マシュー・スウィート「ガールフレンド」について

Matthew Sweetが90年代屈指の名盤『Girlfriend』再現ライヴで来日。 その来日中に盛り上がったアルバム1曲目"Divine Intervention"のイントロやリフについての話。 http://youtu.be/ELwRW_2cdBE
15
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

あまり知られていなさそうなので直前ツイート。Matthew Sweetが90年代屈指の名盤『Girlfriend』再現ライヴで来日中です。明日東京公演最終日。私もファースト・ステージを見てきます。その前に超久々に取材で再会予定! http://t.co/kY1etoF0

2012-01-07 00:49:12
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

マシューの『ガールフレンド』は出るか出ないかの瀬戸際を経て何とか出た、言ってみれば殆ど期待されずに産み落とされた作品だった。ところがそれが大当たりした。彼を当てたZooはその後、マシューの鶴の一声もありアレックス・チルトンのビッグ・スターの再結成ライヴ盤なんかも発表した。続く。

2012-01-07 01:02:36
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

フレッド・マー、ロバート・クワイン、ヴェルヴェット・クラッシュのメンバー、ロイド・コールらも参加した『ガールフレンド』のヒット以降、マシューは急激に売れっ子になった。だが、あの作品が残したものは、結局はひとりぼっちなんだという孤独なセンチメントだった。続く。

2012-01-07 01:18:28
kentarotakahashi @kentarotakahash

@shino_okamura リチャード・ロイドが抜けておる。

2012-01-07 01:22:14
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

@kentarotakahash 参加者がいっぱいいるから仕方ないのだ。

2012-01-07 01:22:44
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

@kentarotakahash 重要ですよ。でも、一番かどうかはわかりませんなー。私はロバート・クワインだと思います。

2012-01-07 01:25:48
kentarotakahashi @kentarotakahash

@shino_okamura ライヴでもパーマネントにやってたのはリチャード・ロイドだよ。

2012-01-07 01:28:15
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

@kentarotakahash いーの! んじゃ明日本人に聞いてきますよ。

2012-01-07 01:28:44
kentarotakahashi @kentarotakahash

@shino_okamura じゃ、"Divine Intervention"のイントロリフを弾いてるのはどっちか聞いてきて。

2012-01-07 01:32:28
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

@kentarotakahash 1曲目のイントロ、あれ重要なリフですよね。あれで全て決まってしまったようなところもありますね。

2012-01-07 01:33:28
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

マシューはオールド・スタイルのリフを平気で鳴らすようなギタリストだ。自分はフリートウッド・マックの『噂』が好きな一般的なアメリカ人だと公言するような人でもある。だが『ガールフレンド』の甘美なメロディと孤独なセンチメントは、そうした古いスタイルの表現と指向の中から生まれた。続く。

2012-01-07 01:44:55
kentarotakahashi @kentarotakahash

@shino_okamura そう、Aのブルーズ進行の曲なのに、リフにメジャー7(G#の音)が入ってるの。でも、リードギターの方はどろどろブルーズで、二本がスケール的には合ってないんだけれど、それがカッコイイ。で、どっちがどっちなのか、ずっと知りたいんだよね。

2012-01-07 01:46:09
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

高橋けんたろさんからの横やりツイートを引用すると『ガールフレンド』の1曲目のイントロ部分、「Aのブルーズ進行の曲なのにリフにメジャー7(G#の音)が入り、でもリードギターの方はどろどろブルーズで、二本がスケール的には合ってないんだけれどそれがカッコイイ」という幸せなズレ。続く。

2012-01-07 02:02:44
青山陽一 @yoichiaoyama

@kentarotakahash 久々につい聴いて見ちゃいましたが、確かに左の人のmaj7はちょっと不思議。右はメジャーペンタだから間違ってるってことでもないんだろうけど、歌もmaj7のメロじゃないから、左の人のコードはmaj7とは違う不協コードに聴こえたりする。面白いすねー。

2012-01-07 02:03:43
kentarotakahashi @kentarotakahash

うん、あのG#はテレヴィジョンっぽいんだよな。 QT @campervanbee リチャード・ロイドに5000点! RT @kentarotakahash @shino_okamura "Divine Intervention"のイントロリフを弾いてるのはどっちか聞いてきて

2012-01-07 02:04:40
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

オルタナティヴ・ロックなる揺り戻しが起こった90年代初頭という時代性と、実はオールド・スタイル派だったという本人の指向との間の摩擦が引き起こした幸せなズレがあのアルバムを今なお輝かせているのではないかと思う。そんなことを考えながら明日は『ガールフレンド』再現ライヴを見てこよう。

2012-01-07 02:08:19
kentarotakahashi @kentarotakahash

@yoichiaoyama ソロやエンディングでは右の人、普通にブルーノートのG弾いてません?(サブドミの時からもしれないが)

2012-01-07 02:09:10
青山陽一 @yoichiaoyama

@kentarotakahash あ、ほんとだ。マイナーペンタ行ってますね(^_^;)。しかも変な癖のあるフレーズ。それでさらに左のmaj7の響きが効いてくるわけかー。リードはロバート・クワインなのかなあ。

2012-01-07 02:13:27
kentarotakahashi @kentarotakahash

いや、あのAsus4のリフのようでいながら、二小節目の最後でC#→G#が鳴る。あれで決まったと思うんだよね、マシュー・スウィートのキャリアは。あのリフじゃなかったら、普通のAのブルーズ進行の曲が1曲目だったら、「ガールフレンド」は名盤にならなかった。

2012-01-07 02:13:47
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

@campervanbee @kentarotakahash 今思い出しましたが、90年代後半にロバート・クワインに取材した時、その後、マシューと喧嘩して、それでもう弾かなくなった、と言ってました。直接関係のない話ですけど。ちなみに私はリチャード・ロイドももちろん大好きですよん。

2012-01-07 02:14:23
kentarotakahashi @kentarotakahash

1994年くらいにNYでマシュー・スウィート見た時は、リチャード・ロイドがギターで、ストラトをVOX AC30で鳴らしてた。グリーディー・グリーンのレコーディングが控えてた私は帰国後、早速、AC30手に入れたんだが、一度、REC使用した後は家具になってしまった。

2012-01-07 02:19:36
shino okamura/岡村詩野 @shino_okamura

しかしまあなんだかんだ言っても、マシュー・スウィートというスウィートな名前、『ガールフレンド』というイカしたタイトル、そしてあの甘美なジャケット写真、もうそれだけでパーフェクトなんですよ。結局のところ。

2012-01-07 02:26:43
kentarotakahashi @kentarotakahash

久々、ロック・ギターについて語ってみました。思うに、90年代初頭の微妙に不協(ゆえにポップ)なギターの響きって、あまり語られてないのかも。カート・コバーンのそれしかり。「マシュー・スウィート「ガールフレンド」について」 http://t.co/S8FO9BmO

2012-01-07 08:28:27
kentarotakahashi @kentarotakahash

マシュー・スウィート補足。"Divine Intervention"のギター・リフは本人が弾いてる可能性もあると思う。てのは、バズ・オブ・デライト時代の曲にもAsus4の最後に♭5のテンション(E♭)がひっついたリフが出てきたりするから。これもテレヴィジョンぽいんだけれど。

2012-01-07 08:39:42
残りを読む(8)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?