まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

【映画】せつげっか感想メモ

つぶやいた映画(主に実写)の感想のまとめです。 大体観た順で、一番下に感想以外のつぶやきをまとめておこうかなと。
映画
5196view 2コメント
1
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
地雷タイトルだけど、ロックな見た目と頭レンチンという殺法でこれはワンチャン?と気になっていた『デ ス バ ー ガ ー』を観たけど結構面白かった。メタルガンガン流しながら早回しで軽快に鉈を振り回すセカイノオワリとかそりゃ楽しいよw pic.twitter.com/e5vh864QbF
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『デスバーガー』ED後にピエロがガラス殴っても割れなかったり、盛大に転びまくるNGシーン集が入っていて草w NGシーンのあるホラー映画は良作という法則(ゾンビーバー、ピラニアR)
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『デスバーガー』ピエロ仮面の殺人鬼(人間)と思いきやフレディタイプの怪人で、お話は完全に『エルム街の悪夢』を周到+ラストでバースデイ?っていう古い映画のシーンの再現したり、タイトルに反してちゃんと古典をオマージュした映画だった
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ハードキャンディー』いやぁ目茶目茶面白かった。まさかのエレン・ペイジ主演作、シチュエーションスリラーでこんな掘り出し作品があるなんて、映画観る友達から隠れた逸品教えてもらえるの素晴らしいね。感想はまた改めて pic.twitter.com/CZwQNno1kI
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ハードキャンディ』観た。出会い系で会った少女に監禁され、尋問と去勢を迫られるシチュエーションスリラー。 エレン・ペイジ怪演の、頭の切れる狂気が素晴らしい。次から次へと煽ぐ展開に二人の緊張を掻き立てる音と画で、全く飽きない逸品! pic.twitter.com/maEYTRhoMR
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ボーダーライン』この海外のメインビジュアルの通り、蓋を開けるとクレジットで最初に名前の挙がるエミリー・ブラントより実はデルトロが主人公に近いツイストがある。一見あっさりした人物間の描写が、最終的に物語の鍵になっているのがニクい pic.twitter.com/U9vUNWsgSG
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ボーダーライン』観た。戦争屋ばりの制圧力と法外的な手段で麻薬戦争の最前線を戦う三者三様の姿を描く。プリズナーズ、複製された男の監督の渋いキャストと乾いた空気の中で人物達の緊張の糸に焦点を絞った映像は流石の見応え。起伏に欠けるが、混沌たる最前線と銃撃描写、二転する人物像で◎
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ロシアンスナイパー』第二次大戦で最多309人殺した実在の女性狙撃手を描いたロシア映画。秀才で、自ら考え選択できる少女の力強さと戦争を通して疲弊する姿が感傷的。史実に基づく硬派な人物史と、多様かつ仔細な戦場描写共に見応えある力作 pic.twitter.com/6EPNuRAU54
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『オッドトーマス 死神と奇妙な救世主』 #Netflix で評価が高いし90分だからと観たら思わぬ掘り出しモノだった。そしてクレジットで監督・脚本スティーブン・ソマーズの新作だと知って膝を打つ!ザ・グリードにハムナプトラ!一押し pic.twitter.com/q4NO2HKoOs
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『アイアムアヒーロー』総合評価としては、ほぼ間違いなく近年のゾンビ映画では一番の面白さだった。ラストについてはアッパレ。 例えるなら和製ドーン・オブ・ザ・デッド(リメイク版)とも言える、アクション・エンタメのゾンビ映画でした。力作!
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『アイアムアヒーロー』ZQNの奇行と奇声の再現度は観ているだけで興奮する素晴らしさ! 疾走感に欠けるが、わかりやすいヒーローのキャラ立てと遠慮なきスプラッター描写が痛快なエンターテイメントゾンビ映画のお手本的一本。 芝刈機の代わりに猟銃で人体破壊を尽くす和製ブレインデッド
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
ちなみに映画『アイアムアヒーロー』のアクション・アドバイザーは下村勇二さんでした。日本の過去10年のアクションシーンを切り拓いてきたと言っても過言ではない、代表的アクション監督。ゾンビ繋がりで言えばVERSUSだね pic.twitter.com/LvzZx8FRq9
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ロブスター』観た。独身者に文字通りの人権がない世界を描くSF奇譚。奇妙な会話劇、終始シュールな絵面に人物たちの行動、映画よりも朗読に近いナレーションで、奇妙な世界観を堪能できる。狂気とコメディの紙一重の線に立つユーモラスな一本 pic.twitter.com/wtn6v24VGr
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ロブスター』どれくらい独身者に人権ない世界観かというと、逮捕・更生のため郊外のホテルに収監される上に、街に住むことを禁じられ、定期的に独身狩りが行われる、独りでいると警官に職質ならぬ「カップル質」をされる徹底ぷり。鬼畜とも滑稽ともとれるシュールさで劇場も笑いが度々起きていた
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ロブスター』で独身者レジスタンスのリーダーをレア・セドゥ(ボンドガール)が演じていて、眼光とスーツのハマり具合が『007/スペクター』以上にキレッキレ! それで「カップル、絶対、殺す」な言動を繰り返す姿はある意味迫真w pic.twitter.com/LufLVoeBby
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『バットマンvsスーパーマン』観てきた。ストーリーなりアクションなり多少心配あったのが杞憂で、全然満足の出来だったね。2時間30、丁寧に展開するストーリーとオンリーワンの大スケールバトルまで風呂敷を広げるまさにブロックバスター映画ど真ん中のエンタメ映画でした。安心してGO!
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ポンペイ』観た。ローマ人に村を虐殺され奴隷となった男の身分違いの恋、仲間の剣闘士との絆、仇討ちを描いた歴史アクション。カメオで大火山が場を盛り上げてくれるよ★ 映像も殺陣も目を見張る程ではないが、王道展開とアクションシーンの多さで手堅く楽しめる仕上がり。気楽に観られる娯楽作
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
コロッセオといえばNetflixでも観られるポンペイは、お手軽アクションと王道ストーリーで、決して飛び抜けてはいなくてもバイハザの監督らしく楽しめるグラディエーター映画だったよ pic.twitter.com/EloFesyvDz
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ザ・ヴァンパイア残酷な牙を持つ少女』観た。イラン産クラシックホラー。淡々と何もなく終わる物語で評価は別れるが、モノクロ映像にジャズを乗せ、極小の台詞のみで展開するスタイリッシュさは見応え十分。この画と想像の余地を残す物語好きへ pic.twitter.com/DpNoNeNhFi
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
あとね、映画『ザ・ヴァンパイア残酷な牙を持つ少女』DVDのメニューで流れる背景映像とジャズのミックスがドチャ格好良い。ずっと流していようかってくらいスタイリッシュゥッゥー!!!
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
オチwww くっだらないなぁぁぁぁぁ最高だよ、映画『ラバー』ただ、極めてメタい=間違いなく人を選ぶので、合わない人には時間の無駄ぐらいしかならないだろう。最後まで目が離せないスプラッター映画だった pic.twitter.com/D3Bu81gnDd
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『マネーショート』観た。リーマンショックにサブプライムローンの仕組みと崩壊… なんて業界人以外は匙投げな事件をウィットに富んだメタ演出を折り込んで分かりやすいレベルに分解しつつ、擬似ドキュメンタリーと群像劇の両味ブレンドに仕上げた監督・脚本・キャスト三位一体お見事の快作!
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『マネーショート』キャストの妙はもちろん、中で一躍輝いていたのが一番実話の事件を再現したというスティーブ・カレルだった。かつてのラズベリー賞俳優が、フォックスキャッチャーに続いて怪演かよ…華麗なる大逆転とは。 チャンベールはダークナイトじゃなく金融界のアメリカンサイコだった
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ヘイトフル・エイト』観た。二転、三転、四転する状況と、8人の個性光った会話劇だけで誰でも楽しめる安定のタランティーノ産西部劇。 アクは抑えつつも監督だから撮れる、尺も俳優も贅沢に使った濃厚な3時間の「王道」エンタメ。 pic.twitter.com/oHeLaRoQTn
 拡大
せつげっか@ア一ニャ誕オフ @ensetugekka
映画『ヘイトフル・エイト』 銃弾で飛び散る特殊メイクに既視感あると思ったら鉄板のグレゴリー・ニコテロだった。イーライ・ロス作品、ウォーキング・デッド、新ダスク・ティル・ドーン他を一線で手掛けるサヴィーニの一番弟子。 とはいえ、映画自体は飽くまで誰でも楽しめる素晴らしい作りだったよ
残りを読む(432)

コメント

ボサノバ和尚 @sativa_high 2012-02-04 13:33:33
永遠の僕たちはすごく良かった。設定うんぬんは関係なく、普通の恋愛映画として魅力的。
せつげっか@ア一ニャパーカー再販予定 @ensetugekka 2012-02-19 23:05:41
コメ気付くの遅れてすみません(汗)同感です。病ネタの感動系とかドラマ云々より、瑞々しい青春期の恋愛を中心に切り取ったのが映画として美しかったですね!その点で主演の二人もハマっていたと思いました
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする