編集可能

先輩コレクター @fugenmonju の『アートコレクション雑感』まとめ!! #art_jp #artweet

先輩コレクター @fugenmonju の『アートコレクション雑感』をトゥギャリました。 22歳から始めたアートコレクション。現在までの変遷をコレクター個人の視点から紹介。アートコレクター必見のまとめです! #art_jp
1
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感54~アートバブルは08年のリーマンショック以降急速に潮が引き、マーケットの勢いは失われていく。その中に身を置いていた人たちはみな、束の間の熱狂に踊り踊らされたが、すべては自らが選んだこと。今は厳しい環境下ではあるが、真に優れたアートが出て来る時代でもある。

2012-02-17 10:37:59
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感53~知人のコレクターに、作品を買うと家に運ばず貸し倉庫に保管する人がいた。聞くと、飾る場所がないのでなく買った時点で所有欲が満たされるからいいんだ、と言う。わからなくもないが、甚だ寂しいし作品が可哀そう。僕は持って帰ると嬉しくてその夜は眠れないこともある。

2012-02-17 09:47:44
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感52~アートは普遍性と社会性を内包する。作品は作家やギャラリーの手を放れたら世界そして社会のもの。中でも優れた一級作品は人類の宝・財産でもある。人が幸運にもそれを手に入れたとしても、たかだか数年もしくは数十年一時的に預かっているだけと認識しなくてはならない。

2012-02-16 20:27:40
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感51~アート購入を考えている方へ。様々見て来た中で「いいな」と感じたジャンルのアートがよい。他の作品と比較し、流行や有名無名でなく作品本位で決める。号いくらとか安いからでなく、予算に幅をもたせ、佳い作品と感じたら少し高めでも決断を。迷ったら日を改めて決める。

2012-02-16 13:08:35
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感50~アートバブルピーク時。多くのコレクターが作品を転売した。その利益でさらによい作品を買いコレクションの充実を図る者もいるが、多くは投機目的で終わる。プライマリーの中には、2~3年間作品を転売しない約束をさせるところもあったが、効果があったかどうか疑問だ。

2012-02-15 15:16:04
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感49~アートバブルは二面性を持つ。ギャラリーは作品が売れて順風経営。作家にはそれが創作の活力に。コレクター数も増え層が厚くなる利点も。他面、こんな現象は永続きしないとわかっても、どっぷり浸かってしまうと抜け出せなくなる。作家は常に己を見失わないことが大切だ。

2012-02-15 13:51:49
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感48~アートバブル時は、セカンダリーマーケットが賑わった。オークションやセカンダリーギャラリー、ディーラー間取引きだ。オークション会社は現代アート部門で売上げを伸ばし、セカンダリーは作品を探す。芸美大卒展やGEISAI、貸画廊での青田買いもさかんに行われた。

2012-02-15 11:21:49
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感47~貸画廊での発表時から好きだった石田徹也では残念な想い出がある。秀作2点の購入を決めていた矢先、NHK日曜美術館の放映もあってか、ご両親が作品を静岡県美に寄贈するということで、やむなく諦めた。まだオークションに登場する前で、注目されていなかった頃のこと。

2012-02-15 10:52:28
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感46~ミニバブルの発端は諸説あるが、僕は04年の香港でのオークションからと考えている。最初は中国人作家の作品の高値落札だったものが、次第に日本人作家などアジア全体に拡大した。石田徹也、日野之彦、タカノ綾、天明屋尚、松浦浩之、三宅一樹らが落札額を更新し続けた。

2012-02-15 10:36:25
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感45~21世紀に入り、新興国の急激な経済発展に伴い、投機的なアジアンマネーが現代アート分野に参入してきた。日本でも、それまでアートに関心がなかった人が買うようになり、新たなギャラリーも誕生。多くの作品が売買され、マーケットは大盛況。ミニバブルの様相を呈した。

2012-02-14 21:05:42
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感44~小林孝亘。04年の目黒区美術館での個展に作品を出品。小林作品については僕は遅れて来た人だった。友人と数人のコレクターが代表作を数点ずつ持っていた。負けじと数年かけて佳品を収集した。そして、思いがけず作家本人が僕の1点をメインにしてくれた。懐かしい記憶。

2012-02-14 20:20:57
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感43~ライバル4。彼をライバルと言うと笑われるかも。リヒターや河原温らの超一級作品しか買わない。僕は超二級作品(笑)。作品入荷時にギャラリーに行くとよくぶつかった。好みもコンセプチュアル系で近い。ある日自己紹介しあって意気投合。数年後、彼は美術館を設立した。

2012-02-13 16:15:52
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感42~トーマス・ストルート。99年ギャラリーシマダ、00年国立近美フィルムセンターで相次いで個展。リヒターやベッヒャーに学び、街路・肖像・風景・美術館・パラダイスなどのシリーズが。ドイツ現代写真の潮流の先駆け的存在。僕は肖像、中でも「ジャニス・ガイ」が好き。

2012-02-13 13:50:41
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感41~リュック・トイマンス。00年オペラシティ。半透明の膜で包まれたような色調で、身近なものや社会性・政治性を帯びた題材を描く画家。中でも僕は「時間」の連作に釘付けに。時間が止まり静寂だけが流れる黒とグレーの世界が黒メガネ男(ナチ戦犯)との歴史の重みを語る。

2012-02-13 11:21:53
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感40~ジャン・マルク・ブスタモン。フランスのコンセプチュアル系の写真・立体作家。02年の横浜美術館の個展へ写真作品「ビター・アーモンド」を出品。大型風景写真「タブロー」、抽象画をアクリル板に転写した「パノラマ」など、洗練された美しい作品群による展観だった。

2012-02-12 17:30:15
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感39~デイヴィッド・ハモンズ。今はなきギャラリーSでの日本初個展。雪のボールを道端で売るパフォーマンスで知られる作家。この時は香水瓶の作品が印象に残る。自己紹介をする僕に、笑いながら自作の「名刺」と印刷したカードをくれた。ユーモア溢れるアートな行為。感激!

2012-02-12 14:41:13
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感38~感銘を受けた作家・作品8。呉強潤松。77年福建省生まれの水墨画家。09年東京画廊で日本初個展。宋の馬遠や明・清の八大山人の系譜を受け継ぐと言っても過言ではない希才。雪舟や浦上玉堂にも通ずる。水墨山水画は幽遠・無我の、彩色画は静謐・優美の境地に至る。

2012-02-12 10:41:05
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感37~ライバル3。日本のハーブ&ドロシー。古くからの知人U氏夫妻。共に教師で、美術館に寄贈することを願い日本の若手の現代アートの大作を中心に永年にわたって収集。07年公立美術館でコレクション展を開き話題になり、作品収蔵も。ライバルというより敬愛すべきご夫妻。

2012-02-12 08:57:51
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感36~龍口経太。松井冬子展が人気で、彼女が07年芸大で博士を取得したことは知られているが、同時に取得した龍口経太のことが余り話題にならないのはさびしい。彼も日本画。幻惑的かつ象徴的な女性を精緻な筆致で描く龍口ワールドの展観が増え、人々にもっと知って欲しいな。

2012-02-12 08:33:01
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感35~ゲルハルト・リヒター。ボイス亡き後、ポルケ、キーファーと並ぶドイツの最高峰だ。彼の代表的なスタイルはフォトペインティングとアブストラクトペインティングだが、僕は写真が好き。個展で来日した時、憧れだった彼と握手し、一緒に写真を撮ったことは大きな喜びだ。

2012-02-11 21:42:47
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感34~ライバル2。08年に見つけた人物を描く作家Aを友人に紹介。彼も即購入。翌年、別のギャラリーで大作4点出品。すぐ連絡すると既に完売?!以後そこへ移籍。2回目個展も大作初日完売。1年後、某美術雑誌に友人宅が紹介され、なんと壁にはAの大作10点が!ああ非情!

2012-02-11 16:04:55
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感33~写真好き!。杉本博司、ストルート、ルフ、リヒター、マイク・ケリー、セラーノ、ゴンザレス・トレス、ホワイトリード、ティルマンス、オロツコ、ダミアン・ハースト、グレゴール・シュナイダー、馬六明、デジャノフ&ヒガー、ヴィべケ・タンベルグ、ヤン二・レグニルス。

2012-02-11 14:00:42
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感32~弱々しいアートに批判的な人は多い。例えば内藤礼、束芋(紙作品)、照屋勇賢、竹村京、宮永愛子ら。しかし、彼らの独創性の際立ったコンセプト、即ちジェンダー、優しさ、弱さ、儚さ、移ろい壊れゆく事象・自然を表現した作品には、類希なダイナミズムが内包されている。

2012-02-11 11:13:26
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感31~90年代後半、コレクター・学芸員・ギャラリストら10人で「ArtSight」なる交流グループを発足。情報交換・アート貢献・若手作家支援などを目指した。現在は数人のみとなったが、美術館への貸出しや若手支援は続く。近年1ピースクラブが発足し活躍中。頑張れ!

2012-02-09 12:27:46
敦賀 信弥/超時空小説「異聞/信長転生」 @fugenmonju

アートコレクション雑感30~ライバル。近年はネット画像で下見可能で、個展前日には行かないが、かつては優れた作家の秀作をライバルに奪われまいとの一心で行った。前日に行くなどルール違反!?否、甘い!ライバルの中には作品到着を狙って行く者も。一番乗りと思うと先客がいる。今はよき思い出。

2012-02-09 10:24:08
残りを読む(29)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?