2012年2月17日

【自由詩宣言 完全版】福間健二・水島英己・宮尾節子 tweet連詩 pw3h

新しい連詩・ツイート連詩『#pw3(ポエティック・ワンダー・スリー)』が始まりました。ルール:先頭者がタイトルを決める。1人1日1tweetを10日で1周。1周×10回分を三人で繋げていきます。文字数はtweetの枠いっぱい可。1周ごとにtogetterでまとまていきます。 #pw3 初回メンバーの三人をご紹介します。 福間健二 http://twitter.com/#!/acasaazul 水島英巳 http://twitter.com/#!/yokoushio 宮尾節子 http://twitter.com/#!/sechanco 続きを読む
0
MYO/宮尾節子 @sechanco

1.書きたい詩が書きたいという宣言である。2.読みたい詩が読みたいという宣言である。3.書きたいと読みたいが出会いたいという宣言である。「日本語のできる人なら、誰でも参加できます」はい。「幸せな人間も、幸せになっていい」もちろん。春はここから自由詩宣言。(自由詩宣言1)#pw3h

2012-02-08 07:56:16
福間健二 @acasaazul

やつらがくれる醜さだけで十分だ。夢見るアリスが狩られ、足音が恐怖を運ぶだけになった森の奥のノートにそう書いた。導火線のペンで。まだたたかうために。醜さが武器。前戯なし。魔法のクリーム使うのをきみにも自分にも許さなかった。バン! その冬も終わりだよ!(自由詩宣言2) #pw3h

2012-02-09 08:17:53
水島英己 @yokoushio

「あらゆるものを結びつけている網の目」ノートに雪片が。熱にすぐ融かされる恐怖にたえて。結び目にブロックされ、風が時の吹きだまりでふて腐れている。忘れ去られた筆記。忘れ去られた手。緑の導火線が途中で消滅したままでも、ペンが手を書くとノートは言うのか?(自由詩宣言3)#pw3h

2012-02-10 11:30:15
MYO/宮尾節子 @sechanco

ピンクサイドから、江ノ島の洞窟の神様が見えてくる。海はそこまで来ていて。参道にも満ちるらしい。岩肌のしめ縄には白い紙垂が、潮風にヒラヒラ揺れている。女神の腰に懸かる下着のフリルのように。奥へ奥へと波の声が高まる。手と手を合わせてここに、命の言葉を紡ごう。(自由詩宣言4)#pw3h

2012-02-11 09:47:23
福間健二 @acasaazul

窮屈な場所でふてくされていたジャックも、いまは肘をあたためている。心の奥の洞窟をどうするか。どう靴を踊らせるか。導火線、ジャンピング・ジャック・フラッシュ! まいど。おおきに。誘うのは大変だけど、相原駅前の立ち飲みの店にも女神はいる。ねえ、水島さん。(自由詩宣言5) #pw3h

2012-02-12 06:33:14
水島英己 @yokoushio

成瀬の伊勢神、町田の柿島屋、相原の「毎度」。横浜線の居酒屋を辿る細道。ほどかれた結び目での微笑と希望。きみはよく知っているよね、その細道は詩へと続く道だったから。つらい20世紀を復習した後で、真の自由詩が始まる予感。女神が袖を振って招いていたのを。(自由詩宣言6) #pw3h

2012-02-13 17:50:05
MYO/宮尾節子 @sechanco

無い袖は振れんゆうやろ。お願い。詩だけは勘弁してや。わからへんから。詩いは。ええの?ほんまにうちでええんか。ええんやな。ほな、いうたるわ。こんなもんではあかんわ。ぜんぜん駄目です。あまいわ、あんた。あたしはな、もの凄い人やで。うふふ。そや、チョコ食べる?(自由詩宣言7)#pw3h

2012-02-14 09:15:09
福間健二 @acasaazul

「後味の悪いものは一切詩ではない」と天平さん。まだまだですね、ぼくたち。でも、いわきの広い空の下でも横浜線沿線でもとりちがえようのない女神のキスに大笑いして、おわらない。自分が自分じゃなくなる逃走。個人をこえた人生を生きる。いまは、そのために詩を書く。(自由詩宣言8) #pw3h

2012-02-15 09:01:07
水島英己 @yokoushio

生の炎。兄さんの詩の蛙や花花や山山。波はよせ、波はかえし。優しい繰り返しの中。鬱積、憎悪、激情、悲惨をまるごと兄さんの詩は包みこむ。夜叉になり泣き叫ぶ女神。「汚染」された、なんという言葉だろう、故里。止まらない時間の流れの底からかすかに聞こえる蛙の歌。(自由詩宣言9)#pw3h

2012-02-16 10:49:04
MYO/宮尾節子 @sechanco

裾野なくして、天辺なるか。凍土の底から蛙の声明。目を、覚ませ。生きて蛙。務め果たせ、越冬の。「よしきりの舌にも春のひかり」わたしの舌でも自由詩宣言。永遠の緑を疾れ、導火線。「I am dumb to tell──」わたしは「あ」である、詩になるための。(自由詩宣言10)#pw3h

2012-02-17 09:21:29

        *******OMAKE*******

福間健二 @acasaazul

「自由詩宣言」、自分がいまよりずっとツッパッテいて窮屈な場所で詩を書いていたころにさかのぼったところから「自由」に向かおうという作戦。いままでになく興奮して書きました。水島さん、次をよろしく。@sechanco @yokoushio

2012-02-09 08:30:41
水島英己 @yokoushio

@sechanco @acasaazul ちょと疲労困憊セグンド。おそくなってごめんなさい。福間さん、今度ぼくの行ったことのない居酒屋、新秋津?の焼き鳥屋や京成線沿線などの居酒屋を案内してください。節ちゃん次よろしく。

2012-02-13 17:54:35
MYO/宮尾節子 @sechanco

@sechanco いちばん、しを、よんでほしい、しんゆうの、ことばを、ほぼまんま、再現♪

2012-02-14 12:12:01
福間健二 @acasaazul

おはようございます。高崎もそうだったけど、いわき、空が広いんです。ヴァレンタインデー。エルヴィス・コステロの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」と思ったけど、見つからないんで、チェット・ベイカーで。http://t.co/sDHELhhw @sechanco @yokoushio

2012-02-14 09:52:12
拡大
takanosuke @ysdtkyk

いわき市立草野心平記念文学館での福間健二さんの講演会「詩を書くことと生きること」の写真。「生きるということ。それは、どこかに個人を超えた部分を持つこと。個人を超えた生を生きる。それこそが詩につながる。そこに言葉が必要になるのではないか」 http://t.co/y1KUoUwj

2012-02-16 01:17:32
拡大
福間健二 @acasaazul

おはようございます。きょうの、最後のところは、いわきでの「講演」の最後に言ったこと。ほとんどドゥルーズなんだけど、人が生きるってこと、ただこの自分が生きてるんじゃおもしろくもなんともないよって思うようになってる。それが前提としてあります。@sechanco @yokoushio

2012-02-15 09:34:06
水島英己 @yokoushio

おはようございます。これから連詩を書いて、高尾山に登るというのが今日の目標です。ツイート画面の体裁が変化したようで、新鮮だ。下山してから、なにか書くことができたらいいな。

2012-02-16 08:33:53
MYO/宮尾節子 @sechanco

「よしきりの舌にも春のひかり」は、わたしが詩の洗礼を受けた、忘れることのできない光の「一行」です。草野心平の『富士山』http://t.co/DYcL8WVe より。

2012-02-17 09:31:38
水島英己 @yokoushio

@sechanco これは絶唱!「生きて蛙」すごい掛詞。これから忘れられない言葉。 人為的なwintry feverからの恢復をこそ願う、そのための「阿」字、南無帰命頂礼。 「帰命」は「蛙命」でもあるということ。

2012-02-17 10:37:49
MYO/宮尾節子 @sechanco

『自由詩宣言』の連詩中に時々出てくる「緑の導火線」についてを参考までに少々。凄く良い詩です。http://t.co/iGWe37mg (The Green Fuse Drives The Flower)日本語訳はこちら(見えますように)→ http://t.co/FSFdai0J

2012-02-15 11:57:46
拡大
MYO/宮尾節子 @sechanco

『描く手』M.C.エッシャー   http://t.co/A5cUItrz

2012-02-17 19:28:52
拡大

        *******KANSO*******

佐藤幸 @BIBLIOTHEQUEa

ポエティック・ワンダー・スリーという3詩人のリレーを愛読している。3人それぞれ個性があって、一つの詩が完成する頃には多くの語彙や自分の中からはとうてい生まれでない言葉を撫でることができるのがとても嬉しい。普段よりも解像度を上げて再読してたら面白さが倍増した。

2012-02-18 23:43:04
佐藤幸 @BIBLIOTHEQUEa

僕の勝手な感想だけど、宮尾さんの振り幅の広さが鍵になっている気がした。ちょっとしたイタズラを仕掛ける少年みたいにニヤニヤしながら、いろんなパンチを繰り出す。今回はどーしよっかな!事実は違うだろうけど、鼻歌を歌いつつチョコレートでも齧りながら書き始めているのではないか?

2012-02-18 23:47:06
残りを読む(7)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?