Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

加藤研問題への柳田充弘先生のツイートまとめ

先ごろ引責辞任した加藤茂明教授の問題について柳田充弘先生が連投しています。一部関連するものの、必ずしも柳田先生のツイートへの反応ではないものも含めました。
40
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

けさの朝日新聞の社会面(ディジタル版)で、東大の分子細胞生物学研究所(通称分生研)の加藤茂明さんが教授を辞職した,と記事がありました。引責辞職とあります。しかしいま新聞各紙をみると朝日もふくめて他紙にもニュースが見当たりません。目の錯覚ではないでしょう。非常に深い出来事ですので。

2012-04-05 10:43:13
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

すこし論じたいのですが,これだけの情報では論じにくい。ただ、日本の生命科学をゆるがす出来事が背景にあります。わたくしとしては、加藤さんが静かに東大を去りまるで何事もないように周囲がふりをするのなら、それはないでしょう、と言わざるを得ません。東大,分生研どうした?です。

2012-04-05 10:45:46
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

公的なステートメントいっさい無しの辞職で、あとはゆっくり時間をかけて問題解決を図るというような流れなのかもしれません。しかし、加藤さんはなぜ辞職をする必要があったのか。まず第一の疑問はこれです。引責辞任という新聞の見出し,それならいったいどのような責任をとったのか。何があったのか

2012-04-05 10:51:19
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

これが良き前例でなく、あしき前例にならないか。ラボから捏造データを含む論文がでると、ラボの責任者はなにも知らなかったとしても、言い訳無用で辞職をせねばならないのでしょうか。それとも今朝の記事が消えてしまったので、ことはもうすこし複雑なのでしょうか。ともあれ、不思議な記事です。

2012-04-05 10:54:15
\__/=\__/ @poq_0_poq

この先生は、何も知らなくても責任著者になるってことなのかしら?"mitsuhiro_y これが良き前例でなく、あしき前例にならないか。ラボから捏造データを含む論文がでると、ラボの責任者はなにも知らなかったとしても、言い訳無用で辞職をせねばならないのでしょうか"

2012-04-05 10:58:44
上 昌広 @KamiMasahiro

東大教授が引責辞任 論文に不適切データか http://t.co/43LtysIu 退職後、加藤教授は自ら希望して、父の故郷、福島県相馬・新地町の子供の教育や除染に従事します。朝日さんは、そこまで書いて欲しかったな。

2012-04-05 11:30:26
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

朝日の記事の画像を送って頂いて,読み直しました。それなりにまとまっていて、監督責任をとること、いま加藤さんは大学側の判断を待っていてコメントはしないとのこと。また読売も出しました。これも同様ですが、関係論文(つまり問題のあるもの)は20編に達するとの追加情報がありました。

2012-04-05 15:43:36
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

その20数編の論文の中にはわたくしが編集長をしているジャーナルの論文(複数)もあります。わたくしも今年になってから知ったのですが、ある程度公的な情報がないと発言ができません。この場合,新聞はかなり慎重に記事を書きますので,始めて発言が可能になると思います。この出来事は深刻です。

2012-04-05 15:51:07
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

わたくしもいま仕事というか論文かきをしているので、あいまあいまで書いているのですが,二紙の記事をよんでどういう発言をするのが意義があるか考えているところです。これまでの捏造のいろいろな出来事と次元を異にする部分があります。一方で類似の点もあります。とても複雑です。考えないと。

2012-04-05 15:54:25
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

朝日は監督責任、読売は問題論文を公表した責任,大学は一身上の理由での辞職と,加藤さんはまだ発言していない、整理するとこういうことでしょうか。スポーツニッポンにも記事がありました。大学は現在調査中ということです。この問題をどう考えるか,注目すべきは共同研究者たちの存在です。

2012-04-05 21:09:15
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

この出来事は東京大学という日本の学術を代表する舞台で,世間ではまったく知られてないが,かつて捏造論文で内部的に大揺れに揺れた分子細胞生物学研究所(かつての応用微生物学研究所)での出来事と、現代的に困難な生命科学分野を背景にしたいろいろな研究者群像の理解をとおさないと駄目でしょうか

2012-04-05 21:13:51
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

有名になりたいという熱情をもちすぎなひとびと、伝統的に研究倫理に甘い環境,いちだんと進化かつ手軽にできる捏造データ産生方法の進展,この程度はたいしたことはないというデータ整形への衝動の強さ、そしてなによりも自らの立場を強化する成功達成への誘惑、こういうものすべてがこの出来事にある

2012-04-05 21:20:30
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

加藤教授ひとりを論じてもこの出来事からはあまり得ることはないでしょう,加藤教授が築いた研究空間に参加した人々、とくにごく少数ではあるものの捏造の常習者であったひとびとの人物像を指導者とあわせて理解しないとこの出来事の正確な把握は困難かもしれません。分生研の内部はどうなっているのか

2012-04-05 21:23:34
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

こんごのためにも加藤さんはどこかの時点で、ぜひとも説明をしてほしいものです。そうでないと、後のためにならない。しかも国民の血税をつかって行った研究である以上、赤裸々につまびらかにしないと、後進のためにならないでしょう。もちろん内部の他のひと達が勇気をもち口を開いてもいいでしょう。

2012-04-05 21:26:28
Hiroshi Sasaki @popeetheclown

東大・分生研がこういう形で報道されることになってしまったのは残念です>東大、論文不正疑惑を調査 読売新聞 http://t.co/QM428G0f

2012-04-06 00:15:38
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

分生研の沿革をどこかで見つけました。通称応微研といわれた時代です。歴代所長の中に、田宮博、柳田友道,丸尾文治、池田庸之助、長谷栄二、斉藤日向、のかたがた、懐かしい名前をみつけました。そして今の名前の研究所になってからも大石道夫、鈴木紘一、鶴尾隆のかたがた旧知の人々です。

2012-04-06 08:18:30
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

名前を見ているうちにいろいろなことが走馬灯のように。そもそも柳田友道先生のラボで大学院を始めたかもしれなかった。もう少し前には、徳川研究所に田宮先生を訪問してインタビュー記事を書いた学部生時代も。しかしなんと言っても,大学紛争時の応微研はたいへんだった。わたくしと学部同期のN君が

2012-04-06 08:21:44
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

研究費申請ができない苦難の時代はどれくらい続いたのでしょう。苦難の時代を背負っていた水島昭二さんが応微研最後の所長で大石さんにバトンタッチ、この頃にも非常に難しい問題があった。でも表にでることなく、ヒソヒソ話で時が過ぎ。華やかな分生研時代が到来。でも、わたくしはずっとこれが。

2012-04-06 08:28:49
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

研究の内容の詳細でなく,研究リーダーの生き様でもなく,Nature, Sciece, Cellに論文がでれば、内容や生き様とは無関係に研究世界の広い道の真ん中を闊歩。それを日本の若者が羨望渇望の目で。有力研究所がそうなった時に分生研はそのトレンドの先頭を担ってきたのでしょうか。

2012-04-06 08:33:58
@mitsuhiroyana @mitsuhiroyana

つらい物言いですが,加藤さんも、加藤ラボのほぼすべてのメンバーが、そして分生研の有力ラボの多くがそうなのではないでしょうか。だから捏造論文がかならずでるという短絡はわたくしにはありません。でも、研究の価値観、研究者で生きる上での価値観、考え直したほうがいい、いわゆる有名ラボが多く

2012-04-06 08:38:18
井内誠司 @ino1966

突然のツイート、失礼します。加藤教授の件に関するツイート、興味深く拝読しました。現状の報道の限りでは、学界を良くすることにはつながらないと思います。人権に対して当然の配慮をした上で、マスコミにはもっと掘り下げた報道をして欲しいものです。@mitsuhiroyana

2012-04-06 13:38:34
月丸 @tsukimaru123

先行研究を勉強していないのは、「若者の特権」ではなく、むしろ不明を恥じるべき事態なのでは?RT @mitsuhiroyana: 東大分生研の加藤茂明教授辞職、年寄りの悲哀、昔の子守唄 http://t.co/WjIOmJNL

2012-04-06 17:18:52
ユンユン @Amathelass

東大、論文不正疑惑を調査 : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/tYZvRYpw 加藤茂明って聞いたことあると思ったら、よくホームページのプロトコルを参考にしてるところだった。。。ホームページが閉鎖したと思ったらこういうわけか。。。

2012-04-07 02:10:49
論文捏造&研究不正 @JuuichiJigen

生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ: 東大分生研の加藤茂明教授辞職、年寄りの悲哀、昔の子守唄 http://t.co/mpiw9ZIS

2012-04-07 03:12:19
論文捏造&研究不正 @JuuichiJigen

生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ: 話題にしたくても出来にくい現状 http://t.co/WZaBn977

2012-04-07 03:12:57
残りを読む(64)

コメント

Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月7日
加藤研問題への柳田充弘先生のツイートをまとめてみました。
0
バイクくん@超お嬢様のパグ @Micheletto_D 2012年4月7日
@roadman2005 今回の件に限り(柳田先生は知っている)、そのような懸念は存在しないと思います。辞職は思いとどまって欲しかった、というのは僕も同じです。
0
バイクくん@超お嬢様のパグ @Micheletto_D 2012年4月7日
柳田先生のツイート、ブログ(特に経過を説明するテキストが加藤さんから配信されている事)、僕が知っている事(ネットには出ていない)を考え合わせると、だいたいのことが見えて来たように思う。やはり根は深く「研究空間」から論じていかなければならないでしょう。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月8日
まとめを更新しました。さらに柳田ツイートに触発された会話も加えました。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月8日
確かに柳田先生のあのツイートでは分生研の人は違和感を感じるだろうなあ。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月11日
柳田先生の”謝ることと、どうしてそういうことになったのか、つまびらかに事情説明するのが義務”の実例は多分これだと思う。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16210516
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月11日
まとめを更新しました。時間順にしたので、古いツイートで今回新たにまとめに加えたものが途中に挿入されてしまいました。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月13日
まとめを更新しました。togetterの調子が悪い感じがしますが、どうでしょうか。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月15日
柳田先生はその後もちょくちょく加藤研の捏造問題でツイートしていらっしゃいます。「ひとをみたら泥棒とおもえ」とありますが、論文も某巨大掲示板の書き込みや某グルメサイトの口コミに近づいているということでしょう。もともと雑誌の編集者には多くは期待できないわけですが。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月22日
柳田先生が追加ツイートされました。確かにRetraction watchを見てても日本人の登場頻度が増えています。昔講演会で日本版ORIができるのでは、という質問をしましたが、柳田先生は「多分」とおっしゃったと思います。
0
Jun Yasuda @jyasuda1 2012年4月23日
まとめを更新しました。最後に「近代科学の行き着くところ」というブログを紹介したtweetを追加しました。中に引用してある夏目徹さんのコメントが驚く。
0