Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年5月23日

@isologue と @ikedanob 光の道番外編

まとめました。
8
池田信夫 @ikedanob

いや、田中秀臣氏によれば金融政策以外に政府のできることは何もないので、彼らなりに論理は一貫しています。 RT @isologue: 「全体像」を考えないで「財務戦略」だけ考えるってのはありえないと思うわけです。

2010-05-22 19:20:48
Tetsuya Isozaki @isologue

明るい未来にたどり着ける具体的で実現可能性がありそうなシナリオを語っている人がいたらご紹介ください。あまりよく存じないもので…。(孫さん?:-)RT @NaokiGwin: 「誰も全体像の話をしてない」わけではないと思いますよ。

2010-05-22 19:24:32
Tetsuya Isozaki @isologue

ところで「リフレ派」って実在するんでしょうか?「『リフレ派』と称する人が間違ったこと言ってた」と指摘しても別の「リフレ派」の人は、「そいつはリフレ派の解釈を間違っている」と言ったりするのでは。ある人がリフレ派かどうかを判別するアルゴリズムは存在するのかな?

2010-05-22 19:29:16
Tetsuya Isozaki @isologue

例えば「民主党」と言っても左から右までいろんな考え方の人がいるのと同じで、「リフレ派」というのも、特定の理論の支持者を指すのではなくて、「私はリフレ派だ」と称すればリフレ派になれる、という感じでしょうか?

2010-05-22 19:31:25
Tetsuya Isozaki @isologue

ということは「リフレ派」と称する人と理論を語り合っても仕方ないということですね。RT @noragrammer: 本質的にはそういうこと。全員がリフレのメカニズム理解する必要はないでしょ。

2010-05-22 19:53:46
Tetsuya Isozaki @isologue

「リフレ派は〜だ。」てなことをおっしゃる方がいるけど、定義できないものを主語にしてもしょうがなさそう。RT @noragrammer: リフレ派内部でも、固定資産英とか産業政策がらみになると、話が猛烈に発散して、意見がまとまりませんw。派として成立しないwww。

2010-05-22 20:03:25
Tetsuya Isozaki @isologue

はい。個別の人の意見にコメントがあれば、(実態のわからん「リフレ派」じゃなくて)その人の意見を対象にコメントすることにします。RT @noragrammer: さぁ?…経済学者の方とでもお話されたらよいのでは?もちろん、金融系のの人もいますよ?

2010-05-22 20:08:35
Tetsuya Isozaki @isologue

全く同意です。RT @ito_haru: リフレ策に賛同する人が、日本経済の将来像全体やその他リフレ以外の点で全部の意見が一致、なんてことあるわけない。 @YAMANO09 #defle #refle

2010-05-22 20:39:26
Tetsuya Isozaki @isologue

孫さんの「光の道」に反対する人は多いけど、私はマクロ政策的に見て、もしかすると面白いんじゃないかと思う。孫さんは「金がかからない」という面ばかり強調してるけど、前倒ししたりするとファイナンスは必要なんじゃないか?(続く) #defle #refle

2010-05-22 22:13:22
Tetsuya Isozaki @isologue

ファイナンスが必要だとしても、(長期的に)ペイするという仮定が正しければ、光なら取っぱぐれがない。つまり、政府が出さなくても民間でファイナンスが付く可能性が高い。(続く) #defle #refle

2010-05-22 22:13:38
Tetsuya Isozaki @isologue

(続き)日銀が資金供給を増やしても、市中銀行から先に出て行く具体的プロセスが見えないのが「リフレ批判」の一つだと思いますが、仮に「光」で兆円単位の民間資金需要があれば、それは通貨供給量の増大につながる。「リフレ派」「反リフレ派」も納得のはず。 #defle #refle

2010-05-22 22:14:43
Tetsuya Isozaki @isologue

民間でファイナンスが付けば政府の債務も増えないので、財政負担や国債クラッシュを心配する人もOKでしょ。高速道路に金をばらまいても未来は見えないが、光なら何となくポジティブなイメージは演出できる。 #defle #refle

2010-05-22 22:15:03
Tetsuya Isozaki @isologue

個別的技術的に見てツッコミどころはあるかも知れないが、マクロ政策としては「イケそうじゃん」と多くの人に思ってもらう「イメージ形成」が重要。「光」ならなんとなく、「おれにも何かできそうじゃん」と思う人は多いはず。 #defle #refle

2010-05-22 22:15:40
Tetsuya Isozaki @isologue

「インタゲ+金融緩和すれば必要条件」と言われても、「俺の暮らしよくなりそう」とわかる人は少ないはず。「光」の方が一般大衆にも自分がやるべきことのイメージも湧きやすい。景気刺激には効果が大きい気がする。 #defle #refle

2010-05-22 22:16:23
Tetsuya Isozaki @isologue

少なくとも、高速道路建設とかナントカ券を配るというよりは、副作用の可能性が小さく、(もしかすると本当に)日本経済の質的転換を図る効果がある可能性があるかも。ホントにそうならやったらいいじゃん。 #defle #refle

2010-05-22 22:17:00
Tetsuya Isozaki @isologue

それは金融・労働・海外との競争・教育等、すべて後手に回ってるからかも。「未来がこうなる」と示せば「どんなスキルを身につけるべきか」もわかりやすくなるはず。RT @hajitomi: 現実に光で儲けているのはアメリカの会社ばかり… #defle #refle

2010-05-22 22:24:58
Tetsuya Isozaki @isologue

孫さんは物理的に引くという話だけしてるわけじゃなくて(あることないこと)いろいろ言ってるわけです。RT @hajitomi: 少なくとも、物理的に光ファイバーを引いたところで未来は示せないと思いますね。 QT @TFESWAT: #defle #refle

2010-05-22 22:31:28
Tetsuya Isozaki @isologue

孫さんも言ってるんだから間違いじゃないでしょ。別に誰のでもいいです。「孫さんの」というから「SBへの利益誘導じゃないか」等の思惑を招いているのは確かですね。RT @hajitomi: 孫さんの主張と書くのは誤解を招きます。 #defle #refle

2010-05-22 22:36:22
Tetsuya Isozaki @isologue

@hajitomi 別に孫さんを礼賛してるわけじゃなくて「光の道」の話をしてるだけ。「孫さんも発言している」にすればいいのかな?RT #defle #refle

2010-05-22 22:42:33
Tetsuya Isozaki @isologue

@hajitomi だから「孫さんが発言してる政策」をベースに、ファイナンスの話をしてるわけです。 #defle #refle

2010-05-22 22:47:30
Tetsuya Isozaki @isologue

「俺にも何かできそう」というのは老人というよりは「新しいビジネスを興す人」を意味しておりました。RT @sakamotoh: 実家の老親にY!BBをプレゼントして使いこなせずPCも壊れてネットに繋がらずになった経験から言うと、有線BBは使えない人には無価値。

2010-05-22 22:50:19
Tetsuya Isozaki @isologue

@hajitomi 孫さんのプレゼンや議論がツイッターやってる人には一番有名だと思うので、それをベースにファイナンスの話をした方がわかりやすいと思ったから、ですが? #defle #refle

2010-05-22 22:52:01
Tetsuya Isozaki @isologue

@hajitomi だからそれをベースに、「国費を使わないで民間でファイナンスが付く場合の経済効果」の話をしたんですが、何がまずいのかまったくわからない。140文字で国全体の意見を網羅的に書け、ということ? #defle #refle

2010-05-22 22:57:21
Tetsuya Isozaki @isologue

「国費を使わない」(加えてファイナンスが発生する)というところがリフレ反リフレの人両方に納得いただくために重要だからです。 RT @hajitomi: なぜ議論のベースを、ICTタスクフォースで出している原本にしないのでしょうか? #defle #refle

2010-05-22 23:00:17
Tetsuya Isozaki @isologue

@hajitomi 実現性があるかどうかではなく、その仮定をベースにした場合の経済効果について論じております。だからタグ付けてるわけで→ #defle #refle

2010-05-22 23:01:52
残りを読む(52)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?