10周年のSPコンテンツ!

虐待を受けやすい子ども側の因子

大いに誤解されるだろうなぁというツイート。 意外とRTされてるんで、備忘録代わりにまとめてみた。 虐待をなくすには、まずなぜ虐待が起こるかを知らないとなくせない。 続きを読む
教育 虐待
49
ながし @Pnagashi
虐待のハイリスクとなりうる児側の因子はいくつかありますが、潜在的で深刻なものが「発達障害」です。発達障害=広汎性発達障害(PDD)や注意欠陥/多動性障害(AD/HD)だと思っていただいて概ね間違いない。
ながし @Pnagashi
ある程度年齢がいけば、学習障害(LD)や知的発達障害(MR)などもハイリスク因子になります。特に前者は身体虐待のみならず心理的虐待を受けやすい。
ながし @Pnagashi
他には、NICU入院歴のある児、長期間の不妊治療によって授かった児など。後者に関しては、非常にデリケートなんで指摘するのは正直おっかないし危ない。勘違いする人も多そうだし・・・
ながし @Pnagashi
さて、PDDやAD/HDが虐待のハイリスク要因になる理由は、もう単純に「育てにくい」から。PDDは乳児の時点から母親とのコミュニケーションに支障をきたすことがあり、児との愛着形成が上手く出来ない。そのうえ、パニックになると激しく啼泣して手に負えない。どうしたらいいかわからない。
ながし @Pnagashi
ADHDは、もうとにかくじっとしてない。ちょろちょろちょろちょろする。歩くようになったら片時も目が離せない。注意しても一向に聞かない。しかると一瞬は聞きそうだけれど、すぐに同じ危険に飛び込んでいく。親としては気が気じゃないんでどんどん叱り方が強くなる。叱れば叱るほどきかなくなる。
ながし @Pnagashi
PDDとADHDは併存することが良くあり、これがまた虐待リスクを引き上げる。曰く、「うちの子はなに考えてるかわからない・・・」「他のお母さんたちはあんなに楽しそうに育児しているのに、私は子どもに腹を立ててばかりだ」「母親失格」etc.
ながし @Pnagashi
こうなるともう悪い連鎖にハマってしまう。母親の自尊感情はどんどん傷つき、児の一挙手一投足が目について仕方なくなり、常にイライライライラする。これが長期間にわたる暴行やネグレクトに繋がることもあるし、ある時、思い余って致命的な暴行に発展することもある。
ながし @Pnagashi
もちろん、発達障害のある児だから、虐待されても仕方がない、とはならない。ただ、虐待のハイリスクであるのは事実。まずはそれを知らないと、ハイリスク因子のある児を救うにはどうしたらいいか、という議論に入れない。
ながし @Pnagashi
「発達障害があろうと、親であれば子を愛して当然」と言う人は、発達障害に関して完全に無知であるか、自身がPDD圏の発達障害を持っているかのどちらかだろうと思う。診断名がつくような発達障害児の厄介さはそうそう理解はできない。
ながし @Pnagashi
発達障害の子どもは、PDD,ADHD,LDを合わせてまぁ大体10%程度いると思われる。数値は諸説あるんでざっくりとした数字だけど、1学年に1人ないし2人はいることになる。それだけの児が被虐待ハイリスク要因ってことだ。潜在的な被虐待児ってのはこの要因だけ取り上げてもかなりいる。
ながし @Pnagashi
潜在的な虐待で、ニュースにならない程度のものがどうなるかって、心身症的な症状を訴えて小児科を受診してきたり、我慢に我慢を重ねて将来的に精神科領域の症状を呈するようになる。
ながし @Pnagashi
maltreatment(マルトリートメント)という概念がある。日本語に訳すと、「不適切養育」という言い方になるけれど、その概念に照らすとmaltreatmentに置かれている児童ってのは感覚的には半数以上、ことによると8割超えるんじゃないかと思える。まぁ割合は俺の妄想。
ながし @Pnagashi
maltreatmentに関してはhttp://t.co/MokJpWrH がとってもまとまっているだろう。(pdfなんで注意)

コメント

のらさん @norakobe 2012年2月13日
大切なまとめをありがとうございます。指摘しにくいことですけど、意識しているといないではずっと違うのでしょうね。maltreatmentに関しては、閾値を下げすぎると実効性がない気がしますけど…
ながし @Pnagashi 2012年2月13日
maltreatmentの線引きは難しいですよね。まぁスペクトラムととらえるとそもそも線引き自体がナンセンスってことになりますが。
ながし @Pnagashi 2012年2月13日
くり返しになるけれど、子どもに虐待されやすい因子があるとしても、虐待されても仕方ない、とかそういうことじゃもちろんありません。
源氏星 @genjibosi 2012年2月13日
maltreatmentはまだよくわからないんですが、なんでも「虐待」とラベリングすることは、虐待に甘い国ならばこそ、かえって混乱や過剰反応の原因にもなっている気がします。親子や家庭内限定の問題にせず、虐待手前の「不適切な養育」を是としない社会としての共通認識をもてるか?ということが重要なんではないかと思います
偽教授 @tantankyukyu 2012年2月14日
障害は不便です。しかし、不幸ではありません(ドヤッ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする