2012年4月9日

松本市の広報2011年12月号をめぐって

もともと備忘録として非公開で作ったまとめですが、ようやく時間ができたので情報を追加し公開しました。 同じテーマを違った角度からとりあげた@leaf_parsley さんのまとめ「広報まつもと 2011年12月号」http://bit.ly/HGl3LO もぜひあわせてご一読下さい。 後日談を「「松本市の広報2011年12月号をめぐって」のその後」 http://t.co/Yksx6TOk にまとめました。「非公式に」謝罪した一方で、講演内容は相変わらずの様子。
92

第1部

(発端)

長門信濃 @NagatoShinano

松本市の広報ってはじめて見たけどひどいなこれ…。事故直後の福島と事故10年後のベラルーシを比べて「なんとチェルノブイリの時の2倍を超えているのです」って…。http://www.city.matsumoto.naga.. http://t.co/02XwHrVW

2012-04-08 10:49:23
長門信濃 @NagatoShinano

@hayano @kaztsuda @Mihoko_Nojiri @kikumaco 先生方、はじめまして。あるtogetterのまとめで「広報まつもと」12月号を目にしたのですが、あまりにも酷い内容で驚きました。 http://t.co/Vbpr2V4W (続く)

2012-04-08 19:28:53
あ〜る菊池誠 @kikumaco

集団疎開みたいな話を言うにはあまりに客観性がないなあ RT @NagatoShinano: 先生方、はじめまして。あるtogetterのまとめで「広報まつもと」12月号を目にしたのですが、あまりにも酷い内容で驚きました。 http://t.co/rSTrtB62 (続く)

2012-04-08 20:11:36
長門信濃 @NagatoShinano

@hayano @kaztsuda @Mihoko_Nojiri @kikumaco 事故直後の福島と事故10年後のベラルーシの線量を比べて「福島は2倍以上汚染されている」としたり、スケールも線量の区切りも違う地図を使ったり根拠のない伝聞をそれらしく取り上げたり…(続く)

2012-04-08 19:31:29

1)福島の地図のセシウム137の沈着量は、事故から半年も経たない2011年8月28日を基準に換算したもの。一方ベラルーシの地図は事故から10年後。正しく比較するためには、ベラルーシの地図のセシウム137の値を事故の半年後まで逆算してからでないと意味をなしません。
セシウム137の半減期は30.1年。こちらのページhttp://bit.ly/dMTHNU の一番下にある計算コーナーで事故後半年=0.5年と10年後でそれぞれはじめに存在した量の何%が残っているか計算してみると、98.8%と79.4%となります。従って事故10年後の値を半年後に逆算するには98.8/79.4=1.24倍、すなわちざっと2割5分増しする(4で割って5を掛ける)必要があります。
実際にベラルーシの地図のセシウム濃度の4段階の色分け区分を2割5分増しで事故半年後の濃度に逆算して見ると、高い方から順に(単位はBq/m2)
1850k <
693k-1850k
231k-693k
46k-231k
となります。
屋外では雨も降り風も吹きますから、実際の減衰は物理学的半減期から予測されるよりも速く進むと考えられます。ロシアで居住地域内の地表の状態が異なる場所(未開拓地、未舗装で泥土の表面が残っている所、アスファルト舗装)での線量率の変化を事故後10年間にわたって調べた実測結果 (Glikov V.Yu et al. Radiat Environ Biophys 2002;41:185-193) によれば、事故半年後の線量率は事故直後のそれぞれ約95%、65%、50%、10年後はそれぞれ約70%、30%、10%に低下しているとのことです。この結果がその場所の土壌中に残るセシウム137の量を反映すると想定し、泥土の結果を適用すると、事故半年後の値は事故10年後の65/30=2.2倍弱に相当することになり、事故半年後の色分け区分は高い方から順に(単位はBq/m2)
3256k <
1221k-3256k
407k-1221k
81.4k-407k

2)ベラルーシの地図のセシウム濃度の区分の最高レベルは「1480k <」、一方福島の地図の区分の最高レベルは「3000k <」。ベラルーシの「1480k <」(物理学的半減期を想定して事故半年後に逆算すると「1850k <」)の区域内に「3000k <」の濃度が検出される場所が全く存在しなかったとは言い切れません(たまたま区分を分けて表示していないだけ)。従ってこの2枚の地図の比較だけから「福島はチェルノブイリの2倍ひどい」という結論をだすのは無理。
実際こちら(京大原子炉実験所・今中先生の資料)http://bit.ly/z61k8s に出ている「チェルノブイリ原発周辺30km圏のセシウム137汚染レベル(1986年ウクライナレポートより)」という地図をみると、ピンク色以上の部分が汚染レベル100 Ci/kmすなわち3700kBq/m2以上に相当し、最大の濃度区分は37000kBq/m2以上であることがわかります。@shanghai_ii さん、ご教示ありがとうございました。

3)福島の地図上の原発から半径100 kmの距離と、ベラルーシの地図上の原発から半径300 kmの距離をパソコンの画面上にものさしをあてて測定して見ると、それぞれ5.5 cmと5 cmになりました。ということは、ベラルーシの地図を福島の地図と同じ縮尺に揃えて比較しようとすると5.5 x 3/5 = 3.3倍に拡大しなければならないことになります。逆に言えば、現状のままで強引に汚染地域の面積を比較すると、福島の地図上の面積は3.3 x 3.3 = 10.9倍に過大評価されてしまうことになります。

長門信濃 @NagatoShinano

@hayano @kaztsuda @Mihoko_Nojiri @kikumaco 松本市の首長が市の広報誌でこのようなことを主張するのは(ベラルーシで子供達の医療に貢献した人物であるからこそ)あまりに酷いと思います。先生方はどう思われるでしょうか…。

2012-04-08 19:34:15
津田クモスケ和俊 @kaztsuda

@NagatoShinano @hayano @Mihoko_Nojiri @kikumaco 現状の認識もまずい(チェルノブイリで問題だったのは放射性セシウムではない)上に対策もトンチンカンで、とてもまずいと思います。 http://t.co/eROq42Vv

2012-04-08 20:30:14

(まとめ主なら「セシウム『だけ』ではない」と言いたいところ)

ryugo hayano 💉💉 国際物理オリンピック試験監督終了につき🍺解禁 @hayano

御意. @NagatoShinano: 「広報まつもと」12月号を目にしたのですが、あまりにも酷い内容で驚きました。 http://t.co/ZyJniOyO

2012-04-08 19:50:40
🐱みほちゃん(58) @Mihoko_Nojiri

@hayano 先生こないだ松本で講演してきたんじゃなかったっけ。

2012-04-08 19:52:17

(横から「どこが問題なの?」という質問が)

nekiragi @nkrgt

@hayano @NagatoShinano どのあたりが酷い内容なのでしょうか?一例でも教えていただけないでしょうか?

2012-04-08 20:30:42
長門信濃 @NagatoShinano

@nkrgt @hayano ツッコミどころが多すぎるのですが、地図だけをとりあげても、よく見るとベラルーシの方は左上に「10年後」とあります。半減期を無視して福島の汚染を過剰に評価しています。縮尺も全く違うんですが、それには触れられていません。縮尺を合わせて比べてみてください。

2012-04-08 20:40:42
nekiragi @nkrgt

@NagatoShinano @hayano 半減期を考慮すれば、10年後は薄い青色の大部分が(他の条件が不変の場合)濃い青色に変色するということですよね?縮尺問題もそこに住んでいる人間が味わう恐怖にとっては、統計学的な意味しかないと思います。それが「酷い」の典型なのでしょうか?

2012-04-08 20:54:57
長門信濃 @NagatoShinano

.@nkrgt 仰る意味が良くわかりません。福島とチェルノブイリでは事故の規模も影響も大きく違うのに、同一基準で評価できないデータを敢えて並べて福島の事故の規模を過剰に評価するのは酷いことではないのでしょうか。

2012-04-08 21:01:53
nekiragi @nkrgt

@NagatoShinano @hayano 「広報まつもと」では、福島の事故を過剰に評価しているとお考えですか?地図の「赤、黄色、緑」の区域の子供たちの健康被害が心配だ、そのために財政出動をするかもしれないが理解してくれ、という主張とは受け取れないのですか?

2012-04-08 22:30:54
長門信濃 @NagatoShinano

.@nkrgt @hayano 科学的に間違ったことをベースにすれば、その対応も間違ったものになります。脅威を過大に評価することのリスクについてもう少し考えてからメンションしてください。

2012-04-08 22:37:35

(まとめ主の口から言うのは残念ですが、以後のTLを見る限りこの質問をして来た人にわかってもらえた望みは薄いと言わざるを得ません)

長門信濃 @NagatoShinano

.@kaztsuda @Mihoko_Nojiri @hayano @kikumaco @PKAnzug 「広報まつもと」を目にしたのはこのまとめです。http://t.co/fAS2o0NM 「チェルノブイリで医療活動に従事した元医師」の発言として一部で重宝されているようです。

2012-04-08 21:13:40
長門信濃 @NagatoShinano

ベラルーシの地図は「10年後」のもの(消さなかったのは評価)。縮尺の違いはスルー汚染度は1480「以上」とあるだけなので3000以上かもしれないキャベツをサーベイメーターで測定。「ただちに影響はない」を「あとで影.. http://t.co/6jsGzluM

2012-04-08 21:43:29
長門信濃 @NagatoShinano

あの「広報まつもと」、どこがどう酷いのかわからない人が結構いるらしい。あれから一年以上経ってるのに、あれに突っ込めないようじゃどうしようもない。

2012-04-08 23:17:34
長門信濃 @NagatoShinano

NHKのニュースを見た記憶では、確かお隣の塩尻市でも同じような方法で測定していたと思います。(不確実) http://t.co/6jsGzluM

2012-04-09 00:00:25
残りを読む(117)

コメント

nao @parasite2006 2012年4月17日
「松本市の広報2011年12月号をめぐって」をトゥギャりました。http://togetter.com/li/285444
0
nao @parasite2006 2012年4月17日
ベラルーシと福島の汚染地域の面積比較には、二枚の地図を縮尺を揃えて並べているNature 477, 139-140 (2011) の図http://bit.ly/HZQc05 がちょうど良いでしょう。2枚の地図のセシウム濃度の色分け区分が一致しないのはどうしようもありませんが。
2
上海II @shanghai_ii 2012年4月17日
地図で2倍以上という話は、このページ http://goo.gl/9fw5X にあるウクライナレポートの地図を挙げればええかな。桃色以上の部分が3700kBq/m2。また、こちら http://goo.gl/iDMHO では、色や数値を統一して地図を比較する試みがされています。
6
黒い方のシライシ @lestes_ryu 2012年4月17日
物理的な半減期は上記の計算ですが、実際の環境的な減衰はもっと早いです。10年で2割以下。 UNSCEAR 2008 Report (pdf) の117頁(pdf上は77頁) http://www.unscear.org/docs/reports/2008/11-80076_Report_2008_Annex_D.pdf
5
nao @parasite2006 2012年4月17日
1986年に報告されたチェルノブイリ原発周辺30km圏のセシウム137汚染レベルの地図http://bit.ly/z61k8s には、セシウム濃度が100 Ci/km2以上、すなわち3700 kBq/m2以上の場所の存在が示されていることをまとめの中で追加説明しました。@shanghai_ii さん、ご教示有難うございました。
0
nao @parasite2006 2012年4月17日
@lestes_ryu すみません、おっしゃっているのはこの117ページの一番下にある図B-IVのことでしょうか?この図は食品中のCs-137の摂取量の時間変化を示したもので、土壌環境中のCs-137蓄積量の減少を示したものではないのですが。
0
黒い方のシライシ @lestes_ryu 2012年4月17日
@parasite2006 あ、間違えました。というより、勘違いしておりました。すいません。
0
nao @parasite2006 2012年4月17日
@lestes_ryu でも土壌環境中のCs-137蓄積量が実際にどんな速さで減少したかを示す測定結果があるなら是非見たいですね。屋外では雨も降り風も吹きますから、物理的半減期から予測されるより速く減少したことは想像に難くありません。
0
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月17日
まとめありがとうございます。ヨウ素の内部被曝に関して、PKAさんより以下のコメントを頂いていますのでご参考まで…。 https://twitter.com/#!/PKAnzug/status/189143122238902275 https://twitter.com/#!/PKAnzug/status/189144580250288128 https://twitter.com/#!/PKAnzug/status/189144957200764928
0
黒い方のシライシ @lestes_ryu 2012年4月17日
@parasite2006 さん、同資料の48ページ(52/178)のA-VIIのグラフが、”ノボズイブコフ町のオープンフィールドのものと異なる地面の線量率の比”で、アスファルト、汚れた地面、未開拓地(町内)での比なんですけど、横軸が年数なのかどうか不明なんです。もう少し探してみます。
0
黒い方のシライシ @lestes_ryu 2012年4月17日
とりあえず、「放射性物質の分布状況等に関する調査研究結果」 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2012/siryo11/siryo1.pdf と、「チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復」 http://www.numtech.co.jp/column/20110520/ 置いておきます。
0
上海II @shanghai_ii 2012年4月17日
ウェザリング効果については、昨夏に原子力安全委員会の資料として日本の過去データとチェルノブイリの経験式なるものが公表されてます。http://goo.gl/2xvVM Cs137の半減は、ウェザリング込で15-18年ぐらいという感じ。
1
nao @parasite2006 2012年4月17日
@lestes_ryu さん、2008年UNSCAR報告書 Annex DのA-VIIのグラフはIAEAの事故報告書 (2006) の第3章「放射能による環境汚染」にも図3.12として再録されており(ご紹介の和訳で確認)、これを見ると横軸は事故後の年数に間違いなし。3本の曲線は上から未開拓地(植物や岩石が残っている)、不整地(表面に泥土が残っているままの地面)、アスファルト。
0
nao @parasite2006 2012年4月17日
人手が加わる度合いにより10年後の残存率に差がつく。舗装なしの泥土のままだと10年後もはじめの30%程度残っていますね。
0
nao @parasite2006 2012年4月17日
@NagatoShinano さん、ご教示有難うございます。さっそくまとめ本体に追加させていただきました。私自身知りたかったことだったのですっきりしました。
0
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月17日
旧ソ連とベラルーシの国民一人当りGDPの推移をグラフにしてみました。91-92年でソ連が崩壊分裂するので、その部分の連続性にはやや問題があります。 http://twitpic.com/9au5ud
0
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月17日
これだけでは何も言えませんし、やや恣意的な解釈との誹りを受けそうですが、個人的には中絶率の推移と逆相関にあるように見えます。政治経済に不安があるときに中絶が増加傾向になるのは、さほど不自然なことでも無いように思われます。
0
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月17日
ありゃ、旧ソ連崩壊のフキダシの位置がずれてる…。脳内で一年うしろにずらしてください。すみません…
0
nao @parasite2006 2012年4月17日
1994年を境にベラルーシの国民一人当りGDPが上昇しているように見える背景についてはぜひこちらhttp://bit.ly/HPvvpJ の資料のご一読をお勧めします。
0
Ako💉💉 @heart8255 2012年4月17日
まとめありがとうございます。uki2chu2さんがコメントされているように菅谷医師は去年の5月に福島市内の保育園で講演されています。あの時は福島と同じような環境のゴメリで3歳からずっと育ち、医師になったタルカチョアさんを同行され、チェルノと福島は全然違うからいらぬ心配は無用という意味のお話をしておられました。http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/100/82400.html
0
Ako💉💉 @heart8255 2012年4月17日
更に、妊娠中のお母さんの質問に答え、「産婦人科医ではないので正しくは伝えられないかもしれないが、今の状況は安全という事になっているからそれでいいのではないか」と言っておられました。今になってyoutube等にアップされている菅谷医師の発言を聞いて、びっくりするだけです。
0
Ako💉💉 @heart8255 2012年4月17日
昨日呟きましたが、参考までに「周産期医学」3月号に福島県立医科大学産婦人科学教室の藤森敬也先生のチームが次のようなデータを発表されています。http://www.asahi.com/national/update/0416/TKY201204160467.html 
1
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月17日
これは驚きですね…。「広報まつもと」とは全く正反対の内容じゃないですか。…どうしてこうなったw
1
Ako💉💉 @heart8255 2012年4月17日
チェルノブイリで子供たちの甲状腺がんの手術をされた事に対しては敬意を表しますが、外科医で、甲状腺の専門医であるなら、他領域である産婦人科への発言はもう少し慎重にされるべきだと思っています。
1
Ako💉💉 @heart8255 2012年4月17日
@NagatoShinano 昨年5月に福島市内の保育園で講演された時の様子はNHKのニュース9でも放送されています。いつから、何から、菅谷市長の考えが変わったのか謎です。まぁ、初期のうちから子供の集団疎開に熱心でした。それはそれで避難したい家庭にとってはありがたい事なのですが…。
1
kame_long @wakame01231 2012年4月17日
菅谷医師は↑の同時期に、医療関係者のみの講演会では「福島市はチェルノの時と同じくらいの汚染」とおっしゃってました。講演が進み会場の雰囲気が冷めてくると、最後に「ボクもがんになりました!!」と捨て台詞の様なものを吐いて去ってゆきました。
3
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月18日
集団疎開によって発生したコストに見合うリスクが存在しないと困るという焦りなのかな…。正直よくわかりませんね。http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/100/82400.html ←このリンク先のインタビュー記事は削除されているし…。
1
長門信濃 @NagatoShinano 2012年4月18日
<松本市のHPには、これまで菅谷さんが受けた取材内容なども掲載されています。参考までにご覧ください。サイトはこちらです。> このリンクが残っていれば参考になったかも知れないんですが…。
2
nao @parasite2006 2012年4月18日
リニューアルした松本市のHPには「東京電力福島第1原子力発電所事故に係る市長への取材等について」http://bit.ly/I16OFm がありました。一部は外部リンクで内容を確認できます。
0
nao @parasite2006 2012年6月16日
その後菅谷市長は「福島では水面下で妊娠人工中絶が増えている」発言に対し謝罪していたことが判明しましたので、関連のつぶやきをまとめに追加しました。つぶやきに引用してあるブログ記事をぜひご一読下さい。
1
nao @parasite2006 2012年6月16日
昨年行われた福島原発80 km圏内の土壌調査および東日本の航空機モニタリング調査の結果報告書も、改訂版http://t.co/1ghjLpRh が出て考察の項にチェルノブイリ事故との比較が追加されました(p.19-23)。
0
nao @parasite2006 2012年6月21日
菅谷市長が「福島では水面下で妊娠人工中絶が増えている」発言に対し非公式に謝罪していたことが判明したあと、別の方が正式謝罪を求めるメールを出し返信を受け取っていたことが判明しましたので、関連のつぶやきをまとめに追加しました。詳細はつぶやきに引用してあるブログ記事でご覧下さい。
4
kato takeaki @katot1970 2012年6月21日
だから「公式」に発言してもらわないと駄目なんですよね。それはもう謝罪で無くても良くて、「人工中絶は増えなかった。福島第一原発事故後は、チェルノブイリとはちょっと違った」だけでいいから、公式に言ってもらって、今後デマを言わないようにしてもらえれば。
5
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年6月21日
本当に「こっそり謝罪」だね。笑。松本市公式ページで公式に何か言わないと、なのです。「松本市の広報2011年12月号をめぐって」
4
スピリチュアルダンス(藤原正雄) @f_masao 2012年6月21日
このブログ読むと最新の状況が分かるみたい。 菅谷昭・松本市長は国立市、あちこちで「福島で中絶増加」と発言 もう公式謝罪が「公人」としての最低の務めだ - 信夫山ネコの憂うつ ow.ly/bIa2o #福島 #菅谷昭 #松本市長 #捏造
1
nao @parasite2006 2012年6月21日
続編まとめ「「松本市の広報2011年12月号をめぐって」のその後」http://t.co/Yksx6TOk の引用をリストの説明文に追加しました。
0
テラスマイル農園 コスタリカ共和村 @costarica0012 2012年6月28日
高知県教育委員会職員は、10代で出産したら、お水に行くしかなくなるじゃないと発言。その同じ職員が、放射能給食問題でも「基準値以内なら、福島のものでも使います」http://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/23364898.html
0