変わる」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
<参考>ひらひらします Tシャツアート展 砂浜美術館 わが町の美術館は“砂浜”です。今年もひらひら「Tシャツアート展」まもなく開催! | greenz.jp グリーンズ http://t.co/0YxqZGdo via @greenzjp
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「高知で天日塩のプラントがあった。この塩をつかったアイスを作ったらと言った。プラントだけならマイナスのような見た目だけれど、アイスにして四億円の事業になった。全国の無印良品に入ってます。マイナスのエネルギーがひとつの価値ではないかなあ。」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「つまり、高知には、みてる、という言葉がある。あの人みてたと。あの人は亡くなった、という意味。漢字をしってびっくりした。満てる。人生を100%ダウンロードした。高知はもともと遺伝子的にもってるんだな。」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「マイナス×マイナスがなぜプラスになるのか。数学者に尋ねた。なってもらわないとまずいからw ここで話終わりです。言いたいこと言ってしまった気がします。違うか。」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「デザインというのは意味がわからない。よくわからない。生活者がいてモノやコトがある。商品にしましょう。デザインがうまくコミュニケーションデザインになればいい。生活者と商品をつなぐパイプが広がれば、商品が見えるようになる。」#obussesion 図がないとわからないね。
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「デザインは、モノと生活者のコミュニケーションデザインのパイプを広げる。伊藤園のお茶とおーいお茶。おーいお茶は 広げてるでしょ?これ、ガッテンでしょ?」#obussesion http://t.co/f6SHYvmT
拡大
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
パッケージデザインを事例に、生活者とモノコトをつなぐカタチを図式化しています。 #obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「シルバーホン。わしはシルバーやない。誰も買わない。らくらくホン、パイプ、広がったでしょ?」#obussesion
kohei|軽井沢観光とビール @koheill
「十和村総合進行計画。十和ものさし。自分のものさしもつんやな!持てよ!つぶされる橋の反対側の集落に四、五年住んでみた。住まないと気持ちがわからない。四万十ドラマの話をします」#obussesion
残りを読む(49)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする